1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. LINE・メール
  4. 思わずお店に行きたくなるメールってどんなメール?
キャバクラ求人相談センター

思わずお店に行きたくなるメールってどんなメール?

客に送るメールには、営業メールとフォローメールがあります。

営業ばかりでは嫌われますし、フォローメールでは来店につなげることができません。

キャバクラ求人相談センター

営業メールばかりでは客は逃げていく

キャバ嬢としては、来店してもらわないことには成績を上げることができないため、営業メールを中心に送りたいことでしょう。

実際、そのようなキャバ嬢も少なくありません。

しかし、客はキャバクラで疑似恋愛を楽しんでいます。

お気に入りのキャバ嬢は疑似恋愛の対象であり、営業メールばかりでは「やっぱり俺は所詮客なのかな」と恋心が冷めてしまうのです。

そうならないためにも、普段は営業を匂わせることなく、何気ない世間話をして会話を楽しみ、時間とお金に余裕がある時は積極的にお店に足を運んでくれるようにすべきです。

彼氏に送るような内容を心がける

フォローメールで世間話をするとは言っても、いったいどのような内容を送ればいいのかわからない人もいることでしょう。

しかし、フォローメールは決して難しいものではありません。

そもそも、フォローメールとは客が自分のことを忘れてしまわないように送るものです。

来店を促すのではなく、普段あなたが考えていることやその日にあったことを送るだけでいいのです。

いうなれば、月に2回しか来店しない客を「仕事が忙しくて月に2回しか会えない彼氏」のようにとらえてメールするのです。

そのような彼氏にメールする時には、その日にあったことや、気になったことをメールするでしょう。

それでいいのです。

それぞれの指名客に対して色々なメールを送っていると大変であるため、フォローメールは全員に同じメールをしてもいいでしょう(もちろん、可能な限り一人ひとり違う内容にするに越したことはありません)。

もし全員に同じ内容を送る時は、その人に特別に送っているのだという演出をするために、「○○さん」と相手の名前を呼びかけることが大切です。

そうすれば、客は「どうせ全員に同じこと言ってんだろ?」と思いにくくなります。

メールは彼氏に送るような内容で送るので、楽しい内容のメールを心がけましょう。

楽しいメールならばコピペでも客は気にしないものです。

もちろん、いつもコピペで送るのではなく、何回かに1回はその人に向けての個別のメール(できれば二人の間だけでしか通じない内容)をするのが効果的です。

 

【激安】キャバドレス、超オススメ通販サイト

  1. 指名が上がる神売れドレス
    dazzyStore

    「服装で場内の指名が上がる!」
    それは紛れもない事実。
    そんな神売れドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. 可愛くエレガントに見せる花柄ドレス
    dazzystore

    可愛くそしてキュート、
    照明が暗めのホールではエレガントに。
    そんな花柄ドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

 

営業メールの本質を知る

営業メールとは、いうまでもなく来店を促すメールです。

普段は上記の通りフォローメールを送って客を繋ぎ留めたり親しみを深めたりしておき、来店してほしいタイミングが訪れたときに営業メールを送ります。

また、付き合いが長くなりかなり親しくなった客に対して営業メールを送る際には、関係性によっては「今日、お店に来てくれない?」と連絡することが許される場合もあるでしょう。

しかし、まだそのような関係を築いていない時期には、さりげなく営業メールを送る必要があります。

そのようなさりげない営業メールとはどのようなものなのでしょうか。

以下に例文を掲載します。

当日来店を促す営業メール

今日、おニューのドレスを着て仕事するよ!かなりお気に入りなんだよ。○○さんの好きな○色だけど、よかったら見に来てほしいな!

今日は○○の香水を付けて出勤するよ。○○さんも好きって言ってたから買っちゃった。きっと気に入ると思うから、よかったら遊びに来て。

今日はお店のイベントで、ちょっときわどいドレスを着た子がいっぱいいるよ。私も着ていくけど、どんなドレスか気にならない?見に来る?

このような営業メールは「来てほしい」ということをストレートに伝えるのではなく、興味をそそる内容に加えてさりげなく営業をかけていることがポイントです。

このようなメールがあれば、男心をくすぐられて行きたくなってしまう男性は多いのです。

ほかにも、色々な変則形があります。

例えば、甘えられる関係にある客に対しては、

○○さん、助けて!今日全然指名がないよ!店長からにらまれてるからすごく気まずいよ!

と言うのです。

これはストレートな営業であるともいえますが、前回の来店から時間が空いている客などであれば「そろそろ行こうと思ってから、行ってあげようかな」となる可能性が高いです。

このほか、私が実際に見て「これは魅力的だな」と感心したメールといえば、

ねえ、面白い話があるんだけど、メールで話すと長くなるからお店に来ない?びっくりする話だよ!

というメールです。

ここで「メールで話すと長くなるなら電話してよ」などと野暮なことを言う客はいないでしょう(もし言うなら良い客とはいえませんね)。

このようなメールを見て何があったのかと気になって来店する人は多いものです。

ひとつ難点があるとすれば、本当にびっくりするような長く楽しい話を用意しているのかという事です。

なんのネタもないままこのような営業をかけてしまうと、即席で考えたつまらない話をしてしまうか、「忘れちゃった」などととぼけるかしかありませんが、びっくりするような話を忘れるはずはありません。

客によっては「指名がなくて困ってたんだろうな。まぁいっか」と流してしまいますが、「拍子抜けした」と感じてしまう客も多いことには注意すべきです。

 

モデル着用のドレスでライバルに差をつける

  1. 藤井リナ、着用ドレス

    あいつに差をつけろ!
    モデルのドレスがあなたを際立たせる。
    藤井リナとのコラボドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. デイジードレスコレクション
    dazzystore

    あの子のドレスもこの子のドレスもデイジー♪
    日本一の品ぞろえだからカブることはありません。
    そして激安¥1,999~

    販売サイトへ

 

期間限定で使える営業メール

上記の営業メールは、当日来店を促すことができる営業メールになります。

もちろん、営業メールは当日来店を促すものだけではありません。

今週の来店を促すものや、近いうちの来店を促すものなどがあります。

今週くらいにお店にこない?お菓子を作ろうと思うんだけど、せっかくなら○○さんにも食べてほしいなと思って。

この前○○に旅行に行ったんだけど、お土産屋さんでかわいいキーホルダー買ったから○○さんの分も買ったよ!近いうちに遊びにおいでよ。

このように、モノで釣るという作戦があります。

客は特に何が欲しいと思っているわけではなく、お気に入りのキャバ嬢が自分のために何かを用意してくれたことを嬉しく思うものですから、あげるものは何でもよいでしょう。

また、せっかく用意してくれたものを受け取りにいかなければ嫌われてしまう、申し訳ないという気持ちからお店に行ってしまうわけです。

他にも、

○○さんのお仕事って金融関係だよね?ちょっと相談したいことがあるんだけど、近いうちに来てくれない?

と相談する方法があります。

相手にも依りますが、相談するということは頼ることであり、多くの男性は頼られれば悪い気はしないものです。

本質的には営業メールですから大した相談はないでしょうが、それで怒る客はいないのであまり気にしなくてよいでしょう。

またこれも

相談したいのはそっちでしょ?なんでこっちがお金払ってお店に行かなきゃいけないの?電話で相談にのるよ。

などと言ってくる野暮な男性はいないので安心して良いでしょう。

久しぶりに来てもらう営業メール

電話帳をざっと見てみて、しばらく来店していない客がいたならば、営業メールを送ってみましょう。

久しぶりに行きたいと思う客は多いものです。

例えば、こんな風に。

もう○○さんとはずっと会ってないね。××の話がまた聞きたくて禁断症状が出てきたよ。久しぶりに顔がみたいな。

また、久しぶりのメールになる場合にはいきなり営業するのではなく、世間話を何通かした後に営業するのが良いでしょう。

久しぶりに○○さんとメールでお話してたら会いたくなっちゃったよ。久しぶりにお店に来てほしいな。

営業をかける見極めは、普段のメールでは一方通行や一往復程度のメールしかない客と何往復かやりとりができたときです。

そのとき、客は久々に会いに行きたいと思っている可能性が高いからです。

そっけない返信であれば、営業が成功する見込みは薄いでしょう。

そのため、このようなメールを送る場合には返信しやすい内容にするべきです。

そろそろ来てほしいなと思ったときに、そのようなメールを送って何往復もやり取りをしておき、その後に営業メールを送ると「たまには行ってみるか」と思わせることができます。

以上のような効果的な営業メールで根本的に重要なことというのは、自然な流れの中での営業を心がけるという事です。

もしくは、営業であると悟ることができるものの、客がハマってしまう内容を心がけなければなりません。

これはキャバクラの営業に限ったことではありませんが、営業の世界では「素直に、抵抗なく、受け入れてもらえる工夫をする」ことが極意とされています。

これを心がけながらメールを送ると、概ね上記のようなスタイルになるのです。

 

キャバドレス日本一の通販サイトdazzy store(デイジーストア)

  1. 指名が上がる神売れドレス¥1,999~

    販売サイトへ

 

営業メールを送るサイクルはどうする?

客に対して営業メールを送るサイクルを考えたことがありますか?

まさかすべての指名客に同じサイクルで送っているというはいないでしょう。

数ヶ月に1回しか来ない客に対して、毎週のようにメールしていては、意味がないどころかうっとうしいと思われるだけです。

逆に、毎週1回は来店する客に週1回だけのメールでは少ないと言えるでしょう。

このように、一人ひとりの客の来店頻度に合わせて適当なサイクルでメールを送る必要があります。

以下のサイクルを目安にするよいでしょう。

  • 週2回以上来店する客→最低週3回以上~毎日メールする
  • 週1回来店する客→最低週2回メールする
  • 月に2回以上来店する客→週1回以上メールする
  • 月1回以上来店する客→月2~3回以上メールする
  • その他→月2回以上メールする

このように、客の来店回数よりメールの回数がいくらか多くなるようなペースでメールするのがポイントです。

また、もちろんのことですが、このようなメールの際には客から「来店してくれという営業メールしか来ない」と思われないような工夫をすることが大切です。

そのためには、普段は世間話を織り交ぜながら疎遠にならないようなメールを送り、指名がとれずに来店してほしいときや、お店が暇になりそうなときなどのポイントになるときに来店を促す営業メールを送るようにしましょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • お店選びに悩んだから体入サポートシステム

  • キャバドレス激安!!オススメ通販サイト

  • 同伴に誘うテクニックをマスターしよう!

  • 思わずお店に行きたくなるメールってどんなメール?

関連する記事はこちら

  • キャバクラ同伴のメリットとは?

  • 営業にLINEを活用してみよう!

  • キャバ嬢のNO.1は毎日の過ごし方で決まる?メール営業のコツ

  • 素人性が好まれるキャバ嬢、どのように素人性を演出している?

  • 稼ぐキャバ嬢の営業メールテンプレート集

  • 接客の基本的な会話をマスターしよう!