1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 世の人はキャバ嬢をどう思っているのか、リアルなアンケート結果がこちら
キャバクラ求人相談センター

世の人はキャバ嬢をどう思っているのか、リアルなアンケート結果がこちら

キャバ嬢という職業 この記事は約 9 分で読めます。

あなたは、親や彼氏などに、「私、キャバ嬢になろうと思っているの」「私、キャバ嬢をやっているの」といえるでしょうか。

言いにくいという人が多いのではないかと思います。

それは、キャバ嬢という仕事が社会からどう思われているのか、男性からどう思われているのかがわからず、ひょっとすると否定されてしまうのではないかと思うからです。

本当に否定されてしまうのか、それとも杞憂なのか、それはアンケート結果を見るとよくわかります。

キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢と社会

キャバクラとは、いわずもがな、夜の世界の商売です。

風営法の定めるところによって営まれている業種であり、そういった意味では、ヘルスなどの風俗業と同じくくりともいえます。

キャバ嬢も風俗嬢も、どちらも女を武器にしてお金を稼ぐものであり、世間一般から見れば、それほど褒められる仕事ではないという認識が、まだ根強く残っています。

とはいえ、一昔前に比べると、このような認識はかなり弱くなっているといえるでしょう。

古い社会道徳がそれほど重んじられなくなってきていますし、社会に必要なものであると考えられることが多くなっているからです。

実際、キャバ嬢や風俗嬢が自ら望んでその業界に入り、自分の仕事に誇りを持って働くケースも多くなっています。

とはいえ、このような仕事をしている女性の中には、まだまだ社会と自分との関係が気になる女性も多いもの。

当サイトでは特にキャバ嬢を取り上げているわけですが、キャバ嬢と社会の関係を正しく把握したいと思っている人も多いことでしょう(特に、これからキャバ嬢になりたいと考えている女性)。

そこで、本稿ではアンケート結果をもとに、社会とキャバ嬢の関係を探ってみたいと思います。

キャバクラに来る男性は、どのように考えて通っているのでしょうか。

また、世間一般の男性は、キャバ嬢のことをどのように捉えているのでしょうか。

キャバクラに通う理由、通わなくなる理由

キャバクラに関するアンケートの中には、ごく普通の男性に対して調査をしたものもあります。

このようなアンケート結果を知っておくことは、すでにキャバ嬢として働いている女性にとっても、初心に戻るという意味でよいことだと思います。

このアンケートは、25~35歳の男性100人に対して調査したものです。

コアなキャバクラファンの意見はやや一般的ではないため、月に1回キャバクラに通っており、予算は1万円くらいと考えている、平均的な客層に対して調査しています。

最初の質問は、「キャバ蔵に行き始めたきっかけは何ですか?」というものです。

この質問の回答は以下の通りとなっています。

 

友達や同僚に誘われて・・・38%

上司に誘われて・・・22%

接待や付き合いで・・・18%

自ら進んで・・・17%

キャッチに応じて・・・3%

その他・・・2%

 

ここからわかることは、上司や同僚、友達に誘われたり、接待や付き合いで行ったりと、自分の意思とは関係のなくキャバクラに足を踏み入れた人が約8割だということです。

このように、キャバクラとは「客が客を呼ぶ」形で広がっていることがわかります。

一方、興味を持った人が自らの意思で行ったというのが17%、キャッチに応じて行ったというのが3%となっています。

キャッチに応じるかどうかは本人の意思によるものなので、これも自発的な部類であるといえます。

つまり、2割の人が自分の意思でキャバクラに足を踏み入れたことがわかります。

キャバクラにまったく興味がないという男性は少なく、ちょっとくらいは興味があったり、大いに興味があったりするわけですが、自分から行くには躊躇してしまうのでしょう。

どのようなところかわかりにくい世界ですから、ぼったくられるかもと思ったり、好みの子がいないかもと考えたりするため、最初は誰かに連れて行ってもらわなければ不安なのです。

次の質問は、逆に「キャバクラに行かなくなった理由は何ですか?」というものです。

この質問への回答は以下の通りです。

お金がないから・・・38%

今でも通っている・・・16%

楽しくないから・・・12%

結婚したから(彼女ができたから)・・・10%

お気に入りのキャバ嬢が辞めたから・・・4%

その他・・・20%

 

日本経済は回復の途上です。

景気は良くなったといえども、まだまだ不景気を脱したといえるほどではありません。

お金がないから通わなくなったという人が約4割を占めていることが、このことをよく表しています。

次に12%がつまらないからと言っています。

これはおそらく、屋馬上を口説くことを夢見てキャバクラ通いを始めたものの、全然口説くことができずに楽しくなくなったといったところでしょう。

上司などに連れて行ってもらい、かわいい子がいると知り、燃え上って口説こうとしたものの、全く口説けずに飽きてしまうのです。

何年間もの長期間、キャバクラ通いを続けているという人は少数派であり、たまに通ったり、次第に通わなくなったりするのが普通のようです。

今でも通っていると答えた人が、一般的な客層の中で16%しかいないのですから。

キャバ嬢は男性からどう思われている?

キャバ嬢演出

次に、キャバクラ初心者に対して行われたアンケートを見ていきます。

最初の質問は「自分の妻や彼女が元キャバ嬢だと発覚したら、どう思いますか?」というものです。

これは、キャバクラをやめた後の男性との関係において、過去にキャバ嬢であったことを明かしてもよいかどうかにかかわることなので、非常に興味深いことでしょう。

この質問への回答は以下の通りです。

過去のことだから気にしない・・・36%

ショックである・・・26%

ショックで別れる・・・13%

その他・・・25%

 

多くの男性は、キャバ嬢を口説くためにキャバクラ通いをしているものです。

これは、女性的に魅力的だと感じているからです。

しかし、実際に自分の奥さんや彼女が元キャバ嬢であると知った場合、ショックであるとか、ショックで別れると回答した人は39%にも上り、気にしないという回答を上回りました。

キャバ嬢は女性としては魅力的であるけれども、恋愛や結婚の対象とは考えない人が多いことが、このアンケート結果に表れています。

その一方で、過去のことだから気にしないという人が36%もいます。

これは、上述のとおりキャバ嬢の社会的地位が向上したことが原因です。

一時期はキャバ嬢ブームが起こり、多くの若い女性がキャバ嬢にあこがれたこともあったとおり、キャバ嬢という仕事の社会的地位は向上しています。

この他にも類似したアンケートとして、「キャバ嬢は結婚の対象になりますか?」というアンケートもあります。

このアンケートは、かなりはっきりと結果が分かれています。

 

結婚の対象にはならない・・・47%

結婚の対象になる・・・31%

相手によっては結婚の対象になる・・・15%

キャバ嬢をやめるなら結婚の対象になる・・・2%

その他・・・5%

 

この通り、結婚の対象になる人とならない人が、ほぼ拮抗する形となりました。

結婚対象にならないと答えた人の多くは、もともと水商売が嫌いであったり、人目が気になるといった旧道徳的価値観を持った人が大多数を占めています。

筆者の私見では、実際にキャバ嬢と付き合ったことがない男性ほどそのように考える傾向があり、偏見を抱いていると思っています。

一方で、二人に一人はキャバ嬢との結婚に前向きです。

一昔前ならば、「気にしない」「結婚の対象になる」と答える男性はもっと少なく、「ショックである」「結婚の対象にはならない」と答える男性はもっと多かったことでしょう。

旧道徳を持つ男性は時間とともに減少していきますから、今後も気にしない男性は増加し、ショックを受ける男性は減少するということになると思われます。

また、男女平等や女性の権利といったものに社会は敏感になっていますから、この流れに逆行することが起こる可能性は低いです。

したがって、今後キャバ嬢たちの社会進出は一層進んでいくことでしょう。

キャバ嬢の社会進出

キャバ嬢の社会進出ということに関して、他にも参考になるアンケートがあります。

それは、「新入社員が元キャバ嬢だったら、どう思いますか?」というものです。

その回答は、

 

気にしない・・・45%

接待で活躍してもらえるので大歓迎・・・11%

口説きたい・・・11%

興味があるので飲みに行ったりしたい・・・10%

いい気はしない・・・8%

その他・・・15%

 

となっています。

自分の彼女や奥さんが元キャバ嬢だったらというアンケートに比べ、キャバ嬢が社会に受け入れられるようになってきている様子が、よく表れています。

45%(約半分)の人が気にしないと答えており、11%の人はやはりキャバ嬢に魅力を感じるのか、口説いてみたいと考えています。

また、キャバ嬢としての経験を仕事に生かしてほしいと考えている人も11%。

いい意味で興味を持つという人も10%です。つまり、全体の約8割が気にしなかったり、好意を抱いているのです。

逆に、いい気はしないという回答は8%、その他にこまごまとした回答がありますが、どう対応していいかわからないといった回答は一つもありませんでした。

もう一つ、参考になるアンケートとして、「キャバクラは社会に必要だと思いますか?」というアンケートがあります。

その回答は、

 

必要である・・・50%

あってもいい・・・24%

必要悪である・・・6%

必要ない・・・16%

どっちでもよい・・・4%

 

となっています。

8割の男性が、キャバクラの存在を肯定しており、支持していることがわかります。

世の中、モテない男性も多いものですし、人間関係が希薄な昨今、いい出会いがないという男性も多くなっています。

そのような人が、恋愛したい心や異性との人間関係を求める心を癒すために、キャバクラは必要な存在なのです。

必要悪であるというのは、「自分には必要ないけど、必要としている人がいるなら、あってもいいのでは」ということです。

必要ないという人も、理由を詳しく探ってみると、そのほとんどは「価格的に高いから」というものです。

つまり、「高いから、自分には必要ないし、他の人も別に行かなくていいのでは(行く人の気持ちが理解できない)」という回答であり、それほど強い否定であるとは思えません。

以上のように、キャバ嬢は社会に受け入れられるようになってきています。

「キャバ嬢なんて汚い仕事してる(してた)なんて」というような男性はほとんどおらず、キャバ嬢をやめて一般の会社に就職しても、問題が起こる可能性は低いです。

社会的に見ても受け入れられていることがわかりますから、「私の仕事はキャバ嬢です」と主張したところで、なんらかの不都合が生じることは少ないでしょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 失敗しない!ナイトワーク求人の見分け方

  • クラブでバイトがしたい人に向け!ホステスの仕事の見つけ方

  • いま話題のネットキャバクラとは?

  • ラウンジの求人とは?応募するなら髪型は気をつけて

  • 年齢を問わないスナックでのアルバイト!初心者でも働ける?

  • 【初心者向け】水商売の原理原則!常識を勉強しよう