1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 口説き目的の客
  4. 【必携】キャバクラに来る客、タイプ別の傾向と対策
キャバクラ求人相談センター

【必携】キャバクラに来る客、タイプ別の傾向と対策

口説き目的の客 客の心理 この記事は約 9 分で読めます。

これからキャバ嬢になる人にとって、お客さんにはどんな人がいるのかということは、気になることと思います。

当然ながら、キャバクラに来るお客さんには、色々な人がいます。

話しやすいと思える人もいれば、苦手な人もいることでしょう。

しかし、苦手だからと言って避けていたのでは、商売になりません。

苦手なお客さんでも、うまい接し方を学んでいかなければならないのです。

そこで本稿では、キャバクラに来るお客さんの、タイプ別の傾向と対策を紹介していきます。

キャバクラ求人相談センター

口説いてくるお客さん

非常に多いのは、口説いてくるお客さんです。

キャバ嬢とエッチしたいなどと考えているお客さんです。

店内で口説いたり、アフターや休日デートに誘って口説こうしてきます。

キャバ嬢は、お客さんに夢を見せる仕事です。

お客さんに色恋営業を仕掛け、色仕掛けによって夢を見せることもあります。

中には、キャバ嬢が色恋営業をしているつもりはなくとも、お客さんの方で勝手に舞い上がることも多いですが・・・。

口説いてくるお客さんにも色々で、口説いてきても比較的早い段階で諦めて別のキャバ嬢に乗り換えるお客さんもいれば、よく来店し、プレゼント攻勢も仕掛けてきて、割としつこく口説いてくるお客さんもいます。

キャバ嬢としては、お客さんに恋心を抱いているわけではありませんから、口説きをうまくかわしつつ、しかもお客さんができるだけ離れていかないように工夫する必要があります。

決して、安易にデートに応じたり、エッチに応じたりしてはいけません。

特にエッチをしてしまうと、そこで満足して次のキャバ嬢へと関心が移ることがほとんどですから、応じたところで何のメリットもないのです。

口説きをかわしながらも良い関係を築いていくためには、お客さんのことを気遣い、癒し、女性ではなく人間として好きだと思ってもらい、友達のような関係を築くことが大切です。

本気になるお客さん

口説き目的のお客さんは、まだマシな方です。

なぜならば、どこかでエッチまでの過程を楽しんでいたり、疑似恋愛であることを認識して楽しんでいるからです。

そのため、キャバ嬢が口説きをかわしても、お客さんはそのやりとりを含めて楽しむことができます。

それよりも厄介なのが、本気になるお客さんです。

キャバ嬢の色恋営業に本気になり、真剣に恋心を抱き、何としてでも付き合いたいと考えるようになるのです。

その恋心を利用して売り上げにつなげるのも、キャバ嬢の腕の見せ所です。

しかし、お客さんはキャバ嬢の掌の上で踊らされているとは全く思っておらず、真剣にアタックし、キャバ嬢の思わせぶりな言葉にも敏感に反応して、時には相思相愛であると勘違いしてしまうこともあります。

そうなってしまえば大変です。

お客さんの気持ちをコントロールできなくなるからです。

キャバ嬢が面倒に思って関係を断とうとすると、そこで初めて自分が踊らされていたことに気づき、逆恨みしてストーカーになることもあります。

そのようなトラブルを避けるためには、お客さんの恋心を利用するにも節度を以て利用し、お客さんがつぶれるまで徹底的にむしり取るというようなことは避けるべきです。

また、お客さんが勘違いをしないように、お客さんに対して「好き」、「付き合いたい」などとはっきりと言わないことも大切です。

本心がどこにあるのかわからない状態にとどめておくのです。

 

【激安】キャバドレス、超オススメ通販サイト

  1. 指名が上がる神売れドレス
    dazzyStore

    「服装で場内の指名が上がる!」
    それは紛れもない事実。
    そんな神売れドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. 可愛くエレガントに見せる花柄ドレス
    dazzystore

    可愛くそしてキュート、
    照明が暗めのホールではエレガントに。
    そんな花柄ドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

 

女の子と飲みたいだけのお客さん

キャバ嬢にとってラクなお客さんもいます。

例えば、若くてきれいな女の子と楽しく話しながら飲みたいだけのお客さんです。

若くてきれいな女の子と、プライベートでなかなか縁がないお客さんにとっては、キャバクラでキャバ嬢とお酒を飲むだけで、結構楽しめるものなのです。

ただ会話をし、お酒を飲み、おもてなししてもらい、近くで見るだけで満足できるのです。

そんなお客さんも、全く下心がないわけではありませんが、それを表面化させて口説いてくることはありません。

ですから、このようなお客さんならば、キャバ嬢も安心して付き合うことができます。

しかし、気を抜いていいということではありません。

良いお客さんと長く関係を続けていくために、一生懸命接客することが大切です。

思い切り楽しみたいお客さん

これも、キャバ嬢にとっては良いお客さんです。

このお客さんは、キャバ嬢とお酒を飲んで、ワイワイと盛り上がって楽しみたいと考えているお客さんです。

もちろん、キャバ嬢もお客さんのテンションの高さに合わせて、楽しまなければなりません。

それが疲れるというキャバ嬢もいると思いますが、テンションが低いと指名はもらえません。

また、テンションが上がったお客さんが、お触りしてくるというようなこともあるかもしれませんから、それを笑って受け流すテクニックも必要です。

とはいえ、このようなお客さんは口説いてくることもあまりなく、友達のような関係を築き、長い付き合いを期待しやすいので、しっかりと掴んでいきたいものです。

また、思い切り楽しみたいお客さんは、グループで来店することも多いですから、お客さんの知り合いも指名客になってくれる可能性があります。

そのため、グループの中で会話に入れていない人がいれば話を振るなど、グループ全体が楽しめるように意識することが大切です。

良くしゃべるお客さん

いわゆる饒舌なお客さんのことです。

キャバクラ遊びになれているお客さんや、普段から営業職でしゃべることを仕事に使っているお客さんなどは、良くしゃべる傾向があります。

しゃべることが好きなお客さんは、キャバ嬢にとっても楽しいことが多いです。

そもそも、お客さんはただおしゃべり好きと言うのではなく、しゃべることで人を楽しませることが好きなのです。

しかし、お客さんによっては、よくしゃべってくれるのは職業病にすぎない場合もあります。

その場合、お客さんの話でキャバ嬢が楽しむだけでは、本心では楽しませてほしい側に回りたいのに楽しませるように振舞ってしまい、いまいちくつろげないこともあるからです。

くつろげなければ、指名につながることは少ないです。

根っからのおしゃべり好きならば、聞き役に回って楽しむだけでも、お客さんは満足してくれることが多いです。

しかし、おしゃべり好きだけれどもあまりくつろげないこともあると知り、聞き役に回るだけではなく、キャバ嬢側からも楽しませようと意識しなければなりません。

 

モデル着用のドレスでライバルに差をつける

  1. 藤井リナ、着用ドレス

    あいつに差をつけろ!
    モデルのドレスがあなたを際立たせる。
    藤井リナとのコラボドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. デイジードレスコレクション
    dazzystore

    あの子のドレスもこの子のドレスもデイジー♪
    日本一の品ぞろえだからカブることはありません。
    そして激安¥1,999~

    販売サイトへ

 

無口なお客さん

饒舌なお客さんは、キャバ嬢が聞き役に回るだけでも接客が成り立つため、それほど難しくはありません。

しかし、キャバクラに来るお客さんの中には、無口な人が意外と多いです。

キャバクラにはキャバ嬢と話したいお客さんだけが来そうなものなのですが、元々無口であったり、女性に免疫がなかったり、キャバクラという場所に慣れていなかったり、キャバ嬢に警戒していたりと、色々な理由から無口になるお客さんがいます。

無口なお客さんへの接客は、簡単ではありません。

会話が続かなければ気まずくなるものですし、何を話せばいいのだろうか、自分は気に入られていないのだろうかなど、とかく気疲れが多いです。

無口なお客さんへの接客のポイントは、焦りすぎないことです。

無口なお客さんは、キャバ嬢に緊張しているだけということが多いですし、そこで下手にしゃべりかけられても、焦らせてしまうだけかもしれません。

それに、無口なお客さんの多くは、無言の時間が少しあったくらいでは、ほとんど気にするものではありません。

キャバ嬢からマシンガントークを仕掛けるのではなく、無言の時間でも焦らず、少しずつ会話の糸口を見つけて無理なく話しかけ、お客さんに少しずつペースを掴んでもらうのが良いでしょう。

自慢話が多いお客さん

キャバクラに多いタイプですが、自慢話が非常に多いお客さんがいます。

自分の好みの女の子と一緒にいて、しかもお酒も入って気が大きくなっていますから、いいところを見せたいと思って自慢話をしてくるのです。

自慢話を聞くのは疲れるという人が多いと思います。

「その話、盛ってない?」、「そこまですごくないと思う」、「自分で言っちゃうとカッコ悪いんだよなぁ」など、ネガティブな感情が色々と芽生えてくるかもしれません。

しかし、自慢話に冷めた反応を見せると、お客さんは萎えてしまいます。

ですから、お客さんの自慢話には「すごーい!○○さんだからそれができるんですね!」といった良いリアクションを見せ、自尊心を満たしてあげると良いでしょう。

逆に考えると、やや大げさなリアクションによって自尊心を満たせば満足してくれるのですから、かなり扱いやすいお客さんでもあるのです。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5チャンネル削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    「他人に見られる前に消す」それにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットの誹謗中傷はこんなに怖い 公式サイトへ

 

愚痴が多いお客さん

仕事でストレスが溜まっているお客さんもたくさん来ます。

そのようなお客さんは、愚痴や弱音ばかりを吐いているかもしれません。

愚痴や弱音を延々と聞かされるのは、誰だって気分のいいものではなりません。

しかし、お客さんは職場でも、家庭でも愚痴や弱音を吐くわけにはいかず、キャバクラで吐いているのでしょうから、それを聞くのも仕事のうちです。

そこでキャバ嬢が聞き上手になり、真剣に耳を傾けて慰めてあげれば、そのお客さんにとっては、キャバクラだけが唯一の安息の地となります。

そして、辛いことがあれば来店して指名してくれるようになります。

説教するお客さん

厄介度ではかなり上位ランクに位置するのが、説教するお客さんです。

日頃のストレスのはけ口をキャバクラに求め、ハメを外して騒いだり、愚痴を言ったり、口説いたりするくらいならば良いのですが、キャバ嬢に説教ばかりして、優越感に浸り、ストレス解消を図るお客さんがいるのです。

多少の説教ならば、聞き流しておくようにしましょう。

しかし、我慢できないほどの説教をされた場合には、我慢せずにボーイに報告し、出禁にしてもらうべきです。

そのようなお客さんは、説教しやすいキャバ嬢を選んで説教し、弱い者いじめのような感覚で楽しむこともありますから、それを我慢して指名を取る必要はありません。

指名を撮り続けても、ストレスが溜まるだけです。

お店でも、そのようなお客さんがいると、他のお客さんまで不快にしてしまうこともありますから、出禁にしてくれることと思います。

まとめ

キャバクラには、本当に色々なお客さんが来ます。

特定のタイプに対応できるだけでは、どうしても指名本数が伸びていかないため、対応できる幅を広げるように経験を積んでいく必要があります。

色々なお客さんの接客をすることで、キャバ嬢の対人スキルは異常に発達していきます。

対人スキルが発達すれば、キャバ嬢としての稼ぎは伸びていきます。

また、キャバ嬢を辞めて昼職に移ってからも、人間関係をうまくこなしていけることも多いですから、一生モノのスキルが身に付くといっても良いでしょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  • お店選びに悩んだから体入サポートシステム

  • キャバドレス激安!!オススメ通販サイト

  • 同伴に誘うテクニックをマスターしよう!

関連する記事はこちら

  • 客の目的に合わせて、客に気を使わせない接客をしよう

  • 色恋営業より稼げる?友達営業について

  • 本気で気になるキャバ嬢を落とす!落とし方テクニック

  • 会話に困るお客さんのパターン別対処法④自分以外が盛り上がっている

  • 顧客とキャバ嬢の大切な関係

  • 売れっ子キャバ嬢の顧客管理術