1. TOP
  2. キャバクラ雑学
  3. モエ?シャンパン?お酒やバーの知識

モエ?シャンパン?お酒やバーの知識

キャバクラ雑学 この記事は約 7 分で読めます。

キャバクラを楽しむ要素としてキャバクラ嬢の存在もありますが、シャンパンなどのお酒も欠かすことが出来ません。

ドンペリなどは誰もが聞いたことがあるでしょう。

そのほかに少しリーズナブルなモエ・エ・シャンドンも人気となっています。

モエとは

AdobeStock_91160817_R

キャバクラと言えば、ゴージャスなドレスと盛ったヘアスタイルのキャバクラ嬢との楽しいトークは大きな魅力です。

しかし、最大の魅力はお酒でしょう。

特にシャンパンなどのボトルを入れるとキャバクラ嬢が喜んでくれるだけでなく、「ゴージャスな遊び方をしている」という気分になります。

これこそキャバクラの醍醐味と言えるでしょう。

しかし、ボトルを入れることは高額な遊びです。

キャバクラにはどういった種類があるのでしょうか。

AdobeStock_97167830_R

誰もがリーズナブルにボトルを入れたいと考えるものですが、そこでおすすめしたいのがモエ・エ・シャンドンです。

「キャバクラ=ドンペリ」というイメージがありますが、キャバクラのボトルはそれだけではありません。

これにはモエ、モエ白、モエシャンなどの種類があり、本格的なシャンパンの一種です。

その相場はドンペリよりもリーズナブルで、1万5000円から2万3000円となっています。

そのため、一般的なサラリーマンの贅沢品にピッタリな価格設定と言えるでしょう。

AdobeStock_89335948_R

リーズナブルでありながら高級感も持ち合わせているので、ボトルを入れることにあこがれを持っているキャバクラファンにはおすすめです。

モエ・エ・シャンドンにはこれら以外にロゼもあり、モエロゼという名前で知られています。

これは一般的なモエ・エ・シャンドンよりも高額で、2万円から2万5000円が相場です。

そのため、特別な日を演出するのにピッタリでしょう。

モエ・エ・シャンドンにはロゼもあり、モエロゼの名前で親しまれています。

スタンダードなモエ・エ・シャンドンよりも高級で、2万円から2万5000円が相場です。

AdobeStock_48594775_R

そのほかに気軽に楽しめるシャンパンとしてヴーヴ・クリコがあります。

イエローが2万円から3万円で、ロゼは2万5000円から3万5000円です。

最も知られたボトルといえばドンペリでしょう。

これはドン・ペリニヨンの略称で、白ドンと呼ばれることもあります。

相場は5万円から8万円ですので、非常に高価なボトルと言えるでしょう。

AdobeStock_46169814_R

しかい、これは一般的なキャバクラでの価格であり、高級キャバクラになりますとさらに価格がアップします。

これだけ高級なものですので、キャバクラでドンペリを入れることは大きなステータスとされており、キャバクラ嬢だけでなくお客さんも大きな満足感があります。

そのため、ドンペリはいつの時代もあこがれの対象となっているのです。

ドンペリはホストクラブのシャンパンタワーなどでも使用されています。

シャンパンとは

AdobeStock_58356837_R

お酒の世界で高級酒と呼ばれるものにはどういった種類があるでしょう。

そこで誰もが思いつくのがドンペリです。

お酒好きであれば誰もが一度は飲んでみたいと考えるものです。

ドンペリの知名度は非常に高く、普段お酒を飲む習慣の無い方だったとしてもドンペリの名前を耳にしたことがあるでしょう。

このドンペリとはどういったお酒なのでしょうか。

そして、どういった理由で高級なのでしょうか。

どうせドンペリを飲むのであればこういった知識は身につけておきたいもの。

AdobeStock_72236837_R

ドンペリは高級酒の代名詞とされています。

そのため、キャバクラでドンペリを入れることはステータスの象徴なのです。

ドンペリとはドン・ペリニヨンの略で、ワインの種類のひとつです。

ワインには赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインなどがありますが、ドンペリはこれだのどれにも属さず、発泡性ワインであるシャンパンの一種です。

シャンパンも非常によく耳にするボトルのひとつですが、シャンパンと名乗るにはフランスのシャンパーニュ地方で作られた、発泡性ワインである必要があります。

名乗るための条件の多いシャンパンですが、中でもヴィンテージとなったものだけがドンペリと名乗ることが出来るのです。

bsSEP_327215200714_R

これだけの条件をクリアしなければドンペリと呼ばれませんので、ドンペリがいかに貴重なものか分かるでしょう。

そのため、その値段は高額になってしまうのです。

ドンペリはその味わいにも特徴があり、味わいの深さはほかのシャンパンと一線を画しています。

これは成熟が進んだことで奥深く複雑な味わいと変化したのです。

そして、それだけ複雑な味わいでありながらフレッシュさもあるので、飽きることがありません。

このドンペリを生産するメゾンは1743年商業のモエ・エ・シャンドン社です。

モエ・エ・シャンドン社は出荷量やストック、生産量など、最大の規模を誇っています。

AdobeStock_14656914_R

このドンペリの名前のルーツとなっているのは、1688年からシャンパン造りを始めたドン・ピエール・ペリニヨンです。

ワインをブレンドする技術とコルクによって瓶に泡を閉じ込め、これによってドンペリが誕生したのです。

1715年にドン・ピエール・ペリニヨンは亡くなってしまいますが、1797年に彼が所有していたブドウ畑をモエ・エ・シャンドン社が所有し、ヴィンテージシャンパンをドン・ペリニヨンとして販売したのです。

現在世界中で愛されているドンペリはここで誕生しました。

そして、現在に至るまでそのブランドイメージを守り続けています。

お酒やバーの知識は夜の仕事に欠かせません

AdobeStock_51857878_R

キャバクラの基本はキャバクラ嬢とトークを楽しむ場所ですが、そこにお酒は欠かすことが出来ません。

そのため、よりキャバクラを楽しみたいのであれば、お酒の知識を身につけておきましょう。

特にキャバクラで入れるシャンパンは高額になりますので、せっかく楽しむのであれば知識を身につけてください。

さらに、キャバクラと並んでナイトワークで人気となっているのがガールズバーです。

こちらは女性がバーテンダーとして接客をするスタイルで、カウンター越しでトークをすることになります。

キャバクラはお客さんの隣に着席して接客をするスタイルですので、少しライトなナイトワークと言えるでしょう。

Dollarphotoclub_44174333_R

こちらも現在非常に人気となっているものですが、あくまで営業スタイルは“バー”です。

そのため、キャバクラよりもお酒に対する比重が重くなっていて、酒好きな男性が数多く足を運んでいます。

ガールズバーで働くのであれば、少しでも知識を身につけておきましょう。

また、ガールズバーはキャバクラとは異なり、私服での接客が中心です。

そのため、ナチュラルな姿で接客をしたい女性に向いているでしょう。

AdobeStock_50930227_R

中にはコンセプトを持ったガールズバーもあり、コスチュームや制服が決まっている場合もあります。

そのため、コスプレ好きの女性はそういったガールズバーを選びましょう。

また、露出の激しいコスチュームの場合もありますので、抵抗のある女性は注意してください。

また、アニメやゲームなどのオタク要素を取り入れたガールズバーもあり、そういったものが好きな女性であれば活躍出来るでしょう。

AdobeStock_38369927_R

ガールズバーの求人を探す方法はいくつかあります。

代表的なものは求人雑誌、店舗のホームページ、求人サイトなどでしょう。

求人雑誌はコンビニなどに置かれており、無料で貰える場合もあります。

求人雑誌には必ずナイトワークのページがありますが、そのページ数が少ないこともあり、満足出来る情報が掲載されていないのです。

そして、店舗のホームページにもお店の紹介と並んで、求人のコンテンツがあります。

AdobeStock_53256137_R

しかし、店舗のホームページですと他店との比較が出来ませんので、どうしてもお店選びが難しくなってしまうのです。

そういったことを考えると求人サイトが良いでしょう。

求人サイトであれば十分な情報が掲載されていますし、いくつものガールズバーが求人情報を掲載されています。

そのため、求人サイトを活用してお店を選びましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢に向いているタイプとキャバクラで身につく能力

  • 場所によってこんな違う!キャバクラ街を徹底解説

  • 夜だけアルバイトしたいなぁ…キャバクラの営業時間と仕事のイメージ

  • 【再確認】キャバクラとは一体どのような場所か…

  • ネットのキャバ嬢画像は加工しているのか?

  • キャバクラのカラオケの心得!定番はやっぱり?