1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 売れっ子キャバ嬢は顧客の目的を探っている
キャバ嬢部屋探し

売れっ子キャバ嬢は顧客の目的を探っている

キャバ嬢という職業 目的 この記事は約 3 分で読めます。

キャバクラに初めて来店した客は、そのお店にどのようなキャバ嬢がいるか知らないため多くの場合(キャバクラ情報誌でキャバ嬢の情報を掴んで来店している場合などを除く)にはフリー客となります。

そこで、キャバ嬢に求められる大切な能力は、そのフリー客が一体どのような目的でそのキャバクラに来たのかを知ることです。

客の来店目的を探ろう

キャバクラに来る目的は色々なものが考えられ、それを把握しておくことによって接客の質を向上させることができます。

例えば、接待であるならば、席のうちどの人が接待する側でどの人が接待を受ける側なのだろうか、どんな関係で接待を受けているのかを知ることができれば、接客の際にうまく立ち回ることができます。

このほかにも、接待の延長線として、キャバクラという場でもある程度の緊張をもって取引関係を維持する形で飲むのか、あるいはある程度打ち解けた関係にあってパァッと楽しむために来ているのかを把握できれば、それに合わせた楽しみを提供することができるでしょう。

前者の場合には余り自分から盛り上がろうとせずに雰囲気づくりに徹し、後者の場合には盛り上げ楽しませるために働きかけることができます。

売れっ子キャバ嬢はこれらのことを把握できています。

ほかにも、単に寂しさを紛らわしたいために来店する客もいます。

そのような目的を把握すれば、ひたすら聞き役に徹してあげることが効果的ですし、とにかく威張り散らしたいために来店している客ならば、多少むかついても笑顔を振りまいて威張らせておくことができます。

 

 

 

ちなみに、威張り散らすことを目的としている客は案外多く、普段は会社でうだつが上がらずに上司からも部下からも抑圧された環境で働いている人が、キャバクラで威張ることで自己肯定感を高めようとしているケースが多いようです。

このほか、仕事などの愚痴をこぼしたいために来店する客もいますが、そのような目的ならば友達や恋人のようにうなづきながら、じっと愚痴を聞いてあげることができます。

そして多いのがキャバ嬢を口説いてエッチに持ち込みたいという客です。

実際には口説かれるキャバ嬢などほとんどいないのですが、なぜかキャバクラにそれを求める男性が多いのです。

このような客に対しては、押すところは押し、引くところは引いて、時には叱りながら近からず遠からずの微妙な位置で接していくべきです。

なぜならば、実際に口説かれはしないものの、あからさまに拒否してしまえば客は目的に沿わないため指名してくれなくなるからです。

このような接客は難しいものであり、マニュアルも存在しないため、実際の接客を通して経験を積みながら学んでいくことが必要となります。

簡単に身に付けることができないものですが、毎回の接客に真剣に取り組み、小さな経験を積み重ねたキャバ嬢だけが売れっ子キャバ嬢になれるのです。

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • キャバ嬢のギモン~メールを送るタイミング~

  • キャバ嬢のギモン~休みの日のメール~

  • キャバ嬢のギモン~苦手なお客さんへのメール~

関連する記事はこちら

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • プライベートでお客さんに誘われたらどうする?

  • 派遣キャバ!バイトより気楽な理由

  • 失敗しない!ナイトワーク求人の見分け方

  • 客を喜ばせようとすることからすべてが始まる

  • 年齢が上のキャバ嬢が若い子よりも有利なポイント