1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. お店選び
  4. 歌舞伎町と六本木の違いとは?実際どっちが稼げるの?

歌舞伎町と六本木の違いとは?実際どっちが稼げるの?

お店選び この記事は約 22 分で読めます。

これからキャバ嬢になろうと考える女性にとって、どこで働くのがベストであるかは非常に気になる所でしょう。

やはり多く稼ぐためには、沿線よりは歌舞伎町や六本木がよいのでしょうか。

ならば、歌舞伎町と六本木の違いはどこにあるのでしょうか。

ここでは、歌舞伎町と六本木の違いを軸に、キャバクラ店ごとの違いを見ていくこととします。

キャバクラの地域区分

キャバクラの地域区分は、大きく分けると3種類です。

それは、歌舞伎町、六本木、それ以外です。

厳密に言えば「それ以外」の部分で細かな分類も可能なのでしょうが、この大まかな分類で大きく間違いはないでしょう。

実際、東京都内のキャバ嬢たちの認識はこのようなものであり、「大箱か、小箱か」や「高級店か、大衆店か」といった分類よりは、「歌舞伎町か、六本木か、それ以外か」といった分類がなされているものです。

もし「それ以外」の部分を分けるならば、キャバクラ店が多い繁華街である池袋や上野があるでしょうし、沿線キャバクラの中野、吉祥寺、高円寺もあります。

また、飲み屋街がにぎわう錦糸町や小岩井にもキャバクラはあります。

しかし、歌舞伎町と六本木の存在感は圧倒的であり、それらの群を「それ以外」として片づけてしまうことができるほどのものなのです。

また、歌舞伎町と六本木がキャバクラ業界の二大巨頭であり、ライバル関係にあることもこのような分類になる原因のひとつと言えるでしょう。

歌舞伎町には約200店舗のキャバクラがあり、日本最大のキャバクラ街と言われています。

一方、六本木は店舗数が歌舞伎町に比べて少ないものの、有名店や高級店の数でいえば歌舞伎町に並びます。

本稿では、様々な観点から歌舞伎町、六本木、それ以外を考え、稼ぎなども比較してみましょう。

美人が多いのはどっち?

まずは、歌舞伎町と六本木とそれ以外で、どの地域に一番美人が多いのかを考えていきましょう。

筆者の主観や多くの人(キャバクラ業界の人やスカウトマンなど)の意見から考えて、まず沿線キャバクラで働くキャバ嬢は、歌舞伎町や六本木で働くキャバ嬢と比較して、ルックスのレベルが大きく落ちます。

これはある意味で仕方のないことでしょう。

それ以外に属するキャバクラは時給が低いからです。

ルックスが優れている女性は歌舞伎町や六本木のキャバクラにスカウトされていきますし、平凡なルックスを持った女性にはお呼びがかからず、また生き残りは難しいため、キャバ嬢をやろうと思えばそれ以外のキャバクラに勤めることになります。

では、歌舞伎町と六本木ではどちらが美人が多いのでしょうか。

美人度の高さでは、六本木の方が美人が多いというのが定説となっています。

沿線キャバクラとの差ほど大きな差があるわけではありませんが、ルックスだけを見ると六本木のキャバ嬢の方が平均値は確実に高くなります。

これにも理由があります。

キャバ嬢を最初にランク付けするのは容姿であり、スカウトの際にもそこが注目されるからです。

このことは、キャバクラ店へ人材を供給するスカウトマンへのインタビューでも分かったことです。

俺らは綺麗な女の子のスカウトに成功したら、まず歌舞伎町のキャバクラに連れていきますよ。

キャバクラのスカウトは店に女の子を買い取ってもらうんですけど、基本的に歌舞伎町のキャバクラが買取価格が一番高いからです。

『この子はAAAクラスだ!』って思ったら、歌舞伎町の高級店に連れていきます。

一番高く買い取ってくれるお店で、15万円くらいですね。

 

これでは歌舞伎町に美人が集中するのでは?と思いますが、そこには秘密があります。

このスカウトマンはこう話してくれました。

なぜ六本木の方が可愛い子が多いのかと言えば、それは女の子が六本木で働きたがるから。

キャバ嬢の間では六本木の評価が高いんです。

俺らからしたらそんなことないんですけど、六本木のキャバクラが一番って思われてるんですね。

だから俺たちは歌舞伎町の店に買い取ってもらいたいと思ってるんですけど、そういうと『六本木がいい』とか『六本木じゃなきゃヤダ』『六本木ならいいよ』って言ってくる子が多いんです。

歌舞伎町の方が時給高いことを伝えても『時給が安くたって六本木がいい』っていう子も多いくらいですから。

特に、自分がイイ女だって自覚してる子、例えばタレントとかアイドルにいそうな可愛い女の子の中には“六本木派”が多い気がしますね。

自分もタレント気取りになっちゃってる。まぁ、女の子がそういうなら、俺らも六本木に連れていくしかないですから。

六本木の方が可愛い子が集まってるのって、そういう理由ですよ。

 

スカウトマンたちは歌舞伎町に連れていきたいのに、可愛い子ほど六本木で働きたがるという構図があるからこそ、キャバ嬢の美人度では六本木がトップとなっています。

さらに、六本木はスカウトでも違いがあります。

 

キャバクラのスカウトマンは、基本的にフリースカウトマンと店専属のスカウトマンに分かれます。

これはキャバクラのスカウトマンっていうより、スカウト業界なら結構普通のことですね。

歌舞伎町はフリーのスカウトマンから高く買い取ってるんですけど、六本木は店専属のスカウトマンを抱えてることが多いですね。

大人の女性になるには

あと、黒服がスカウトマンを兼任してることも多いです。

フリースカウトマンはとにかくたくさんの女の子にアタックして稼ぎを重ねていきますけど、店専属のスカウトマンは六本木のその店にふさわしい女の子の一本釣りを狙ってますからね。

どれだけ美人を入店させたかによってお店での評価も変わりますし。

数をこなすんじゃなくて、とにかく質を重視して可愛い子をスカウトするために頑張るんです。

そうなると、やっぱ歌舞伎町より六本木に可愛い子が多いのは納得ですよね。

一方、沿線キャバクラはどうなのかもこのスカウトマンに聞いてみました。

 

沿線の店はスカウトにそんなに頼ってないですから。

求人広告で面接に来た子を入店させるんです。

そうなると、やっぱり可愛い子は集まりにくくなりますね。

逆に言えば、歌舞伎町や六本木の高級店では求人広告を出してる店はほとんどないですよ。

だって、可愛い子を広告で釣るのは無理ですから

 

美人度では六本木の方が優れているものの、それは同じタイプの容姿における優劣ではありません。

歌舞伎町と六本木では、容姿の特徴に大きな違いがあります。

歌舞伎町と六本木じゃ全然タイプが違いますよ。

まず歌舞伎町はとにかく派手ですね。

メイクも髪型も派手で、一目でキャバ嬢ってわかるくらいです。

ギャルも混ざってますしね。

悪く言えば、メイクとか髪型を派手にして誤魔化してるっていう部分もありますね。

メイクを落としてすっぴんになったら全然顔が違うっていう子も結構いると思いますよ。

スタイルではとにかく細い子が多いですね。

巨乳はいいけどデブは受け入れられないです。

顔はメイクで誤魔化せても体型はごまかせませんから。

ちなみに体型でいうなら、高級店にデブはまずいないですよ。

大衆店なら、デブのキャバ嬢がついてもお客さんは『まぁ安いしいっか』ってなりますけど、高級店ならそういうわけにはいかないですからね。

六本木はキャバ嬢っぽくない、清楚系の子も多いですよ。

すっぴんでも美人ってわかるような美人の子は六本木に多いですね。

あと、20代後半とかの大人っぽい美人は六本木に集中してますね。

実年齢が30歳超えてるって言われますけど、キレイだから受け入れられてますね。

ただ、最近は歌舞伎町と六本木の違いがだんだんなくなってきた気もします。

というより、六本木に歌舞伎町みたいなキャバ嬢が増えてきたんですよね。

六本木のキャバ嬢が歌舞伎町っぽくなったり、歌舞伎町のキャバ嬢が六本木に移ってきたりして。

沿線キャバクラだと、一つのお店に30人くらいのキャバ嬢がいたとして、歌舞伎町でもいけそうな子は3人くらい、六本木でもいけそうな子は1人いれば上々って感じですね。

かわいい子も確かにいるんですけど、それは歌舞伎町とか六本木で働いてた子が、ノルマとか競争に疲れて沿線に移ってるんですよね。

歌舞伎町とか六本木のキャバ嬢と沿線のキャバ嬢じゃ容姿も違いますけど、やっぱり体型の違いが大きいですね。

歌舞伎町とか六本木に比べて、ぽっちゃりの子がかなり増えますね。

あと、歌舞伎町とか六本木だとナンバー入り(成績のランキングの上位5位以内)してる子ってめちゃくちゃ可愛いんですけど、沿線だとそういうことはありませんね。

ナンバースリーまではそこそこ可愛いけど、あとは・・・って感じることが多いです。

六本木にはタレントの卵が多い?

六本木にまつわる都市伝説の一つに、六本木のキャバクラにはグラビアアイドル、モデル、女優の卵など、タレント予備軍が多いというものです。

これは単なる都市伝説なのか?

それとも本当なのか?

六本木のキャバクラ店経営者に話を聞いてみると、一部は真実とのことでした。

その経営者いわく、

 

六本木のキャバクラは芸能界とつながりがありますからね。

それもかなり深いつながりです。

お客さんには芸能人とか芸能界関係者とかメディア関係者とかがかなりたくさんいますからね。

もちろんそれを狙って芸能事務所が新人の子を六本木のキャバクラで働かせるなんてことはしてないですけど、芸能界志望の女の子が働いていることは結構ありますよ。

そういう女の子がお店でコネを掴むんです。

あとは芸能界といってもタレントとか女優じゃなくてモデルとか、レースクイーンとか、そういう子は普通に働いてますよ。

そういう子たちは歌舞伎町じゃ働きたがらないですし。

六本木は華やかですから、彼女たちには六本木が合ってるんでしょうね。

 

とのこと。

このほか、芸能事務所関係者に聞いても同じような事実が分かりました。

六本木のキャバクラは芸能事務所の子も働いてますよ。

ただ、働いてるうちから有名になるケースが少ないだけで。

キャバクラだけじゃなく、デートクラブとつながってる芸能事務所もありますよ。

芸能事務所とデートクラブが金と女で絡んでるってケースですね。

デートクラブのほうは顔がばれにくいですから、タレントの卵は多いですね。

もちろん、そういうところは10万円以上とか、プレイの料金は高いですよ。

でも、タレントといっても色々ですからね。

セクシー系のタレントもいれば、AV女優だって深夜の地上波バラエティに出演すればタレントのくくりになります。

だから、一般的なイメージのタレントがキャバクラとかデートクラブにいるってことはほとんどないですよ。

あと、AV女優のキャバ嬢ならたくさんいますよ。

AV女優だけじゃ食っていけない時代ですからね、AV女優やりながらキャバ嬢もやるって子は多くて、そういう子が六本木にもいますよ。

この場合、タレントの卵とは言えないですけどね。

歌舞伎町と六本木、どちらが稼ぐ?

歌舞伎町と六本木とその他のキャバクラ。

その他のキャバクラは問題にならないとして、歌舞伎町と六本木はどちらがたくさん稼ぐのでしょうか。

これは、実際に働くキャバ嬢やキャバクラ関係者に聞いてみると、歌舞伎町が高いという人もいれば六本木が高いという人もいるため、判然としません。

歌舞伎町が一番だという意見もあれば、高級店を比べれば六本木の方が上という人もいるのです。

地域ごとの時給に一番敏感なのはスカウトマンです。

なぜならば、彼らはスカウトした女の子を連れてお店に出向き、時給の交渉をする必要があるからです。

場内指名秘テクニック

スカウトマンたちへのインタビューでは、入店時の保証時給を比較した場合には歌舞伎町の方が1000円ほど高くなるとのことです。

なぜ歌舞伎町の方が保証時給が高いかと言えば、上述のようにキレイな女の子ほど六本木で働きたがる傾向があるため、歌舞伎町は女の子を誘うために高めの時給設定にしなければならないのです。

もちろん、これは保証時給だけではなく、その後の時給の上昇率やそれに伴う収入の上昇率も歌舞伎町の方が上です。

逆に言えば、六本木は人気があるぶん、給与の面で低く抑えられるのです。

あるスカウトマンの発言を見れば、このことがよくわかります。

 

六本木は高級店なのに売上バック制をとらずに固定時給だけでやってるお店もありますよ。

そのお店のお客さんには芸能人とかスポーツ選手、会社の社長とかばっかりだからって、そのお店で働くことそのものがステータスと感じられるようになってるんです。

ウチで働けるあなたは一流のキャバ嬢だ、みたいな。

料金だけは超高級店なのに、キャバ嬢の給料は中級店並みっていうお店も六本木にはちらほらありますね。

これが歌舞伎町だったらありえませんよ。

女の子からすぐ不満が出てお店を移っちゃいますからね。

 

だから、キャバ嬢の給料を比較するなら、六本木よりも歌舞伎町の方がいいですよ。

 

実際に六本木で働くキャバ嬢に話を聞いたところ、かなりの売上を上げているにもかかわらず5000円の固定時給で、給料は60万円程度というケースがありました。

その子がもし売上バック制で働いていたならば、100万円や200万円は簡単に稼いでいたことでしょう。

しかしその子はそれで満足しており、

 

うちのお店は歌舞伎町と違ってステータスがあるんです。

歌舞伎町で働いてるキャバ嬢がうちにきても稼げないと思います。

 

だって、歌舞伎町ってヤバい客に貢がせたりするじゃないですか。

そういうの怖いですよ。

と、給料が安いことへの不満は微塵もないようでした。

しかし、六本木の高級店で時給が固定制というのは少数派であり、売上バック制の高級店もたくさんあります。

ですから、六本木のキャバ嬢で歌舞伎町以上に稼いでいるキャバ嬢も当然います。

別のある六本木のキャバ嬢は、こんな風に言っていました。

六本木の方が給料安いのはたしかにそうかもしれませんね。

でも、それはアルバイト感覚でやってる子だからそうだっていうだけだと思いますよ。

トップクラスの子だと歌舞伎町より六本木の方が稼いでるんじゃないですかね。

なにしろ客のレベルが六本木の方が上ですから。

大物芸能人とかプロ野球選手とか、あとはヒルズ族とか上場企業の社長さんとか、何億円って稼いでるお客さんがたくさんいますからね。

そんなお客さんをつかんでるキャバ嬢になると、売上もすごいし、バックもすごいですよ。

そういうキャバ嬢ってマスコミに出てこないでしょ?

それは稼いでるキャバ嬢がいないんじゃなくて、お客さんが嫌がるから。

だから、本当にめちゃくちゃ稼いでるのは六本木の高級店のVIPルームのお客さんから本指名を何本も受けるキャバ嬢ですよ。

六本木はたくさん稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢の差が激しいですね。

歌舞伎町の場合は稼ぐ子もいるけど、中堅も多いじゃないですか。

でも、六本木は月収200~300万円稼ぐ売れっ子がいるかと思えば50万円くらいの子がいるって、そのどっちかって感じですね。

歌舞伎町は100万円くらいのキャバ嬢がたくさんいますけど。

 

このほか、キャバクラ店長の話によると、こんな意見もありました。

六本木はスターシステムのお店が多いですからね。

僕は地方のキャバクラで働いてましたが、東京に来て六本木の有名店に客として行ったことがあるんです。

開店してすぐに行ったんですけど、お店は空いてて、女の子もゆるりとしてて。

六本木の有名店といえばもっとピリピリしてると思ったのに拍子抜けして、女の子の『いつもこんなかんじなの?』って聞いてみたんです。

そしたら、『今日はまだ○○ちゃんが来てないから』って。

そのお店の有名キャバ嬢が出勤したら、お店のスターが来たって感じで一気にボルテージが上がって、お客さんもたくさんきて、テーブルが全部埋まっちゃった。

そのお店は3人のスターキャバ嬢とそれ以外のヘルプキャバ嬢で構成されていたお店だったんですね。

これがスターシステムです。

だから、ヘルプのキャバ嬢だけしかいないときはお店も空いてるし、活気がなくてだらだらした雰囲気になるんです。

ヘルプの子たちは時給もらって満足って感じ。

だから、稼げる子と稼げない子の二極化はあるいと思いますよ。

何人かのスターがたくさん稼いで、それ以外はそれなりに稼ぐっていう。

でも、歌舞伎町は違いますね。

一人ひとりが競争してるって雰囲気が至極ありますからね。

スター中心なんてあり得なくて、皆自分が一番になりたいって子ばかりですからね。

 

このように、六本木と歌舞伎町のキャバ嬢の働き方には大きな違いがあり、それが給料にも影響しているようです。

ただし、歌舞伎町でも一人がずば抜けて売れてしまっているようなお店であれば、その超売れっ子の指名客がお店の多くの席を埋めてしまい、そのほかのキャバ嬢はヘルプにならざるを得ないような状況が生まれることも、稀にあります。

歌舞伎町と六本木の客層はどっちがいい?

では、次に客層はどうでしょうか。これまでにも少し触れましたが、詳しく見ていきましょう。

この問題は、キャバ嬢にとって大きな関心ごとです。

どちらが稼げるか、どちらがノルマが楽かといったことも大きな関心ごとですが、客層はそれ以上の関心ごとなのです。

キャバ嬢に話を聞いていると、客層というキーワードがよく聞かれることからもよくわかります。

スカウトマンにしても、時給よりも客層が重視されていることを痛感しているようで、こんなことを言っています。

 

キャバ嬢にとって客層ってめちゃくちゃ大切みたいですよ。

スカウトした時にも、時給についてよりも客層ついて聞いてきますからね。

そのお店の客層はどうですか、悪くないんですかって。

歌舞伎町より六本木の人気が高い理由の一つに、客層はありますね。

歌舞伎町は客層が悪いというイメージが定着してるんです。

実際はそうじゃない場合も多いんですけど、歌舞伎町で働いたことないキャバ嬢ほど『歌舞伎町は客層が悪いから嫌だ』って言うんですよ。

 

客層とは、そのお店の中心客はどのようなお客さんか、ということです。

客層は歌舞伎町と六本木ではどちらが良いのでしょうか。

これははっきりと言えることですが、客層は間違いなく六本木の方が良いでしょう。

歌舞伎町は客層に関しては悪く、沿線キャバクラよりも良くないというのが定説です。

実際、六本木は一見様お断りとしていたり、アウトローは入店させなかったり、お客さんを選んでいますが、歌舞伎町ではそんなことはありません。

そこで、例えば詐欺などで荒稼ぎをしたアウトローが飲みに出かけたとき、六本木のお店は使うことができないため、歌舞伎町に流れてくることになるのです。

黒い客が太い客になることもあります。

このようなことから、キャバ嬢の中には歌舞伎町は怖いと考える人が多いのです。

キャバクラシステム

ある沿線キャバクラのオーナーがこんな話をしていました。

 

うちのお店には『歌舞伎町で働きたくない』っていう理由で女の子が応募してくることが良くありますよ。

歌舞伎町は怖いし、六本木はレベルが高いから、時給が安くてもそれ以外のお店で働こうって考えるんです。

逆に言えば、そういう女の子たちが歌舞伎町に悪いイメージを抱いていて、そこに乗っかってる部分はありますよ。

うちら沿線のキャバクラはね。うちのお店は時給は安いけど客層はいいよ、って。実際には歌舞伎町の客層が極端に悪いっていうことはないんです。

でも、そういうことにして置いたら歌舞伎町以外のキャバクラは得しますから。

 

このほか、キャバ嬢たちにインタビューをしてみたところ、客層の違いについて色々な言葉が聞かれました。

キャバ嬢動機

もちろん、キャバ嬢たちの生の声ですから主観や独断が含まれていますが、それだけに本音でもあります。

 

(沿線のキャバ嬢)

歌舞伎町は若いお客さんが多いですね。

私、それが嫌で辞めました。

歌舞伎町の若いお客さんって中途半端にお金持ってるんです。

『なんでも頼めよ!』って感じなんですけど、その勢いで口説きまくってくるんですね。

若くてお金があればキャバ嬢が口説けると思ってるんですね。

私がいま働いてるところは沿線で、客層はいいですよ。

キャバ嬢輝き

商店街のおじさんとかおじいさんばっかり。

あとは若いサラリーマンとか。

お金がないから口説いてこないし、口説いてきてもかなりゆるくて全然問題にならないです。

歌舞伎町のお店の子からしてみると、よくあんなしょぼい客ばっかり相手にできるねってなるんですけど、気楽だからいいですよ。

 

(六本木の有名店のキャバ嬢)

六本木と歌舞伎町ってそもそも比べるのがおかしくないですか?

っていうか比べてほしくないです。

前に歌舞伎町でめちゃくちゃ売れてた子が500万円で引き抜かれて六本木に来たんですけど、六本木じゃ全然売れなかったですからね。

半年くらいでまた歌舞伎町に戻っていきましたよ。

同伴テクニック

歌舞伎町の太い客って金融ばっかりですからね。

金融のお客さんはちゃんと接客しなくても、お金落としてくれるんですかね…

くさるほど持ってるから。

あと、歌舞伎町はキャバ嬢の誕生日とかも派手にやるじゃないですか。

一晩で何百万円も売り上げたり、でも、六本木じゃキャバ嬢の誕生日は何もしないですよ。

誕生日だからってお客さんにお金使わせるってホストみたいで品がないですよね。

六本木はきちんとした社長さんとかが多いですから、歌舞伎町みたいな接客じゃ無理なんですよ。

私、六本木で働いたとは銀座に行きたいんですよね。

ステータスはもっと上がりますから。

六本木の経験を活かせばいけると思います。

 

(六本木の高級店のキャバ嬢)

うちのお店に来るお客さんから聞いたことなんですけど、歌舞伎町のキャバクラに行ったら若い、よくわからない連中がたくさんいて、コールとかやって派手に飲んでるのを見て、『こんなことだから芸能人とかスポーツ選手とか、社長が寄り付かないんだ』って思ったんだって。

絡まれそうな雰囲気もあったみたい。

六本木はコールとか禁止ですからね。

実際、芸能人とか野球選手が歌舞伎町に行くって聞いたことないですよね。

せいぜい若手芸人。

六本木は芸能人おおいから、それだけで客層の違いがよく分かりますよ。

それに歌舞伎町のお客さんって、不動産とか金融とか、半分ヤクザみたいなことですよね。

そんなお客さんにお金使わせて怖くないのかな。

 

(六本木の超高級店の元キャバ嬢)

歌舞伎町と六本木の客層の違いですか?

私の経験だと、六本木の方がヤクザは多いと思います。

私が働いてたころはそうでしたよ。

歌舞伎町はヤクザのお客さんは入店禁止になってますよね。

だけど、六本木の高級店の中には金持ちヤクザを入れてるお店は普通にありますよ。

六本木で飲んでるヤクザが多いって、知ってる人なら知ってると思います。

歌舞伎町で飲めないから六本木に流れてくるんですかね。

だから、歌舞伎町の客層は悪くて六本木の客層はいいみたいなのって間違ってると思いますよ。

本当のことが分かってないなって思います。

 

(歌舞伎町の高級店のキャバ嬢)

六本木のキャバ嬢は客層客層って言いますけど、お水なのに何言ってるんだろうって思いますね。

だって、客層どうこうに関わらず、稼げるのはやっぱり歌舞伎町ですよ。

六本木って銀座と似て手、愛人っぽいことしないと稼げないって聞いたこともありますし。

六本木はアフターに誘われたら行くところとか、銀座に近いですね。

お客さんの年齢層は高いですし、お金持ちも多いんですけど、それだからって喜べないですよ。

オヤジ客にがんじがらめにされそうですよね。

 

これらのキャバ嬢の発言をひっくるめて、私がキャバクラ業界について色々と調べた結果から言えば、客層は六本木の方が上と言えるでしょう。

実際に、六本木のキャバクラには有名芸能人やスポーツ選手や社長のお客さんが多いのです。

例えば、週刊誌などでキャバクラ特集を組む場合には、それがどのような内容であれ、六本木のキャバクラで協力してくれるお店はありません。

なぜならば、週刊誌に掲載されるようなお店に有名芸能人やスポーツ選手は行きたがらないため、お客さんを失ってしまうことになるからです。

そのことによるリスクは、週刊誌で紹介されて知名度が上がるメリットよりもはるかに大きいものです。

そして、キャバ嬢たちが考える客層に関しては、自分が勤めるお店の客層はそれほど悪くないと考える傾向があるようです。

六本木のキャバ嬢は「六本木は歌舞伎町とは違う」と言い、歌舞伎町の子は「芸能人とかスポーツ選手と飲んで何が楽しいなんて、キャバ嬢の本当の目的わすれてるよね」とあざ笑うのです。

売上や給料に比べると、客層の良し悪しは数字になって表れるものではありませんから、キャバ嬢たちの主観が色濃く表れるのでしょう。

実際にどちらが良いかはお店によっても違うでしょうし、地域ごとに「こちらが良い」と断言するのは難しい問題なのです。

まとめ

ここで、歌舞伎町と六本木と沿線のキャバクラについて、それぞれの特徴をまとめておきます。

是非参考にして見てください。

 歌舞伎町六本木沿線
セット料金6000~12000円+税・サービス料25%8000~15000円+税・サービス料25%3000~6000円+税・サービス料10%
平均時給5500円4500円3000円
ナンバーの平均月収200万円180万円100万円
客層(上客)金融・不動産・アウトロー芸能人・スポーツ選手・社長サラリーマン、商店主、年金受給者
美人度きつめの美人非常に美人(タレントの卵も)そこそこ美人
容姿の特徴いかにもキャバ嬢っぽい派手な容姿多彩(派手、清楚、可愛い)ギャル系~普通
性格ヤンキーっぽいそっけない性格良し
スタイルスリム系ナイスバディぽっちゃり系も
同伴まあまあできるまあまあできるすごくできる
アフターまあまあできるすごくできるあまりできない(OLなどの兼業が多いことから)
口説きお金次第口説けない客と付き合うキャバ嬢が多い
スキャンダルアウトローとの噂が多い芸能人や野球選手との噂が多い芸人との噂がちらほら
この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 未経験だけどキャバクラで働いてみたい・・・求人探しから面接まで教えます!

  • ガールズバーとは?キャバクラとの違いって何?

  • スナックとは?女でも知っておくべきスナックの魅力と遊び方

  • 小さな店でも平気です!小箱でも潰れないキャバクラ

  • 意外と知らない素朴な疑問!キャバレーとキャバクラの違いはなに?

  • どうせなら優良キャバクラ店で働きたい!見分け方は?