1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. お店選び
  4. 意外と知らない素朴な疑問!キャバレーとキャバクラの違いはなに?

意外と知らない素朴な疑問!キャバレーとキャバクラの違いはなに?

お店選び キャバクラ雑学 キャバレー この記事は約 7 分で読めます。

日本の歓楽街にはいくつものナイトスポットがあります。

特に主流となっているのはキャバクラですが、キャバレーにも根強いファンがいます。

キャバレーとは店内にステージがあり、そこでは毎晩ショーが行われています。

キャバレーとは?

Dollarphotoclub_75153900_R

全国各地の歓楽街にはさまざまなお店が軒を連ねています。

中でもキャバクラは大きな人気を誇っています。

特にキャバ嬢はゴージャスなドレスと持ったヘアスタイルが特徴で、これにあこがれてキャバ嬢を目指す女性は少なくありません。

今でこそキャバはスタンダードなナイトスポットとなりましたが、それ以前はキャバレーというナイトスポットが人気となっていました。

しかし、現在の20代30代の男性にとってキャバレーは身近なものではありません。

AdobeStock_40981972_R

それでは、キャバレーとはどういったナイトスポットなのでしょうか。

キャバレーとは基本的にお酒を楽しむ場所ですが、それ以外に店内にステージが用意されており、そこでダンサーや歌手、生バンドによるショーが行われているのです。

それを眺めながらホステスと一緒にお酒を楽しむのです。

店内にステージを用意しなければなりませんので、広いスペースが求められます。

そのため、非常にゴージャスな雰囲気を楽しむことが出来るのです。

これだけのショーがあるにも関わらず大衆向けのナイトスポットで、価格はリーズナブルになっています。

AdobeStock_44073539_R

こういったキャバレーは昭和を代表するナイトスポットですが、その数は非常に少なくなっています。

キャバレー未経験の若い男性は多いことでしょう。

しかし、そのような中で活発に営業を行っているのが銀座のキャバレー・白いバラです。

これは昭和6年にオープンした老舗キャバレーで、昭和のイメージを残したキャバレーです。

お店の外に掲げられた大きな日本地図のパネルが目印で、各都道府県にホステスの名前が書かれています。

これは白いバラに在籍している女性の出身地で、このパネルを見てからホステスを指名することが出来るのです。

47134981_m_R

同郷のホステスであればそれだけで話題が出来ますし、地元の言葉で話すことが出来るので、このシステムはお客さんに利用されています。

白いバラに在籍するホステスの数は230名で、平日には約125名、週末の夜には約150名のホステスが出勤しています。

フロア面積は約70坪、1階と2階には83卓200席が並んでいます。

さらに、店内にはキラキラとした電飾が輝くゴージャスなものとなっているのです。

そして、キャバレー最大の特徴と言えばステージですが、白いバラにももちろんあります。

31176064_m_R

白いバラでは8時と10時にプロダンサーによるダンスショーを見ることが出来るのです。

さらに、中2階には生バンドによるステージもあり、ゴージャスな気分になることが出来るでしょう。

キャバクラとの違い

Dollarphotoclub_86877905_R

昭和を代表するナイトスポットであり現在も根強いファンを持つキャバレーですが、現在のナイトスポットの主流と言えばキャバクラでしょう。

これらにはどのような違いがあるのでしょうか。

最も大きな違いといえばステージの有無でしょう。

キャバレーには必ず大きなステージが用意されており、そこでは毎晩プロダンサーや生バンドによるショーが開催されています。

このショーをホステスと一緒に見るというシステムがあります。

このショーを求めてやって来るお客さんが多いのです。

43021396_m_R

さらに、どこかゴージャスなイメージがあるにも関わらず、リーズナブルという部分もあります。

しかし、キャバレーにはステージを用意しなければなりませんので、維持をすることも大変です。

そして、中にはステージでのショーよりも、女性とのトークを楽しみたいと考えるお客さんが多くなったことで、女性の接客に特化したナイトスポットが登場したのです。

それがキャバクラです。

キャバクラといえばキャバ嬢のファッションでしょう。

AdobeStock_50992983_R

独自のゴージャスなドレスと盛ったヘアスタイルは非常にインパクトがあり、女性のファッションにも強い影響を与えています。

このキャバ嬢ファッションを専門的に扱うファッション雑誌も登場し、特にパイオニアである『小悪魔ageha』は大人気となりました。

つまり、キャバクラとは単なるナイトスポットの枠を超えた存在なのです。

キャバクラでの接客スタイルはお客さんの隣に座って行います。

そこでお酒を作ってタバコに火をつけることはもちろんのこと、トークで盛り上げなければなりません。

AdobeStock_66379379_R

そのため、ナンバーワンのキャバ嬢はどのようなトークテーマにも対応しているのです。

そのほかに、同伴やアフター、指名などのシステムがあります。

同伴とはお店がオープンする前にお客さんと食事をして、その後に一緒に出勤するというシステムです。

また、現在人気となっているナイトスポットとしてガールズバーがあります。

これはキャバクラと異なり女性はバーテンダーとして働きますので、カウンター越しに接客を行うスタイルです。

そのため、ライトな接客と言えるでしょう。

AdobeStock_91743750_R

また、それ以外の特徴として服装があります。

服装はドレスやスーツではなく基本的に私服で行います。

しかし、ガールズバーによってはコンセプトを持っており、コスチュームや制服のある場合もあります。

中には露出の激しいコスチュームや水着で接客する場合もあります。

ショー好きならキャバレーのお仕事がおすすめ

AdobeStock_54542774_R

キャバレーもキャバクラも基本的に女性とお酒を楽しむ場所ですが、最大の違いはステージでしょう。

キャバレーにはテーブルのほかに大きなステージが用意されており、そこではプロダンサーや生バンドによるショーが開催されています。

そのため、このショーに興味のある方はキャバレーをおすすめします。

しかし、キャバレーが最も流行していたのは昭和であり、現在キャバレーの数は激減しています。

全国でも残されたキャバレーは僅かでしょう。

AdobeStock_82554570_R

しかし、そのような中で人気となっているのは銀座の白いバラです。

白いバラには約230名のホステスが在籍しており、下は18歳から上は50歳オーバーとなっています。

これだけ幅広いラインナップは珍しいでしょう。

スタンダードなキャバクラでしたら18歳から20代前半が中心で、クラブですと18歳から20代後半となっています。

銀座などの高級クラブのホステスは、ホステスを引退した後にスナックや小料理屋をオープンする傾向にあります。

Dollarphotoclub_72123471_R

これだけ幅広いホステスとお酒が楽しめる場所は珍しいものですが、なぜ白いバラにはこれだけの年齢層のホステスが在籍しているのでしょうか。

それは、少しでも幅広いお客さんに楽しんでもらいたい、という考えがあるのです。

そのため、若手サラリーマンのころから50年以上通い詰めている常連さんもいます。

あらゆる年代の男性が楽しめる場所ですので、中には親子で飲みに来るケースもあるのです。

このようなスタイルのお店は全国的にも白いバラだけでしょう。

Dollarphotoclub_98609774_R

もちろん、毎晩行われている本格的なショーも魅力のひとつです。

また、白いバラの特徴はそれだけではありません。

白いバラのホステスは素人ばかりを集めているのです。

素人のホステスと聞くとマイナスイメージになるものですが、白いバラであればその心配はありません。

キャリアの長いベテランホステスが在籍しているため、そういったベテランが指導を行っているのです。

そのため、たとえ素人だったとしてもお客さんを楽しませることが出来ます。

さらに、こういった指導システムが成り立っているため、すぐに一人前のホステスになれるのです。

Dollarphotoclub_106643764_R

さらに、白いバラのホステスにはノルマがありません。

特にキャバクラはノルマがあるため、多くのキャバ嬢はノルマを達成するために営業メールを送っています。

さらに、接客がガツガツしてしまうのです。

しかし、ノルマの無い白いバラであれば伸び伸びと接客が出来ます。

そのため、お客さんも楽しめるのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 夜だけアルバイトしたいなぁ…キャバクラの営業時間と仕事のイメージ

  • キャバ嬢のスカウトマンのお仕事って?

  • 「ニュークラ」って何?キャバクラやガールズバーとの違い

  • 優良店?悪質店?入店する前に要チェック!

  • キャバクラ嬢なら必ず知っておきたい高級シャンパン「ドンペリ」

  • 有名キャバ嬢たちの伝説まとめ