1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. ダブルワークキャバ嬢、上手な時間の使い方の秘密
キャバ嬢部屋探し

ダブルワークキャバ嬢、上手な時間の使い方の秘密

キャバ嬢という職業 この記事は約 15 分で読めます。

キャバ嬢として働いている女性の中には、ダブルワークのキャバ嬢も少なくありません。

昼職だけでは生活に余裕がないため、週に何度かキャバクラで働いているのです。

また、昼職との掛け持ちとは少し違いますが、大学に通いながらキャバ嬢をしている女性や、昼間は育児や家事をこなしながらキャバ嬢をしている女性もいます。

これも、昼職と掛け持ちしているキャバ嬢と同じく、忙しい働き方ですから、ある意味ダブルワークだといえるでしょう。

ダブルワークは忙しいだけに、時間や心に余裕がなくなりやすいものです。

そこで本稿では、ダブルワークのキャバ嬢が上手く働くコツをお教えします。

時間のやりくりはこうする!

まず、ダブルワークのキャバ嬢の多くが悩む、時間のやりくりについて見ていきましょう。

皆さんは気づいていないかもしれませんが、時間のやりくりを困難にしてしまう原因は、大抵決まっています。

案外気づいていない、あるいは気づいていないふりをしてしまうものなのですが、その原因は「ちょっとしたことを後回しにしてしまう」ということです。

日常生活は、仕事や睡眠といった、まとまった時間を要することを除けば、小さいことの連続だといえます。

部屋のゴミをひとまとめにしたり、毎食後に皿洗いをしたり、ちょっと運動をしたり、お客さんにメールを送ったり、洗濯物がたまりすぎる前に洗ったり、小さいことを色々こなしながら生活していかなければなりません。

小さなことだから大丈夫と考え、後回しにしたら大変です。

後回しにすることが多いと、いつしか後回し癖が付いてしまい、最初は小さかったことが積もり積もって膨大な量となり、手も足も出なくなってしまうのです。

かなり溜まったあとで気づき、「あー、忙しいのに!」とイライラすることにもなります。

「今は忙しいから」、「疲れているから」という理由で後回しにするのですが、それは考え方が逆です。

忙しいから、疲れているからこそ、後で大変なことになってしまわないように、小さいうちにチャチャッと済ませてしまうのです。

これが習慣になるだけで、時間のやりくりが随分と楽になります。

では、後回しにしがちなことをチャチャッと済ませるポイントを見ていきましょう。

掃除

まず、掃除のポイントを見ていきましょう。

実は、筆者も元々ずぼらな性格で、掃除はため込む癖がありました。

しかし、以下の方法を実践してから、かなり楽に掃除ができるようになっています。

基本的な考え方としては、一か所に集中しないということです。

トイレ、玄関、キッチン、お風呂など、どこか一か所をきれいにしようと思えば、いくらでも時間をかけられるものです。

便器を磨くのも、気合を入れて磨けば15分や20分くらいはかかるでしょう。

お風呂も、カビの除去なども含めて洗い始めると、1時間以上かかってしまうかもしれません。

そこで、一か所にとらわれることなく、部屋全体を大雑把に掃除すると考えましょう。

大雑把に掃除すれば、まず大きなゴミから捨てることになりますし、大きなものから片付けていくことになるでしょう。

大きなものが一番目につきますから、それらを片付けてしまうだけで、部屋はかなりすっきりします。

1日目はそれだけでいいでしょう。

2日目は、中くらいのものをどんどん片付けていきます。

3日目は小さいものを片付けていきます。

ここまでで、大きなものから小さなものまで片付いていますから、4日目以降は、1日の間に散らかったものをちょっと片付けるだけで、部屋を綺麗に保つことができます。

そこまでやれば、トイレ、お風呂、キッチンなど、別のところにも意識を向けられるでしょう。

この時も、一か所に集中してはいけません。

一か所にかける時間を5分などに区切って、その5分の中で、目につく大きな汚れから掃除していきます。

これを毎日続けていれば、毎日10分や15分くらいの掃除で、部屋を綺麗な状態で保つことができでしょう。

筆者もこの方法で、毎朝10分や15分くらいでチャチャッと基本的な掃除をすることで、掃除を溜め込まなくて済んでいます。

溜め込んでいれば、掃除のためにまとまった時間を要し、時間のやりくりに苦労しますが、その必要がなくなるのです。

ちなみに、掃除をやるようになると、掃除のテクニックや掃除道具などにも意識が向くようになりますから、「掃除が趣味なんです!」などと、一人暮らしのお客さんとの会話のネタにもなるかもしれません。

ダイエット

キャバ嬢は、スタイルも大きな売りになる仕事ですから、ダイエットや体型維持のために、毎日運動したいと思っている人も多いと思います。

運動も、ちょっとした時間でできることですから、チャチャッと済ませてしまえばいいのですが、疲れていると後回しにし、いつの間にか辞めてしまうことが多いでしょう。

ダイエットは、習慣づけなければ成果は出ません。

運動が好きな人ならば、ダイエットを意識しなくても習慣的に運動することでしょう。

しかし、そうではない人は習慣づけに失敗して挫折してしまうことが多いです。

そんな人でも、運動を続ける方法は、ただ一つです。

それは、まず運動着に着替えることです。

人間、あまり気乗りがしないことを始めるためには、形から入ることも大いに重要です。

運動着を着ることによって、運動を始められる形ができると、その服を再び脱いでだらだらしようとはなかなか思わないでしょう。

とりあえず外に出てウォーキングするとか、とりあえずヨガをするとか、何らかのアクションにつながるはずです。

騙されたと思って、やってみてください。

おそらく、思っていた以上に行動につながると思います。

筆者も、このことは痛切に実感しています。

筆者はライターとして、「書く」という行動を習慣的に続けているわけですが、時には気乗りしない日もあります。

いやむしろ、気乗りしないことなど日常茶飯事です。

しかし、そんなときにはまず、形から入るのです。

筆者の場合、文章を書く前には冷水を浴びて身を清めることを習慣づけているのですが、気乗りしようがしまいが、まず水風呂にザブンと入ります。

そうすると、文章を書きたい気分がムクムクと湧いてきて、いつものように書けるようになるのです。

形から入ることは、非常に効果的です。

気乗りしないことに対しては、特に効果的です。

運動嫌いな人が、ダイエットの為に運動を習慣づけようと思えば、まずは運動着に着替えるところから始めてみてください。

 

 

メイク落とし

キャバ嬢にとって、メイク落としも後回しにしがちなことです。

仕事が終わって家に帰ると、疲れているだけではなくお酒も飲んでいますから、メイクを落とさずにそのまま寝てしまうのです。

しかし、メイクを落とさずに寝てしまえば、肌の調子が悪くなってしまいます。

肌の調子が悪くなれば、肌のケアに時間を取られてしまったり、化粧に時間を取られてしまったり、そのことにストレスを感じてしまったり、却って時間のやりくりを悪化させてしまう原因となります。

ですから、寝る前には必ずメイク落としをしておきたいものです。

この時も、まずは形から入ってみてください。

メイク全体を落とそうとは思わず、まずアイメイクを落とします。

すると、そのままの流れで、顔全体を洗ってメイクを落とす気にもなってきます。

これも、経験に照らし合わせると良くわかると思います。

冬はそれほど汗もかきませんし、お風呂に入るのが面倒くさいと感じ、今日はいいかなどと考えてしまうものなのですが、とりあえず浴槽にお湯を貯めるという形から入ると、自然と入浴に向かうことができます。

入浴すれば体も頭も洗うことができるでしょう。

少し前までは「面倒くさい、もういいや」と思っていたのが嘘のように、「入ってよかった」とすがすがしい気持ちになることができるのです。

メイク落としも同じです。

まずアイメイクを落とすところから始めましょう。

お客さんへのメール

キャバ嬢にとって、非常に面倒くさく、溜まれば溜まるほど取り返しがつかなくなるものと言えば、何と言ってもお客さんへのメールです。

人気キャバ嬢になればなるほど、メールがたくさん来ることになりますが、ダブルワークをしているのですから、学校や昼の職場にいる時にメールが来て、返信しづらいこともあるでしょう。

このときに後回しにしてしまうと、学校や昼職が終わったときには、メールが来てから数時間も経っており、「もう返信しなくていいや」などと考えてしまいます。

その結果、お客さんは無視されたと感じてしまいます。

それを取り返すためには、たくさんのメールをしなければならないこともあり、時間のやりくりに悪影響を与えます。

そこで、学校や仕事の最中にお客さんからメールが来た時には、それを無視するのではなく、チャチャッと返信してしまいましょう。

その返信というのも、お客さんのメールの内容に対する返信ではなく、「ごめんなさい!今学校だから返信は夕方にするね」などと送っておくのです。

こうするだけで、お客さんは無視されたとは感じなくなります。

「ごめんなさい!学校だからまた返事するね。」というフレーズを登録しておけば、数秒で返信できると思います。

ラインでやり取りしているならば、今忙しいという意味のスタンプを送れば、それだけでもOKです。

それを繰り返していれば、お客さんの方もなんとなく察して、昼間はあまり連絡してこなくなりますから、時間のやりくりが上手くいくようになるというわけです。

キャバクラ経営基礎知識

しかし、「また夕方返事するね」とは言いつつも、夕方もあまり時間がないということもあるでしょうし、キャバクラに出勤する日ならば、準備で忙しいと思います。

お客さんのメールに真剣に返事しようとする姿勢は大切ですが、返信に時間をかけすぎるのは、時間のやりくり的に好ましくありません。

そこで、電車での移動中など、ちょっとした空き時間を返信に当て、必ず空き時間内に返信を済ませるようにします。

それ以上の時間がかかりそうであれば、ストレートな文章で返信するようにしましょう。

キャバ嬢が後回しにしがちなものは、掃除、運動、メイク落とし、メールが多いですから、上記の4つをうまくこなせるようになれば、ダブルワークのキャバ嬢も、時間のやりくりがかなりラクになると思います。

小さなことを溜め込んで大きな負担を強いられるよりも、毎日コツコツとこなしていくようにしましょう。

心のゆとりの作り方

ダブルワークのキャバ嬢の時間のやりくりを見ても分かると思いますが、ダブルワークのキャバ嬢はとにかく忙しいです。

忙しいと、どうしてもイライラすることも増え、心にゆとりがなくなります。

そもそも、キャバ嬢という仕事自体がストレスのたまりやすい仕事であり、専業キャバ嬢は、仕事以外の時間でストレス発散を心がけています。

ダブルワークのキャバ嬢は、専業キャバ嬢がストレス発散をしている時間に、昼職や学業に取り組んでいるわけですから、専業キャバ嬢以上にストレス対策が重要となります。

もちろん、専業キャバ嬢のほうがプロ意識は高いでしょうから、キャバ嬢という仕事から受けるストレスも大きいと思います。

しかし、ダブルワークのキャバ嬢は、ストレス発散の時間をあまり取れないため、心のコントロールが非常に重要になるのです。

心にゆとりがなくなれば、昼職や学生生活にも悪影響です。

副業であるキャバクラでも、普段ならばあまり気にならないお客さんの言動にイライラしたり、接客クオリティが下がったりすることにもつながります。

よりよい人生のために副業でキャバ嬢を始めたのに、ストレスがあまりにもひどくて疲れ切ってしまうならば、それは本末転倒というものです。

心にゆとりを作り、ダブルワークをうまくこなしていくためのポイントをお教えしましょう。

 

 

目標を定める

忙しくて心にゆとりがなくなっているならば、なぜ忙しすぎるのかを考えてみましょう。

目標をしっかり見定めずに、ただ目の前のことを忙しくこなしていると、忙しさばかりを意識してしまい、忙しすぎると感じて心にゆとりがなくなってしまうことが多いです。

そこで、まずは目標をきちんと設定する所から始めましょう。

勉強を頑張って国家資格を取る、自分のお店を出す、家計を支えるなど、色々な目標があると思います。

目標がしっかりしていれば、忙しい時にも、その忙しさの延長線上に目標を見据えることができるため、心がなかなか折れません。

心に受け入れられる忙しさのキャパが増えるので、いくらか心にゆとりが生まれます。

やるべきことをリストアップしよう

しかし、目標を見定めていたとしても、本来ならばもっとどうにかなるところで忙しさを感じているならば、心のゆとりを無駄遣いしていることになります。

そのため、やるべきことをリストアップしてみましょう。

まずは、「やった方が良いと思っていること」をリストアップします。

何個でもいいのでリストアップしていくと、自分がやった方がいいと思っていることが、とてもこなせないくらいたくさんあるかもしれません。

自分に色々なことを課しすぎて、心にゆとりがなくなっているのです。

そこで、そのリストの中から、「よく考えれば無駄なこと」や「今やらなくてもいいこと」や「やりたいけど今は我慢すること」などを消していきます。

そうして残ったリストが「本当に今やるべきことリスト」になります。

シビアに判断していけば、リストがだいぶスリムになっていると思います。

スリムになったリストを見ると、より多いリストを見ているだけに、「このくらいならやれるかも」と、随分ラクな気分になると思います。

心にゆとりができるのです。

「最悪休んでもいい」と考える

また、忙しすぎて心にゆとりがない人は、自分に厳しい傾向があります。

休んでなどいられない、休んだら時間がもったいない、馬車馬のように働くべきだと考えるのです。

確かに、筆者もそのタイプですから、良くわかります。

休んだら、休んだ翌日の仕事に気分が乗りにくいため、できるだけ休まずにいようと思うのです。

しかし、時には休むことも大切です。

一日は仕事のことを何も考えず、思い切り遊んだり、思い切り眠ったりするのです。

体が疲れていれば思い切り休息し、心が疲れているだけならば、思い切り遊ぶのが良いでしょう。

そうしてリセットすることで、次からの活力を得られるのです。

心の空きスペースに、色々なものが積もり積もって一杯になり、心にゆとりがなくなっているのを、休むことでリセットしてみましょう。

注意したいのは、人から「ちょっと休んだ方がいいよ」などと言われ、勧められた通りに休んでみたものの、「ああ、休んでしまった」などとネガティブに考えてしまう場合です。

その場合、休んだだけストレスになってしまうのですから、休まずに働いた方がいいかもしれません。

しかし、いつでも100%の力を出し続けるのは無理なのですから、いずれはどこかで休むべき時が来るはずです。

その時が来たと思ったら、存分に休んでください。

 

 

誰かに頼る

忙しい状況で、一人でも何でも抱え込もうとするキャバ嬢は、ダブルワークで苦労します。

忙しい状況を和らげる最も簡単な方法は、人を頼ることです。

例えば、シングルマザーのキャバ嬢が、子育てとキャバ嬢のダブルワークで忙しく、心にゆとりがなくなっているならば、たまに親を頼って子供の世話をお願いするという方法が考えられます。

また、ダブルワークのキャバ嬢が、心のゆとりを作るためにキャバの仕事を減らすならば、それもお店のスタッフや他のキャバ嬢に頼ることになります。

真面目なキャバ嬢ほど、人に頼らずに自分でやっていこうと考え、誰かに頼るという発想さえなくなってしまうことがあります。

しかし、ちょっと冷静になって視野を広げ、誰かに頼れるならば頼り、心にゆとりを作りましょう。

お客さんのメールは時間を決める

時間のやりくりで解説したメールの方法は、心のゆとりを生むことにもつながります。

お客さんから昼にメールが来た時、「今学校だから/仕事中だから、またあとでメール返すね!」などと返信しておくようにすれば、お客さんは日中にはメールしてこなくなります。

そうすれば、お客さんへの対応は学校や仕事が終わってから、キャバクラに出勤するときの電車移動の時間と、仕事が終わって寝るまでの少しの間などと決めておくことができます。

最初から、自分の中でそのようなルールを作っておいてください。

そのルールの通りに動くだけで、お客さんへの対応に取られる時間も決まってきますから、お客さんのことで心のゆとりが奪われることもかなり少なくなります。

睡眠はしっかりと!

最後になりますが、睡眠をしっかりととることは、心のゆとりを作るために最も重要なことです。

しかし、ここでいう「しっかり寝る」ということは、必ずしも長時間寝ることではありません。

何しろ、ダブルワークのキャバ嬢は、キャバの仕事終わって、帰宅してから寝たとしても、翌朝は登校や出勤のために早起きしなければなりませんから、3~4時間しか寝られないこともあるのです。

寝不足は、心のゆとりを容赦なく奪っていきます。

精神的な不調を訴える人が、医者から良質な睡眠をとることを指導されることからも、寝不足の弊害が分かると思います。

キャバ嬢として働く日は、翌日の学校や仕事によって、あまり寝られなくなります。

そのことを前提として、ダブルワークのキャバ嬢がしっかりと睡眠をとるためには、やはりスケジュール管理が大切です。

まず、キャバ嬢としての出勤が連勤にならないように、できるだけ工夫することが大切です。

しかし、連勤を避けられないこともあるでしょうから、その時にはできるだけ質の高い睡眠をとるために、枕をオーダーメイドのものにするとか、掛布団を羽毛の軽いものにするとか、寝具を替えてみるのがおすすめです。

また、寝る前に入浴してリラックスしたり、リラックス効果のあるハーブティーを飲んでから寝たり、睡眠の質を上げるための工夫をしてみるのもよいでしょう。

まとめ

ダブルワークのキャバ嬢は、非常に忙しい生活をすることになるでしょう。

その忙しさは、ダブルワーク経験者にしかわからないと思います。

筆者も以前、昼の仕事と夜の仕事を掛け持ちし、48時間中36時間は働きっぱなしという生活経験したことがありますが、いつも時間がないことに悩まされ、心にゆとりもありませんでした。

本稿で書いたことの中には、そのような生活を通した経験から書いているものもありますから、皆さんの役に立つのではないかと思います。

皆さんも、キャバ嬢としてよりよく働くためには、疲れやストレスへの対策をしっかり行なうべきです。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう

  • 全ての女性がキャバ嬢になりうる?

  • オンナを売りにすることにハマるキャバ嬢たち

  • キャバ嬢と男性スタッフの関係

関連する記事はこちら

  • 年齢を問わないスナックでのアルバイト!初心者でも働ける?

  • 夜の仕事の大変な部分をピックアップしてみました

  • 男から見た可愛いキャバ嬢はコレだ!知っておくと得する仕草

  • キャバクラのシステムを詳しく解説

  • ナイトワークに興味がある人に!スナックの求人の探し方

  • キャバクラの時給はお店によって違うの?相場は?