1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 派遣キャバクラで働くためのお酒知識

派遣キャバクラで働くためのお酒知識

キャバ嬢という職業 この記事は約 5 分で読めます。

派遣キャバクラでは、お酒の作り方をしっかりマスターしておくことが重要です。

気軽に働きたいという方が増えている一方、お酒の提供に関しては手順や細かなルールがあるので、その点も理解しておくことが必要です。

派遣キャバクラで働くときは

13382790_m_R

派遣キャバクラで働こうと思っている方も多いかもしれません。

私生活を送っていると、急遽現金が必要になることも多いですし、突発的な支出が重なり経済難になることもあります。

現代の日本は景気が良いとは言えず、普通に働いてもあまり多くの給料を獲得することはできません。

特に女性が社会に参加できるようになってから数十年経過している現代であっても、女性の給料はそこまで高いとは言えません。

そんな中、派遣キャバクラなどで働こうと思っている女性が増加しています。

AdobeStock_72860161_R

「男性客とトークして、楽しくお酒を飲むだけでお金が入ってくる」と思っている女性も多く、気軽な気持ちで働き始める方も多いでしょう。

実際、面接を受けて採用されれば、すぐにでも働くことができるのが、この業界の特徴です。

即日で現金が欲しい場合でも、日給で支払ってくれる店も多いので、比較的柔軟に働くことができます。だからこそ、沢山の女性が応募している状況となっているのでしょう。

とはいっても、「どうやって働けば良いのか」と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

この手の業界の求人は、あまり掲載されていないことも多いし、「そもそも店自体がたくさんあってわからない」という方も多いです。

49309915_m_R

基本的派遣キャバクラなどで働く場合は、良い店に連絡して自分でアポを取ってみる方法が有効です。

これは普通の人はなかなかできないですが、人手不足の店の場合はすぐに面接してくれる可能性があります。

面接に通れば、あとはお酒の知識や接客の知識を身に付け、いよいよ店で働くこととなります。

基本的に求められることが多いので、様々な能力を身に付けておくことが必要です。

面白いトークができたり、褒め上手になったり、お酒をたくさん飲めるようになったりするなど、自分の魅力を発揮していけるようにしましょう。

39926948_m_R

基本的に魅力に関しては、自分で見つけて武器に変えていくことが必要です。

中には「お酒が飲めない」という方や「話が上手じゃない」という方もいますが、基本的にはそういったことは言わない方が良いです。

お酒が飲めないというのは、この業界では致命傷ですし、トークができないのも致命傷です。

「できない」のではなく、「できるようになる」という意思が重要ですね。

そういう意思があれば、まずもって失敗するということは少ないでしょう。

ただ、ストレスも多い職場なので、うまく自分でコントロールして働いて行くことが重要です。

働く上でのお酒知識

22803423_m_R

キャバクラで働く場合は、お酒を作ることも必要となってきます。

利用客の目の前で手際よく作っていくと、プロとしての魅力も発揮できます。

初めて働くという方は、なかなかうまくできないのは当然です。

しかし、利用客にとっては「新人だから仕方ない」ということは通じません。

相手はプロのキャバクラ嬢として見ているので、働く時にはお酒の造り方をしっかりマスターしておきましょう。

ここでは、簡単なお酒の作り方について紹介します。

33801812_m_R

まず注文が多いロックの作り方についてです。

ロックはまずロックグラスに氷を入れ、ステアして冷やします。

グラスが冷えていないとロックとは言えないので、ゆっくりとグラスを冷やしていくようにしましょう。

この時、早く混ぜすぎても良くないし、遅すぎてもダメです。

ゆっくりグラスを冷やすようにすると、余分な水分が出ないので、その分お酒本来の味わいを楽しませてあげることが可能です。

AdobeStock_54349222_R

グラスが冷えたらお酒を注ぎます。

子温時、グラスの3分の1から5分の2の割合で注ぎましょう。

グラスいっぱいに注いでしまうのは良くないので、その点は避けておきましょう。

最後にグラスをゆっくりとステアして、利用客に提供して終了です。

美味しく飲んでもらうために、心遣いを常に持って接客しましょう。

美味しいお酒が作れるキャバクラ嬢になれば、利用する人も何度も通いたくなるはずです。

当然、美味しくないお酒を提供するようになれば、利用客は他の女性キャストのところに流れてしまうので注意しましょう。

14873792_m_R

次に水割りの作り方です。水割りは簡単に見えますが、意外と手順が多いのでしっかりとマスターしておくようにしましょう。

こちらもロック同様にグラスを冷やしておきましょう。

お酒を冷やす時は、氷をステアするのですが、この時ガチャガチャと音を立ててしまわないようにすることが重要です。

その後はお酒を注ぎ、この時に濃いめなのか薄めかを調節していくと良いです。

グラスを再度ステアし、氷を一つ入れ、コースターを利用客の前に提供して終了です。

15843596_m_R

これらのお酒の作り方に関しては、見て覚えるか実際にやってみることで憶えていきます。

フリー席やヘルプの時にも必要となる技術なので、自宅で練習しておくと良いかもしれません。

研修をしてくれる店もありますが、自分でテクニックを身に付けていく心構えも、この業界では必要なものです。

特にお酒を飲みに来るのを楽しみにしている利用客もいるので、しっかりと提供できるようになりましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 銀座ホステスに聞いた!エリートを落とす10のテクニック

  • クラブでバイトがしたい人に向け!ホステスの仕事の見つけ方

  • キャバ嬢を大公開!みんなが気になる10のデータの平均

  • 18歳ですぐキャバ嬢になる女性が急増!デビューの背景とは

  • スナックのママになるにはどうしたらいいの?

  • 水商売の辞め方と本音