1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. 営業術
  4. 指名が重なってもお客さんが怒らない方法とは?
キャバクラ求人相談センター

指名が重なってもお客さんが怒らない方法とは?

キャバ嬢として活躍していくためには、指名本数を増やしていかなければなりません。

しかし、指名が増えれば増えるほど指名が被ることが多くなり、お客さん一人当たりの接客時間が短くなり、いずれお客さんに不満を抱かせることになりかねません。

では、指名が被ってもお客さんに不満を抱かせないためには、どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。

本稿では、指名被りへの対策を紹介していきます。

キャバクラ求人相談センター

指名被りはなぜ怖いか

本稿を読んでいる皆さんは、ゆくゆくは売れっ子キャバ嬢になりたいと思っていることでしょう。

そこまで思っていない場合でも、指名が取れれば取れるほどノルマの達成は楽になり、給料は増えるわけですから、売れっ子に近づくに越したことはないはずです。

売れっ子になるために、当サイトで紹介するテクニックや心構えを身につけて頑張っていくと、指名のお客さんはどんどん増えてくるはずです。

しかし、そうなるとうれしい反面、問題も起きてきます。

それは、指名が被ることです。

これは、同じ時間帯に複数の指名客が来店することによって、指名が被ってしまうことです。

これは、キャバ嬢が人気であるからこそ起こる現象なのですから、いわばうれしい悲鳴です。

しかし、お客さんの男心からすると、うれしいばかりではありません。

指名が被ってしまうと、せっかくお金を払って席に着いたのに、指名のキャバ嬢は他のお客さんの席にもいかなければならず、自分が話せる時間が少なくなってしまうからです。

この状況をせつなく感じるお客さんは大勢います。

そのキャバ嬢の人気が大きいほど、指名が被る頻度は増えていきますし、席に着く時間は短くなっていきます。

お客さんの中には、少ないお小遣いのなかから昼食代を節約し、期待に胸を膨らませながらキャバクラに来ているお客さんも少なくありません。

そんなお客さんであれば、せっかく飲みに来てもほとんど一緒にいられないとなると、不満に思うのは当然のことなのです。

怒ってしまうお客さんもたくさんいます。

指名被りの際のテクニック

指名が被ってしまった時に、お客さんをいかに怒らせず、気分よく過ごしてもらうかということは、非常に大きなポイントといえます。

そのためのポイントを知っておかなくてはなりません。

たとえば、他のお客さんの席に行く時に、「ごめんなさい、他の席でお仕事してくるね」と一言添えるだけで、お客さんの心象はずいぶんと違うものです。

ほかのお客さんに対する接客は、あくまでも仕事だと印象づけられるからです。

このとき、お客さんによっては「○さんの席にずっといたいけど・・・」とアピールするのも得策です。

本当はあなたといる時が一番楽しく心地いいのだけれど、それでも仕事だからほかのお客さんのところに仕方なく行くのだと印象づけるのです。

そして、他のお客さんの席での接客が終わり、再び前のお客さんの席に戻ったならば、かわいくふるまうのがポイントです。

たとえば、「○ちゃん(ヘルプのキャバ嬢)と楽しそうでしたね」などと言い、妬いている風に見せれば、お客さんはうれしく感じることでしょう。

この他、指名が被っていてなかなか接客できなかったお客さんが、大切なお客さんや太客であった場合には、特別にフォローを入れるのもよい方法です。

たとえば、なかなか接客ができず、お客さんに不満の色が見えたならば、アフターに誘ってみるとよいのです。

お客さんは、お店の中ではそれほど話せなかったとしても、アフターに行って一緒に過ごすことができれば、結果的には楽しい時間を過ごせたという印象を持つため、不満を解消することができるのです。

これらの言動やフォローは、すべて一つの原理に基づいています。

それは、「あなたは他のお客さんとは違う、特別な人ですよ」というメッセージを送るためのものです。

このようにしておくと、お客さんは自分が特別扱いされていると思うことができます。

人気キャバ嬢になると、非常に多くのお客さんを抱えることになりますから、そんな中で自分が特別扱いされていると知れば、うれしさもひとしおでしょう。

お客さんは自分がないがしろにされているわけではないと安心し、男心を満たすことができます。

心に余裕も生まれますから、次に指名被りが起きた時にも、怒ったりせずに落ち着いていられることでしょう。

大切なポイント

指名が被っていながらもお客さんを満足させるために、もう一つ大切なポイントがあります。

それは、お客さんに対して、自分がキャバ嬢という仕事に一生懸命に取り組んでいるということを理解してもらうことです。

たとえば、お客さんとの接客の中で、「キャバクラでお金貯めて、ネイルサロンを開きたいんだ。そのために、今専門学校にも通ってるの」などと目標や夢を伝えておけば、あくまでもそのためにキャバクラで働いていると理解してもらうことができます。

そして、お客さんに応援してもらえるから頑張れるということも伝えましょう。

目標を持って真剣に頑張っていれば、指名は増えて行くものです。

指名が被ることもあるでしょう。

しかし、たとえ指名が重なっても、お客さんがあなたの目標を理解し、頑張りを応援する立場に立ってくれたならば、怒ったりしなくなるはずです。

むしろ、「こんなに人気のある、頑張り屋の子が自分を特別扱いしてくれている」ということに大きな喜びも感じるようになります。

このように感じさせることができれば、お客さんは指名が被ったからと言ってあなたから離れて行くことはありませんし、むしろ指名は増えて行くでしょう。

指名が増えていけば、ますます席に着く時間は短くなるのですが、お客さんは応援しているのですから、席に着く時間が短くなったところで機嫌を損ねることなどなくなるのです。

指名がいくら被ってもお客さんが怒ることはなく、むしろそこに誇らしさを感じてくれるようになれば、非常に良い好循環が生まれているといえるでしょう。

まとめ

お客さんをうまくフォローできるようになると、指名被りが起こっても何らトラブルはなくなります。

キャバ嬢として売れっ子になり、活躍し続けるためには、お客さんがあなたのファンになってくれるように努力をしていくことが大切です。

そうすれば、いくら指名が被っても問題なく、むしろ被れば被るほど良いといえる環境が整うことでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 売れっ子キャバ嬢になるには、男の本質を理解する必要があります!

  • 初心者のキャバクラ指名の取り方テクニック

  • プライベートでお客さんに誘われたらどうする?

  • 男から見た可愛いキャバ嬢はコレだ!知っておくと得する仕草

  • 売れっ子キャバ嬢の顧客管理術

  • 売れっ子キャバ嬢がやっている聞くテクニック