1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 同伴のコツを徹底解説!
キャバ嬢部屋探し

同伴のコツを徹底解説!

同伴はキャバ嬢の大切な仕事のひとつです。

お店によっては同伴ノルマが課されていますし、同伴によって累積されるポイントによっても時給が左右されることでしょう。

みんなにメリットがある同伴とは

同伴では出勤と同時に指名客を一人得られるため、指名本数でもメリットがあります。

だからこそキャバ嬢の立場からのみ同伴を考えがちなのですが、客の立場からも考えておくことによって、よりスムーズに同伴をすることができるようになります。

客の立場から同伴を考えてみると、同伴中はお気に入りのキャバ嬢を独り占めにできることになります。

お店では、そのキャバ嬢に指名が入れば入るほど接客時間は短くなるため、お店で支払うお金よりも価値があることになり、これは大きなメリットと言えます。

特に、人気キャバ嬢であれば指名がたくさん入っているものですし、同伴の予定も埋まっているため、同伴をすることそのものが価値となります。

このほか、お店ではドレス姿で接客していたキャバ嬢も、同伴の際には私服です。

キャバ嬢としては同伴も仕事の一環なのですが、プライベートに近い姿で食事などできるため、客はデートをしているように錯覚してしまいます。

口説き目的の客になると、デートのように錯覚できるため、同伴を口説く好機と考えている人も多いものです。

また、同伴はお店にもメリットがあります。

なぜならば、開店間もない時間帯は、客も残業をしていたり、居酒屋で一杯やっていたりしているため客があまり入りませんが、同伴してくれればその時間帯に客を確保できるからです。

そのため、ポイントを付与して同伴システムを奨励したり、同伴ノルマを課していたりするのです。

このように、同伴はお店にもキャバ嬢にも客にもうれしい制度なのです。

ならばたくさん誘って稼ごうと考えるのですが、いざ客を同伴に誘ってもいい返事をしてくれない客は多いものです。

同伴は客にもメリットがあるのに、なぜあまり受け入れてくれないのでしょうか。

その原因を取り除くことで、同伴してもらいやすくなります。

 

 

同伴のリミットの考え方

同伴をする場合には、決められた時間までに入店しなければなりません。

それまでに入店しなければ同伴とはみなされず、罰則(最初の1時間は無給など)となっていることも多いです。

同伴のリミットは8~9時としている場合が多いです。

この時間までに食事などを済ませて入店しなければならないという事は、入店前の少なくとも1時間前には待ち合わせをしておかなければなりません。

となると、9時までが入店時間ならば8時には待ち合わせをする必要があります。

できれば7時半くらいには待ち合わせたいものです。

つまり、客はこの時間までに仕事をすませて合流できる人に限られます。

最近は不景気の煽りを受けて残業が増えている傾向にありますから、これも同伴を断る理由になっています。

これを解消するためには、以下のような方法が考えられます。

  • 時間が厳しいならば、時間がかからない食事にしましょう。

そうすれば、待ち合わせ時間を少し遅らせることができます。

例えば、ラーメン、パスタ、回転寿司などがこれに当たります。

  • それでも時間が厳しいというならば、お店近くの喫茶店で待ち合わせて30分くらい話をして入店するようにしましょう。

それでは味気ないという客も多いでしょうが、そこは

○○さんに相談したいことがあるんだけど・・・お店じゃ話せないからお店の前に話せない?

と誘うなどしてフォローすれば問題ありません。

コーヒーを飲みながら話してもいいですし、軽食をとってもよいでしょう。

ちなみに、相談という言葉で「お金のことかな?」と警戒させないように、「家族のことで」「お昼の仕事のことで」などと付け加えると尚良いでしょう。

  • それでも時間に問題があるならば、店前入店が究極の方法になります。

これは、お店の前で待ち合わせて一緒に入店するという方法です。

しかし、キャバ嬢を独り占めするという客にとってのうまみは全くなく、同伴するだけで同伴料を支払わなければならないため、客にとっては割に合わない同伴です。

非常に親しくなって助けを求めることができる客であったり、キャスト視点で同伴を考えられる客でなければ使えない方法となります。

ちなみに、お店が指定する同伴の際のリミットは、開店時間より一時間遅らせています。

例えば、8時開店ならば9時入店というようにです。

しかし、開店時間に入店するとそこから時給が発生するため、多くのキャバ嬢は開店時間に入店しようとするものです。

お店が一時間遅らせているからと言って、それを律儀に守って客との同伴時間を一時間伸ばし、一時間分の時給を手放そうとするキャバ嬢はいないという事です。

しかし、客の時間がどうしても厳しい時など、時には一時間遅らせても同伴することが大切です。

同伴をすれば客とより親密になることもできるため、太客になりそうな客の都合に合わせておけば後々メリットがあるかもしれません。

海老で鯛を釣ると思って同伴することが必要な場合もあります。

実際、同伴することで客との距離を大幅に縮めることができます。

先行投資と思って、ここぞというときには遅い時間での待ち合わせをするようにしましょう。

 

 

お店の提案のコツ

上記の通り、同伴の際には客はお店に対して同伴料を支払うことになります。

金額は3000円程度となっています。

しかし、キャバクラで使うお金全体を考えればそれほど大きな金額ではないため、同伴料をそれほど気にしていない客がほとんどです。

それよりも客が気にしているのは、同伴の際の食事にかかるお金です。

客としてはお気に入りのキャバ嬢を連れて食事をするのですから、見栄を張ろうとする人が多いです。

食事に連れていくからには、喜んでもらえるお店に連れて行こうと考えるのです。

多くの客が思い浮かべるのは寿司、焼肉、しゃぶしゃぶなどです。

これらの食事を選んだ場合、二人で行けば最低でも1万円はかかることでしょう。

お店のランクや食べる量によっては2万円以上かかっても不思議ではありません。

一般的なキャバクラのセット料金は1万円ですから、同伴の食事で2万円もかかれば「このお金で1回遊べたな・・・」と思う客も多いものです。

また、月に1~2回だけ、お小遣いの範囲内でキャバクラに来ている一般的なサラリーマンの中には、毎日の昼食を500円くらいにして節約している人も多いことでしょう。

相手を選ばなければ、同伴のせいで客離れを招くことも無きにしも非ずです。

もちろん、食事のあとにはお店に入るのですから、お店で払うお金と合わせたら3~4万円はかかるでしょう。

「2回遊べるお金使っちゃったよ・・・」と思うのも無理はありません。

キャバ嬢としては良いものを食べられればラッキーですから、客の見栄に乗っかるのも良いでしょう。

しかし、相手を見ずにそれを繰り返してしまうと、客に無理をさせてしまうことになります。

また、本来の目的は高い食事をおごってもらう事ではなく、同伴ノルマの解消や指名の獲得・同伴ポイントの獲得が真の目的なのですから、同伴の食事で客に無理をさせるのは得策ではありません。

そこで、無理をさせるかもしれない客には、こちらからリーズナブルなお店を提案してあげるのが良いでしょう。

初回の同伴の客には特にそうすべきです。

初めての同伴では男性は張り切って無理をすることが多いものです。

しかし、初めからそういうお店にしてしまうと、次回でお店のランクを落とすことに気恥ずかしさを感じてしまい、もっと高い店にしなければと思ってしまうのです。

それを繰り返せば、客は潰れてしまいます。このようなプレッシャーを与えないためにも、初めはリーズナブルなお店を選んであげるようにしましょう。

そうすれば、客は「ああ、この子はこのくらいのお店で満足するんだな(助かるなぁ)」と安心するものです。

2回目以降の同伴では、客と何を食べるかを相談してみましょう。

基本はやはり客が無理をしないチョイスにすべきです。

客との会話の中で「あれが食べたい」「あれはどう?」という話が出たとき、「それならあそこにこんなお店があるよ」と対応できるように、普段から情報を収集しておきましょう。

 

 

同伴に適している場所と時間は?

同伴で食事をする場合、できるだけお店に近い場所を選ぶようにしましょう。

近いお店にしておけば、遅刻することなくできるだけ長い時間楽しむことができます。

少し離れた場所でもタクシーで移動すれば大丈夫と考えるかもしれませんが、渋滞に巻き込まれる可能性があるためあまり好ましくありません。

そのため、タクシーなどの乗り物を使うことは想定せず、徒歩10分圏内のお店を利用することを考えておくようにしましょう。

そうすれば遅刻の心配もなく、ゆっくりと会話をすることもできます。

客も、せっかくお気に入りの子を独り占めしているのですから、できるだけ長い時間話せた方が嬉しいでしょう。

もちろん、待ち合わせ時間は食事をする時間だけではなく、移動時間まで考えたうえで遅刻しない時間にしましょう。

ちなみに、サービス精神旺盛なのはいいのですが、同伴で長い時間を過ごしてしまうと客はそれで満足してお店で楽しめなくなってしまうため、少し話し足りないくらいの時間に設定すべきです。

食事の内容にもよりますが、1時間くらいが最適な時間です。

このことも踏まえて、時間がかかりすぎる内容の料理は避けるべきです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • キャバ嬢のギモン~メールを送るタイミング~

  • キャバ嬢のギモン~休みの日のメール~

  • キャバ嬢のギモン~苦手なお客さんへのメール~

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢の彼女って男性から見たらどう?

  • ホストにはまるキャバ嬢たち!彼女たちがホストにハマる理由

  • 伝説のキャバ嬢たちの歴史

  • 年齢を問わないスナックでのアルバイト!初心者でも働ける?

  • モテるキャバ嬢のテクニック集

  • キャバクラの同伴ってメリットあるの?