1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 何かとお金がかかるキャバのミニドレスや香水
キャバクラ求人相談センター

何かとお金がかかるキャバのミニドレスや香水

キャバ嬢という職業 必要な物、かかるお金 この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラで働くとお金が稼げるようなイメージがあるかもしれませんが、その分お金がかかってしまうことも覚えておきましょう。

特に、ドレスや香水には要注意。ものによっては、数万円することがありますので、うまく節約しながらも魅力的な自分を演出しましょう。

いろいろとお金がかかるキャバ嬢

キャバクラで働く、と聞くとお金が大きく稼げる職業だから、すぐにお金を貯められる、なんて考える方もいるかもしれませんね。

確かに、他の職業に比べたら稼ぎやすいのかもしれませんが、実はキャバクラでは普段気にしなくても良いことでも気にかける必要があるのがキャバ嬢の仕事。

その分出費が多くなってしまうこともしばしばです。

例えば、キャバで働くために必要なドレス。

よくつかわれるミニドレスはインターネットの格安店を使えば、3000円程度から手に入りますが、さすがにちょっと安っぽく見えてしまいます。

それなりにきちんとしたものを買おうと思えば、30000円近くかかることも多いです。

しかも、これ一着だけでは「いつも同じドレスを着ている」と思われて少し印象がダウンするかもしれないので、何着か持っているのが普通。

着古してリニューアルすることも考えれば何万円も使わなければならなくなってしまいます。

また、化粧品やケアグッズなどにお金がかかってしまうのもキャバの特徴です。

 

【激安】キャバドレス、超オススメ通販サイト

  1. 指名が上がる神売れドレス
    dazzyStore

    「服装で場内の指名が上がる!」
    それは紛れもない事実。
    そんな神売れドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. 可愛くエレガントに見せる花柄ドレス
    dazzystore

    可愛くそしてキュート、
    照明が暗めのホールではエレガントに。
    そんな花柄ドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

 

よりきれいに見えるようにメイクアップするのはもちろんですが、まつ毛を盛るためにマスカラを使う量も増えがち。

さらに、髪の毛をアップセットするのにも、自分で行ってもランニングコストがかかってしまうものです。

その上、仕事が終わった後には、肌や髪の毛が傷んでしまわないように、きちんとクレンジングしたうえでケアをしなければなりませんよね。

これにもお金がかかってしまいます。

その他にも、小物類がさまざまなものが必要になります。

お店の中で持ち歩くことになるクラッチバックはもちろん、そのなかにいれるハンカチやライター、名刺・名刺入れなど、小さいものでも挙げていけばキリがありません。

Dollarphotoclub_16651335_R

その上、香水やストッキングといった消耗品もたくさんあり、中には毎月かかってしまうような費用があるのがキャバ嬢の仕事なのです。

他の仕事ではここまでお金を使わなければならないことも少ないですよね。

こうやって考えると、お金のかかる職業でもあるかもしれませんね。

それでは、どこかでケチをして出来る限りお金を使わないようにするべき、と考える方もいるかもしれませんが、それはかえって逆効果です。

自分の魅力を最大限に活かして、お客様についてもらえなければ収入が減ってしまいますよね。

だからこそ、きちんとお金をかけていくことは大切なのです。

でも、節約の考え方自体は良いこと。

同じ商品でもできる限りやすく買うなど工夫をしていくことを心がおけましょう。

 

モデル着用のドレスでライバルに差をつける

  1. 藤井リナ、着用ドレス

    あいつに差をつけろ!
    モデルのドレスがあなたを際立たせる。
    藤井リナとのコラボドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. デイジードレスコレクション
    dazzystore

    あの子のドレスもこの子のドレスもデイジー♪
    日本一の品ぞろえだからカブることはありません。
    そして激安¥1,999~

    販売サイトへ

 

ミニドレスや香水などのコスト

Dollarphotoclub_66693210_R

キャバ嬢のイメージといえば、ミニドレスを着て、髪の毛をアップセットにした状態でアクセサリーを身につけ香水をしている。

そんな想像をする方が多いでしょう。

実は、これらの小物や衣装でもたくさんのお金がかかっているのがキャバ嬢です。

例えば、ドレスについて考えてみましょう。

キャバ嬢のドレスにはロングからAライン、スレンダーラインなどさまざまなデザインやタイプがありますが、なかでも一般的なミニドレスと呼ばれるタイプのドレスです。

これらの一般的な販売価格は、1~3万円程度。

とはいえ、キャバ嬢のほとんどはいくつかのドレスを購入しています。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5チャンネル削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    「他人に見られる前に消す」それにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

人によっては、5万円近くするようなドレスを数着持っているようなキャバ嬢もいるようです。

しかし、そうでなくとも何着は持っておきたいもの。

例えば、お客様によって使い分けるのも大切なことです。

リピートしてくれる方に対して好みがつかめているのであれば、同じような系統のドレスを数着着まわすのも喜んでくれる要因となるでしょう。

また、大切なお客様の時には特に気合の入ったドレスを使うというのも選択肢。

大事な場面で使えるドレスも持っておくと安心です。

こう考えると、出来る限り安くしたいと考えている方でも、ドレスだけで10万円近くかかってしまう計算です。

働き始めてある程度余裕が出来てきている方や、働いている期間が長い方であれば心配ありませんが、今から働きたい、という方の場合にはいきなり用意するのは大変かもしれません。

そこで、お店によっては店舗で購入したものを貸し出してくれる制度を行っていることがあります。

Dollarphotoclub_75153900_R

もちろん、体形やイメージに合わなかったり、少し古くなってしまっていたりするケースもありますので、ずっとこれに頼るわけにはいきませんが、最初のうちはこういった手段を利用するのも良いでしょう。

また、キャバ嬢のアイテムとして大切なものに香水があります。

自分をより魅力的に感じてもらうためにも匂いに気をつけておきたいものですから、お気に入りの香水をずっと使い続ける方が多いです。

bsAI_IMG_7674_R

しかし、香水も高いものになれば、数万円するものがありますから、消耗品であることを考えると、出費はばかになりません。

ちなみに、香水はお客様によっては不快に感じる方もいるので注意。特に、家庭があるような方の場合には、匂いが移ることを気にする方もいますから、あまり付けすぎないように注意してくださいね。

シンプルですが、節約にもつながります。

キャバクラで働くには何かとお金がかかりますが、ちょっとしたところでお財布をいたわっていきましょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • あるキャバ嬢の体験談~キャバ嬢から支配人へ~

  • お客さんの言葉にしない気持ちを察する方法

  • お客さんは自分と似ているキャバ嬢がお好き

  • キャバクラで成長するための心構え

関連する記事はこちら

  • 入店する店は、大箱と小箱のどっちがいいの?

  • 男から見た可愛いキャバ嬢はコレだ!知っておくと得する仕草

  • キャバ嬢は「嘘をつく」のではなく「夢を見せる」もの

  • 必見!キャバのワンピースの上手な選び方

  • ガールズバーでお仕事したいなら「ガールズバーウォーカー」で探そう!

  • もうすぐ面接のひと必見!ガールズバーの志望動機の答え方