1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. コミュニケーション術
  4. 稼げるキャバ嬢になる会話の方法

稼げるキャバ嬢になる会話の方法

会話方法

稼げるキャバ嬢になるには会話が重要です。

接客の基本、会話について勉強しましょう。

会話は接客の基本

会話方法

お客様との会話は、キャバクラにおける接客の基本であり、キャバ嬢が一番頭を悩ませるのも、またお客様との会話です。

実際に、キャバ嬢たちは以下のような悩みを抱いています。

・フリーで付いたお客様から指名をもらうためにはどう会話したらいいのかわからない

・下ネタなどの苦手な話題のかわし方や、傷つく言葉のかわし方がわからない

とくに、フリーのお客様との会話は、指名のお客様をつくることができるかどうかに深くかかわってくるため、キャバ嬢にとっては重要なポイントと言えるでしょう。

しかし、そもそもキャバクラでの接客における会話にマニュアルはありません。

会話方法

かりにそんなマニュアルがあったとしても、お客様の立場からすれば何の魅力も感じない会話になってしまうことでしょう。

さらに、全く同じ会話をしているにもかかわらず、話すキャバ嬢と聞くお客様の捉え方や、そのときそのときの状況によって、好感をもたれたりいや身に聞こえたりします。

しかし、会話によってすべてが決まるわけでもありません。

ここで頭に叩き込むべきことは、お客様はキャバ嬢の「女としての魅力」だけではなく、「人間としての魅力」にふれて指名するのだと言うことです。

つまり、会話はあくまでキャバ嬢の魅力を引き出すための一つの要素にすぎないのです。

お客様から指名をもらうためには

会話方法

さまざまなお客様が来店するキャバクラにおいて、会話を上手に展開していくことはキャバ嬢にとって必須スキルと言えます。

お客様に合わせて様々な会話をし、お客様に「もっとこの子と話していたい」と思わせなければ、元も子もありません。

しかし、これが一番大変なことでもあります。

とくにフリーのお客様などは、その人に関する情報が全くないまま手探りで会話しなければなりません。

そのため、1回1回の会話が指名や今後の来店を左右する一発勝負になります。

では、実際にナンバーワンになるキャバ嬢は、この部分をどうクリアしているのでしょうか。

実際にナンバーワン数名に、フリーでの会話において重要なことや心がけていることを訪ねたデータがあります。

驚くことにほとんどのナンバーワンは同じことを答えました。

会話方法

それは、

「とにかく、お客様が興味を示す事柄を探ることが大事」

ということでした。

そのためには、短時間でたくさんのネタをふり、その中でお客様が興味を示したネタで会話をすることがコツだと言うことです。

さらに、それらのネタはキャスト自身もある程度の興味と知識があり、楽しく会話ができるものでなければなりません。

そうでなければ、お客様の心はつかめないのです。

そのため、まずは自分が興味を持って楽しく会話することができるようなネタをたくさん用意しておくことが大切です。

そうはいっても、どのようなネタを準備しておけばいいのか見当もつかないと言う人もいることでしょう。

そこで、一般的にお客様が興味を示しやすいネタを以下に列記してみます。

会話方法

・社会的な大事件

・ビジネス事情

・スポーツ

・映画

・車やバイク

・ギャンブル(パチンコ、スロット、競馬など)

・旅行(国内の温泉地と海外)

・男性心理や女性心理

・自分の失敗ネタ、おもしろネタ

まずは、これらのネタの中から、今のあなたが一番興味を持っていることを中心に、できるだけたくさんのことを勉強して知識を仕入れてみましょう。

そのうえで、実際にネタをふって会話を展開していくとスムーズに行くでしょう。

苦手な話題をかわす

会話方法

下ネタや意地悪な言葉はつきもの

その人の性格にもよりますが、キャバ嬢のなかには下ネタが苦手と言う人もいます。

また、いじめられキャラなのか、お客様から傷つくようなことをよく言われてしまうというキャバ嬢もいます。

しかし、厳しい言い方をすれば、それが水商売と言うものです。

第一に、大抵のお客様はアルコールが入っているため、気が大きくなっています。

酔いに任せて、普段は言わないようなことを言ってしまうケースも多いのです。

第二に、多くのお客様は、日常のストレスを発散し解消するために、わざわざ高いお金を支払ってキャバクラに来ています。

溜まったストレスが下ネタや意地悪な言葉という形で外に出るケースも少なくないのです。

会話方法

キャバ嬢は、まずこのようなキャバクラの特性やお客様側の事情を理解してあげなければなりません。

では、キャバ嬢はお客様から何を言われても、我慢してにこにこしていなければならないのでしょうか?

我慢して接客することが、ナンバーワンへの道なのでしょうか?

いいえ、そうではありません。

ベテランのキャバ嬢や人気上位のキャバ嬢は、苦手な会話をうまくかわしています。

そして、上手なかわし方を知っているキャバ嬢であればあるほど、うまくお客様の心をつかみ、キャバクラという世界で上に行けるチャンスをつかんでいくのです。

ベテランキャバ嬢のテクニック

会話方法

では、実際にベテランのキャバ嬢はどのようにして苦手な会話をかわしているのでしょうか。

キャバ嬢Aのテクニック

キャバ嬢Aは下ネタが全然ダメで、言うのも言われるのもすごく苦手です。

そのため、お客様がそういう話をふってくたら、

「私、そういう話はあまり好きじゃないの。それより○○さん、××って知ってる?」

というように、すぐに話題を変えるようにしています。

それでもしつこく下ネタを続けようとするお客様もいますが、その人がフリーの場合には指名を諦めて、

「私、そういう話をする人は嫌いです」

とはっきり言ってしまいます。

会話方法

指名のお客様の場合には、

「○○さん、下ネタが好きな女の子もいるかもしれないけど、私は好きじゃないの。

せっかくだから、もっと楽しい話をしようよ。

そんな話ばかりだと、私の○○さんに対する見方がかわっちゃうよ」

と笑いながらいってかわすようにしています。

キャバ嬢Bのテクニック

会話方法

キャバ嬢Bはいわゆる貧乳です。

お客様から「おまえ貧乳だなあ」などと言われることが多く、彼女も自分でかなり気にしているため、最初のころは言われる度にショックで泣きそうになっていました。

しかし、慣れた今ではギャグで返せるようになっています。

まずは、

「そうなの、全然胸ないんだよね。男の人はよく『大きい方がいい』っていうけど、私は小さい胸で満足してるよ。だって、小さい胸の方が得なんだもん」

と返します。

大抵のお客様は、「どういうところが得なの?」と聞いてきますが、そうなればもうこっちのものです。

「うつ伏せで寝やすい。肩が凝らない。そして何より、将来の彼氏に『自分の手で大きくしてやるんだ』っていう夢と喜びを与えてあげられるでしょ?こんなに開き直ってる女ってちょっと珍しくない?」

という笑い飛ばす方向に持って行ってしまいます。

会話方法

キャバクラに限らず、クラブでもラウンジでもスナックでも、アルコールを提供する接客業には、お店の女の子に下ネタなどの相手が嫌がる話題や、意地悪な言葉をわざと口にして喜ぶお客様はつきものです。

しかし、一流キャバ嬢、ナンバーワンキャバ嬢を目指すキャバ嬢がそんなお客様に負けてしまってはいけません。

自分の価値観や考えをしっかり持って、どんなことを言われてもさらっとかわし、時には素早く切り返すことが必要です。

そのことによって、お客様が「お、この子はちょっと他の子と違うな」などと思ってくれれば、しめたものです。

いやなお客様からよいお客様になってもらえるチャンスです。

フリーのお客様とスムーズに話すには?

会話方法

会話の展開

キャバクラ歴の浅い女の子が必ず悩むのは会話の仕方とネタです。

ベテランのキャバ嬢になると、お客様に合わせた会話が自然とできるようになりますが、これだけはバカ図を踏まなければどうしようもありません。

どんな状況においても、大切なのは自然な会話です。

お客様が、他のお店を含めて何百人というキャバ嬢の中であなたを指名するのは、あなたの個性に惹かれるからです。

そして、あなたの個性は、自然な会話のなかで出てくるものです。

全体的には、相手に失礼にならない程度の丁寧語

(あまりかしこまった敬語を使うと親近感がわかない)

で、普段友人や彼氏と話している雰囲気で会話するのが良いでしょう。

会話方法

りそうなのは、マニュアル化された会話ではなく、自然なままの会話の中でいくつかあなた独自のパターンを持つことです。

とくに、フリーのお客様とは、時間にして15~20分程度しか会話することができません。

その中で相手をひきつけなければならないのです。

よって、ある程度会話のパターンを用意しておき、店舗よく会話を進めていく必要があります。

フリーでの会話の展開は、次のような4つの流れで進んでいくのがスムーズです。

それぞれの詳細を見ていきましょう。

導入トーク

会話方法

よくある導入トークのパターンは、

「はじめまして。このお店にはよくいらっしゃるんですか?お歳を聞いてもいいですか?」

というものです。

しかし、これはどのキャストも使うパターンなので、お客様の立場からすると「またここから始まるのか」とうんざりしてしまうこともあります。

ただキャバ嬢側からすると、来店頻度や年齢はお客様の情報を知るためにも最初に聞いておきたい内容でもあります。

そこで、同じ内容でもあなたなりのアレンジを加えて、お客様にインパクトを与えることを考えてみましょう。

つかみトーク

会話方法

導入がうまく行ったら、次の会話に展開する前に、つかみトークを入れるとよいでしょう。

つかみトークとは、お客様から「お、この子は他の子とは何か違うな」と思わせるトークです。

例えば、導入の会話ですぐにのってくる人であれば、「○○さんっておもしろいですね」という一言を入れるだけで、お客様はあなたに親近感を抱きます。

特に自分が面白い事を売りにしているお客様であれば得意になるので、次の会話が弾みます。

また、仕事ができそうな人や人間的にしっかりしていそうな人には、

「○○さんってどこか人と違いますよね。人を引き付けるオーラがあるっていうか、そんな感じがします」とか、

「○○さんって、絶対人と違いますよ。大物になりそう」などと言うと、相手の心をぐっとつかむことができます。

会話方法

導入の会話で照れ屋な感じがしたお客様ならば、

「○○さんって、なんだかかわいいですね」といったトークをすると有効です。

年下の女の子にかわいいと言われることを嫌がる男性もいますが、照れ屋な男性であれば「好感をもたれた」と思って悪い気はしないものです。

導入であまりしゃべらない人は、どちらかと言えば扱いにくいお客様と言えますが、一か八かで

「○○さんって、なんだかクールですよね。私のタイプかも」というようなトークをしてみましょう。

場合によっては、お客様を一気に引き付けることができます。

相手に合わせたネタの展開

会話方法

さて、ここまでの会話である程度お客様の雰囲気をつかめたところで、本格的な会話に入っていきます。

あらかじめいくつかのネタを用意しておき、相手に応じてネタを使い分けるようにしましょう。

ここで大切なのは、お客様が「口説き目的」で来ているのか、「癒し目的」できているのか、

それとも「楽しんで盛り上がる目的」で来ているのかを察知して、ネタを使い分けることです。

また、ある程度付き合いが長くなってからであれば使えるネタでも、フリーでは使わない方が良いものもあります。

フリーで付いた際に避けたいネタとしては

・自分の彼氏ネタ(最近彼氏と別れた、彼氏がいなくてさびしいと言うネタはOK)

・既婚者に対して子供のことをあれこれ聞く(お客様から話してきた場合はOK)

・お客様の仕事の話(どんな仕事をしているのかを聞く程度ならOK)

などがあります。

会話方法

例えば、口説き目的で来ているのに、いきなり自分の彼氏の話をされたのでは興ざめしてしまうことでしょう。

ただし、最近彼氏と別れたと言う話であれば、お客様は「チャンスだ!」と思うこともあるので、逆に効果的なこともあります。

また、既婚者の場合、子供についての会話は結構弾むものです。

しかし、奥さんは裏切れても、子供は裏切れない男性は非常に多いものです。

口説き目的で来ているお客様は、子供の話をされると「キャバクラで女の子を口説くぞ!」という気持ちが一気に冷めてしまいます。

会話方法

また、お客様は家庭を忘れたくて、あるいは仕事を忘れたくてキャバクラに来ています。

それなのに、キャバクラに来てまで家庭の話や仕事の話をされたのでは楽しくなれませんし、癒されもしません。

これらのネタは指名をもらって、ある程度気心が知れてきてからならほどほどに使えます。

しかし、フリーでこれから指名をもらおうというときには避けましょう。

ただし、相手が経営者であったり、見るからに羽振りがよさそうなお客様だったりした場合には例外です。

そのようなお客様には、自分の仕事に自信を持っている人、あるいは自慢したい人が多いものです。

そういうお客様に関しては、仕事の話は有効です。

クロージングトーク

会話方法

営業の世界で、契約に結び付ける締めのトークをクロージングトークといいます。

キャバクラの世界においても、キャバ嬢はお客様から指名をもらうためにクロージングをかける必要があります。

ある程度会話が弾んでいい感じになったら、必ずクロージングをかけましょう。

フリーでお客様についている時間はお店によっても異なりますが、大抵15~20分と言ったところです。

チェンジのコールがきてからクロージングをかけても遅いです。

あらかじめ、自分で時間を計算しておいて、チェンジをかけられる前にクロージングをかけなければなりません。

会話方法

お店によって、フリーでの場内指名を奨励しているお店と、フリーでは場内指名を極力もらわないようにし、次回来店時に指名をもらうように指導しているところがあります。

お客様の立場でいえば、できるだけ多くのキャバ嬢と話して、その中で一番気に入った子を指名したいものですから、後者のシステムの方が都合がいいでしょう。

しかし、多くのキャバ嬢と話せば話すほど迷ってしまい、挙句の果てには「他のお店にはもっといいキャバ嬢がいるかも」と思ってしまう優柔不断な男性が多いのも事実です。

どちらのシステムを採用するかはお店の経営方針であるため、どちらがよいとは言えません。

ただ、あなたのお店の方針がどちらであっても、指名をもらうためにはクロージングをかけることは大切です。

場内指名をもらうためのクロージング

会話方法

もしあなたのお店がフリーでの場内指名を奨励しているお店であるならば、できる限り場内指名をしてもらえるようにクロージングをかけます。

それなりにあなたを気に入ってもらえたならば、クロージング次第で指名してもらえることでしょう。

ある程度気に入っているお客様の心理は、

「この子はなかなかいいなぁ。指名しようかな、どうしようかな。でも、もしかしたら次に来る女の子のほうがいいかもしれないし・・・」

といったものです。

会話方法

この場合、思い切って指名したとしても、そのお客様は公開しません。

ところが、指名せずに次の女の子と話してみたら、その子の方が気に入ってしまったと言うことは良くあります。

つまり、あなたがクロージングをかけて指名をもらってしまえば、そのお客様は次の女の子と話す機会はなかったわけです。

しかも、すぐに気に入られるような子ならば人気もおそらく上位の子でしょうから、今後ヘルプで就くこともないでしょう。

キャバクラの世界は競争です。

気に入られてもいないお客様から無理矢理指名をもらうのはどうかと思いますが、それなりに気に入ってもらっているのであれば、指名をもらったキャバ嬢が勝ちです。

では、場内指名をもらうためには、どのようなトークをすればよいのでしょうか。

場内指名をもらうためのクロージングは、さりげないトークを使う方が印象は良いものです。

よくつかわれるクロージングトークは、

「そろそろ呼ばれそうだけど、もう少しここにいてもいい?」

というものです。

会話方法

甘えた目でこう言われれば、その子をある程度気に入っているお客様であれば指名してくれる確率は高いでしょう。

もちろん、それまでの会話の状況次第では、ストレートなトークの方が有効な場合もあります。

例えば、それまで楽しい会話で盛り上がっていた状況であったならば、

「もうそろそろ呼ばれそう。ねえ○○さん、よかったら場内指名してくれない?もうすこしいさせてよ。だって、○○さんと話してると楽しいもん」

といったトークをすれば、自然に指名につながります。

どうしても今日は指名がほしいと言う時は、「今日だけでもいいから指名して」というトークが有効です。

「ねえ、もうそろそろ呼ばれそう。せっかく○○さんに会えたのに、他の席に行くの嫌だな。

わがまま聞いてくれるなら今日だけでもいいから指名してくれない?今度来た時も指名してとは言わないから。

最近変な客さんばかりに当たって滅入ってたの。

○○さんとなら仕事忘れてお話できるから、今日だけでもいいからここにいさせて」

このクロージングで断れる男性はいないでしょう。

会話方法

指名を入れてもらったらとりあえずはこれで時間が稼げます。

その後の接客次第で次回も指名してくれる可能性が出てきます。

控え目な言い回し、ちょっと強引な言い回し、色々あると思います。

是非、自分のキャラクターにあったクロージングトークを身につけましょう。

次回指名をもらうためのクロージング

会話方法

場内指名を奨励していないお店であったり、場内指名を奨励しているお店でもその日は場内指名のクロージングをかけない方が良いと判断される場合には、

次回来店した時に指名してもらえるようにクロージングをかけます。

その日に場内指名のクロージングをかけない方が良い場合というのは、次のようなケースです。

・お客様についた時間が遅く、もうすぐお客様が返る時間になっている

・予算の関係などで、今日は指名をしないとお客様が言っている

・会話の流れでタイミングを逃し、クロージングをかけると雰囲気をこわしてしまう

このようなケースには、場内指名のクロージングは控えたほうが良いでしょう。

しかし、次回指名をもらうためのクロージングは気楽にかけられます。

「今日はありがとう。とても楽しかった!今度来た時はよかったら指名してね」

というトークで十分です。

会話方法

問題は、次回来た時にお客様があなたを覚えているかどうかです。

フリーで付いた時には、1セットあたり3人のキャバ嬢がつきますから、2セットいたお客様ならば6人のキャバ嬢から接客を受けていることになります。

お客様のポケットには6枚の名刺が入っています。

その日はほろ酔い気分で家路につき、「あの子はよかったな」と思っていたとしても、一晩眠って翌朝になると、ちゃんと覚えているとは限りません。

「あれ、どの子だったっけ?」となる可能性は大いにあります。

そのため、特に自分だけ覚えてもらう工夫をする必要があります。

その工夫にはどのようなものがあるのでしょうか。

写真名刺を使う

会話方法

お店によっては写真名刺を奨励しており、お願いすれば一括で作成してくれるところもあります。

料金は高いですが、それなりの効果があります。

お店で作ってくれない場合には、プリクラを貼っておいても同じ効果があります。

チェンジ間際に、名刺の裏の短いメッセージを残す

会話方法

もうすぐ呼ばれそうになった時、渡していた名刺を一旦返してもらい、その裏に短いメッセージを残しておきます。

できれば、会話の中で印象に残った内容を書き添えるとよいでしょう。

そうすれば、後日お客様が名刺を見た時に「ああ、あの話をしていた子だ」と思いだすことができます。

例えば、「今日はとても楽しかったです。今度、お話ししていたおいしいラーメン屋に連れて行ってくださいね」といった感じです。

翌日、サンキューメールをする

会話方法

ついた際にアドレスか携帯の番号を聞いておき、翌日連絡します。

鉄は熱いうちに打てといいます。しかし、その際には来店を促すメールは控えたほうが良いでしょう。

メールの内容としては、

「××(店名)の○○(名前)です。覚えていますか?昨日はありがとう。とても楽しかったです。

久しぶりに仕事を忘れておしゃべりしました。また■■についてお話しましょうね」

といったものです。

このようにメールを送っておくと、

「昨日■■について話したのは私ですよ」

というメッセージを送ることになり、名前を覚えてもらうことができます。

会話方法

お客様のアドレスを聞き出すのに良い方法はないものかと悩んでいるキャバ嬢もいますが、お客様は電話番号とは違ってアドレスは意外とすんなり教えてくれるものです。

どうしても聞きにくいと言う人は、おもしろいチェーンメールを用意しておき、

「おもしろいメールあるから送ってあげるよ。アドレス教えて」

とでも言えば簡単に聞き出すことができるでしょう。

フリーでの会話は、ある程度自分のパターンを作ってしまった方がやりやすいものです。

「導入」「つかみ」「ネタの展開」「クロージング」それぞれのトークを絶えず研究していくようにしましょう。

指名のお客様を虜にする話し方

会話方法

「1日1ネタ」の実行

上記の通り、フリーのお客様であれば、ある程度パターンの中で会話をすることができます。

しかし、指名のお客様をつなぎとめていくためには、どんな話をすればよいかわからないというキャバ嬢もいます。

これは、単純なところに答えがあります。

それは、毎日最低一つは会話のネタを考えるようにすると言うことです。

ネタといっても、どんなことでもいいのです。

「こんな楽しいことがあった」とか「こんなミスをしてしまった」とか、会話にして5~10分程度のネタを考えておきましょう。

会話方法

そうすれば、毎日来店するお客様でも1日1個、3日に1回来店するお客様ならば1回に3日分のネタがあるということになるため、これなら会話に困ることもなくなるでしょう。

大切なのは、来店するたびにお客様を楽しませてあげることです。

そのため、明るくて楽しい話題を用意しておきましょう。

この「1日1ネタ」を実行したうえで、以下に述べる事項を参考にして、指名のお客様との会話をあなたなりに確立していきましょう。

もちろん、レベルの高いキャバ嬢を目指していたり、売上をどんどんあげていきたいならば、

普段から読書をしたり映画鑑賞をしたりして、そういう会話にも柔軟に対応できるようにしておくことが大切です。

フリーで付いた後に初めての指名の場合

会話方法

フリーで付いて、次回の来店時(場内指名をもらった場合を含む)で初めて本指名をもらった後の接客は非常に大切です。

初めて本指名で入ったのに、自分のことを忘れられているのであれば、お客様の立場からしてみれば非常にショックなことです。

これを挽回するのは並大抵の苦労ではありません。

今後よいお客様になってもらえるかどうかは、この初めての本指名の接客次第なのです。

前回どんな会話をしたかを思い出して、その会話からはいるとスムーズですし、お客様は「ちゃんと自分のことを覚えていてくれた」と嬉しくなるものです。

そのためにも、メモを取ることが大切です。

会話方法

例えば、名刺の裏にお客様の容姿、年齢、出身、趣味、身長、何を話高などの簡単なメモを取るようにすることが有効です。

このようにすれば、初めてのお客様が覚えられないと言うことは大幅に少なくなるでしょう。

しかし、印象の薄いお客様や、メールの返信がなく、1ヶ月くらいたってから突然来店してくるようなお客様に関しては、覚えていなくても仕方ない部分もあります。

このような場合には開き直って、とことん覚えていないと言うことをネタにするのも一つの方法です。

意外と会話が盛り上がる場合があります。

ただし、冗談の通じないタイプのお客様では、二度と指名してくれないかもしれません。

冗談の通じないお客様だと判断した場合には、とにかく心から「ごめんなさい」と何度も言いましょう。

その姿が誠実で可愛いと、逆に気に入られることがあります。

2回目、3回目の来店の場合

会話方法

初めての本指名もクリアして、来店が2回目、3回目になると、お客様は本当のあなたを探ろうとしてきます。

お客様がフリーで様々なキャバ嬢と接して、そのなかであえてあなたを指名したのは、多くはインスピレーションからです。

しゃべり方が可愛かった、外見が好みだった、口説けそうな気がしたなどです。

初めての本指名で、お客様は自分の第一印象が正しかったかどうかを確かめています。

そして、自分の思った通りの子だったと判断したからこそ、2回目、3回目の来店と指名をしてくれているわけです。

キャバクラはあなたのお店だけではありません。

あなた以外にもキャバ嬢は何百人もいます。

そういう選択肢が多い中で、あなたが今後お金を払って通う価値がある女性かどうかを探ろうとするのです。

この時期のお客様に関しては、二つの事項に注意しながら会話を進めるようにしましょう。

自分のお客様のなかでは特別な存在であることをアピールする

会話方法

2回目、3回目の来店であれば、あなたも相手のことが少しは分かり始めているはずです。

まずは、とにかくひとつでもいいので、そのお客様のいいところを探すようにします。

そして、そのよいところをほめながら「私のお客さんのなかで、他にそんな人はいない」というトークを使います。

つまり、あなただけは仕事抜きでも付き合っていきたいくらいの魅力があるということを遠回しに伝えていくのです。

自分の仕事(成績)に余裕がある態度を見せる

会話方法

少し悪い言い方をすれば、キャバ嬢にとってお客様は飯のタネです。

しかし、この時期にそのことを悟られてはいけません。

多くのキャストは2回目、3回目の来店になると、すでに常連のお客さんのように錯覚してしまいます。

そして、なんとか延長してもらうように、あるいは次回の来店をとりつけるように営業をかけます。

しかし、この時期のお客様は、上記の通りまだ探りを入れている最中であり、いわば疑心暗鬼の状態です。

そのため、そういうそぶりが見えたとたんに「なんだ、俺はやっぱり飯のタネなのか」と、興ざめしてしまうことも多いものです。

会話方法

したがって、この時期は我慢の時期です。

「ポイントは他のお客様でかせがせてもらうから、あなたは無理しなくていいのよ。来たい時に来てくれればいいの」

という態度で接することです。

そのようにすれば、お客様もあなたがキャバ嬢であることを忘れてしまい、次回もまた指名しようと思うのです。

本格的なお客様になってきたら

会話方法

来店回数がすでに4回を越えて、本格的なお客様になってきたら、お客様は疑似恋愛の域に入っているケースがほとんどです。

会話そのものを楽しむと言うこともありますが、それ以上に、単純にあなたに会いに来ていると言った方が良いでしょう。

ですから極端な話、1セット何も話さずに、横に座っているだけで満足して帰るお客様もいます。

しかし、疑似恋愛は冷めるのも早いものです。

油断していると、いつの間にかお客様は離れることになってしまいます。

そうならないためには、毎回楽しんで帰ってもらうことを心がけなければなりません。

同時に、あなた自身でそのお客様との関係における長期計画を立てる必要があります。

このお客様をどのように育てていくかを考えながら、会話をしていくのです。

会話方法

特に、口説き目的のお客様に対しては、最初のうちは色恋の会話を中心に行い、落ちそうで落ちない女を演じていきます。

そして、少しずつそのお客様を癒し目的のお客様へと変えていくのです。

これが、長期のお客様に育てていくと言うことです。

また、お客様のよいところを見つけて褒めるという努力は、お客様が何回来てくれても続けていく必要があります。

男性というのは、小さなプライドで生きているものです。

自分のいいところ、褒めてもらいたいところを的確に褒められるほど心地いいことはないのです。

このようにして、最初の目的はどうであれ、最終的には口説けなくてもあなたを応援してくれて、お店に通ってくれる、

そういう付き合いができるお客様に育てていけるキャバ嬢が、本当のプロのキャバ嬢であり、ナンバーワンになれるキャバ嬢なのです。

稼げる会話は基本から

会話方法

最後に、ごく基本的な会話の仕方を勉強して終りにしましょう。

基本的な会話の仕方を知らないと、お客様はストレスが溜まってしまい、楽しくない時間を過ごすことになってしまいます。

意外とこの基本ができていないキャバ嬢は多いものです。

最初は大変かもしれませんが、基本を意識した会話を重ねることによって、自然にスムーズな会話ができるようになっていきます。

・基本的な話法

基本的な話法は、以下の二つです。

では、この二つをくわしく見ていきましょう。

YES・BTU法(間接否定法)

会話方法

この話法は、営業の世界では基本中の基本とされているものです。

文字通り、まずは相手の言ったことに対して「YES」で認めたうえで、「しかし(BUT)」と、やんわりと反論していく方法です。

まず、相手がいうこと認めて挙げることによって、相手は「この人は自分のことを理解してくれる人だ」と思います。

その上で反論をしても、「この人は自分のことを理解したうえで言ってくれているんだ」という流れになります。

YES・BUT法を使わずに、相手の言うことを頭から否定してしまっては、議論になりがちです。

お客様はキャバクラに議論をしに来ているわけではありません。

極力、YES・BUT法を使うようにしましょう。

例話法

会話方法

自分の意見をストレートに伝えると、「なんでお前にそんなことをいわれなきゃいけないんだ!」と反感を買う恐れがあります。

そんな時には、有効な第三者の例を出し、やんわりと自分の意見を言う話法を使うと、お客様は案外素直に聞いてくれるものです。これが例話法です。

有効な第三者の例は実際の例であればベストですが、多少の作り話でもOKでしょう。

・お客様の話をさえぎらない

よく、お客様の話をさえぎって、自分でしゃべりはじめてしまうキャバ嬢がいます。

しかし、これではキャバ嬢失格です。

会話方法

お客様がなにかしゃべろうとしているときは、それがどんなにつまらない話でも、何度も聞いた話でも、最後まで聞くことが大切です。

人間はしゃべることによってストレスを発散します。

それを途中でさえぎられると、フラストレーションが溜まってしまうわけです。

話は途中でさえぎらず、最後まで吐き出させてあげることが大切です。

あいづちを打ちながら聞く

会話方法

お客様が話しているときは、適度にあいづちを打ちながら、目をしっかりとみて話を聞くようにしましょう。

キャバ嬢が自分の話を上の空で聞いていると感じると、お客様は白けてしまいます。

難しいのは、お客様の話を聞きながら灰皿を変えたり、水割りを作ったりしなければならないと言うことです。

お客様としては、自分が話している最中にそのような作業をされると、この子は話を聞いていないのではないかと不安になることがあります。

そこで、お客様が話している最中にそういった作業をするときには、

「それでどうなったの?」とか「すごいじゃない!」

といったあいづちを打ちながらすると、相手に不快感を与えることがありません。

会話方法

人の話を聞くのがうまい人は、どんな世界でも生きていく力のある人です。

とくにキャバクラは、普段なら相手をしてくれないだろうと思われる可愛い子に話を聞いてもらえると言うことに対して、高いお金を払っています。

人は自分の話を気持ちよく話すことができ、聞いてもらえるだけで自己重要感が満足させられるものなのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

会話方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • ベテランキャバ嬢に学ぶ、店外デートの上手な断り方7選

  • 営業メール(LINE)はいつ送ればいいの?送るときの注意点って?

  • ワガママ客を育てる大切さ、ヘルプへの理解を求める方法

  • キャバ嬢の名刺ってどんなの?売上が変わるテクニックは?

  • 【断られない】タイプ別に見る、お客への延長のお願い方法

  • 「会話が続かなくて…」そんなキャバ嬢にオススメの会話上達方法