1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. お店選び
  4. キャバクラのシステムと種類

キャバクラのシステムと種類

お店選び キャバクラのシステム キャバクラ雑学 この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラのシステムは、指名から延長まで一つの流れがしっかりと作られています。

それにプラスしてドリンクやフードを注文すると料金が高くなります。

なお、キャバクラには様々な種類があり、同業界に様々な店が出店されています。

利用者も働く女の子も、良く調べてから利用するようにしましょう。

キャバクラのシステム

26456832_m_R

キャバクラを初めて利用するという方は「どのようなシステムになっているのだろう」と思っている方も多いのではないでしょうか。

基本的にシステムに関しては、店によって異なりますが、大まかな枠組み的には、どの店も決まっていることが多いです。

種類によっても異なるので、利用する店の種類や質によっても考えていくことが必要となります。

この記事では、キャバクラ初心者の方に向けて、それぞれのシステムについて紹介します。

まず、普通のキャバクラなどのシステムは、大きな流れを把握するのが分かりやすいです。

26897105_m_R

店の流れとしては、まずは店に入り、女の子を指名(指名しないでフリー席というのもあり)、その後は席で楽しくトークして、時間になると終了となっています。

この流れが基本となるので、まずは女の子とどのように過ごすのかについてしっかりと考えておくと、後々ダラダラしなくて済むかもしれません。

ただ、そんなに難しく考える必要はありません。

そして、知っておきたいシステムとしては、やはりお酒とフードについてです。

基本的にキャバクラでは、女の子に「利用客側が飲ませてあげる・食べさせてあげる」というものとなっています。

だからこそ、自分だけ飲んで相手には飲ませないというのは、有り得ません。

Dollarphotoclub_98752044_R

もちろん相手に水を飲ませて自分はお酒ということもできますが、それだと店からの印象も女の子からの印象も良くないので注意しましょう。

また、女の子によっては物凄く食べる子もいます。

野菜スティックやお菓子、各種料理を食べまくるキャストもいます。

お酒もフードも基本的には1000円から3000円ほどするものがあるので、よく考えて遊ばないと会計の時に驚いてしまうかもしれません。

女の子が一人であれば予算は少なくて済みますが、当然のように女の子は複数人いるので、その子たちにお酒を飲ませると、より料金も高くなっていきます。

AdobeStock_76580772_R

店側はとにかく利用客にお金を使わせたいので、その流れに負けないことも重要かもしれませんね。

当然、楽しむためにはたくさんのお金が必要となります。

予算を自分でしっかりと考え、それによって、どのように遊ぶのかということを考えてみましょう。

システムは特に難しいものはないです。

楽しく遊べばその分お金がかかるし、質素に済ませるのであれば、そこまで高くなるということはありません。

指名などについての基本的なシステムを理解して、楽しむようにすれば自分でコントロールすることも可能ですよ。

キャバクラの種類

キャバクラには様々な種類があります。

基本的には大きな水商売という括りで考えると、とても多くの店があるので、それを知っておくというのも必要です。

これから利用しようと思っている方はもちろん、働こうと思っている方も知っておいて損はないでしょう。

まず知っておきたいのは、水商売の店が非常に多岐にわたるということです。

種類もどんどん増えて、より軽く遊べるものから、よりディープに遊べるものまで増えてきています。

それぞれの店によって特徴があるので、その点も注意しましょう。

AdobeStock_43798774_R

まず、これらの夜の店の種類としては次のようなものがあります。

まずは王道のキャバクラ、近年人気のニュークラ、朝・昼キャバ、ラウンジ、ミニクラブ、高級クラブ、ガールズバー、スナックなどがあります。

それぞれの店によって、楽しみ方は異なりますし、働く女の子の仕事内容も大きく異なります。

店の種類や質によって、さらに変化していくので、ジャンルの多さだけ見てみると業界だけでも物凄い数だと言えるでしょう。

キャバクラには主に激安から高級というジャンル分けができて、さらには朝や昼、夜によって利用の内容も異なることがあります。

18635567_m_R

キャバクラと言えば、夜に利用するという方が多いですが、実は朝や昼に利用する人も多くなっています。

近年は平日休みの方なども増えているので、平日の昼間から利用する人もいるのです。

もちろん、当然のように夜の方が、賑わいがあるし、店としても夜の方が力を入れているところが多いですけどね。

働きたいという方は、それぞれのシフトなどもあるので、自分の働き方に合わせて見付けていくのが良いでしょう。

店によって様々なものがあり、特に大衆店や高級店などによっても分かれるので、自分の働くスタイルによって店を変えて行きましょう。

57117565_m_R

当然大衆店であれば、様々な利用客がいますし、高級店であればエリートなどと出会える確率も高くなります。

何を目的にして働くのかによっても大きく異なります。

利用する側としては、さほど違いもないですが、高い店の方が女の子の質が良かったりします。

ただ、近年は安い店にも可愛い子が多いですし、気軽に楽しめるという店も多くなってきているので、種類をしっかり把握して楽しみたいところですね。

豊富な種類があるからこそ迷うという方は、まずは一般的な店を使ってみて相場やシステムを知ってみるのが良いでしょう。

そうすれば、確実に利用者としてのレベルも上がり、上手に利用できるようになりますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • キャバクラのお値段!基本プランとアフターについて

  • ガールズバーでお仕事したいなら「ガールズバーウォーカー」で探そう!

  • ラウンジの求人とは?応募するなら髪型は気をつけて

  • キャバクラおもしろ話~キャバクラのフードは高い?~

  • いまさら聞けない!スナック形式とクラブ形式の違い

  • モエ?シャンパン?お酒やバーの知識