キャバクラの面接を攻略するポイント

いくらキャバ嬢になりたくても、面接に合格しなくてはキャバ嬢にはなれません。

避けて通ることのできない、お店での面接で採用されるポイントをまとめました。

キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢の面接で採用されるポイント

会話方法

キャバ嬢になりたいのならまずはお店を探して面接を受ける必要があります。

これはキャバ嬢に限らずどんなお仕事でもそうですし、まずは働きたいお店を探して面接を受けるという一連の流れを経る必要があるのはどのような職種でも同じと言えるでしょう。

キャバ嬢の面接なら絶対に受かる気がする、と思っている女性は多いですが、キャバ嬢はただルックスが良ければなれるような職業ではありません。

実際、面接で不採用となってしまう方はいますから、これからキャバ嬢を目指すのなら面接で採用されるためのポイントを押さえておく必要があります。

キャバ嬢座り方

もっとも大切なのは第一印象です。

ここですべてが決まってしまうと言っても過言ではありませんから、第一印象をいかに良くするかが重要です。

面接を担当するスタッフの方はもちろん、ほかのキャストに会ったら必ず笑顔で挨拶するようにしましょう。

お茶などを出してもらったら「ありがとうございます」と声に出して伝えるのも基本です。

AdobeStock_32707433_R

お店に入った瞬間から見られていることは多いですから、そのあたりをしっかり意識して面接に臨むようにしましょう。

第一印象が悪かったら後は何をしても徒労に終わってしまいます。

キャバ嬢に求められるのはルックスがすべてではないものの、ルックスレベルが重要なのも間違いありません。

入店したら指名がつきそうかどうか、売り上げに貢献してくれそうかどうかはルックスである程度分かりますから、ここをチェックされることは多いです。

また、できればしっかりとメイクして髪型も整えていくことをオススメします。

AdobeStock_82234167_R

難しいことはないが…

キャバ嬢は人に見られる仕事でもありますから、人の目を意識しないような女性ではいけません。

ヘアスタイルとメイクをバッチリ決めているだけで「やる気のある子」と見られることは珍しくありません。

なるべく女性らしい格好をして面接を受けるようにすると採用される確率も高くなります。

お店ではドレスを着ることが多くなりますが、できればその姿が想像できるような恰好が望ましいかもしれません。

バストや足など、自分にとって自身のある部分をアピールするような服装でもイイですね。

Dollarphotoclub_84347678_R

お店によって採用基準は異なりますが、基本的にはこれらのことを覚えておくと採用率はぐっと高まるのではないでしょうか。

また、キャバ嬢は日々いろいろなお客さんの相手をしますから、一般常識は絶対に求められます。

挨拶ができない、ため口で話すなどは絶対にNGですから覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました