1. TOP
  2. キャバクラ雑学
  3. 場所によってこんな違う!キャバクラ街を徹底解説

場所によってこんな違う!キャバクラ街を徹底解説

キャバクラ雑学 この記事は約 12 分で読めます。
キャバクラエリア解説

世界一のキャバクラ街、新宿から全国各地のキャバクラ店まで徹底解説します。

あなたに合うお店を見つけましょう。

新宿~世界一のキャバクラ街~

キャバクラエリア解説

新宿は、東京で最も栄えた街であり、もちろん夜の世界も華やかです。

まさに歓楽街のメッカであり、キャバクラの発祥地でもあります。

新宿こそ日本最大のキャバクラ街であり、むしろ夜の世界のキャパシティでは世界一の呼び声も高い街です。

新宿には待ち時間が発生するような人気キャバクラも多く、ショーも行っている大箱キャバクラもあります。

メディアで取り上げられているのを目にしたことがある人もいるでしょう。

キャバクラエリア解説

新宿では人気キャバ嬢はアイドルのようにもてはやされ、キャバ嬢のアイドルということでキャバドルとも呼ばれます。

それほど大きな歓楽街である新宿では、実に様々なキャバクラ店があり、非常に多くのキャバ嬢が活動しています。

高級キャバクラではプロ意識が高い正統派のキャバ嬢が活躍していますし、格安店では形式ばらないお気楽なキャバ嬢まで見ることができます。

新宿のキャバ嬢の接客や容姿のレベルは、他のエリアよりハイレベルです。

よく聴くのが、地方でキャバ嬢デビューしたやる気のあるキャバ嬢が、キャバ嬢としてさらに上を目指して歌舞伎町にやってくるというものですが、そのようにして全国から実力あるキャバ嬢が集まることによって、レベルが高くなっているのです。

新宿ではそれなりの人気に落ち着いているキャバ嬢が、実は地方ではナンバーワンキャバ嬢だったというのもよくある話です。

キャバクラエリア解説

そのため、他のエリアに比べると客を楽しませることに長けたキャバ嬢が非常に多く、楽しさもピカイチです。

このほか、気が強いキャバ嬢が多いといわれることもありますが、これも地方でナンバーワンを張っていたキャバ嬢などが、かつての栄光から高いプライドを持っているからかもしれません。

また、我こそは新宿のキャバ嬢という意識もあるのかもしれませんね。

客層も様々で、全国から集まります。

これは、出張などで東京に出てきた地方の人が、せっかく東京に来たのだから新宿で遊んでいかなきゃということから、集まってくるからです。

客はスーツ着用率が高く、よい客が多いのも特徴です。

客が入店する際には、お店のスタッフがチェックするのも新宿ならではで、カジュアルすぎる服装では入店できないお店もあります。

キャバ嬢の衣装はドレスが半分、スーツが半分と言ったところです。

髪の毛をキチンとセットしているキャバ嬢が非常に多く、大箱キャバクラでは専属のヘアメイクもいるのが普通です。

キャバクラエリア解説

一方、小箱キャバクラにはヘアメイクはいないので、髪の毛は自分で小ぎれいにまとめているキャバ嬢が多いです。

なかには美容院でセットしてくるキャバ嬢もおり、ここからも新宿のキャバ嬢の意識の高さがうかがえます。

とはいえ、新宿でも小箱キャバクラなら比較的カジュアルに働けるケースが多いです。

新宿には、歌舞伎町を初めとしてとにかくキャバクラが多いです。

そのため、キャバ嬢は働きたいキャバクラ店を自由に選ぶことができ、お店が合わない場合には移籍先も簡単に見つけることができます。

客も自分好みのキャバクラ店を自由に選ぶことができるため、キャバクラが好きな男性の中には、新宿に何件もの行きつけがあることも珍しくありません。

六本木~華やかなキャバクラが多いエリア~

キャバクラエリア解説

六本木もキャバクラ店が多いエリアですが、有名人や業界人がたくさん訪れるという特徴があります。

それだけに華やかさではナンバーワンです。

美形のキャバ嬢が非常に多いため、アイドルやモデルを目指している人がキャバクラで働きたいならば、六本木で揉まれるのも良いでしょう。

実際に、六本木のキャバクラ店には、タレントの卵もたくさん集まります。

これが、美形のキャバ嬢が多くなる理由であり、容姿の平均レベルはかなり高いです。

六本木で働くキャバ嬢の中には、本業はモデルやレースクイーンであり、それだけでは収入が少ないからキャバクラで働くという女性も少なくありません。

キャバクラエリア解説

お店側としても、売れていないモデルやレースクイーンであったとしても、そのような肩書を持ったキャバ嬢はそれだけである程度売りになるため、「現役モデル、レースクイーン在籍!」というように大きく打ち出していることも良くあります。

新宿と比べるならば、プロ意識のあるキャバ嬢というよりはミーハーなキャバ嬢が多いエリアと言えるでしょう。

実際に、六本木エリアにはおしゃれさを押し出したキャバクラが多いです。

このほか、六本木のキャバクラは外国人の客が多いのも特徴です。

これは、六本木界隈には大使館がたくさんあることが関係しています。

外国人向けキャバクラも多く、英語が話せるキャバ嬢が重宝されています。

また、エロを全面に押し出したキャバクラをセクキャバと言いますが、六本木にはセクキャバもたくさんあります。

キャバクラエリア解説

客の平均年齢は30代前半くらいであり、若くして成功した起業家などが来店することも多いです。

IT系、投資家などもこの部類に含まれます。

ヒルズ族という言葉からも、なんとなくイメージできると思います。

これらの人は、六本木で遊ぶことが多く、キャバクラにしても六本木のキャバクラを好む傾向があります。

キャバ嬢の衣装はドレスが基本で、ヘアスタイルのセット率はほぼ100%です。

ゴージャスな六本木のイメージを損なわない身なりであり、これが六本木の華やかなイメージの形成に寄与していることは疑いないことです。

渋谷~ゆるいキャバクラ街~

キャバクラエリア解説

渋谷と言えばギャルの街!このことからも分かるように、渋谷のキャバ嬢はギャル率が高いです。

平均年齢は若く、新宿のプロ意識が高いキャバ嬢に比べると、アルバイト感覚でゆるくやっているキャバ嬢が多いです。

接客のノリも軽く、これもまたゆるくやっています。

接客でも客と単に会話をして楽しむというのではなく、ゲームを交えながら盛り上がるといった感じです。

料金は休めのお店が多く、客も若く、このことからも盛り上がり要素が強くなっています。

ノリが軽いのはキャバ嬢だけではなく、客も軽いノリを求めてきます。

そのため、一流のキャバ嬢に接客されることを期待していけばがっかりすることでしょう。

キャバクラエリア解説

いつも歌舞伎町のキャバクラに行っている私の友人は、たまたま渋谷のキャバクラに行ってみたところ、キャバ嬢のノリは軽く、メイクはギャルメイクだし、カルチャーショックを受けたと言っていました。

これは、何もギャルのキャバ嬢が多いからそうだという面だけではなく、お店自体がキャバ嬢に厳しさを求めないことも理由となっているでしょう。

きちんとドレスを着なければならないという決まりもなければ、髪の毛をきちんとセットしなければならないという決まりもありません。

むしろ、ギャル好きの客が、ギャル系のキャバ嬢からギャル的なノリで接待を受けることを期待して来店することが多いため、それに合わせて素人っぽい感じを売りにしているともいえます。

この項の冒頭で、渋谷のキャバ嬢はアルバイト感覚の子が多いと書きましたが、これは多くのお店が登録制を採用していることに原因があります。

つまり、キャバクラにキャストとして登録しておき、働きたい日に働き、日払いで給料を受け取るというキャバ嬢が多いのです。

キャバクラエリア解説

そのようなお店では、働きたいと思ったキャバ嬢はお店に電話をして、「今日働きたいんですけど、入れますか?」と聞き、OKが出れば出勤するという形です。

その分、他の人気エリアに比べると時給は安くなります。

また、そのような業態ですから、指名を受けるという事も少なく、指名客がいなければ営業をかける必要もありません。

そのようなキャバ嬢ならではの面倒なことにとらわれずに働けて、しかも他のアルバイトよりも高時給ならそれでいいといった感じです。

実際、指名ノルマや同伴ノルマがないことから、営業をほとんどしないキャバ嬢が多いです。

客も、キャバ嬢との疑似恋愛を楽しむために来店するというよりは、その場で盛り上がって楽しむためにキャバクラに来店します。

したがって、その場の盛り上がりを重視する若い男性は、渋谷のキャバクラに行くことが多いようです。

銀座~2種類のキャバクラが混在するエリア~

キャバクラエリア解説

銀座には2種類のキャバクラがあります。

標準的なキャバクラらしいキャバクラと、クラブに近いキャバクラの2種類です。

クラブに近いキャバクラは料金が高めに設定されているものの、本当のクラブに比べると少し安いという感じです。

客はクラブに行ったような気分を味わうことができ、しかも銀座の高級クラブで飲んでいるような雰囲気を味わうことができます。

クラブを意識しているため、キャバ嬢の衣装は和装かドレスで、接客も上品なものです。

キャバクラエリア解説

専業のキャバ嬢がほとんどであることも特徴です。

一方、標準的なキャバクラらしいキャバクラですが、これは銀座でありながら一般的な料金で飲むことができます。

小箱キャバクラが多く、銀座のサラリーマンが飲みに来たり、接待に利用したりします。

こちらはクラブに近いキャバクラに比べて、昼の仕事と掛け持ちで働いている兼業のキャバ嬢が多いです。

昼の顔はオフィス街である銀座でOL、夜の顔はキャバクラでキャバ嬢といった感じです。

お店の内装は落ち着いた大人の雰囲気であることが特徴です。

池袋~ショーのレベルが高いエリア~

キャバクラエリア解説

池袋は、80年代にはキャバクラが非常に栄えたエリアであり、風俗店などが増えた今でもその名残があります。

北関東出身のキャバ嬢には、池袋で働いた経験があるキャバ嬢は多く、都内のキャバクラへの入り口になっているという一面を持っています。

池袋のキャバクラの特徴は、ショーを行っているキャバクラが多いことです。

単に接客が出来るというだけではなく、歌って踊れるキャバ嬢がお店を盛り上げています。

ショーに力を入れているキャバクラが多く、そのようなキャバクラのショーはかなりレベルが高いです。

キャバクラエリア解説

踊りが好きなキャバ嬢が新宿から池袋に移籍するケースもあり、このことからもいかに池袋のキャバクラのショーが本格的であるかがわかることでしょう。

キャバ嬢のレベルは良い・悪いが極端に別れています。

これは容姿に限ったことではなく、仕事のできる・できないにおいても同じことが言えます。

このことから、お店の当たりはずれが多いという評判もあります。

接客は上品というよりはカジュアルです。

人気エリア以外のキャバクラ

キャバクラエリア解説

上記のエリアは、キャバクラの人気エリアです。

しかし、東京にはこのエリア以外にもたくさんのキャバクラがあります。

例えば、上野、錦糸町、五反田、新橋などです。

人気エリアから離れたこれらの街にも、中箱以下のキャバクラがたくさんあります。

サラリーマンが仕事帰りにちょっと寄って遊ぶ感じで利用されています。

都内のこれらのキャバクラでは、癒し系のキャバ嬢が人気です。

キャバクラエリア解説

先述の通りサラリーマンが仕事帰りに遊ぶことが多いので、仕事の疲れを癒してくれるような癒し系のキャバ嬢が好まれるのです。

キャバ嬢にはOL、学生、フリーターの率が高く、専業のキャバ嬢はあまりいないことから庶民的です。

衣装のドレスも華やかすぎることがなく、おしゃれなワンピースといった感じです。

髪型も自由というのが基本です。

プロっぽさを感じさせることがないため、敷居が低く感じられることから、これが逆にサラリーマンの仕事疲れを癒してくれるのかもしれません。

また、客は基本的にキャバ嬢との疑似恋愛を期待してキャバクラに通うものですから、プロっぽくない雰囲気に「イケるかも?」という期待を抱きやすく、そこもまた人気となっていることでしょう。

東京都郊外のキャバクラ

キャバクラエリア解説

都内から離れた繁華街にも、たくさんのキャバクラがあります。

町田、立川、横浜、浦和などがそれに当たります。

東京都内の人気エリアだけがキャバクラではなく、郊外のキャバクラも人気があります。

料金は安く、品質は高いということを売りにしているキャバクラが多く、キャバ嬢もピチピチとした元気のいい女の子がそろっています。

そのため、若い女の子が好きな男性は都内からわざわざ通うこともあります。

郊外は家賃が安いですから、一人暮らしの学生キャバ嬢も多いため、同伴やアフターが盛んです。

学生にとって、同伴やアフターでおいしいご飯を食べられることは嬉しいからです。

キャバクラエリア解説

大箱キャバクラもあり、郊外と言えども大箱は都心並の華やかさがあります。

しかし、華やかであってもキャバ嬢に対する服装や髪形に厳しい定めがあるわけではなく、私服が多いです。

素人っぽい若いキャバ嬢が私服で接客してくれるところに魅力を感じている客が多いです。

しかし、時給は安めの設定です。

客は、サラリーマンだけではなく、アウトローな人もいます。

そのような客がお酒を飲みながら遊んでいると、何かをきっかけとして小競り合いが起きる確率は都内よりも高いです。

全国各地のキャバクラ店

キャバクラエリア解説

キャバクラは東京都内や郊外だけではなく、もちろん全国のいたるところにあります。

そして、全国各地でそれぞれの特徴があります。

いくつか見ていきましょう。

すすきの

キャバクラエリア解説

北海道のすすきののキャバクラといえば、キャバクラ=セクキャバを指します。

セクキャバとは、お触りタイムで胸に触ったり、脱ぎがあったりとHなサービスがあるキャバクラのことです。

すすきので標準的なキャバクラを言う場合には、ニュークラブと呼びます。

すすきのは北海道で最大の繁華街です。

広大な北海道中のかわいい女の子が集まるため、レベルはかなり高いです。

そのため、昔は歌舞伎町のスカウトが、わざわざすすきのまでスカウトに来ていたといいます。

最近はすすきのにも標準的なキャバクラが増えてきたため、キャバ嬢の数が足りていない、もしくは足りていても教育が不十分であるなどの理由から未熟なお店が多く、お店の質はピンキリです。

キャバクラエリア解説

名古屋の栄も、日本有数の繁華街であり、キャバクラは多いものです。

中部地方では最大の規模になります。

女性誌で巻き髪のことを「名古屋巻き」ということがありますが、これは名古屋のキャバクラでは巻き髪のキャバ嬢が多いことに由来しています。

名古屋は派手好きが多い土地柄ですから、これがキャバ嬢にも浸透しており、茶髪や金髪のキャバ嬢が多いです。

ドレスも派手でカラフルなドレスを着ているキャバ嬢が多く、きらびやかなイメージです。

北新地

キャバクラエリア解説

大阪の北新地は、関西地方随一の繁華街です。

北新地は、元々は東京でいう銀座にあたり、上品なクラブが多かったのですが、最近ではクラブと言いながらもキャバクラに近いお店が増えています。

関西全体にはたくさんのキャバクラがありますが、北新地のキャバクラは上品です。

そこで働くキャバ嬢は意識が高く、キャバ嬢というよりはホステスといった感じのキャバ嬢が多いです。

衣装はドレスとスーツが半々で、和装のキャバ嬢もいます。

しかし、このように衣装が上品であったとしても、関西の女の子ですからトークが上手なキャバ嬢が多いです。

むしろ、トークができないキャバ嬢はどれほど可愛くても人気キャバ嬢になることはむずかしいのが北新地です。

中洲

キャバクラエリア解説

福岡の中洲は、九州で最も栄えている繁華街です。

一時期はクラブ街として栄えましたが、今は当時に比べてクラブが激減しており、それに代わってキャバクラや風俗が台頭してきました。

上品な接客というよりはカジュアルな接客をするお店が多く、セクキャバの様なピンク系のキャバクラもあります。

衣装はドレスが多く、キャバ嬢は九州の女の子らしく情に厚いキャバ嬢が人気を集めています。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

キャバクラエリア解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 水商売にスカウトされやすい人の特徴と向いているタイプ

  • 「カフェドパリ」とは?知っておきたいキャバ嬢雑学

  • モエ?シャンパン?お酒やバーの知識

  • あなたは知ってる?キャバクラの黒服のこと

  • 水商売で働く女性の落とし方とは?テクニックまとめ

  • キャバのボーイのお仕事について詳しく知ろう!