もうすぐ面接のひと必見!ガールズバーの志望動機の答え方

ガールズバーでは、お店で働く前に面接をすることがほとんどです。

その際に、志望動機を聞かれることになりますが、どのようなものが好印象を与えられるのかわからないという方もいるかもしれません。

面接の捉え方とともに、使える志望動機について知っておきましょう。

キャバクラ求人相談センター

ガールズバーの志望動機ってどんなやつがいいの?

歓楽街では客引きの姿を見るようなところもあるガールズバー。

キャバクラとは違って、服装をはじめとした格好がソフトなイメージがありますよね。

制服があったり、カウンター越しの接客が基本だったりすることから、キャバクラはちょっと難しいけれど、ガールズバーで働きたい、なんて方もいるかもしれません。

また、出勤時間に自由が利くのもメリットですから、副業としてキャバクラ問わず夜のお仕事をしたいと考える方にとっても、ガールズバーは選択肢です。

しかし、夜のお仕事をはじめるのにあたっても、履歴書の提出や面接など普通の職へ就くのと同じようなプロセスが設けられているのが基本。

この面接について躊躇してしまう方もいるのではないでしょうか。

というのも、面接で聞かれるのはどこでも、十中八九志望動機があるためです。

 

昼の仕事であれば、勤務先となる会社の特徴や製品について調べて考える、という方もいるでしょうが、夜のお仕事を始めたいと考える方のほとんどは、その志望動機は「お金がほしいから」。

これでは、仕事に対する熱意がないと取られてしまうのではないかと不安に感じてしまうはずです。

実は、ガールズバーでの面接についてはそんなに身構える必要がないというのがその答えとなります。

というのも、そもそもお店側も面接を受けにくるほとんどの方が、志望動機がお金であることは承知しているためです。

もちろん、なかにはガールズバーに対して特別な思い入れがあって、どうしてもそこで働きたいと考えている方もいるかもしれません。

しかし、そういう方の中でもどのガールズバーで働くかと店舗選びをする時には少なからず、時給の欄に注目しているはずです。

 

普通のアルバイトの時給が850円程度だと考えるとガールズバーは、その3倍近くの時給で働くことも可能なうえ、それ以外にも歩合としてバックが入るような制度を設けている店舗が多いですから、大きく稼げることは間違いありません。

これは、店舗側も、そうしたほうがより多くの人が応募してくれると考えているためです。

したがって、面接で志望動機を尋ねられても正直に、「お金をたくさん稼ぎたいと考えたため」と答えて問題ないのです。

むしろ、問題はその理由。

どうしてたくさんのお金を稼ぎたいと考えたのかだと言えるでしょう。

お店の人へ好印象を与えられるような理由があれば、お店の人に気に入れられて初めの時給や、シフトに融通が利くようになるかもしれませんよね。

また、接客業ですから、いかに相手と円滑にコミュニケーションがとれるかも仕事に必要な能力です。

この点をアピールするためにも説得力のある理由が必要となります。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

【印象OK】学費を自分で払っている

appliances_4_rika_R

それでは、面接でお店の人に好印象を与えられるような理由とはなんでしょう。

ただお金を稼ぎたいというのだけでも、相手が嫌がることはありませんが、それだけではなんとなく働く意欲が薄いようにも感じてしまうかもしれません。

そこで大切にしたいのが、お金を稼ぎたい理由の背景となるものに好印象が付けられやすいものを選ぶという考え方です。

例えば、学生の方の場合には「学費を自分で払っており、どうしても普通のアルバイトだけでは稼ぎが足りない。また、せっかくの大学生活なので自分の時間も大切にしたい。そこで、短時間でもきちんとお金を稼げて生活にメリハリが付けられるガールズバーを志望した」というのも立派な志望動機となるでしょう。

ここで大切なのは、夜の仕事を選んだ意図をきちんと述べていることです。

 

大学や専門学校の学費は、思った以上に高くついてしまうもの。

東京の私立大学だと100万円以上毎年支払わなければならなかったり、専門学校では、実習費用や教材費がかさんだりすることが多いです。

これらを全部自分で払おうとすると、かなりの収入が必要になってしまいますから夜の仕事というのは理にかなった選択と言えるでしょう。

また、こういった「どうしても自分で払わなければならないお金がある」というのは、働かなければ困ってしまうということを表します。

お店側にとってはその人がバックれないかどうかも大切なことですので、こういった真面目な考えを持っている方は信用しやすいのです。

 

また、卒業している方で副業をしたいと考えている方の場合には「奨学金の返済を早く済ませたいと考えている」というのも学費と同じように真面目なイメージを与えやすい志望動機です。

学生時代は、普通のアルバイトと奨学金を利用してやりくりしていたが、大人になってからは奨学金の返済に追われるようになって、生活が苦しくなってしまった。

あるいは、結婚や引っ越しの予定があるので早く奨学金を返済しておきたいというのもよいでしょう。

現在は、学費支払いのために奨学金を取得する方も多くいますが、実は大学4年間通うだけでも人によっては500万円近くの返済が必要になることもしばしばあるものです。

そのため、返還には10年以上を要し、女性の方の場合にはその間に結婚や出産を体験することを考えれば、早めに返し終わっておきたいもの。

ガールズバーは、時給が高いのが魅力ですからこれにピッタリと言えるでしょう。

お店の人もきちんと将来まで考えている人だと、良い印象を持ってくれるはずです。

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

【印象OK】時間が無い

bsYUKA863_ok15185909_R

ガールズバーの面接を受ける際に事前に考えておかない志望動機。

学費を支払いたい、といったものや奨学金の返済をしたいのは、いかにも真面目そうで几帳面な考え方ですから、お店側も納得してくれるだろうと思う方も多いかもしれません。

しかし、自分は大学へは行っていないという方や、学費は親が出しており、奨学金も借りていないという方の場合にはこの理由を使うことはできません。

これから一定期間お付き合いすることになるお店の方ですし、そもそも面接で嘘をつくのはご法度です。

となると、別の理由を考える必要が出てきます。

 

まず、一つ挙げられるのが、親への仕送りでしょう。

親孝行な娘というのはどこへ行っても好かれるものです。

普段の稼ぎだけでなく、自分の生活も保ちながら親にも恩返しをしたいからガールズバーで働くというのも立派な考え方でしょう。

しかし、必ずしも働く理由がそうであるとは限りません。

やはり、思ってもいないことを口にするのは後ろめたく感じますから、他の理由が良いと思う方もいますよね。

 

そこで、正直に言ってしまうのも手段です。

単純に「時間がなく効率的にお金を稼ぎたいと考えていて、そのために良いと思ったから」でも問題ありません。

もちろん、週に1日しか入れないといったケースやお店の募集する条件を満たせないのにもかかわらず応募するのはNGですが、単純に効率を求めたというのは、お店に悪い印象を与えることはないでしょう。

 

お店がどうして志望動機を聞くのかを考えてみましょう。

その人がきちんと意見を述べることができるのか、真面目な人間であるか、を判断しているのです。

なので、理由そのものよりも、きちんとした態度でコミュニケーションを取ろうとしているのか、ガールズバーという仕事をナメていないかに注目されていると考えるようにしてください。

そう考えると、ある程度の理由であれば、嘘や思っていないことをいうよりもはるかに好印象を与えられるはずです。

 

また、実際に時間がなくてなかなか思うようにお金が稼げない方も多くいます。

大学生の場合には、サークル活動や研究、勉強と過密な毎日を送っている方も少なくないはず。

しかし、生活費は確実にかかりますから、効率を考えることは筋の通った意見なのです。

また、仕事が夜遅くまであるが、あまり待遇が良くないという方もいるでしょう。

こうなると原則夜の0時までしか営業のできないキャバクラよりも、ガールズバーのほうがメリットのある仕事となります。

面接では、このようにできる限り正直に理由を述べていくことが大切と覚えておきましょう。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

 

【印象NG】頑張らない雰囲気を出す

キャバクラシステム

志望動機に使える理由を紹介していきましたが、こうしてみていくと「基本的にどんな理由でも大丈夫なのではないか」と思えるようになってくるはず。

実際に、思いつく大体の志望動機は問題なく使用できると考えて間違いないでしょう。

しかし、一方で気を付けたい志望動機やそれを述べるときの態度もあります。

また、きちんと立派な志望動機を述べられたにもかかわらず相手に好印象を与えられないような人もいるのです。

先ほども述べたように、ガールズバーでの面接で見られるのは主に、コミュニケーションがとれるか、真面目な態度かどうかです。

夜のお仕事は、基本的にほとんどが男性客を相手にした接客。

その時に、不真面目な態度が見えたり、TPOに応じた言葉遣いや姿勢を取れていなかったりすると、お客様に不快な思いをさせてしまいリピーターを逃してしまうかもしれません。

 

この点は、お店側が特に気をつけたい部分です。

一人のキャストで不評が立つようなことは何としても避けたいでしょう。

そのため、どのような志望動機があったにしろ「頑張らない雰囲気」を醸し出してしまうのはNG。

面接に不合格となってしまう可能性が高くなってしまいます。

簡単に言うと、お仕事をナメているという態度を取ってはならないということです。

 

例えば、面接は店舗内か事務所で椅子に座って対面形式で行うことがほとんどですが、この時に足を組んで座っている子がいたら面接官はどう思うでしょうか。

きっと、接客中も腕を組んだり、お客様を見下したりするような子なのではないかと推測するはずです。

それでは、気軽に働いてもらうわけにはいきません。

また、お店側にとって最も怖いのは、せっかく面接をして決して安くはない広告掲載料を支払って獲得したキャストが何も理由を告げずに突然辞めてしまうことです。

俗にバックれといわれる行為ですね。

これが起きると、そこにかけたお金が無駄になってしまうばかりか、その日の営業にも人が足りなくなってしまう恐れがあります。

 

基本的にはシフト制で働くものですから、急遽入ってくれる子が見つからなければ、売り上げ減になってしまうかもしれません。

もし、不真面目な態度で面接に臨むと、「この子は頑張りそうにないから、すぐに辞めてしまうかもしれない」と思われたり、「バックれやすそうなタイプだから採用は見送ろう」と考えられたりするかもしれません。

くれぐれも面接を受ける際には、志望動機に「頑張らない雰囲気」を出したり、その態度が相応しくないものになったりしないように注意しましょう。

水商売だからこそ印象は大切

キャバ嬢リスニング術

面接で答える内容や、どのような話し方をするか、服装やメイクを含めて考えたら、「どのような態度で面接に臨むべきか」についてもう一度考えてみてください。

きっと、軽い気持ちで受けようと思っていた方でも、良い印象が与えられるようにきちんとした態度を取るべきだと考えるのではないでしょうか。

しかし、中には、所詮水商売で、お金を稼いだら辞めるつもりだからそんなに気にせずに、いつも通りの気分で受けに行こうと考えている方もいるかもしれませんね。

確かに、必要なお金を稼いだら辞める方も多い夜のお仕事の世界ですから、その考え方自体はそう大きく間違っていないのかもしれません。

しかし、面接を受ける前から「所詮水商売」と考えることはやめましょう。

確かに、水商売はどこかテキトウなイメージがあったり、簡単に稼げる職業だと考えたりしてしまいがち。

しかし、通常のアルバイトではなかなかみることのできないような時給がキャストに支払われるのには、きちんとした理由があるのです。

決して「楽して稼げる職業」ではありません。

 

例えば、実際にガールズバーで働くことになると、決して好みではない男性の方ともコミュニケーションを取る必要があります。

普段であれば、そのような男性に対して「キモい」「ウザい」と感じてしまうような方もいるでしょう。

できれば関わりたくないと考えて、避ける方もいるかもしれません。

しかし、こういったお客様も少なからず訪れ、そして自分が好きでなくとも相手を楽しくさせるのがキャストの仕事です。

この時に、そっけない態度をとることはまだしも、露骨に嫌な態度をとったり、相手を怒らせてしまうようなことをしたりする女の子は「仕事をしていない」と同じ。

お店からしたら、「使えない」という風に取られてしまいます。

どのようなお客様でも、「良い子」と思われるようにふるまうのが水商売で最も大切なことです。

上で述べたような態度を取ることは決してはしないようにしましょう。

 

そして、そのようなことをしそうな印象を面接時につけてしまうのはマイナス要素です。

あくまでも「働かせてもらう」という意識を忘れないようにしましょう。

特に、初めての方の場合にはお客様を楽しませるといってもその方法も知識も技術も伴っていないことがほとんどです。

そのことにも正直になって教えを乞うような姿勢が好印象を与えられるはず。

「せめてお客様が不快にならないような誠実な態度がとれる」ということをアピールしましょう。

こうしてみると、面接がとたんに難しくなってしまったように感じるかもしれません。

しかし実際にはそんなことはありません。

きちんと、座って相手の顔を見ながら普通に対応すればよいのです。

夜の仕事だからと気張らずに、楽しい雰囲気を見せることもイメージアップに繋がるものです。

水商売だからこそ好印象を与えられるようにふるまえば、面接はもちろん、その後の仕事でもきっと役に立つでしょう。

 

東京23区であなたにピッタリなお店を探してくれるサービス
自分にあったお店がない…どの店が良いのかがわからない…そんなときは体入サポートシステムにおまかせください!具体的な条件をお聞かせいただければLINEですぐ回答します。

 

タイトルとURLをコピーしました