1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 昼のキャバクラ!整形のお誘いには気をつけて!

昼のキャバクラ!整形のお誘いには気をつけて!

キャバ嬢という職業 朝・昼キャバ この記事は約 5 分で読めます。

昼キャバクラは、夜のキャバクラと根本的には変わりません。

学生なども働けることがあり、お酒が飲めなくても大丈夫と言われますが、基本的には夜の店と変わらないので注意しましょう。

また、整形の誘いも結構あるので、安易に誘いに乗らないことが重要です。

昼のキャバクラ!

36163588_m_R

キャバクラと言えば、夜のものだと思われがちですが、近年は昼キャバクラなるものが登場しています。

文字通り昼間でも営業しているキャバクラのことであり、内容としては夜に開店している店と同様なサービスとなっています。

昼間から飲みに来る利用客は少ないものの、お酒好きな客は定期的にやってきます。

また街中となると、昼キャバクラであっても多くの利用客が訪れます。

当然、サービスは夜と同様に接客することが必要になるので、その点は勘違いしない方が良いですね。

18635567_m_R

店では「お酒を飲めなくても大丈夫」という名目で募集をかけているところもありますが、昼キャバクラであっても飲まなければならない雰囲気もあります。

利用客に「飲みなよ」と言われれば、当然のように飲まなくてはなりません。

もちろん断ることもできますが、なかなか空気的に断るのは難しいこともありますよ。

だからこそ、お酒が飲めないという方は「昼キャバクラだから安心」ということは言えないのです。

57328636_m_R

また、中にはアフターを狙いでやってくる利用客の方も多いです。

夜とは異なり、昼の場合は「この後時間あるでしょ」と言われることも多いです。

「仕事ですから」と言っても「夜の子と交代すれば良いじゃない」と積極的に誘ってくる利用客もいます。

夜の場合は「次の日に予定があるので」という感じで断ることも可能ですが、昼はなかなか断る理由がないというのも注意しておきたいものだと言えますね。

どうしても断りたい時は、言い訳を考えておくことも必要です。

43716366_m_R

また、昼だからといって服装を油断することは当然できません。

ドレスをしっかり来て、夜と同様に仕事をしなくてはなりません。

ドレスに関しては、店でレンタルすることもできるので困るということはないです。

メイクに関しても、基本的には店や美容院でやってもらうことができるので、心配する必要はありません。

ただ、どちらも費用がかかるので、自分で調達したり、自分でメイクしたりした方が良いです。

39986430_m_R

昼キャバクラと聞くと「昼なら少し気楽に仕事ができそうだな」と思う方も多いですが、夜とは対して変わりません。

もちろん給料に関してもしっかり獲得できるので、自分が働きたい時間帯に合わせて決めていきましょう。

昼の方が若干雰囲気もライトで、お酒で泥酔する利用客も少ないので、安全と言えば安全かもしれません。

その他は特に昼夜で変わるということはないので、無駄に心配したり、逆に楽観する必要もないです。

整形のお誘いには気をつけて!

47801703_m_R

キャバクラで働くためには、やはりある程度顔が美人だったり、可愛かったりしなくてはなりません。

なぜなら、可愛い方や綺麗な方はその分指名が入るからです。

本指名もありますし、場内指名も獲得率が高くなるので、顔が整っている方が評価も高いです。

また、店全体の女性キャストの質にも影響してくるので、「あの店は可愛い子が揃っている」と思われるためにも、店は美人を採用する傾向が強いです。

この手の業界は、いわば顔が命ですから、性格に関してはあまり重要視されません。

大切なのは顔です。

49345594_m_R

そういうこともあり、中には整形の誘いを受けることもあります。

キャバクラ嬢として働くため、綺麗な顔を手に入れようと気軽に整形を始めてしまう方もいます。

「お金も入ってくるし、綺麗になれるなら良いか」と簡単に決めてしまうこともありますが、誘いに関しては十分注意して下さい。

他のキャストから誘われて、一緒に整形したという方も中にはいます。

しかし、多くの場合が整形したという罪悪感のようなものを感じることがありますし、費用も決して安くありません。

Dollarphotoclub_73469560_R

稼げるから良いという方であっても、美容整形は自由診療となるため保険が適用されないのです。

つまり、高額な治療費や施術費に関しては、全て自己負担になります。

そう考えると、決してコストパフォーマンスが良いとはいえませんね。

自分の顔でどうしても変えたいパーツがあるという場合は良いですが、そこまで気にしていないのであれば、無理に整形する必要はありません。

AdobeStock_89752271_R

ただ、女性職場ということもあり、やはりそういう誘いは多いです。

女性の仲間意識というのは怖いもので、誰かが「やってみる」と言うと断れない雰囲気になり、みんな「それじゃあやってみようか」という流れになることもあります。

特にその時の場の雰囲気で、ノリで決めてしまう方もいて、後で後悔するということもあるのです。

整形が悪いとは言いませんが、顔を変えるということはもっと慎重に決めるべきです。

40152766_m_R

上手な断り方としては、「私は今の顔に満足している」というのが効果的です。

「顔を変える必要がない」ということを伝えておけば、誘われることも少なくなります。

もちろんそれは主観によるものなので、時には心無い言葉をかけられるかもしれません。

そういった時は、あまり深く考えずに、とりあえず断っておきましょう。

美人の評価が高い業界ではあるものの、顔が全てではありません。

自分の顔を大切にしてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 月100万over!こんな稼げるキャバクラの給与システムとは?

  • よく聞くウワサ!キャバ嬢の枕営業の実態に迫る

  • お水のお仕事、お店選びをする前に確認しておきたいこと

  • ヘアスタイルにドレス、キャバ嬢をするのにかかるお金の実情

  • どうしよう!キャバクラのスカウトにあったときの対応方法

  • スナックの現実。身を切るように節約しているお店も?