1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. コミュニケーション術
  4. 客がストーカーになるのを防ぐ方法
キャバクラ求人相談センター

客がストーカーになるのを防ぐ方法

キャバクラは、男性客がキャバ嬢と疑似恋愛を楽しむという側面が非常に強い場所ですから、客によってはお気に入りのキャバ嬢のことを本気で好きになる人が少なくありません。

客がストーカーになるのを防ぐ方法

Dollarphotoclub_107223095_R

キャバ嬢としても、客から好きになってもらうことによって、より頻繁に通ってもらえて、延長も入りやすくなり、ボトルやフードのおねだりもしやすくなりますから、客から気に入られるように努力するのは当然のことです。

しかし厄介なのはキャバ嬢に対して恋心を抱き、ストーカーになってしまう事があるという事です。

実際に、結婚している客がキャバ嬢を本気で好きになって入れ込んでしまい、好きになる余り結婚したいと思って奥さんと離婚し、婚姻届けを以てキャバ嬢にプロポーズをするために自宅まで来たということを聞いたことがあります。

47122639_m_R

そのキャバ嬢からしてみれば、あくまでも仕事としてやっていただけですから、怖い思いをし、しかも客から身を隠すためにお店も辞めることになってしまいました。

このように、キャバ嬢の仕事は疑似恋愛を売りにしているとはいえ、客がストーカー化しないための工夫をするのはとても大切なことです。

客とのやり取りの中でそれをしていかなければ、ストーカー被害に遭ってしまう可能性があります。

意識的にしっかりと観察していれば、その客がちょっとやばい状態になっているというのはなんとなく察知できるものです。

AdobeStock_90872754_R

例えば、「○○さんって、お兄ちゃんみたいで安心できます」「この前友達がストーカーにつけられて大変だったんだよ」などという事で、ストーカーになりそうな客をけん制することができるでしょう。

そのために注意しておくべきことはいくつかありますが、お金の支払い方には注意しておいてください。

最初はカードで支払っていた客が、現金払いしかしなくなったならば注意です。

なぜならば、おそらくその客はキャバクラでお金を使いすぎた結果、クレジットカードの支払いを遅延するなどしてカードを止められてしまい、それでもキャバクラに行きたいがために消費者金融などでお金を借りて遊びに来ている可能性が高いからです。

AdobeStock_4643118_R

もし、そのような注意によって客がストーカーになりそうだと感じたならば、会話に自分のプライベートな情報を含まないように気を付けましょう。

特に、住んでいる場所を言うのはNGで、それを言ってしまうと上述のキャバ嬢のように家までつけられることがあるかもしれません。

そのためにも、住んでいるエリアを聞かれたときには友達の住んでいる地域を想定して話すと良いでしょう。

そうすれば、話が食い違うことを防ぐことができます。

Dollarphotoclub_102713134_R

接客の中でストーカー対策ができていれば、あまり問題ありませんが、お店が終わってからの帰り道にも気を付けましょう。

もしお店に送迎のシステムがあるならば是非利用してください。

そうすれば、ストーカー客に付けられてしまうこともなくなります。

AdobeStock_92788704_R

もし電車で帰る時、お店の前で客が待っていて一緒に帰ろうなどと言ってきた場合には、「この後、お店の人とミーティングがあるんです」などと言い、一緒に変えることは避けましょう。

客がしつこくて一緒に帰ることになれば、一駅ずらして下車するなどの工夫も効果的です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • お客さんの愚痴をプラスに転じるテクニック

  • キャバクラの仕組みの基本まとめ

  • ネガティブな会話をポジティブな会話に変えるコツ

  • ホステスクラブとキャバクラの違い

関連する記事はこちら

  • 優良店?悪質店?入店する前に要チェック!

  • お客さんから根強い支持を受けるキャバ嬢がやっていること

  • 客と無難なこと話す大切さ

  • キャバクラ店の店格と客層の関係を考える

  • 「基本の基本」キャバ嬢の営業術

  • 会話に困るお客さんのパターン別対処法④自分以外が盛り上がっている