顧客とキャバ嬢の大切な関係

指名客とキャバ嬢の関係の本質は何でしょうか。

友人?違います。

恋人?近いですがまだまだ。

疑似恋愛?半分当たり。

そうではなく、指名客とキャバ嬢が何によって結びついているかという事です。

キャバクラ求人相談センター

指名客とキャバ嬢の関係の本質

それは、「好感」と「信頼」です。

一線を引くという事はキャバ嬢と客の間ではもちろんのこと通常のビジネスでも同じことです。

だからこそ、恋愛ではなく疑似恋愛なのです。

腕のあるキャバ嬢ならば友人関係と錯覚させるテクニックを持っています。

そのようなキャバ嬢の手にかかれば、キャバ嬢と客の関係を超えるのはもちろんのこと、男と女の関係さえも超越した仲になれるといいます。

この関係について、ある研究が参考になります。

1985年にオックスフォード大学の心理学者であるマイケル・アーガイルとモニカ・ヘンダーソンが編み出した定義に「基本的かつ普遍的な友情のルール」というものがあります。

大人の女性になるには

この定義においては以下のようなことが含まれます。

  • プライバシーを尊重すること
  • 精神的な支えとなること
  • 信頼関係を大切にすること
  • 自分のほかにも友人がいることに対してヤキモチを焼かないこと

というものです。

この定義は、考えてみるとキャバ嬢と指名客の関係にもそのまま当てはめることができます。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

照らし合わせると以下のようなことが言えます。

  • キャバ嬢が愚痴を聞いたり、励ましてくれることが指名客の精神的な支えになる。
    また逆に、キャバ嬢にとっては指名客が指名してくれることで自分の収入がうるおい、お店のノルマからの解放に繋がり、精神的な支えとなる。
  • 指名客はキャバ嬢が会話の中で漏らした本音やプライベートな話題について秘密を守ることが求められる。
    また、キャバ嬢も指名客のプライバシーを守り、その客との間だけでのネタとする。
  • お互いが疑似恋愛の線を越えることなく、信頼関係を継続していく。
  • 自分以外に同じキャバ嬢を指名する客がいるのは当然のことであり、他の指名客に接客することや同伴・アフターをすることにヤキモチを焼かない。

売れっ子キャバ嬢になれば、フレンドリーな付き合いになることが多いです。

そのように関係を作っていくことによって、どんな客とも友達になるような社交的な性格の持ち主であることが多く、その性格が売れっ子になるにあたってのプラスになっていることがたくさんあります。

嫌な指名客に嫌々ながら接客する場合も、さりげなく「嫌々ながら」の関係の解消に努めていることが多いものです。

普通のキャバ嬢ならば、嫌な客の接客時間は早く終わってほしいとばかり思っているものですから、これが大きな違いと言えるでしょう。

もちろん、生理的にどうしても受け入れられない場合を除きます。

例えば体臭や口臭がひどいとか、スーツにフケがたくさん落ちているとか、とにかくすべてが下品とかいったことです。

しかしそれを除けば、売れっ子キャバ嬢は嫌いな客を好きになるための努力を払っているものです。

キャバクラでは基本的に客が一方的な恋心を向けてくるものですから、嫌悪する心を持っていれば相手もそれを察してしまうことが多いものです。

そこで、できるだけ好き(もちろんloveではなくlikeです)になるろうと努力することによって、サービスの質を高めることができます。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

 

東京23区であなたにピッタリなお店を探してくれるサービス
自分にあったお店がない…どの店が良いのかがわからない…そんなときは体入サポートシステムにおまかせください!具体的な条件をお聞かせいただければLINEですぐ回答します。

 

タイトルとURLをコピーしました