1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. お店選び
  4. キャバクラの体験入店に行ってみよう!
キャバ嬢部屋探し

キャバクラの体験入店に行ってみよう!

お店選び 体験入店について この記事は約 12 分で読めます。

キャバクラで働く際には、基本的には体験入店をするものです。

体験入店とは、文字通り体験的に働いてみることであり、そのお店で働くというのはどういうことか、ということを肌で感じることができます。

本稿では、体験入店を申し込む方法や気をつけるポイントなどを解説していきます。

キャバクラの体験入店とは?

キャバクラ経営基礎知識

本稿を読んでいる女性の中には、未だキャバクラで働いた経験がなく、これからキャバ嬢として働いてみたいと思っている女性も多いと思います。

そのような女性たちにとって役に立つ、どこのキャバクラでも行なっている制度に体験入店があります。

体験入店とは、その名の通り1日だけお店で体験的に働いてみることです。

1日だけ働いてみて、自分でもやっていけそうだ、このお店で働きたいと思ったならば、本入店をすることになります。

もちろん、体験入店でもちゃんとお給料をもらうことができますし、初めて働く女性が戸惑わないように、基本的なことは全て教えてもらえます。

現場に出るときも、お客さんの中に一人で放り込まれるようなことはなく、ベテランキャバ嬢のフォローを受けながら働くことが可能です。

キャバクラで働いてみたいけど、自分にできるかどうかわからないし・・・と悩んでいる女性は、まずは体験入店に行ってみてはいかがでしょうか。

本稿では、体験入店の方法や概要について説明していきます。

 

 

体験入店のお店はどうやって探す?

体験入店をしようと思ったら、まずは体験入店をさせてもらうお店を選ぶ必要があります。

お店にも色々で、お店の規模、料金設定、客層、在籍するキャバ嬢の人数などそれぞれ違いがあります。

中には働くべきではない悪質なお店もありますし、逆にとても良い環境で働けるお店もあります。

体験入店は、お店の環境が自分に合うかどうかを確かめる場でもあります。

自分に合うのであれば、本入店をしてからも長く働き、固定のお客さんもついて、満足な収入を得ることもできます。

体験入店のお店を選ぶときには、このことを忘れないようにしましょう。

お店に電話をかけてみよう

体験入店の申し込みをするためには、お店に電話をかける必要があります。

求人サイトの応募ダイヤルからかけてもよいですし、お店のホームページの求人情報からかけてもよいでしょう。

電話対応で注目すべきことは、電話対応をするスタッフは感じが良いか悪いか、体験入店についてきちんと説明してくれるかどうかということです。

感じの良さを量るためには、肝心なお給料に関することなど色々なことを聞いてみて、きちんと答えてくれるかどうかを探ってみましょう。

電話対応で感じが悪いと思ったならば、そのようなお店は大抵よくないお店ですから、体験入店もすべきではありません。

電話以外にも、ホームページの構成も見ておきたいところです。

ホームページがしっかりと作られていて、内容が魅力的だとか分かりやすいとか感じたならば、それはプラスポイントになりますが、ホームページが雑というのはマイナスポイントです。

面接に行ってみよう

体験入店は、お店に申し込めばすぐにさせてもらえるものではありません。

お店に申し込むと、事前に面接を行なって、お店が働いても良いという判断を下した上で、初めて体験入店を許可されるのです。

面接に行ったときには、ただ面接を受けるだけではなく、お店の色々なところを観察して見ましょう。

お店は清潔感があるかどうか、スタッフには清潔感があるかどうか、雰囲気は良いか悪いか。

そういうところは案外大切なものです。

お店が散らかっていてだらしないと感じたり、スタッフやキャバ嬢の雰囲気が良くないと感じたりしたならば、あまりよくないお店という可能性も高いです。

このほか、自分が面接に行ったときに、他にも体験入店の女性が来ているかどうかを見てみましょう。

オープンして間もないお店ならばたくさんの女性が集まっているということもあるでしょうが、そうでもないのに体験入店の女性が多いならば、問題ありです。

何かのトラブルがあってキャバ嬢が大量に抜けてしまって、とにかく女の子を入れたいと思っているのかもしれません。

 

 

体験入店の流れ

では、体験入店の流れを詳しく見ていきましょう。

1、お店に応募する

上記の通り、まずはお店に申し込むのが体験入店の第一歩です。

色々なお店の条件を比較しながら、働く場所や時給など、自分が希望する条件のお店を探し、応募します。

アルバイトとしてキャバ嬢を始めよう思っているならば、「学生OK」「週1日からOK」といった条件のお店も魅力的かもしれません。

女性用の高収入アルバイトの求人サイトなどでは、気になった応募先をとりあえずブックマークしておけるサイトもありますから、そのようなサイトできになるお店をキープしていき、最終的にその中から選んでいけば探しやすいと思います。

2、面接に行く

大箱小箱

面接では、年齢確認のために顔写真付きの身分証明書が必ず必要になるため、応募したらそのような書類を用意しておきましょう。

というのも、キャバクラのような風営法の上で営業しているお店では、未成年を働かせるのはご法度であり、万が一働かせていることが露見すれば一気に営業停止になることもあるため、年齢確認はマストなのです。

このほか、メイクや服装、髪の毛は気合を入れすぎる必要はありませんが、かといってあまりにもだらしない格好で面接に行けば体験入店を断られますから、清潔感がある格好で行かなければなりません。

お店と打ち合わせをして面接の日程が決まったら、その時間に遅刻しないようにお店に行きます。

もし遅刻などすれば、体験入店をさせてもらえないことも多いのですが、これはお昼の仕事と同じことです。

もし本入店が決まってから遅刻されてしまえば、お店のその日の営業計画に狂いが生じますから、お店はこのようなことをとても嫌うのです。

もし土地勘のない街のお店の面接に行くならば、万が一迷った場合に備えて、お店の電話番号を控えておきましょう。

お店に着いたら、記入用紙を渡されますから、それに記入します。

記入したら、それを使って面接がスタートします。

週に何日働きたいか、いつから働けるかということは必ず聞かれますし、これまでの経験や稼ぎたい金額の目安なども聞かれるかもしれません。

どのようなことを聞かれたとしても、キャバクラはお店でトークするのが仕事ですから、面接で暗いイメージを与えてはいけません。

明るく受け答えをしましょう。

時給の希望は、キャバ嬢の経験がない人であれば、求人情報に記載されていた時給を参考にしていっておけば間違い無いでしょう。

それなのになぜ希望時給を聞かれるのかといえば、ベテランキャバ嬢がお店を移る場合などは、前にいたお店の時給を考慮することがあるからです。

このほか、キャバクラで初めて働く女性にはわからないこともたくさんあるでしょうから、気になることはなんでも聞いて見ましょう。

面接を終え、お店が働いても良いと判断すれば、「今夜から働いてみる?」「体験入店はいつがいい?」などと聞いてくるでしょうから、スケジュールを伝えましょう。

面接の当日に体験入店をするというのはなんだか慌しい感じもしますが、キャバクラではごく普通のことです。

3、いざ体験入店!

体験入店の日には、ホールで実際に働きます。

もちろん、その前にお酒の作り方、灰皿の換え方、基本的な接客における注意点などを、先輩のキャバ嬢から教えてもらうことができます。

また、すでに他のお店で働いた経験がある場合でも、お店ごとにルールが違うこともあるので、一から学ぶのが普通です。

体験入店の接客は、お客さんと話している先輩キャバ嬢の席についてサポートするのがほとんどです。

色々なテーブルを回って行くうちに、色々なシーンでの接客を体験していきます。

もちろんこのときには、スタッフから仕事の姿勢をしっかり観察されていますが、緊張する必要はありませんし、アピールする必要もありません。

体験入店の日から指名をもらえるとはお店の方も思っていませんし、非常に行き届いた接客も期待していませんから、自然体で体験してみて、自分がお店に馴染めるかどうかをチェックしましょう。

初めてキャバ嬢をする人にとっては、体験入店はとても緊張するものです。

何を話せば良いのか全然わからない人もいると思います。

そんな場合にも、聞き上手になって接客をすれば失敗はあまり無いものです。

同伴テクニック

体験入店が終わったならば、スタッフから時給を提示されますから、体験入店をして感じたものと時給を合わせて考え、納得したならば本入店となります。

体験入店の日給は、その日に手渡しでもらえるお店がほとんどです。

もしこのとき、具体的な話をせずに「後で連絡します」などと言われたならば、おそらく電話はありません。

体験入店の様子がみて、お店側が「あの子はダメだ」と判断した場合には、本入店はさせてもらえないのです。

 

体験入店前に知っておきたいこと

キャバ嬢動機

ちなみに、体験入店にあたって何を用意すれば良いのかわからないと思いますが、ドレスや小物もレンタルすることができますから、なんら問題ありません。

先輩のサポートも得られますから、全くの未経験の女性が、道具も持たずに始めることができます。

全くの未経験でも、あまり問題はありません。

条件となるのは、普通の社会人として振る舞えることです。

上記の通り、基本的な接客マニュアルは教えてもらえますから、きちんと挨拶ができるかどうか、敬語が使えるかどうかといったことに気をつけるようにしましょう。

また、体験入店が終わった頃には終電がなくなっていたということもあるでしょうが、多くのキャバクラでは送迎システムを完備していますから、安心して働くことができます。

 

 

先輩キャバ嬢からのアドバイス

キャバクラ経営基礎知識

体験入店について、私がキャバ嬢にアンケートをとってみたところ、新人の皆さんに役立ちそうなインタビューもたくさんありました。

その一部を紹介してみようと思います。

体験入店でみるべきもの

私これまでに何度も体入(体験入店)を経験しました。

それで思ったのが、やっぱり一番大事なのは働いている女の子の雰囲気だと思う。

時給とか働き方とかは募集サイトに書いてあるけど、お店のムードとか一緒に働く女の子の雰囲気って、働いてみないとわからないもん。

私の経験では、体入の時に気さくに『前はどこにいたの?初めてなんだ!』とか話しかけてくれる女の子がいるお店は、雰囲気もいい気がします。

でも、お店によっては『体入?どーせ今日しかこないのに教えるのめんどくせー』みたいな感じで接してくる女の子ばっかりのお店もあって、そういうお店だと安心して働けませんね。

体入の時にも全然話を振ってもらえなかったり、必要なこと教えてもらえなかったりするし。

そういうお店って、女の子同士がガチで争ってて、教えたり話を振ったりする余裕がないんだよね。

だから、そんなお店はだめ。

体入を経験してみたら、まったり稼ぐのが自分に合ってるのか、ガチでやるのが合ってるのか、そういうこともわかると思います。

体入で教えてもらうこと

キャバクラって、意外なほどに覚えること多いんだよ。

たとえば、指でバッテンつくったら『チェックお願いします』でしょ。

両手で輪っかを作るのは『灰皿お願いします』。

こういうサインって絶対に必要になりますよね。

店内はお客さんが盛り上がってるし、声が通らないんだけど、指とか手でサインを作ればボーイにすぐわかるの。

ほかにもおしぼりとかお酒とか、私の店ではサインが10種類くらいあるよ。

あとは、お店のシステムね。

新規のお客さんにはドリンクを一杯サービスとか、乾き物サービスとか、細かいシステムはお店ごとにに違うよね。

私、キャバの仕事って、お酒飲みながらお客さんと話すだけって思ってたんだけど、実際にはけっこう気を使いながら働かなきゃって、体入して思ったな。

こういうことを実感できるのが体入のいいところかな。

でも、最初からサインとかシステムとか、全部覚えなきゃいけないってわけじゃないから、そこは安心。

キャバの大変さを知って、それでも働きたい!って思ったら本入。

体入の役割ってそういうことじゃない?

面接は自然体で

キャバクラシステム

なになに、体入のポイントですか?

うーん・・・体入の前には面接はするじゃん。

面接は自然体でいいよってことかな。

メイクは普通にしといて、服装も普通に清潔感あるやつで問題ないし。

ジーンズでもスニーカーでも大丈夫だと思う。

接客の時はドレスになるんだし、髪の毛もセットするし。

面接の時はスタッフの対応に注目かな。

あたりがキツかったり、キャストに無関心だったりってのが分かったら、そういうお店は避けたほうがいいと思う。

スタッフのがちゃんとしてないと、女の子は気持ちよく働けないからね。

女の子の話を聞いてくれたり、働きやすい環境を作ってくれたりするお店なら、長く続けられると思う。

あと時給だけど、これもあんまり気にしなくていいかな。

気にしなくてもそれなりの時給もらえるし、自分の頑張り次第でどんどん上がっていくしね。

自分が思ってたのより低い時給になっても、あんまり気にしないでいいと思うよ。

先輩キャバ嬢たちも、みんな体験入店を経験してから働いているものです。

彼女たちのアドバイスも参考にしながら、ぜひ体験入店をしてみてください。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • キャバ嬢のギモン~フリー客へのメール対応~

  • キャバ嬢のギモン~メールを送るタイミング~

  • キャバ嬢のギモン~休みの日のメール~

  • キャバ嬢のギモン~苦手なお客さんへのメール~

関連する記事はこちら

  • 【お店選び】働きやすいキャバクラ、3つの特徴

  • 体入ってなに?体験入店の準備から接客方法までを詳しく説明

  • ラウンジキャバってなに?知っておきたい違いと嬢のならではのメイク方法

  • 会員制のラウンジ!求人情報はどこで見つかる?

  • キャバクラ体験入店!チェックポイントは?

  • お水のお仕事、お店選びをする前に確認しておきたいこと