メールでその気にさせちゃえ!指名客を増やすメールテク

女性向けの高収入アルバイトといえばナイトワークですが、中でもキャバクラは人気があります。

しかし、しっかりと稼ぎたいのであれば営業メールが欠かせません。

ナンバーワンになっている女性は必ず文面に気を遣っているものです。

キャバクラ求人相談センター

メールはおすすめのコミュニケーションツール

AdobeStock_109489057_R

多くの男性が夜になるとキャバクラ遊びをするものです。

もちろん美味しいお酒や楽しいトーク、美しいキャバクラ嬢など、目的はさまざまでしょう。

しかし、中にはキャバクラ嬢からメールをもらったため飲みに行くこともあるのです。

このように指名客を増やすため多くのキャバクラ嬢は営業メールを出しているのです。

キャバクラ嬢には指名数のノルマが設定されており、このノルマが達成出来ないと罰金などのペナルティがあるのです。

 

求人案件を見ると「ノルマはありません」などと謳っている場合もありますが、指名数の少ないキャストはボーイからプレッシャーをかけられてしまいます。

そのため、多くのキャストは指名をしてもらうため、必死に営業メールをしているのです。

このノルマ達成が難しいためキャバクラを辞めてしまう女性は少なくありません。

しかし、毎回お客さんに営業メールを送ることは大変です。

数人のお客さんであればどのような相手か分かりますが、送る相手が増えてしまうとお客さんの特徴が分からなくなってしまいます。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

間違った文面を送ってしまうと、そのお客さんは二度と来店してくれなくなるでしょう。

多くの指名客を抱えるナンバーワンキャバクラ嬢ですと、お客さんの情報をノートにまとめている場合もあります。

さらに、こういったメールはプライベートの時間を利用するものですので、マメでなければ出来ないことでしょう。

このような努力がなければナンバーワンにはなれません。

 

また、現在はLINEでのやり取りが主流となっているため、LINEスタンプだけでもコミュニケーションが可能となっています。

そのため、それほど苦労はしません。

適度にLINEスタンプを利用しましょう。

スタンプばかりですと手抜きと思われてしまいます。

しかし、こういった営業メールがどうしても苦手という女性は少なくありません。

おすすめはガールズバー

そこでおすすめしたいナイトワークとしてガールズバーがあります。

 

ガールズバーは基本的に女性がバーテンダーとして働きますので、キャバクラのような指名や同伴、アフターなどのシステムがありません。

そのため、ノルマそのものが無いのです。

しかもガールズバーはカウンター越しの接客ですので、気軽に始めることが出来るでしょう。

接客は基本的に私服ですのでナチュラルに仕事をすることが出来ます。

しかし、仕事内容が楽なのでどうしても時給は安くなってしまいますが、コンビニやファミレスのアルバイトより稼ぐことは十分に可能です。

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

指名客を増やすためのメールテク

Dollarphotoclub_107489063_R

キャバクラ嬢として働いていると必ずお客さんと連絡先の交換をするものです。

そして、営業メールを送ることでお客さんに指名してもらいます。

しかし、中にはいくら営業メールを送ってもお客さんから返信が無い場合もあるのです。

指名数のノルマが達成出来ないと罰金などのペナルティがあるので、どうしても指名が欲しいところ。

 

ノルマの無いお店だったとしても、指名客の少ないキャストはボーイからプレッシャーをかけられてしまいます。

しかし、ルックスやスタイルがイマイチだったとしても、営業メールによって多くの指名客をゲットすることは十分に可能です。

そこで注意したいのは、相手によってメールの文面を変化させるということです。

一斉送信は絶対にNGです。

文面の一部で構いませんので、そのお客さんに合わせた内容にしましょう。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

名前を入れてオンリーワンのメールに

できれば文面に相手の名前を入れるようにしてください。

お客さんは誰もが「自分はオンリーワンの存在」と考えているもの。

そのため、ほかのお客さんと同じ文面になってしまうとガッカリされてしまうのです。

場合によっては「同じような内容のメールしか送ってこない」などと言われることもありますので、文面には十分に注意しましょう。

 

さらに、お店によってはキャスト向けのメールテンプレートを用意している場合もあります。

こういったテンプレートを使ってしまうとほかのキャストと同じようになるので避けましょう。

最も効果的な文面は自分のオリジナルのものです。

よく間違いがちですが、オリジナルの文面でも

「今日は友だちと○○へ行って楽しかった」

などの文面になるメールはNGです。

こういった文面はこれだけで完結しているため、受け取った側はどのようなリアクションをして良いのか分からないのです。

 

もし、こういった文面を送るのであれば

「今日は友だちと○○へ行って楽しかったんだけど、行ったことありますか?」

など、質問系で終わらせるようにしましょう。

これによってお客さんは返信しやすくなります。

これは実際のトークと同様で、返しやすい内容にすることが大切です。

タイミング

また、営業メールは送るタイミングも重要です。

相手がサラリーマンでしたら月曜の朝に送るようにしましょう。

 

月曜の朝は一週間のスタートですので、どうしても憂鬱になってしまうのです。

しかし、そのタイミングで

「今日もお仕事がんばってね」

などのメールを送ると、それだけで喜んでもらえます。

そのほかに金曜日の昼に送ることも効果的です。

週末はどこかへ飲みに行きたいと考えているもの。

そのため、メールをきっかけに来店してくれる可能性がアップするのです。

 

東京23区であなたにピッタリなお店を探してくれるサービス
自分にあったお店がない…どの店が良いのかがわからない…そんなときは体入サポートシステムにおまかせください!具体的な条件をお聞かせいただければLINEですぐ回答します。

 

タイトルとURLをコピーしました