キャバ嬢の悩みに答えます! ①お客さんの判別ができない

お客さん相手に笑顔をふりまくキャバ嬢には悩みがたくさんあります。

そんなキャバ嬢の悩みにお答えします。

キャバ嬢の悩みに答えます! ①お客さんの判別ができない

Q、お客さんの連絡先をたくさん交換していたら、誰が誰だかわからなくなってしまいました。

なにかいい方法はないでしょうか。

 

A.まずは、誰かわからなくなるくらい積極的に連絡先を聞いていることは素晴らしいと思います。

確かに、キャバ嬢もお酒をごちそうになることが多いですから、たくさんのお客さんと話しても記憶に残すことは難しいですね。

翌日になってお礼のメールを送ろうと思っても、誰が誰だかわからなくなることもあります。

もしお客さんから名刺をもらっているならば、空き時間に名刺の裏などにお客さんの特徴を書き込むようにしましょう。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

身体的特徴や出身地、年齢、趣味などほか、「○○の話で盛り上がった」などと書いておくのです。

これを書いておくと、記憶に残りやすいものです。

名刺をくれないお客さんもいますが、その場合にはメモ帳や手帳を携帯して置き、そこに書き込むようにすると良いでしょう。

このほか、アドレスを登録する時にも工夫できます。

登録時に、電話帳のメモ欄などにお客さんの情報を書き込んで整理しておくのです。

まとめてやると大変ですし、まとめるころにはごちゃごちゃになっていることでしょうから、こまめに整理するのが大切です。

このほかにも整理の方法はあります。

ある売れっ子キャバ嬢の電話帳には500件以上の連絡先が登録されていましたが、そうなると苗字が被ることもよくあります。

そのような苗字のお客さんから電話があった時、別の人と勘違いして電話に出てしまうと失礼になってしまいます。

そこで、彼女の電話帳には住んでいる場所や会社名なども一緒に登録されています。

つまり、着信があった時に「鈴木○○さん A社」「鈴木△△さん B社」などと表示されるようにすることで判別を可能にしているのです。

人の顔を覚えられないキャバ嬢にお勧めなのは、お客さんの2ショット写真も一緒に登録しておくことです。

そうすれば、着信があった際にそのお客さんの顔が表示されるため、間違うことがありません。

 

本名の暴露など、誹謗中傷をされてしまったら

特に5ちゃんねる、爆サイの削除に強い弁護士が運営。
削除したいなら、相談実績1500件の誹謗中傷ドットネットにご連絡を!
削除のプロが迅速に対応してくれ、しかも費用はリーズナブル。投稿者の特定までバッチリやってくれます。
代表の藤吉修崇氏は、現代の法律問題をわかりやすくかつコミカルにyoutubeで解説している現役弁護士。
わかりにくい専門的な説明をできるだけわかりやすい言葉で伝えてくれます。
私たちの味方になってくれる心強い法律家。
きっと、あなたの問題もスッキリ解決してくれます!

キャバドレス激安!!オススメ通販サイト
キャバのお仕事に来ていく服、どうしてますか? 実店舗だと高いし、なかなか良いのが見つからない… そんなお悩みをお持ちなら、オススメの通販サイトがあります! キャバドレス通販はdazzystore(デイジーストア)とは? ...
タイトルとURLをコピーしました