1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. どうしよう!キャバクラのスカウトにあったときの対応方法

どうしよう!キャバクラのスカウトにあったときの対応方法

キャバ嬢という職業 スカウト 求人について この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラ嬢のスカウトに遭遇したときにはできるだけ自分の要求はすべて伝えることが大切です。

緊張してしまうのは理解できますが、給与や職場環境など希望することはすべて伝えましょう。

また、最初からプロのキャバ嬢になることはできませんから、順番にステップアップすることが大切です。

もしもキャバクラのスカウトにあったら

AdobeStock_26122170_R

芸能界で活躍しているモデルや女優などがインタビューで、「○○を歩いていたらスカウトされて・・・」というような話をしているのを耳にしたことがある方は多いでしょう。

実際、芸能界で活躍している方の中にはスカウトされてこの世界に入ったという方が少なくありません。

実は、芸能界だけでなく夜の世界で活躍しているキャバ嬢の中にも街中でスカウトされたという方は意外に多いです。

キャバクラで働くことに興味があったら渡りに船かもしれませんが、もし夜の世界に興味があったとしてもスカウトにあったときにはいくつか注意点もあります。

bsSEP_327215200714_R

水商売で働く女性を専門にスカウトするプロはいますし、実際そのような専門家に口説かれて夜の世界でデビューを果たした女性は少なくありません。

彼らは女性をキャバクラなどのお店に紹介することでスカウトバックを受け取っていますし、女の子が長く働けば働くほど稼ぐことができる仕組みになっています。

現在では路上でキャッチするスカウトは少なくなったものの、未だに歓楽街では女性を見つけて声をかけている人はたくさんいます。

もし、今後スカウトに声をかけられたら要求すべきことはしっかり伝えることが大切です。

Dollarphotoclub_44174333_R

言いなりになっているととんでもないお店で働かされる可能性もあります。

ノルマがきつくてしかも給与の安いお店で働くことになる可能性もありますから、要求すべきことはしっかり伝えるべきです。

夜の世界にあまり詳しくないのなら、とりあえず時給の高さや雰囲気、システムの還元率、客層、キャストの質の良さなどを伝えると良いかもしれません。

もちろん、これは自分が何を求めるかによって変わってきますが、ガッツリ稼ぎたいのならそこを伝えるべきですし、働きやすいお店を紹介してほしいのならキャスト同士の仲がイイお店を紹介してもらうべきです。

キャバ嬢動機

いきなり街中で声をかけられると慣れていない方は緊張してしまいますし、つい流されてそのままお店までついて行ってしまうこともあります。

その結果、たくさん中抜きされて稼げないお店で働くことになったということもありますから注意しなくてはなりません。

伝えるべきことはしっかりと伝え、要望に近いお店を紹介してもらえそうになければお断りするようにしましょう。

キャバ嬢輝き

また、スカウトは女性との人間関係も大切にしますから、デキるスカウトマンほど女性に丁寧な対応をします。

言葉遣いが乱暴で雑な扱いをする人は信頼できませんから相手にしないほうが得です。

プロのキャバ嬢になるためには

AdobeStock_50992983_R

人には向き不向きがありますが、キャバクラでの体験入店が終わったあとに「自分には向いていないのでは・・・」と悩んでしまう女性も少なくありません。

プロのキャバ嬢になってたくさん稼ぎたいと思って体験入店までしたのに、自分のスキルのなさや人見知りの酷さに辟易してしまったという声はよく聞きます。

先輩キャバ嬢の素晴らしい対応に比べ、自分は何もできなかったと悔しい思いをしてしまう方もいますし、そのまま自信を失くしてしまう方もいます。

しかし、一流のキャバ嬢と呼ばれる方々も最初からプロだったわけではないのですよ。

AdobeStock_43206079_R

これからプロのキャバ嬢を目指したいのなら、お客さんの前では違う自分を演じることを心がけましょう。

キャバ嬢はある意味女優と同じです。

お客さんはキャバクラという空間の中で繰り広げられる非日常を楽しみにきているのですから、本来の自分をさらけ出す必要などありません。

自分は女優だと言い聞かせて普段とはまったく違う自分を演じればいいのです。

Dollarphotoclub_105961015_R

仮面をかぶることができればいつもの自分と違う自分になれますすし、恥ずかしさなども薄れるのではないでしょうか。

お店の中で源氏名を名乗っているときは違う自分になりきって演技しましょう。

キャバ嬢は夢を売るお仕事でもあります。

居酒屋だと美味しいお酒や料理を提供すればそれだけで良いかもしれませんが、キャバクラだとそうはいきません。

お客さんはお酒を飲むことが最大の目的なのではなく、キャバ嬢と楽しい時間を過ごしたくてお店に足を運んでいます。

AdobeStock_53260072_R

まずはそのことをしっかりと理解しましょう。

キャバ嬢は目に見えないものを売っているようなものですから、お客さんが支払ってくれるお金以上の価値を与える必要があります。

プロのキャバ嬢ならすべてのお客さんが心から楽しめるような雰囲気を作ってあげなくてはなりません。

最初にも言ったように、今現在お店でナンバー付きになっているキャバ嬢や一晩でびっくりするような金額を売り上げるキャバ嬢も最初から売れっ子だったわけではありません。

AdobeStock_40840219_R

もちろん、中には生まれ持った才能で一気にナンバーワンへの階段を駆け上ってしまう方もいますが、それはあくまで稀です。

ほとんどの場合キャバ嬢として働きながらコツを掴み、だんだんと仕事に慣れていきます。

その過程では失敗してしまうこともありますし、悲しい思いやツラい経験もしてしまうでしょう。

それに負けずに頑張った女性だけが売れっ子キャバ嬢になれるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢の営業と働き方

  • スーツやドレスの通販は激安!客にプレゼントさせちゃおう♪

  • キャバ嬢の賢いお店選びは「体入ドットコム」

  • 水商売にスカウトされやすい人の特徴と向いているタイプ

  • キャストのお仕事!キャバクラで働く場合個人事業主になる?

  • キャバはサンダルNG?恋沙汰もダメ?知っておきたい禁則事項