1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. 営業術
  4. 誕生日イベントはどうやって成功させる?
キャバ嬢部屋探し

誕生日イベントはどうやって成功させる?

営業術 稼ぐキャバ嬢講座 この記事は約 8 分で読めます。

キャバ嬢にとって、1年の中で最も大切な日は、誕生日です。

誕生日は最大のイベントであり、売り上げを伸ばすのにも最適ですが、その反面期待もかけられ、プレッシャーも大きい日です。

誕生日イベントは、キャバ嬢としての真価を問われる日でもあるのです。

では、誕生日イベントを成功させるためには、どうすればよいのでしょうか。

本稿で成功のための流れを見ていきましょう。

1年で一番大切な日

キャバ嬢にとって、クリスマスやバレンタインデー、ハロウィンなどのイベントは稼ぎ時です。

お店としても色々な企画を打ち出すので、それにうまく乗っかってお客さんを呼ぶことができれば、売り上げを伸ばすことができるからです。

しかし、それよりももっと売り上げを伸ばせる日が、1年に1回だけあります。

それは、誕生日イベントです。

誕生日は、年間のイベントの中でも、最もお客さんが誘いに応じてくれる日です。

お客さんはできるだけ来店して盛り上げようとしてくれますから、最も営業をかけやすく、集客ができ、売り上げが伸びる日なのです。

逆に言えば、誕生日イベントは、最もプレッシャーになる日であるとも言えます。

誕生日イベントが盛り上がらないということは、人気がない証拠ですから、キャバ嬢として非常に寂しいことです。

また、本人のプライドとは別に、お店からも売り上げを伸ばすことを期待されます。

自分のプライド、お店の期待、周りの女の子の目という、三重苦の日でもあるのです。

ですから、誕生日イベントをしっかり盛り上げ、売り上げを伸ばし、大いに稼ぎ、自分のプライドも満たし、お店の期待にも応え、周りの女の子からの嘲笑も受けないように、誕生日イベントを成功させるコツを知っておく必要があります。

誕生日アピール

キャバクラ経営基礎知識

誕生日イベントの成功のカギは、普段の接客にあります。

お客さんに誕生日を認識してもらえば、誕生日が近づくにつれてお客さんがそれなりに意識してくれることもありますから、まずは普段から誕生日をアピールしておくことが重要です。

お客さんとの会話の中で、誕生日をアピールできるタイミングがあれば、できるだけ逃さないように意識することが大切です。

例えば、年齢を聞かれたときには、

今は22歳です。

でも、11月11日が誕生日だから、あと〇ヶ月で23歳ですけどね。

などとアピールします。

誕生日を覚えやすくする工夫も効果的です。

例えば、

11月11日が誕生日です。

ポッキーの日ですよ。

といった感じで伝えるのが良いでしょう。

祝日が誕生日ならば、とても覚えやすいので是非アピールすべきです。

「○○の日」と一般的に言われない場合でも、語呂合わせで覚えてもらうのが良いでしょう。

祝日でも記念日でもなく、語呂合わせも難しい場合には、同じ誕生日の有名人や、その日の歴史的な出来事などを調べてみましょう。

ウィキペディアで日付を入れて検索すると、その日の出来事などが出てきます。

その中で、ネタになりそうなものがあれば、誕生日アピールに使えるかもしれません。

 

 

お客さんをリスト化する

誕生日が近づいてきたら、お客さんをリストアップしましょう。

リストアップしておくことによって、行き当たりばったりに、無計画に営業をかけるよりも、効率的・効果的に営業することができます。

誕生日ならば高確率で来てくれるお客さんはもちろんのこと、来てくれるかもしれないお客さんもリストアップします。

このほか、最近あまり来店してくれないお客さんもリストに入れて良いでしょう。

そのようなお客さんは、「せっかくの誕生日なので、ご無沙汰ですし、よかったら・・・」という営業をかけられるからです。

また、事前にリストアップしておくと、モチベーションも上がります。

誕生日イベントまでの接客の調子が良くなり、新規のお客さんが誕生日にも来てくれることもあるかもしれません。

営業をかける

誕生日イベントの営業をかける段階になったら、お客さんごとに最適な方法で営業をかけていきます。

お店に来てくれるお客さんには直接会って営業をかけ、その他のお客さんにはメールやライン、電話などで営業をかけるようにします。

お店がメルマガを配信している場合には、お店のDMでも告知してくれるかもしれませんが、それとは関係なく、自分でも営業をかけることが大切です。

営業の際には、「誕生日イベントを盛り上げたいので来て欲しい」という言い方ではなく、「誕生日だから○○さんと過ごしたい」という誘い方が効果的です。

人気キャバ嬢になると、誕生日には非常にたくさんのお客さんが来店し、ほんの少ししか接客できないかもしれません。

それが分かっている場合には、「誕生日は忙しいかもしれないけど、○○さんと少しでも会いたいな」という誘い方が良いと思います。

直接会って営業する場合には、アフターを活用するのも良いと思います。

普段はあまりアフターしないキャバ嬢も、アフターに応じて営業をかけ、誕生日に確実に売り上げるようにするのです。

当然のことながら、アフターできるのは1日に1人だけですから、アフターするお客さんは良く見極めることが大切です。

たくさん誘って、一人一人の接客時間が短くなると、お客さんは不満に思うのでは?と思う人もいるかもしれません。

しかし、お客さんの多くは、誕生日がキャバ嬢にとってどんな日であるか、よくわかっているものです。

たとえ接客時間が短くても、それは自分のお気に入りが誕生日イベントを成功させた証拠でもあるのですから、嬉しく思うものです。

 

 

いざ誕生日

誕生日当日は、かなりハードになることを覚悟しておきましょう。

事前の営業が成功すればするほど、たくさんのお客さんが来店し、目の回るような忙しさになります。

シャンパンなども、いつもよりたくさん入れてもらえると思います。

お店としても、周りのキャバ嬢としても、できるだけ乗っかって売り上げようとするのですからなおさらです。

普段より、お酒を飲む量もかなり多くなる可能性があります。

そのため、体調管理はしっかりとしておき、当日は万全の状態で挑む必要があります。

体調不良の状態で出勤すると、あまりの忙しさに本当に目を回してしまったり、お酒に酔って気持ち悪くなったりする危険性が高まります。

もし、どうしても体調を整えることができなかったならば、開店前にお店に伝えておきましょう。

ヘルプのキャバ嬢にお酒に強い子をうまく配置し、飲む量を極力減らせるようにするなど、何らかの対策をしてもらえると思います。

また誕生日には、お客さんからたくさんのプレゼントをもらうことになるでしょう。

いくら忙しいからと言って、プレゼントをもらった時にお礼を忘れてしまえば、お客さんは幻滅してしまいます。

一人当たりの接客時間は短いかもしれませんが、しっかりとお礼を述べることが重要です。

お客さんの中には、来店できない代わりに花を贈ってくれる人もいると思います。

それもきちんとメモするなどし、後でお礼のメールや電話をきちんと入れておくことが大切です。

そうすることで、誕生日イベントでは来店できなかったお客さんも、それ以降の普通の日に、それまでと変わらず来店してくれることでしょう。

そして、誕生日イベントが無事終わったら、お店のスタッフや同僚のキャバ嬢にもきちんとお礼を言いましょう。

誕生日イベントは、自分の売り上げを伸ばすだけではなく、お店のスタッフや同僚のキャバ嬢と、絆を深めることもできる日なのです。

 

 

まとめ

誕生日イベントは、キャバ嬢にとっては非常に重要な日です。

1年で最も売り上げを伸ばせる日であり、また最もプレッシャーをかけられる日でもあります。

誕生日イベントを成功させるためには、普段からの準備、誕生日前にしっかりと営業をかけること、そして当日のハッスルが必要です。

それができれば、成功させることができると思います。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • キャバ嬢のギモン~メールを送るタイミング~

  • キャバ嬢のギモン~休みの日のメール~

  • キャバ嬢のギモン~苦手なお客さんへのメール~

関連する記事はこちら

  • キャバの名刺!指名を貰う女性たちの共通点

  • 同伴をバンバン使え!デキるキャバ嬢の同伴マニュアル!

  • キャバクラで団体客をゲットするとこんなメリットが!

  • 【これは使える!】キャバ嬢のための心理学

  • 稼げるキャバ嬢になる会話の方法

  • 接客の基本的な会話をマスターしよう!