1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. デメリット
  4. 同伴の苦手意識を克服して、指名を増やそう!
キャバ嬢部屋探し

同伴の苦手意識を克服して、指名を増やそう!

出勤前にお客さんと会い、食事などした後に一緒にお店に行き、指名してもらうことを「同伴」と言います。

同伴をすれば、指名を確実に獲ることができるため、指名を伸ばすためにはぜひとも同伴を活用すべきです。

しかし、同伴が苦手というキャバ嬢がいるのも事実です。

そこで本稿では、同伴のメリットと方法、苦手意識の克復などについて解説していきます。

同伴はメリットがいっぱい

お店に出勤する日、出勤前にお客さんと店外で会い、食事などをして過ごし、そのままお客さんを連れて出勤することを同伴と言います。

同伴は、同伴そのものにポイントが付くお店もありますし、同伴したお客さんは必ず指名してくれますから、指名を増やすことにつながります。

お店でも、同伴を奨励しています。

なぜならば、同伴でお客さんに来てもらえば、開店直後というお店が一番暇な時間に、お客さんを獲得できるからです。

普通、お客さんは一件目からキャバクラに飲みに来ることはなく、居酒屋などで食事をしながら飲んで、二件目、三件目の流れでキャバクラに来ますから、開店直後のキャバクラは暇なのです。

だからこそ、同伴はお店にとってもありがたいことであり、同伴ノルマを課しているお店もあります。

お店にメリットがあることだからこそ、それを積極的にこなせばキャバ嬢にも返ってくるものです。

具体的には、キャバ嬢には以下のようなメリットがあります。

お店に来てもらえる

すでに書いた通り、同伴では出勤前に店外で会い、そのままお客さんを連れて出勤します。

単に、メールなどでお店に来て欲しいと営業をかけても、断るお客さんは多いです。

しかし、同伴ならばデートすることができ、同伴をしている時間はお気に入りのキャバ嬢を独占できるわけですから、お客さんにとってもメリットがあり、お店に来てもらいやすいのです。

お客さんの好感度が上がる

キャバ嬢は同伴と思って付き合っており、仕事の一環と考えています。

しかし、お客さんはデート気分であり、プライベートのキャバ嬢を独占しているように感じ、非常に喜びます。

いつもはキャバクラでしか会えず、キャバドレスも着ていますし、あくまでもキャバ嬢として、仕事としての接客であるというイメージがあるのですが、同伴では私服ですし、あくまでもプライベートという感覚になります。

それだけに、お客さんは特別な気分になります。

キャバ嬢は仕事として同伴をこなしますから、いつも通りの接客をしているだけですが、お客さんは「この子はプライベートでも気が利くし、本当にいい子なんだな」などと、好感度が上がることにもつながります。

給料が上がる

同伴をすれば、同伴ポイントが付きます。

同伴ポイントが付かなかったとしても、何らかの形で手当てが付くのが普通です。

指名ポイントもつき、時給アップにつながります。

もちろん、同伴後に来店すれば、まだ時間が早いですから、お客さんが延長してくれる可能性も十分にあります。

これによっても、給料アップにつながります。

アフターよりも安全

アフターでは、お酒が入った状態でお客さんと二人きりになります。

また、その後に出勤が控えていないので、キャバ嬢も気を許して飲みすぎることもありますし、時間が長引けば、「もう遅いし、ホテルで休憩しよう」などと持ち掛けられるかもしれません。

しかし、同伴はお酒を飲んでいない状態のお客さんと会いますし、時間も早いですから、そのような心配はありません。

キャバ嬢としても、その後に仕事があるのですから、それを理由にお酒の量を調節することもできます。

そのため、同伴はアフターよりも安全性が高いというメリットもあります。

 

 

 

時間の節約になる

「同伴は面倒くさい」、「出勤前は忙しいのに、時間がもったいない」、「出勤前はゆっくりしたいのに、お客さんと時間を過ごすなんて嫌だ」など、同伴をすると時間がもったいないと感じる人もいると思います。

しかし、同伴は結果的に、時間の節約になります。

終わり時間がわからないアフターや、拘束時間がわからない休日デートに応じると、時間をかなり取られてしまいます。

しかし、同伴ならば出勤までと時間を区切ることができますから、出勤の1~2時間前くらいからデートを始めれば、その時間だけで済ませることができます。

お店にも喜ばれる

上記の通り、本来お店が暇な時間にお客さんを連れていくことになりますから、お店にも喜ばれます。

それが、お店と良い関係を築いたり、お店から大切に扱われることにもつながります。

同伴で自分が稼ぐということだけではなく、積極的に同伴をこなし、お店にも儲けさせてあげると考えましょう。

おいしいものが食べられる

同伴では、食事に行くことがほとんどです。

お客さんは、お気に入りのキャバ嬢とのデート感覚なのですから、見栄を張ろうとするでしょう。

そのため、高いお寿司や焼肉、しゃぶしゃぶなどを食べに行くことが多く、キャバ嬢はただで美味しいものを食べられることになります。

お客さんも、「何が食べたい?どこにでも連れて行ってあげるよ」などと聞いてくると思います。

しかし、そこで高いものを食べるよりも、お店で延長してもらったり、シャンパンを入れてもらったりした方がいいですから、キャバ嬢側から高いものをおねだりするのはあまり好ましくありません。

もちろん、お金持ちの太客と同伴している場合などには、贅沢してもいいでしょうが、お客さんの懐具合を察してあげることも大切です。

どうやって誘う?

上記のように、同伴にはたくさんのメリットがあります。

お客さんから「今度同伴しようか」などと誘われれば、非常にラッキーです。

しかし、いつもお客さんが誘ってくれるとも限りません。

お店が20時から開店ならば、同伴するお客さんとは、少なくとも19時前には会う必要があります。

ちょっと多めに時間を取るならば、18時や18時半には会うことになるでしょう。

その時間は、まだ残業しているお客さんも多いですし、同僚と飲みに行くという人もいるのです。

ですから、同伴に積極的に誘ってくるお客さんはそれほどいないのです。

したがって、同伴を活用しようと思えば、キャバ嬢側からお客さんを誘う必要があります。

同伴に誘うコツをお教えしましょう。

会話の中で誘う

営業メールで「同伴してください」と言ったり、接客中に「今度同伴してほしいな」などと言うのは、基本的に好ましくありません。

そもそも、「同伴」というキーワードを使うと、あくまでも仕事として食事に行くという前提が出来上がってしまい、お客さんは盛り上がりにくいです。

そこで、会話の流れの中で誘うのがおすすめです。

例えば、お客さんとグルメの話をすることがよくあると思いますが、お客さんが

最近開店した○○っていう焼肉屋知ってる?この前初めて行ったら、なかなか美味しかったよ~。

などと言ったら、

そうなんですか?私お肉に目がないんです!今度連れて行ってください。

などと言っておきます。

そして後日、

今週の金曜日、この前話していた○○でご飯食べませんか?

などとメールするのです。

了解を得られたら一緒にご飯を食べ、その後お店に連れていきます。

 

 

同伴だとわかってもらう

上記のような誘い方をしたとき、遊び慣れたお客さんなら、それが同伴であることを理解しています。

したがって、食事後にキャバクラに行くことを前提に、食事に行くことを了解してくれています。

しかし、遊び慣れていないお客さんや、勘違いしがちなお客さんだと、ただ食事に誘っただけでは、完全なプライベートのデートだと思ってしまうことがあります。

したがって、ご飯を一緒に食べ、キャバ嬢が当然のように同伴しようとすると、「聞いてないよ」「同伴はしないよ」などと言うことにもなりかねません。

その恐れがあるならば、「今日は指名少なそうだから、お店でもいっぱい話せそうだね」など、同伴を意識させることが大切です。

忙しいことを強調しておく

お客さんは、同伴よりもアフター、アフターよりも休日デートをしたいと思っています。

したがって、同伴に誘いたいと思ったとしても、「同伴よりもアフターしようよ」「休日デートしようよ」などと、逆に誘われてしまうこともあります。

そこで、プライベートではいつも忙しいことを伝えておきましょう。

普段の接客の中で、休日の過ごし方や日中の過ごし方について話すこともあるでしょうから、その中で忙しいと伝えておくのです。

出勤前は準備もあるし、さすがに時間空けるようにしてるけどね。

普段は忙しくって大変だよ。

などと話しておくと、お客さんは「この子とデートするなら同伴しかないな」と考え、同伴に応じてもらいやすくなります。

思い切って頼んでみる

お客さんのタイプによっては、頼みごとをされることを嬉しく思う人もいます。

自分が気に入っている女性から頼りにされることで、嬉しくなる男性は結構多いのです。

お客さんがそういうタイプの人なら、思い切ってストレートに頼んでみるのもいいと思います。

特に、お客さんが鈍い場合などは、遠回しに誘っても伝わらずに同伴できなかったり、本気のデートだと勘違いをしてしまうこともあります。

だからこそ、遠回しに言ったり、小細工をしたりするよりも、ストレートに頼んだ方が上手くいくことも多いです。

色々な誘い方がありますが、

今度お食事いきません?同伴で。

同伴してくれたら嬉しいな~。

などと伝えることも検討してみてください。

お客さん選びは考えて

同伴を誘うお客さんの選び方にも注意が必要です。

いくら誘いやすいからと言って、同じお客さんばかり誘っていたのでは、お客さんに負担をかけることになりますし、本当は誘って欲しいと思っているお客さんを逃すことになるかもしれません。

また、同伴をすれば距離を縮めることができるのですから、敢えてまだそれほど親密ではないお客さんを選んで関係を深めることもできます。

親密なお客さんがせっかくお店に来てくれたのに、忙しくてなかなか話せなかった場合などには、早めに同伴に誘って話す機会を設けてアフターフォローすることもできます。

使い方次第で、同伴は色々な活用が可能なのです。

同伴嫌いを克服しよう

それでも、同伴に苦手意識を抱いているキャバ嬢もいます。

それでも同伴ノルマがあればこなさなければなりませんから、同伴に強い苦手意識を持っていると、仕事そのものが苦痛になることもあります。

苦手意識を克服するためには、なぜ同伴が嫌いかを特定し、それに合わせた対策をするのが良いでしょう。

 

 

時間を区切る

同伴嫌いの理由で最も多いのが、仕事以外でお客さんと過ごすのが苦痛だという理由です。

出勤前は忙しいのに、その時間を削って、好きでもない男性とデートのようなことをしなければならないのです。

連日の仕事で疲れていたり、二日酔いになっていたりすれば、より辛く感じられるでしょう。

この場合の対策は、時間を限定してしまい、「その時間分だけちょっと頑張る」という意識づけが効果的です。

上記の通り、普段は忙しいことをアピールしておき、

20時から出勤だから、18時半からなら会えるよ。

ご飯食べに行こう。

などと誘うのが良いでしょう。

それでも苦痛ならば、ご飯の時間をもう少し減らしてもいいと思います。

短時間ならば、仕事と割り切ることも簡単です。

嫌いなお客さんは避ける

また、嫌いなお客さんとは同伴しないと割り切ってしまうのもいいと思います。

いくらノルマが大変だからと言って、嫌いなお客さんからの同伴に応じる必要はありません。

そのようなお客さんとの同伴は、本当にノルマが達成できなさそうな時だけにしておき、普段はリラックスできるお客さんや、好意を抱いているお客さんと同伴するように心がけるのです。

そうすれば、同伴が少し楽になると思います。

生活を見直す

また、生活そのものを見直してみることで、同伴がラクになる場合もあります。

というのも、キャバ嬢は夜の仕事であり、生活リズムが崩れがちですから、それによって「同伴は疲れる」「ぎりぎりまで寝ていたい」などと考え、同伴嫌いになっていることがあるからです。

そこで、できるだけ規則正しい生活を心がけることが大切です。

仕事が終わってからもだらだら過ごし、日が昇ってから寝て、夕方に起きて出勤する

という生活を改め、

仕事が終わったらできるだけまっすぐ帰り、しっかり寝て、遅くても昼前には起きて家事などこなし、ご飯も栄養のあるものをしっかり食べ、出勤する

という生活を送るのです。

実際、筆者が見て来た夜の業界の人でも、20代から夜の世界で働き初め、高齢になってからもスナックのママを張っているような女性は、規則正しい生活をしているものです。

だからこそ、いつも元気に働くことができ、精神的に参ってしまうこともありません。

規則正しい生活ができれば、疲れにくくなりますし、時間的にも余裕がありますから、同伴がラクになると思います。

まとめ

同伴は、キャバ嬢にとって非常にメリットがあることですから、皆さんも是非活用してほしいと思います。

苦手意識を抱いている人もいると思いますが、意識づけや生活の見直しによって、無理なく同伴をこなしていけるようになります。

稼げるキャバ嬢になるために、同伴を避けて通ることはできません。

たくさんの同伴をこなし、人気と稼ぎを高めていって欲しいと思います。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • キャバ嬢のギモン~メールを送るタイミング~

  • キャバ嬢のギモン~休みの日のメール~

  • キャバ嬢のギモン~苦手なお客さんへのメール~

関連する記事はこちら

  • ナンバーワンキャバ嬢になるコツ教えます!

  • キャバクラの客を見れば時代が分かる

  • おもてなしのプロになる方法を徹底解説!

  • キャバ嬢なら絶対経験するアフター、注意点・ポイントまとめ

  • しゅわしゅわをオーダーしてもらう方法

  • 苦手なお客さんと会話で盛り上がって場内をゲットする秘術