1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. LINE・メール
  4. お客さんと連絡先を交換するノウハウ
キャバ嬢部屋探し

お客さんと連絡先を交換するノウハウ

LINE・メール 稼ぐキャバ嬢講座 この記事は約 3 分で読めます。

まだ携帯電話が普及していなかった頃、営業を行う場合には客の会社に電話をかけて営業を行っていました。

携帯電話が普及してからは携帯へのメールか電話が一般的となり、携帯電話が進化してスマホが一般的になってからは、LINEで連絡をとることもあります。

確かに、日常的にメールや電話よりもLINEを使っているという人は多いと思います。

客が「LINE教えて」と言ってくることもあるでしょう。

LINEで連絡するのはどう?

AdobeStock_69084534_R

LINEを利用する場合には注意しなければならないことがあります。

まず、LINEに登録すると、あなたの電話番号を登録している人すべてにLINE登録したことが通知されるからです。

もっとも、これは設定によって電話番号からの検索を拒否することで防ぐことができます。

しかし、そのような設定を知らずに利用してしまうと、以前トラブルを起こした客などともつながってしまう事となります。

AdobeStock_111664350_R

LINEに登録したとたんに嫌な客から連絡があって困ったなどという話を聞いたことがあります。

また、LINEは送信したメッセージを相手が読んだら「既読」という表示がされる昨日があります。

返事したくない客からのメッセージを返信せずに無視していたら、「なんで無視するの?」と言われてしまうことになります。

AdobeStock_112049048_R

従来のメールのように「メルマガが多くて気づかなかった」「忙しくて見てなかった」などと言い訳することができません。

そのため、LINEを交換してほしいと言われたときには、客によっては電話かメールを交換したいと言った方が良いでしょう。

メルアド交換のポイント

AdobeStock_40457582_R

指名をもらった客に対しては、「メルアド交換しませんか?」と言えば、大抵の人は教えてくれることでしょう。

一方、フリーでついた席では短い時間での接客になるため、教えてほしいと言いにくいことも多々あるでしょう。

そのような場合には携帯に話題になる画像などを潜ませて置き、「メールで送るからアドレス教えて」と言う方法もあります。

AdobeStock_104887582_R

アドレスを交換する際には、自分のアドレスを教えるのではなく、相手のアドレスを聞くようにします。

名刺の裏に自分のアドレスを書いて渡すキャバ嬢はたくさんいますが、客は面倒くさがってメールを送ってくれないことも多いからです。

その場でアドレスを聞いてメールを送ってしまいましょう。

まだ今ほど携帯が発達していなかったときは、アドレスの入力に一苦労だったものですが、今はスマホの時代です。

42346507_m_R

電話番号を聞いて、電話番号を入力してSMSを送れば電話番号も一緒にゲットすることができます。

また、アドレスを入力するにしても、「@d」と入れただけで「@docomo.ne.jp」と表示されるので大変便利です。

このほか、bumpなどのアプリ(お互いが携帯を持った手と手をぶつけることでアドレスや電話番号などの情報が交換できるアプリ)もあります(この場合には本名その他の教えたくない情報が渡らないように注意しましょう)。

この様に、アドレス交換のためには色々な方法があるので、客が面倒くさいと感じないように工夫してサクッと交換できる準備をしておくことが大切です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう

  • 全ての女性がキャバ嬢になりうる?

  • オンナを売りにすることにハマるキャバ嬢たち

  • キャバ嬢と男性スタッフの関係

関連する記事はこちら

  • 「基本の基本」キャバ嬢の営業術

  • おもてなしのプロになる方法を徹底解説!

  • キャバ嬢は誕生日などのイベントでガッポリと♪

  • 客から投げかけられる質問への答え方

  • 【必携】キャバクラに来る客、タイプ別の傾向と対策

  • スナック嬢直伝!体験談から学ぶモテテクニック