1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. やってはいけない行動
  4. コミュニケーションのNG、こんな言動が男を冷めさせる
キャバクラ求人相談センター

コミュニケーションのNG、こんな言動が男を冷めさせる

女性が男性とコミュニケーションをとる時、いくつかのNGやタブーがあります。

中でも最も気をつけるべきことが「醜く見える言葉を使わない」と言うことです。

では、その言葉には、どのようなものがあるでしょうか。

キャバクラ求人相談センター

醜く見える言葉を使わない

コミュニケーション

女性が男性とコミュニケーションをとる時、いくつかのNGやタブーがあります。

それを知ることで、男心をよりひきつけるコミュニケーションができるようになるでしょう。

NGやタブーにはいくつかありますが、中でも最も気をつけるべきことが「醜く見える言葉を使わない」と言うことです。

「醜い」というのは、なにも容姿のことばかりを言うのではありません。

いくら美しい容姿を持っている女性でも、会話のなかでNGワードを発してしまうと、男性から見て醜い女性になってしまうのです。

では、男性から見て醜い女性とはどのような女性でしょうか。

それは、品位を感じさせない、言動に優雅さがない女性のことです。

多くの女性は、男性と言うものは精力的に仕事をして家族を守るように生きていくべきだと思う、という意見に賛成でしょう。

同様に、女性は品良く、美しくいてほしいという思いを持つ男性もそれと同じくらい多いのです。

そのため、品位を感じさせない、言動に優雅さがない女性は、男性から見ると非常に醜い女性だと映ります。

将来を全く考えていないニートの男性に好意を抱く女性はかなり少ないでしょう。

他人の目を気にせず、がさつな振る舞いをする女性に対して男性が好意を抱く確率も、それと同じくらい低いと考えていいでしょう。

好意を抱くことはほとんどあり得ないと言うことです。

では、醜く見える言葉には、どのようなものがあるでしょうか。

「だから、~って言ってるでしょ」

コミュニケーション

このワードは、相手とぶつかった時に、自分の主張を強引に通す時に使われます。

それだけではなく、「なんでそんな簡単なことがわからないの?」というような、相手を見下したニュアンスも含まれています。

男性との会話でこの言葉を発する女性は、男性を立てることができない女性です。

男性を立てることを知っている女性は、この言葉を使いません。

男性を立てられないホステスが売れっ子ホステスになることはありません。

「だけど~」

この言葉は、相手の言うことは理解できるものの、私の考えの方が正しいでしょ?というニュアンスで使われる言葉です。

つまり、相手の考えを否定して、自分の考えの正当性を主張する言葉です。

気品のある女性はこの言葉を使いません。

「でも~」

最近の若い女性は「でも」という言葉を良く使います。

あなたも思い当たるかもしれません。

これも「だけど」と同様に、相手意見を否定して自分の意見を通そうとする言葉になります。

言い訳をする時にもよくつかわれます。

すぐにいいわけをする人というのは、自我の強い人です。

「でも」を使うと、相手に「自分が一番」という印象を与えるのでNGです。

「~のに」

コミュニケーション

「のに」は愚痴を伴う言葉なのでNGです。

例えば、「私はこれだけ頑張っている“のに”相手は分かってくれない、報われない」というようなことです。

これも自分の正当性ばかりを主張する言葉です。

愚痴をいう人には魅力を感じないのは当然のことです。

いくつかの例を挙げましたが、どれも自分の正当性を主張する言葉であることに気がついたでしょうか。

自分の正当性を強く主張する女性は、男性から見て「可愛げがない」と映り、醜く見えてしまいます。

逆に、これらの言葉を努めて使わないようにしていると、相手を否定して自分の主張を通すような表現はかなり減ります。

もちろん、自己主張が全て行けないと言うわけではありません。

二人の人間が会話をしているのですから、相手と違う意見や考えを持つこともあって当然です。

そんなとき、売れっ子ホステスはどうしているのかと言うと、「YES AND」という受け答えをしています。

これは、相手の話していることが自分の意見と食い違っていたときにも、「そうですねぇ」と相手の意見を一回YESで受け入れます。

その後で、「そして」や「ただ」という接続詞を使って話を続けることによって、結果的には相手と意見が違うことを伝えたとしても、相手が持つ印象は全然違います。

なぜならば、一回YESで受け入れていることで、相手は「尊重されている」という印象を持つことになるからです。

ここで紹介したNGワードを口から出さないようにしてみましょう。

意識的にそうしていると、頭の中の考えが次第に矯正されてきて、意識しなくても口から出ないようになってきます。

いきなり頭の中の考え方や心の中の根っこの部分を変えようとしても、簡単なことではありません。

そのため、そういった深いところをいきなり変えようとするのではなく、いまからすぐに行動できる簡単なこと、つまり明確なNGワードを言わないように意識しましょう。

もし口にしてしまったら反省するという形で、徐々に心の深い部分と対面する機会を増やしていくことで、自然と心の根っこの部分から品を身につけていくことができます。

 

【激安】キャバドレス、超オススメ通販サイト

  1. 指名が上がる神売れドレス
    dazzyStore

    「服装で場内の指名が上がる!」
    それは紛れもない事実。
    そんな神売れドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. 可愛くエレガントに見せる花柄ドレス
    dazzystore

    可愛くそしてキュート、
    照明が暗めのホールではエレガントに。
    そんな花柄ドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

 

自分のことを話さない

コミュニケーション

自分のことを話さない、これは、自分のことを全く話さないと言うことではなく、相手に聞かれたことだけを話し、自分から進んで話したりしないと言うことです。

このNGを知ることによって、男性との会話をとても有利な状況に運ぶことができます。

売れっ子ホステスはもちろんのこと、プロのカウンセラーでも当たり前のように実践していることです。

きっと、思った以上の力を発揮してくれるテクニックです。

自分のことを話さないようにすることで、3つの効果を得ることができます。それは、

  • 相手の好奇心を引き出す
  • 相手の体感時間をスピードアップさせる
  • 相手を良く知ることができる

ということです。

では、それぞれの効果について詳しく見ていきましょう。

相手の好奇心を引き出す

コミュニケーション

これは、ミステリアスな女になることによって相手の好奇心をかきたてると言うことです。

自分のことをたくさん話せば話すほど、相手にとってあなたは神秘性の欠けた女性となってしまいます。

例えば、あなたに何らかの熱中している趣味があるとしましょう。

もしそのことを自分からぺらぺらと話しだしてしまうと、相手の男性にも似た趣味があればいいでしょう。

しかし、もしそこで「自分とは趣味が合わない」と判断されると、男性の心は一気に離れて行ってしまいます。

この他、特に注意すべきは色気に欠ける話をしてしまうことです。

例えばスーパーでの節約ショッピング、自分の部屋が汚い事など、生活感丸出しの話は色気の欠ける話です。

女性同士では楽しい会話になるかもしれませんが、男性からしてみると冷めてしまう話題となります。

つまり、自分についての具体的な情報を出せば出すほど、男性が抱くあなたに対する印象は非現実的なものから現実的なものへと変わっていきます。

もしあなたに対してファンタジーなイメージを抱いていたとしても、それがリアルなイメージにすり替わるのです。

すると男性は、あなたのことを男性自身の価値観でイメージすることができなくなってしまいます。

つまり、あなたに対しての「夢」とでも言える部分がかき消されてしまうのです。

もし自分のことを話すならば、相手がその情報を求めているかどうかに注目するようにしましょう。

もし相手の知りたい情報を教えているならば、それは相手の「知りたい」という欲求を満たすことであり、満足感を与えることにつながるため、良いことであると言えます。

しかし、相手が利きたくもない情報を与えても、それは単に言葉の羅列にしか過ぎないだけではなく、むしろあなたの神秘性を失わせ、あなたへの興味を失わせる結果となってしまいます。

これはコミュニケーションの技術で「数を減らして質を上げる」と表現されています。

相手の体感時間をスピードアップさせる

コミュニケーション

人間は、人の話を聞いている時と自分が話している時では、体感時間が異なります。

自分が話している時にはつい夢中になり、時間を気にせず色々な話をしてしまうものです。

しかし、相手が夢中になって話しているのを聞いている時には、まだ終わらないのかな、長いななどと思ってしまいます。

結婚式などで誰かのスピーチを長いと思ってしまうことがあるのと同じです。

スピーチしている本人は長く話しているとは感じていないかもしれません。

このことからわかるように、一般的には自分が話している時の時間は短く、聞いている時の時間は長く感じるのです。

同じ時間であっても、聞いているよりも話している方が早く時間が過ぎてしまうように感じるのです。

もちろん、あなたが非常に面白い話ができるのならば、聞いている相手も時間が早く過ぎるように感じるのですが、そのような話をするためには特別なスキルが必要です。

そのようなスキルがあなたにない場合にはどうすればよいのかといえば、それは

「相手の話を聞いている時間を増やす」

だけでいいのです。

それだけで相手の体感時間をスピードアップさせることができます。

相手を良く知ることができる

コミュニケーション

あなたが聞く側に回れば、話すのは相手になります。

と言うことは、相手の話を聞くことができるため、自然と相手のことがよくわかるようになります。

交渉や心理戦では、相手のことをどれだけ知っているかがカギであり、情報は力となります。

相手が関心を持っていることを知っていたり、興味のある女性のタイプがわかっていれば、自然と会話を自分の都合の良いように持っていけるようになります。

必要以上に自分のことを語らず、求められた情報だけにすることによって、あなたは男心を引きつけるのが容易になるのです。

 

モデル着用のドレスでライバルに差をつける

  1. 藤井リナ、着用ドレス

    あいつに差をつけろ!
    モデルのドレスがあなたを際立たせる。
    藤井リナとのコラボドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. デイジードレスコレクション
    dazzystore

    あの子のドレスもこの子のドレスもデイジー♪
    日本一の品ぞろえだからカブることはありません。
    そして激安¥1,999~

    販売サイトへ

 

男性に教える態度を取らない

コミュニケーション

人は誰しも、誰かに何かを教えたいという欲求を持っています。

また、知的好奇心を満たすために、知りたいという欲求も持っています。

対極に存在する二つの欲求が混在するのですが、この二つを秤にかけると、大体は教えたい欲求の方が大きいことが多いです。

なぜならば、人は他人に何かを教えることによって、自分の存在意義を確認することができるからです。

特に、男性はこの傾向がとても強いものです。

女性よりも自己顕示欲が強いと言うだけではなく、男女間の立場がどのような関係になったら気持ちよいのかも関連しています。

男性は、女性に教えると言う行為を通して、自己の存在を女性より上に持っていこうとするのです。

この「上」とは、より多くのことを知っている、より豊富な経験をしていると言うように、知識レベルや経験レベルでの上下関係についてです。

人類の歴史上、男性は外に出て狩りをして食料を獲得し、それを与えて女性の生活を支えることで主導権を完全に握るという生き方を続けてきました。

その記憶が男性のDNAには深く刻み込まれています。

そのため、女性が主導権を握っている状態を心地よくないと感じてしまうのです。

心地よくないと言うだけではなく、嫌がる男性も多いでしょう。

教えると言う行動の本質は、大体以下の3つに分けられます。

コミュニケーション

  1. 相手の知らない情報を提供する
  2. 知識や技芸を伝えて身につけさせる
  3. 善悪の観点などを話して理解させる

これらのそれぞれについて、なぜ男性との会話でNGなのかを見ていきましょう。

まず、「相手の知らない情報を提供する」から考えてみましょう。

これはNGにならないこともあります。

NGになるかならないかの見分け方は、相手の男性にとって、その情報が知っていなければならない情報なのか、それとも知らなくてもいいような内容なのかによって決まります。

知らなくてもいいような内容ならば、教えてもいいでしょう。

そのような情報は、男性がその内容に興味を持つかどうかも含めて、男性にとってはどうでもいいことだからです。

しかし、男性が知っていなければならない情報立ったならば、教えるのはNGです。

知っていなければならない情報を知らなかったと言うだけで、すでに男性のプライドは傷ついています。

それだけではなく女性から教わることによって、女性よりも上の存在でありたい、あるいは上の存在であるべきだという男性の面目が丸つぶれになってしまうからです。

男性はプライドを非常に重んじるものです。

そこに引っ掛からなければ大丈夫と言うことです。

あなたが相手にその情報を伝えることによって、その男性の面目をつぶす内容出なければ、たとえ相手が知らないことをつたえたところで、相手が不快になることはありません。

このことがわかれば、2と3はよりNG色がつよいことが分かるでしょう。

なぜならば、これらは上から物を言うような態度になりがちだからです。

コミュニケーション

たとえ十分に気を使ったとしても、あなたの知識やモラル、技能、経験などが男性よりすぐれていることを示してしまい、相手のプライドを傷つけてしまうことになります。

売れっ子ホステスは、このような男性のプライドを良く知っています。

そのため、相手の話していることを実際には知っていても敢えて知らないふりをして、「物知りなんですね」という態度で男性に感心するような反応をします。

男性の言ったことが間違った情報であっても、それを訂正するようなことはしません。

それは、男性の間違いを指摘して正しい情報を伝えるようなことをすれば、それは男性からの好感を得ることはできないし、むしろ反感を買うことになってしまうと知っているからです。

相手に教える態度を取らないことによって、男性のほうがあなたより上の立場であることを男性に認識させることができ、あなたに対して自身ある心理状態になれるようにしてあげることができます。

これが、男心を引きつけるコツです。

教えると言う行動には、その会話の中の主導権を教える側が握っているという意味合いも含まれます。

そこには、意識するとせざるとにかかわらず上下関係ができてしまいます。

そして、女性が上の立場になってしまうと、男性が卑屈になってしまうことがあるのです。

もしあなたが男性よりも高い教養を持っていたとします。

しかし、それを男性に教えてあげると言う態度をとるよりも、上手に男性から教えてもらうという態度をとる方が、相手から好感を得られることは間違いのないことです。

売れっ子ホステスたちは賢い女性であり、些細な情報の間違いを指摘することなく、自ら下手に出て男性に教えさせることによって、上手に好感を勝ち取っていきます。

もちろん、すでに人間関係ができていてお互いに気心知れた仲になっているならば、このような過剰に気遣いは必要なくなります。

売れっ子ホステスはきちんと自分と相手との人間関係の段階とTPOをわきまえて、上手に使い分けをしています。

ライバル意識は絶対NG

コミュニケーション

ライバル意識は曲者です。

お互いを認め合い切磋琢磨していけるライバル意識ならばいいのですが、間違ったライバル意識は男性でも女性でも醜く見えてしまうものです。

ライバル意識の一番厄介な点は、それが主に同性に対して向けられることです。

しかし、残念ながら、これは人間を含めた全ての動物のDNAに含まれているのです。

雄は自分の子孫を残すためにほかの雄と戦い、一匹の雌を取り合います。

雌はより強い子孫を残すために、他の雌と戦ってより強い雄にアピールをします。

このように、動物的な本能によって同性と張り合ってしまう、同性に対して厳しい目で見てしまうという現象が起きてしまうといいます。

ライバル意識とセットになっているものは、嫉妬の感情です。

この嫉妬の感情は、女性の魅力を半減させてしまいます。

いや、半減どころかそれ以下にしてしまうかもしれません。

心理学的に言うと、対立関係は基本的にライバル意識から生まれるものです。

しかし、男性は女性同士が対立する状態は見たくないのです。

コミュニケーション

もし二人の女性がいて、一方が相手に嫉妬心を持ち、一方的に攻撃しているならば、それを見た男性は、攻撃されている女性に引き寄せられます。

これは男性は女性を勝手な思い込みで理想化する傾向があり、その理想の中には「女性はか弱い存在で、男が守るべき存在だ」というものがあるからです。

そのため、二人の女性がいて一方が攻撃する側、一方が攻撃されている側立った場合、男性は「俺が守ってやらなければ」と想い、攻撃されている側の方に心を引き寄せられていくのです。

また、「女性は優しく、男を癒してくれるものである」という理想も抱いています。

しかし、ライバル心を燃やして他の女性に攻撃を仕掛ける女性は、その理想も打ち砕いてしまうのです。

心の奥底にある感情を完全にかくしきることは至難の業です。

あなたがもし他の女性へライバル意識やそこに発する嫉妬心を持っているならば、ちょっとした会話や言動から、男性はそれを察してしまいます。

男性は毎日なにかと戦って生きているものです。

実際には対して戦っていない男性もいるかもしれませんが、実際がどうかは別として、自分ではそう思い込んでいるのです。

その戦いで傷ついた男性にとっての安らぎの場は女性です。

そのため、癒しとしての存在である女性が戦っている姿を見たくはないのです。

もちろん、これは男性が勝手に作り上げた理想・幻想かもしれません。

しかし、売れっ子ホステスはこの理想・幻想を知り、それに合わせるように行動するものです。

だからこそ、売れっ子になれるとも言えます。

醜いライバル心を薄れさせるためには、「ナンバーワンではなくオンリーワンになる」という感性を持つことが大切でしょう。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5チャンネル削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    「他人に見られる前に消す」それにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットの誹謗中傷はこんなに怖い 公式サイトへ

 

千年の恋も一瞬で冷めさせる言葉

コミュニケーション

男性にとって、千年の恋も一瞬で冷めてしまうような、女性から聞きたくない言葉を紹介していきましょう。

女を捨てた言葉

ここまで書いてきたように、男性は女性に対して理想を抱いています。

たとえ長年付き合っていたり、夫婦生活をしていたとしても、常に相手には可愛い女でいてほしいと言うのは、男性の願望です。

そのため、女性としてのアイデンティティを捨てたような言葉を聞いてしまうと、激しく幻滅してしまいます。

具体的には、がさつな男言葉と、可愛い女と認識できなくなってしまうような言葉です。

<ガサツな男言葉の例>

食事→めし、食べる→くう、おいしい→うめえ、大きい→でけえ、考えられない→ありえねえ、あなた→おまえ

この他にも語尾に「じゃねーよ」「だろ」などの男性が使うような言葉。

<可愛い女と認識できなくなってしまう言葉の例>

「むかしはねぇ」「よいしょ」「あらやーねぇ」「まだ若いからわからないかもしれないけど」「私はもう年だから」などのおばさん言葉。

自分がおばさんになってきていることを印象づけてしまう言葉。

男性のプライドを傷つける言葉

コミュニケーション

男の人生とは、自己の証明です。

そのため、プライドは男性の人生観のなかでもっとも大切なことの一つなのです。

そのプライドを傷つけられると、男性は我慢できません。

具体的には、他の男性と比較して劣っていることを印象付けるような発言、上から見下ろすような言葉は、男性のプライドを傷つけます。

また、男性は常に女性よりも上の位置に痛いと言う願望を持っているので、肩を並べて張りあうような言葉もNGです。

<男性のプライドを傷つける言葉の例>

「○○さんはこうだったのに」「わかってるの?」「男のくせに」「結局なんなの?」「そんなこともできないの?」

「当然でしょ?」「まだ決められないの?」「またここ?もう飽きた」

男性の考えや価値観を否定する言葉

コミュニケーション

男性の間違いを指摘して、あなたの正当性を主張する言葉は、直接的に男性のプライドを傷つけます。

また、あなたの価値観を強く主張することも、男性を否定して上から価値観を押しつけようとしている印象を与えてしまうためNGです。

もし価値観の違いから激しくぶつかってしまったならば、表面的にでもいいのであなたから先に折れるのが賢い選択です。

「ごめんね、私、ちょっと意地はっちゃったね」というだけで、衝突は嘘のように改善されます。

自分が正しいことを分かってもらうより、男を上手に手なずけるというのはホステスには欠かせない考え方です。

<男性の考えや価値観を否定する言葉>

「だからいったでしょ」「こっちのほうが絶対いいから」

男性を追い詰める言葉

コミュニケーション

男性は、追いつめられると逃げます。

しかし、獲物を追い詰めて狩りをするのは好きな男性は、自分が追い詰められることは嫌います。

男性は自分のペースを乱されることが大嫌いなのです。

女性がつい口にしがちな、男性が大嫌いな言葉にはどのようなものがあるでしょうか。

<男性を追い詰める言葉>

「なんで電話してくれないの?」「私のこと嫌い?」「浮気とかしないよね」「誰と一緒にいたの?」

「なんで~してくれないの?」「また友達と出かけるの?」「昨日なにしていたの?」

男性とコミュニケーションをとる時には、これらの言葉に気をつけて売れっ子ホステスを目指しましょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

コミュニケーション

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  • お店選びに悩んだから体入サポートシステム

  • キャバドレス激安!!オススメ通販サイト

  • 同伴に誘うテクニックをマスターしよう!

関連する記事はこちら

  • 好きなタイプを聞かれた時のキャバクラ嬢の会話術

  • 営業の本質は「客との距離を縮めること」

  • キャバ嬢は誕生日などのイベントでガッポリと♪

  • キャバ嬢の営業メール!彼女たちは手帳にビッチリ書いている?!

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

  • どんなに話がうまいキャバ嬢でも、客は結局、見た目を重視する