1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. ヘアスタイルにドレス、キャバ嬢をするのにかかるお金の実情

ヘアスタイルにドレス、キャバ嬢をするのにかかるお金の実情

キャバ嬢という職業 必要な物、かかるお金 この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラは綺麗なドレスやキャバヘアスタイルなど華やかなイメージを持っている方も多いのですが、実際には華やかなイメージとはかけ離れた地味で大変な部分もあるお仕事です。

金銭面も含めて、そういった事にしっかりと目を向けて働く事は、トラブルを未然に防ぐ上でも重要になります。

キャバ嬢のヘアスタイルやドレスにかかるお金と実際の手取り

AdobeStock_85423167_R

これからキャバクラで働こうと思っている方は、周りで働いている方の話を聞く事から始めるようにしてください。

最近では映画やテレビドラマ、漫画などでキャバクラを取り上げられる機会が増えてきた為、ある程度の知識を持っている方は増えていますが、実際に働くとなった時に重要な部分は、映画や漫画などで描かれる事のなかった隠れた部分です。

この部分をしっかりと把握しておかないと、実際に働いてからトラブルになってしまう可能性がありますのでしっかりと確認する事が重要になります。

36163588_m_R

メディアに露出していない部分を知るためには、経験者の方から実際にお話しを聞くのが重要になります。

キャバ嬢として必要なメイクやキャバヘアスタイル、ドレスなど身だしなみはもちろん、お客様の様子や働いていて困った事などを聞いておく事で、より明確にキャバクラのイメージを知る事ができるようになります。

特にトラブルになりそうな事はしっかりと聞いておきましょう。

もし友達がいない場合には、働き始める前にしっかりと必要な情報をお店の人に尋ねておく事が重要になります。

13823466_m_R

とくに金銭関係はトラブルの原因にもなりますのでしっかりと確認するようにしてください。

金銭面でのトラブルで多いのがヘアメイクとレンタルドレスの代金です。

最初の頃はドレスも持っていませんし、自分でスジ盛りなどもできません。

その為、お店の人が良く利用している美容室で髪の毛のセットをしてもらったり、お店で貸し出しているドレスをレンタルしてお仕事をする事になります。

AdobeStock_90345354_R

美容室でのヘアセットもレンタルドレスも無料ではありません。

利用した分はお給料からしっかりと天引きされる事になります。

お店によって金額はまちまちですが、大体2,000円から10,000円程度の所が多くなっています。

これもキャバクラ店にもよりますが、時給が2,500円程度でしたらかなり厳しい料金設定だと思います。

14873792_m_R

キャバクラで働いてもらうお給料は、ヘアメイク代、レンタルドレス代だけでなく、所得税やお店で出る事もあるまかない代、遅刻や欠席、早退した時の罰金などが引かれる事もあります。

また、キャバクラ店が自宅から遠かった時にはお店から家までタクシー代金が必要になりますし、もしタクシー代が無ければ漫画喫茶やファミレスで時間を潰すお金が必要になります。

これらをしっかりと確認した上で、自分がどの程度稼げるかの手取りを算出した上で、自分が働いて行けるかを確認する必要がありますので覚えておいてください。

夜の世界で生きるのに覚悟しておきたいこと

AdobeStock_57986775_R

メディアに多く露出していて、ティーンズ向けのファッション誌などにも多く登場するキャバ嬢は、ギャル系の方からカリスマ的な人気があります。

その為、若いうちからキャバクラのようなナイトワークで働こうと思っている方も多いのですが、憧れだけでは決して働く事のできない世界だという事をしっかりと理解する事が必要になります。

大卒の年収を一ヶ月で稼ぐ人気キャバ嬢もいるような世界です。

厳しいと思っておいて間違いはありません。

AdobeStock_70204600_R

キャバクラで最も大変なのはお客様に来てもらう事です。

お客様が自分を指名してくれて、お店でボトルを入れてくれたりする事で、時給にプラスアルファの収入を得る事が出来るようになります。

その為、キャバ嬢はお店にいる時以外もキャバ嬢でいる必要があります。

キャバ嬢は出勤前や休日などにメールやLINE、時には電話を使って営業する事が必要になります。

Dollarphotoclub_97254901_R

最初の内は仲良くしてもらえる男性客が少ないのでそこまで手間にはならないかも知れませんが、人気のキャバ嬢ともなると営業メールを送り終わるのに1時間以上かかるのなんてざらです。

また営業は一度送ってしまえば終わりではなく、返信してくれたメールの返事も作成する必要があります。

華やかなイメージのキャバクラですが、地味な仕事の積み重ねによって成り立っているという事です。

Dollarphotoclub_44174333_R

次に大変な事は健康管理になります。

キャバクラは深夜にお客様と一緒にお酒を飲むお仕事ですので、太りやすく、肌が荒れやすい不健康な職業になります。

おつまみを食べながら飲める合コンなどと違い、お酒だけを飲む時間が長いのも特徴です。

油っぽいおつまみとお酒によって、胃や肝臓を傷めてしまう可能性も十分に考えられます。

AdobeStock_114745379_R

また、キャバクラは深夜まで働く事になりますので、生活リズムがボロボロになってしまう点も考慮する必要があります。

肌を綺麗にしたり、髪の毛や爪にも影響する成長ホルモンは、22時から深夜2時の間に出来ると言われていますが、キャバクラの場合にはこのゴールデンタイムは仕事をしている時間になりますので、通常の成長ホルモンの分泌を得る事は難しくなっています。

もちろん今回述べたようなデメリットばかりではなく、キャバクラにはメリットが沢山あります。

49492586_m_R

もしキャバクラで働くとしたら今回紹介させて頂いたデメリットをしっかりと理解した上で、夜の世界で生きて行くという確固たる信念をもって働く事が重要になってくると思います。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 副業に人気!ガールズバーのバイトって実際どうなの?

  • 派遣キャバクラで働くためのお酒知識

  • 実際のところどうなの?クラブのホステスの年齢制限って?

  • キャバ嬢の必須アイテム「名刺」

  • そんなに心配しなくて大丈夫♪体験入店のキホン

  • 意外と知らないキャバクラの給料システムやインセンティブについて