1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら
キャバクラ求人相談センター

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

キャバ嬢という職業 この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラの仕事をしていると、ネットに嫌な書き込みをされたり、身に覚えのない誹謗中傷をされることがあります。

嫌がらせや誹謗中傷まで行かなくても、いわれのない投稿は消したいですよね。放って置くのは命取りです。

誹謗中傷の怖さと、どうしたら良いのかの対象方法をまとめました。

ネットでの嫌がらせ

キャバクラ嬢というのは大変な仕事です。

特に売れっ子は、他のキャバクラ嬢からねたまれ、ネット上に嫌がらせの投稿をされたりすることも多いです。

「まくらやってる」なんてのは日常茶飯事で、本名などの個人情報をネットにさらされてしまう人もいます。

そのような投稿は一日も早く消す必要があります。

また、ストーカー体質の客に対してまともに相手しなかったら、腹いせにネットに書き込まれたりなどの事例もあります。

キャバクラの仕事にはトラブルが絶えないのです。

 

削除は簡単ではない

一度、インターネット上に書き込みされてしまうと、削除は簡単ではありません。

サイト運営者は、アクセスを増やすことで収入を得ています。

削除というのは、「アクセス減 = 収入減」につながりますので、削除に協力的ではないのです。

複数サイトで嫌がらせをされてしまった場合には、削除するまでには相当な労力が必要です。

ネットの情報の削除は簡単ではないと認識してください。

 

一番まずいのは見て見ぬふり

嫌がらせをされてしまったけど、見るのも嫌だから、そのまま放置しています。

これが一番良くありません。

放置しておくことで、まとめサイト等に引用され、削除対象サイトが増えてしまう事もあります。

赤の他人が、嫌がらせを面白おかしくTwitter等で拡散する可能性もあります。

またウェブサイトは、サーバーから削除しても「cache(キャッシュ)」といって、外部に残っている場合が大半です。

削除されたウェブサイトを、削除後も閲覧できるウエブサービスもあります。

こうして、インターネット上に載っている期間が長ければ長いほど、たくさんのウェブサイトに残ってしまいます。

削除は一刻を争うのです。

 

嫌がらせと戦う勇気を

インターネット上に書かれた自分に対する嫌がらせのメッセージを見るのは誰しも辛いものです。

できれば見たくないのが本音でしょう。

見れば見るほど落ち込み、嫌になり、自暴自棄になります。

そして、投稿者への怒りが倍増していきます。

でも、専門家に頼めば、投稿者を特定して訴えることも可能です。

決して諦めないでください。

まずはネット上から削除して、その後、投稿者の特定などの手段を考えましょう。

今は辛いと思いますが、嫌がらせをされてしまった事実と向き合い、戦う勇気を持ってください。

プロが親身になって相談に乗ってくれます。

 

5ちゃんねるの削除なら業界一早い誹謗中傷ドットネット

https://hibouchushou.net/

 

インターネットの拡散の怖さ

5ちゃんねる等への投稿は、他のまとめサイトに引用され、どんどん広がります。

そしてSNSでどんどん拡散して行きます。

面白い投稿、話題になりそうなネタは特に注意が必要です。

投稿されるサイトが多ければ多いほど、拡散される可能性も高まります。

そして、ウエブの奥深く、簡単な検索では見つからないサイトにまで拡散していきます。

嫌がらせをする本人は、より多くの人の目にさらしたいと考えますので、複数のサイトに投稿します。

インターネットの深いところに、あなたに関係する投稿が一生残り続けるのです。

削除対象サイトが1つなら、自分で削除手続きをやれるかもしれません。

しかし拡散してしまうと数が膨大になるため、サイトの特定ですら容易ではありません。

そうなってしまったら、削除の専門家の力を借りないと難しいでしょう。

 

一生残り続ける怖さ

今あなたは、理由があってキャバクラで働いていると思います。

いつかは引退し、結婚、そして家庭を持つことになるでしょう。

しかし、ギャバ嬢歴が一生残ってしまうのがインターネットです。

それは本当に怖いことです。

キャバクラをやめたとしても、キャバクラ嬢であった過去は消せません。

インターネット上にずっと残っているということは、

  • 彼氏にバレるリスクが常にある
  • 親にバレるリスクが常にある
  • 友人知人にバレるリスクが常にある
  • 会社の上司や同僚にバレるリスクが常にある
  • 結婚しても夫にバレるリスクが常にある
  • 子供が見つけてしまう可能性が常にある

ということなのです。

キャバクラで働いていた過去が、人生の足かせになってしまうことさえあるのです。

 

一日も早く相談を

嫌がらせを受けてしまった人は今すぐ専門家に相談することをお勧めします。

拡散する前に、インターネット上に誹謗中傷を見つけてから相談するまでは早ければ早いほど良いです。

行動に起こせば悩みも解決します。すぐにご相談を。

 

ネットで嫌がらせ、誹謗中傷をされてしまったら

  1. リーズナブルで即日対応の誹謗中傷ドットネット
    5チャンネル削除依頼

    特に5ちゃんねるの削除に強い誹謗中傷ドットネット
    リーズナブルな価格で迅速に削除対応してくれます。
    「他人に見られる前に消す」それにはスピードが重要です。
    相談は無料ですのでお気軽にどうぞ!

    ネットに書かれるのはこんなに怖い 公式サイトへ

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • あるキャバ嬢の体験談~キャバ嬢から支配人へ~

  • お客さんの言葉にしない気持ちを察する方法

  • お客さんは自分と似ているキャバ嬢がお好き

  • キャバクラで成長するための心構え

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢のギモン~来店しないお客さんへのメール~

  • フロアレディの知恵袋!フロアレディとして生きる女性へ

  • ヘアスタイルにドレス、キャバ嬢をするのにかかるお金の実情

  • キャバ嬢の年齢も色々。若いキャバ嬢だけではなくなっている

  • ナンバーワンホステスが派遣されてくる?驚きのビジネス

  • どうしよう!キャバクラのスカウトにあったときの対応方法