1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. 客の心理
  4. 客の目的に合わせて、客に気を使わせない接客をしよう
キャバ嬢部屋探し

客の目的に合わせて、客に気を使わせない接客をしよう

客の心理 男性を理解する 目的 この記事は約 11 分で読めます。

キャバクラに来るお客さんの目的は様々です。

中には、癒されることを目的としている人も多いものです。

そのようなお客さんは息が長く、ストレスも少なく付き合うことができるお客さんであり、いわば上客です。

この上客をゲットするためには、癒しを目的としているお客さんの性質を知り、真心の接客をすることを知る必要があります。

キャバクラに来る目的とは

キャバクラに来るお客さんの目的は何なのでしょうか。

キャバ嬢を口説きたい、楽しくお酒を飲みたい、取引先のおもてなしとして、利用する人によって目的はさまざまです。

目的はお客さんのタイプによって異なるものですが、キャバクラという空間をよく知っているスマートなお客さんの中には、キャバクラに癒しを求める人が多い傾向があります。

その点、キャバ嬢を口説くという遊び方をする人は、キャバクラをよく知らないお客さんであるともいえます。

なぜならば、素敵なキャバ嬢ほど口説くことは難しいものだからです。

そのため、キャバクラという空間をよく知っているお客さんは、口説く以上に価値あることに目を向けて遊ぶことができるのです。

そのようなお客さんも含め、初めてキャバクラという世界を体験したとき、ほとんどの男性は「キャバ嬢を口説きたい」とか、「キャバクラはキャバ嬢を口説く場所だ」と思っているものです。

新婚の男性が上司に連れられてキャバクラに来たり、キャバクラに出入りすることをステータスと考えている男性ならば、口説くことは考えていないでしょう。

しかし、そのような男性はお客さん全体からみればごく一部であり、「かわいい子を口説くぞ!」と意気込んでキャバクラに足を踏み入れる男性がほとんどなのです。

もちろん、いくら意気込みがあっても、ほとんどの男性は返り討ちに遭うものです。

そしてようやく、「キャバクラで口説くのは難しい」ということに気づきます。

普通ならば、そう気づくと「もうキャバクラでは遊ばない!」となりそうなものですが、多くの男性が再トライし、また返り討ちに遭うということを繰り返しています。

なぜ、口説けないにも関わらず再トライすることになるのでしょうか。

それは、キャバクラの中毒性によるものです。

具体的には、精神的な恋愛をすることができ、キャバクラで数時間過ごすことによって、仕事の悩みや家庭の悩みを吹き飛ばすことができるからです。

キャバクラで、口説けないにせよお気に入りの女の子と会話をすること自体に喜びを見出すお客さんも少なくありません。

つまり、これがキャバクラに癒しを求めているということです。

そのようなお客さんは多いものですから、このタイプのお客さんへの対応の方法を知っておくことは大変有益です。

フリーでの対応

上記のとおり、初めてキャバクラに来るお客さんは口説くことを目的としていることが多いものですから、初めから癒しを求めてくるお客さんはあまりいません。

当初は口説くことを目的としていたものの、やがて癒しが目的になるというケースがほとんどです。

キャバクラにはフリーのお客さんが多いものですが、そのお店で指名していたキャバ嬢が辞めた場合を除けば、お店に初めて来る人や、キャバクラ店自体に初めて来る人がフリーのお客さんになります。

ですから、フリーのお客さんについたときは、そのお客さんは口説き目的であることを前提として接するのが基本になります。

その人の性格に合わせながら明るく振舞うか、しっとりとした雰囲気で会話を交わすのがよいでしょう。

フリーでの接客はごく短い時間で行われます。

その間に何とかして気に入ってもらい、その日に場内指名や次回来店時に指名をもらわなければ話になりません。

そのため、最初はスキを見せて「口説けるかもしれない」と思い込ませておき、指名をもらううちに徐々に癒しモードになるというのもひとつの方法です。

しかし、お客さんのタイプの中には、明らかに癒し目的という人もいるでしょう。

そのような場合には、確信を得るためにもキャバクラ歴を聞いてみるのが有効です。

キャバクラ歴が長いお客さんの中には、初めから癒し目的でフリーで入ってきているお客さんもいるからです。

そういうお客さんに対しては最初から癒しモードで接することも可能かもしれません。

初めから癒し目的のお客さんに対しては、以下のようなキャラクターで接するのが喜ばれます。

  • 元気で活発な女の子
  • 明るくてお客さんを楽しませようとする女の子
  • 天然系でほんわかとした雰囲気をもっている女の子
  • さまざまな話題に対して、自然に会話のキャッチボールができる女の子
  • 聞き上手で、お客さんの会話を引き出してくれる女の子

これらのキャラクターに共通するのは、お客さんが気を使わなくても良いと言うことです。

お客さんとしては口説けるならば口説けたほうがよいでしょうが、「もし口説けなくても、この子といると楽しいからいいか」と思って指名してもらえるようになります。

 

 

指名をもらってから

指名してくれたということは、フリーからの最初の数回以降は、癒し目的のお客さんというくくりで捉えることができます。

指名をもらってからの対応としては、あなたの提供する癒しにハマってもらうように仕向けていくことが重要です。

あなたの癒しの世界にはまったお客さんは、あなたの提供する癒しでなければ満足できない状態、いわば一種の中毒状態に陥ります。

そうなってしまえば、お客さんはかなり息を長く通ってくれることでしょう。

あなたでなければ満足できないのですから、他のキャバ嬢に乗り換えることもありません。

そのお客さんがストレスを抱えたり、悩んだり、落ち込んでいるようなときには、「とりあえずあの子に会いに行こう」となるのがベストです。

癒しがハマれば、それは可能です。

どう癒すか?

大人の女性になるには

しかし、単に「癒し」といっても、よくわからないものです。

何に癒されるかは人によって異なるのですから、癒しのパターンもいろいろあるからです。

癒しのタイプは、たとえば以下のようなものがあります。

  • 甘い会話や穏やかな雰囲気で癒される
  • 明るい会話や、笑えることを言い合って癒される
  • 同僚や家族にいえない悩みや愚痴を聞いてもらって癒される

癒しのパターンには、お客さんの性格もありますが、それと同時にお客さんが置かれている仕事環境や家庭環境によっても違うものです。

そのため、そのお客さんに最適な癒しを提供しようと思えば、そのお客さんがおかれている環境を理解しておくことが、非常に参考になります。

その時に注意したいのは、あくまでも接客の話題にするわけではなく、相手のことを理解するために必要だということです。

そのため、お客さんの環境は会話の端々から捉えればよいことであって、それを引き出すかのように会話を仕向ければ、お客さんは辟易してしまいます。

 

 

仕事環境

では、仕事環境とはどのようなものなのでしょうか。

特に男性にいえることですが、新入社員として入社したばかりのころには、夢と希望に燃えて意気揚々と仕事をこなすものです。

しかし、入社してから3年、4年と経っていくうちに、壁にぶつかる人が非常に多くなります。

「自分がやりたいことは、本当にこれなのだろうか」「自分の人生、これでいいのだろうか」と悩むようになるのです。

30歳を越える前に、真剣に転職を考える人もたくさんいます。

しかし、そのような悩みとは無関係に、日常は過ぎていきます。

漠然と悩んでいるうちに、主任とか係長といった役職を与えられ、給料は少ししか上がらず、責任は重くなり、ストレスを抱えるようになっていきます。

課長クラスになると、部下も多くなり、責任はますます重くなります。

上からたたかれることも多くなります。

精神的にも、肉体的にも最もつらい時期であり、ストレスで極限状態になる人も少なくありません。

また年齢的にも、若いころと比べてストレス発散方法が減っています。

部長や次長クラスになると、ある程度の権限を持つようになりますし、仕事も安定しています。

ならばラクかというと、そうともいえません。

自分の先が見えてくる時期でもあるからです。

そのため、一部のエリートを除けば守りに入って向上心を失うものです。

守りに入った自分を見つめたとき、「所詮、自分の人生なんてこんなものだったか」と絶望してしまう人もいます。

ならば、経営者はどうでしょうか。

経営者ならばラクかというと、まったくそんなことはありません。

不況の時代ですから、経営がうまく行かないという悩みを抱える経営者が非常に多いのです。

また、経営がそこそこうまく行っても、無能な部下が多いために自分の負担が増え、ストレスを抱えている経営者もたくさんいます。

家庭環境

次に、家庭環境を考えてみましょう。

家庭環境は、独身か既婚か、既婚であれば子供がいるかどうかによって異なります。

独身の場合にはそれほど問題になりませんが、既婚と子供の有無による違いは知っておく必要があります。

結婚して2~3年がたつと、奥さんの小言が気になるようになるものです。

子供が生まれると、奥さんはそれ以前とは打って変わって、子供第一になります。

夫はおざなりにするのです。

子供が小学校に行くようになると、父親だけが家庭から浮いた存在になることも、よくあることです。

結婚して15~20年がたつと、子供は大きくなって父親の居場所がなくなります。

子供が女の子であれば、そうなる傾向はより強いといえます。

父親の居場所が家庭になくなると、男としては「自分はお金を稼ぐためだけの存在なんだ」という被害妄想を抱くようになります。

真剣に離婚を考えても、子供のことを考えるととても無理だと悟り、精神的に追い詰められていきます。

もちろん、幸せな家庭生活を送る男性もたくさんいます。

しかし、少なくともキャバクラに癒しを求めているお客さんのうち、既婚で子供がいるお客さんの多くは、こういう環境にいるといえます。

以上のように、そのお客さんの年齢や立場や家族構成などを会話の中から把握して、どのような環境の人かを知るようにしましょう。

最初は難しいかもしれませんが、経験をつめば誰でもできるようになります。

 

 

癒しの世界に誘うテクニック

このようなことを話すと、「では癒しの世界に誘うためのテクニックはありますか?」と聞かれることがよくあります。

テクニックはありますが、それは決定的なものではありません。

お客さんによっても違いますし、キャバ嬢のキャラクターによっても変わってくるからです。

唯一ベストの、どんなキャバ嬢にでもお勧めできるテクニックがあるとすれば、それは「心の底から接する」と言うことでしょう。

「そんな当たり前のこと?」と思われるかもしれませんが、これが案外おざなりにされていることなのです。

色恋営業は、ある意味ウソによってお客さんをひきつけているということです。

好きでもない人に思わせぶりなことをするからです。

色恋の場合には、ウソもそれなりに通用します。

しかし、色恋ではなく癒しによってお客さんをひきつけようとするならば、ウソは通用しません。

真心が必要になります。

癒しの場合には、単純に男と女として接するのではありません。

もちろん女として接するのですが、それに加えて誠実な人間として接することが大切になります。

そのため、悩みを聞くにしても、本当に親身になって聞いてあげなければなりません。

自分の意見を言うときにも、真剣な意見を伝えなければなりません。

自分の悩みを相談するときにも、真剣に相談しましょう。

笑える話をするにしても、真剣にのめりこんでいく必要があります。

このような真心が、お客さんを癒しの世界に誘うための最も重要な鍵となるのです。

末端のテクニックとして、明日からできるものとしては、お客さんの来店時や帰りに送り出すときには、必ず顔を見るというものがあります。

来店時に顔を見たとき、「なんだか疲れた顔をしているな」「表情が曇っているな、何かあったのかな」と思っていたものの、帰りに顔を見ると元気な顔になっていたならば、あなたの癒しの成果が出たのだといえます。

お客さんに癒しを提供することが喜びと思えるように、真心の癒しを追求していきましょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう

  • 全ての女性がキャバ嬢になりうる?

  • オンナを売りにすることにハマるキャバ嬢たち

  • キャバ嬢と男性スタッフの関係

関連する記事はこちら

  • キャバクラにハマる客とハメるキャバ嬢の典型例

  • 売れっ子キャバ嬢になるには、男の本質を理解する必要があります!

  • キャバクラとは?なぜ男性はキャバクラに通うの?

  • お客の立場、背景、タイプを予測して効率よく指名本数を増やす

  • 月収100万円キャバ嬢が使っている演出テクニック

  • キャバ嬢の仕事は癒やしを与えること