1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. お店選び
  4. 無視できない、自分に合ったお店を見つけるポイントとは?
キャバクラ求人相談センター

無視できない、自分に合ったお店を見つけるポイントとは?

お店選び キャバ嬢という職業 この記事は約 7 分で読めます。

キャバクラには、非常に多くのお店があります。

それぞれのお店がそれぞれの特徴を持っているため、そのお店に自分が合うかどうかを見極めたうえで入店することは、とても大切なことです。

本稿では、自分に合うお店を選ぶために基本を紹介していきます。

キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢に合うお店を選ぶこと

当サイトを見ている人の中には、これからキャバ嬢になりたいと考えている人も多いと思います。

そのような人が戸惑うのは、どのお店を選ぶのか?ということです。

一口にキャバクラと言っても、いろいろなキャバクラ店がありますし、お店ごとに規模、内装、客層、キャバ嬢のタイプ、立地など、あらゆる点で異なるからです。

キャバ嬢としてより多くを稼いでいきたい、あるいはできるだけ働きやすい環境で働きたいと考えているならば、自分に合っているお店で働く必要があります。

その際にポイントとなるのは、キャバ嬢は自分の雰囲気やキャラクターなどを客観的に分析し、どのようなお店が自分に合っているのかを見極めることです。

キャバ嬢にも、実に様々なタイプがあります。

落ち着いた雰囲気でお姉さんのようなキャラクター、甘え上手で妹のようなキャラクター、明るく元気で盛り上げるのが得意なキャラクターなどなどですが、それぞれの個性によって、合うお店は全く変わってきます。

落ち着いてお姉さんのようなキャバ嬢が、賑やかさを売りにするお店で働いていれば違和感がありますし、明るく盛り上げ上手なキャバ嬢が、ゆったりとした雰囲気が売りのお店で働いていれば違和感があるものです。

自分に合わないお店では、キャバ嬢のキャラクターや長所を生かすことが難しくなります。

お客さんからそれほど求められずに成績が伸びなかったり、必要以上にストレスを感じてしまったりするになるでしょう。

モチベーションが上がらなければ仕事を楽しいと感じられず、成績はどんどん伸びなくなっていき、ストレスは積み重なるという悪循環に陥ります。

だからこそ、自分に合っているお店を選ぶということは非常に大切なことなのです。

客層は無視できない要素

そのお店にはどのようなお客さんがくるのか、つまりそのお店の客層というものは、そのお店の地域や全体的な雰囲気などによって大きく異なります。

良いお客さんが多いお店もありますが、その反面で良くないお客さんが多いお店もあるものです。

悪いお客さんが多いお店で勤務すれば、うまくいかないことのほうが圧倒的に多いため、事前にその地域やお店の客層を下調べしておくことが大切です。

また、歌舞伎町や六本木の有名店になると、豪華な内装のお店が多くなります。

そこから醸される高級感により、客層もよい傾向があります。

そのようなお店に勤務すれば、高い時給で働けそうな気がしますが、実際にはほかのお店に比べて時給が低いこともあります。

これはお店の維持費に多額の経費がかかってしまうため、キャバ嬢に高い時給を払えないからです。

しかしながら、時給が低いといってもそれなりの給料にはなるものですし、あえてそのようなお店で働きたいと思うキャバ嬢が多いのも事実です。

歌舞伎町や六本木の有名店で働けるということは、キャバ嬢にとってのステータスになるからです。

キャバクラというのは華やかな世界であり、そこで働くキャバ嬢も華やかであり、自分はその点にあこがれてキャバ嬢になりたいのだと考えるキャバ嬢は少なくありません。

キャバ嬢がモデルをしている雑誌などを見てキャバ嬢にあこがれを抱いた女性は、多少時給が低くても、そのようなお店での勤務を希望するケースが多いのです。

実際、そのようなお店の店長にインタビューをしてみても、

「女の子たちは時給よりもステータス重視だからね。少々時給が低くても、ウチで働けることに満足しているみたいだよ」という意見が多く見られました。

しかし、お金をためることを目的として働きたいと考えるキャバ嬢も多いことでしょう。

そのような人は、「大きくてゴージャスなお店=時給が高い」と決めつけず、慎重にお店選びをするようにしましょう。

お店選びはじっくりと

お店選びは、焦らずにじっくりと行いたいものです。

なぜならば、夜の業界のお店には、ブラックなお店もたくさんあるからです。

給料の支払いを渋る、ノルマやペナルティがきつい、キャバ嬢やスタッフの管理が適当であるために人間関係が悪いなどといったお店があるのです。

せっかく働くならば、良いお店で安心して働きたいものです。

では、どのようなお店が良いお店だといえるのでしょうか。

給料はもちろん大切な要素ですが、それよりも働きやすい環境であるかどうかを重視しましょう。

せっかく良い給料を提示しているお店でも、働きにくい環境であれば、すぐに辞めてしまってそれほど稼げなかった、ということにもなりかねません。

しかし、それなりの給料であっても働きやすい環境であれば、長く勤めて多くのお客さんをつかんでいき、結果的にたくさん稼げるということになるのです。

お店の様子を調べるためには、まずはスタッフを観察することです。

キャバ嬢の話をきちんと聞いてくれるか、相談に乗ってくれるか、つけ回しがうまいか、仕事ができるか、お客さんのタイプをきちんと見分けられるか、といったところが重要です。

そのようなスタッフがいるお店ならば、働きやすい環境であることが多いのです。

しかし、このような部分は実際にお店に入ってみなければわかりにくいものです。

そこで、面接の予約の電話をかけたり、求人広告における不明点を聞くための電話をかけたりしたとき、電話の対応を観察するのが良いでしょう。

電話対応がしっかりしているかどうかで、お店の様子を知ることができます。

スタッフの対応が適当であると感じたり、敬語がしっかりと使えていないと感じるならば、よいお店ではない可能性が高いといえます。

次に、そのお店の歴史もひとつの指標になります。

長く続いているお店は、しっかりとした体制を整えて健全な運営が行われているからこそ、長く続いているのです。

水商売の世界は、競争の激しい弱肉強食の世界であり、入れ替わりが激しいものです。

そのような世界で長年続いているということは、働きやすく信頼できるお店である可能性が高いと考えることができるのです。

まとめ

以上のように、お店のスタッフの全体的な印象や電話対応などから、なんとなく不安を感じるお店があると思います。

そのようなお店は、避けておいたほうが無難です。

キャバクラ店はたくさんあるのですから、多くの店を候補として探していきましょう。

そのお店が良いお店か悪いお店かを判断するためには、いろいろな要素があります。

ですから、一店舗だけ面接や体験入店をして、すぐに決めてしまうというのは避けるべきです。

複数の店舗で面接を受け、どのお店が自分に合っているのか、自分にとって働きやすいのかをしっかりと比較し、最もよいお店で働くようにしましょう。

キャバ嬢の中には、「てっとりばやくお金を稼ぎたい!」と思っている人も多いですから、複数の店舗を比較して・・・とアドバイスすると「面倒くさい」「そんな悠長な」と思うキャバ嬢も多いものです。

しかし、本入店をしてから後悔したくないならば、自分を守るためにも比較した上での入店は絶対に必要なのです。

働く環境が悪ければ、てっとりばやくお金を稼ぐことはできず、ストレスを受けて辞めることになるだけです。

「急がば回れ」のことわざのとおり、てっとりばやく稼ぎたいと思うならば、複数のお店を比較して入店するのが近道となります。

当サイトでは、お店の選び方を別の観点から紹介している記事もありますから、それらも参考にしつつ、あなたに合うお店を見つけてほしいと思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • この仕草は元キャバ嬢!飲食店で出てしまう水商売経験者のクセ

  • 水商売の種類!自分に合ったお仕事はどれ?

  • ナンバーワンホステスが派遣されてくる?驚きのビジネス

  • キャバクラのブログ!ホステスたちの実態を知りたいならここへ行こ

  • ホストにはまるキャバ嬢たち!彼女たちがホストにハマる理由

  • 水商売の辞め方と本音