1. TOP
  2. キャバクラのシステム
  3. キャバクラの一日はどんな流れ?
キャバ嬢部屋探し

キャバクラの一日はどんな流れ?

キャバクラのシステム キャバ嬢という職業 この記事は約 3 分で読めます。

キャバクラは夜の仕事ですから、日中を軸に回っている一般的なお店とは異なる時間帯で営業することになります。

では、キャバクラの一日はどのような流れなのでしょうか。

ここでは、標準的なキャバクラの一日の流れを見て行きましょう。

キャバクラの1日の流れ

10時・・・ウェイターが出勤。店内の清掃や雑用をこなしていく

14時・・・ショータイムがあるキャバクラではショーメンバーが集まり、レッスンを行う

17時・・・黒服たちが出勤。新人との面接やその日の打ち合わせを行う

18時半・・・同伴のないキャバ嬢たちが出勤。全員で朝礼を行う

19時・・・開店

20時・・・同伴出勤のタイムリミットであり、遅刻すると罰金となる

21時・・・1回目のショータイムを30分行う

23時・・・2回目のショータイムを30分行う

2時・・・閉店し終礼を行う

2時半・・・終電がないため、アフターのないキャバ嬢たちを車で家まで送っていく。有料のお店も多い。ショーメンバーはその後レッスンを行うこともある

5時・・・後片付けが終わり、ウェイターは始発で帰宅する

以上のように、キャバクラだからといって非常に形で運営されているかというとそうではなく、意外にも平凡な毎日の繰り返しなのだということに気づくと思います。

 

 

 

お店の実質的な営業時間は7時間程度であり、世間一般のお店、例えばスーパーなどが朝から夜まで開店していることと比べると大きな差があります。

営業時間は地域によっても異なり、巣鴨なら24時閉店、新宿なら早朝5時閉店という事もあります。

ただし、営業時間が異なればその前後にかかる準備や片づけの時間も変わります。

単調な毎日だとマンネリ化しがちであり、キャバクラ店はマンネリ化しやすいというリスクを抱えています。

お店に求められることは、常に客に対して新鮮さを提供することです。

常時キャバ嬢を募集してお店の新陳代謝を促すのが一つの方法です。

客からしても、いつも同じキャバ嬢ばかりでは飽きてしまい、未知の女の子と話す刺激を求めて他店舗に流れてしまうため、お店にとっては致命傷となります。

また、単調な流れを変えるために色々な店内イベントを行うことによってもマンネリ化を防ぐようにしています。

キャバクラ店のイベントはそれを理由にキャバ嬢たちが客に営業をかけられるというメリットのほか、新鮮さや刺激を提供するという意味でも重要なのです。

 

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • キャバ嬢のギモン~メールを送るタイミング~

  • キャバ嬢のギモン~休みの日のメール~

  • キャバ嬢のギモン~苦手なお客さんへのメール~

関連する記事はこちら

  • 水商売の辞め方と本音

  • 全ての女性がキャバ嬢になりうる?

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • アラサー女子のキャバクラデビューが急増!

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • 水商売とは?その仕事と種類