1. TOP
  2. キャバ嬢のスタイル
  3. あなたに似合うのはどのドレス?キャバ嬢のドレスを徹底紹介!
キャバクラ求人相談センター

あなたに似合うのはどのドレス?キャバ嬢のドレスを徹底紹介!

キャバ嬢のスタイル 服装 この記事は約 17 分で読めます。

キャバ嬢は、ドレスを着て勤務しています。

ドレスをには色々な種類があり、かわいいドレス、セクシーなドレス、上品なドレスなど色々なドレスがあります。

キャバ嬢として売れるためには、自分に似合うドレスを正しく選ぶことや、イベントで着る勝負ドレスとを正しく選ぶことなどが、案外大切なことなのです。

本稿では、自分に似合うドレスを選んで強みとするために、ドレスの特徴を解説していきます。

キャバクラ求人相談センター

シルエットで選ぶ

キャバクラで働くための必需品は、何と言ってもドレスです。

毎日同じドレスを着て出勤するわけにはいきませんから、複数のドレスを用意しておく必要があります。

しかし、いざキャバ嬢になるとなったとき、ドレス選びには迷うものです。

キャバ嬢が着るドレスには色々なデザインがあるため、自分に似合うドレスを選ぶのが難しいのです。

自分に似合うドレスを選ぶために重要なのは、それぞれのドレスのシルエットを知ることです。

シルエットとはそのドレスが持つ型のことであり、スカートのボリューム、丈の長さ、首回りなどの要素によって作られています。

基本的なシルエットを知れば、自分に似合いそうなドレスも見えてくると思います。

では、色々なシルエットを見ていきましょう!

タイトミニドレス

タイトミニドレスとは、キャバ嬢のドレスの定番とも言えるものです。

体のラインに沿ったタイトなシルエットで、丈も短めです。

脚の露出が多いドレスですから、脚に自信があるキャバ嬢はこのドレスによってセクシーさをアピールすることができます。

キャバ嬢の定番ドレスですから、最初の一着をどれにするか迷っているならばタイトミニドレスにしておくのが無難でしょう。

どのお店にも合わせられるシンプルなデザインを選んでおけば、お店を移ってからも着こなすことができますし、色々なお店で働く派遣キャバ嬢にも向いています。

無難さから選ぶならば、黒色を禁止しているお店もあるため、明るめの色を選ぶのがポイントです。

また、記事が薄いものは下着のラインが見えてしまうことがありますが、ショームレスショーツで対処が可能です。

使い分けとしては、若さをアピールしたいならばパステルカラーで女の子らしさを演出したり、花柄でガーリーなものもよいでしょう。

セクシーさをアピールしたいならば、トップの露出は控えめにして脚で魅せ、カラーは落ちついたものがベターです。

タイトミニドレスをはじめとしたミニのドレスでは、脚を長く見せることができるため、その効果を狙いたいキャバ嬢にオススメです。

もちろん、脚が自慢というキャバ嬢や、お尻に自信があるキャバ嬢にも最適なシルエットと言えます。

背の高いキャバ嬢がタイトミニドレスを着ると、かなりセクシーに見えるのですが、そのために浮いてしまうこともあります。

そのため、他のキャバ嬢のドレスの着こなしによっては、タイトミニドレスは避けた方が良い場合もあります。

また、このドレスは基本的に丈が短いものですから、実物を見て、試着した上で決めたいものです。

通販などで購入すると、想像以上に丈が短くて着られないこともあり得ます。

フレアドレス

フレアドレスとはフォーマルなドレスで、結婚式やちょっとお高いレストランなどにも着ていけるようなドレスのことです。

可愛さを演出したいときにはぴったりのドレスですし、胸元からヒップにかけてのシルエットは女性らしさも演出できます。

人気のデザインは、レースやチュールでふんわりとさせたものです。

可愛いイメージを押し出したいならば、ピンクやホワイトのカラーがいいでしょう。

落ち着いた可愛さを見せたい場合には、ブルーやブラックなどの暗めの色を選ぶのがポイントです。

フレアドレスは、お腹やヒップに自信がないキャバ嬢に向いています。

ウエストが絞ってあるため、ウエストを細く見せてメリハリあるボディに見せることができます。

スカート部分がふんわりしているので、ヒップが際立たないのです。

また、背の低いキャバ嬢は、胸のすぐ下から切り替わるデザインのフレアドレスを着ることによって、脚を長く見せる効果があります。

ぺプラムドレス

ぺプラムドレスは、バストの下に切り替えがあり、切り替え部分はふんわりとしたシルエットになっているドレスです。

セクシーさだけではなく可愛さも演出できるドレスです。

セクシーさと可愛さの共演というと少し分かりにくいかもしれませんが、つまり「ちょっとスキがありそうな、色っぽいお姉さん」のイメージです。

そのようなイメージを演出できますから、いつものドレス姿とは違う自分を見せたいときに役立つドレスです。

キャバクラ経営基礎知識

普段は可愛い系のドレスを着ているキャバ嬢が、いきなりセクシー系のドレスを着るとお客さんも戸惑うことがありますが、セクシーさと可愛さのの共演するぺプラムドレスを着ることによって、程よく大人びていつもとは違う魅力をみせることができます。

程よいギャップの虜になるお客さんも出てくるかもしれません。

お嬢様系やお姉様系を目指しているキャバ嬢には、ぺプラムドレスがおすすめです。

上記のフレアドレスは可愛さ全開のドレスですが、それはちょっと苦手というキャバ嬢も多いものです。

キャバクラ経営基礎知識

しかし、可愛い要素も欲しいという場合には、ぺプラムドレスを着てみてはいかがでしょうか。

また、ウエストが気になるちょいぽちゃのキャバ嬢にもおすすめです。

バストの下を締めてウエストはふんわりとさせたシルエットですから、ぽっちゃりならではの豊かなバストを強調しながら、ウエストもカバーすることができます。

ロングドレス

ロングドレスは、その名の通り丈の長いドレスであり、バストから下は一直線なシルエットとなっています。

バストから下をふんわりとした素材で可愛くしたものや、しっとりとした素材でゴージャスに見せたものなど、色々なデザインがあります。

ロングドレスの特徴は、何と言っても露出が少ないことです。

そのため、元々セクシーさが強いキャバ嬢がそれを抑えるために着ることができます。

また、お客さんはお気に入りのキャバ嬢を独占したい、セクシーな姿を他の男に見せたくないと思っていることが少なくありません。

そのようなお客さんにとっては、露出の少ないロングドレスを着ることによって、欲求を叶えてあげることができるでしょう。

この他、女の子の日だから肌を露出したくないということもあると思いますが、そのようなときにはロングドレスが役立ちます。

一枚持っていれば活躍してくれるはずです。

露出が少なすぎるから物足りないと思っている場合には、背中が開いたデザインなどを着ればセクシーさを演出することができます。

ロングドレスは、露出を避けたいキャバ嬢におすすめです。

露出が好きではない、露出をすると妙にお触りに遭う、肌に自信がない、脚に自信がないなどといったキャバ嬢は、ロングドレスで肌や脚を隠してしまいましょう。

また、いつも高いヒールを履いて入れば足が痛くなることもあるでしょうが、ロングドレスならば低いヒールを隠すこともできますから、そんな使い方ができることも知っておきましょう。

 

【激安】キャバドレス、超オススメ通販サイト

  1. 指名が上がる神売れドレス
    dazzyStore

    「服装で場内の指名が上がる!」
    それは紛れもない事実。
    そんな神売れドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. 可愛くエレガントに見せる花柄ドレス
    dazzystore

    可愛くそしてキュート、
    照明が暗めのホールではエレガントに。
    そんな花柄ドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

 

タイトロングドレス

タイトロングドレスは通常のロングドレスとは異なり、露出の部分を少なくすることができるだけではなく、ヒップ周りがタイトでピタッとしたシルエットのドレスです。

体のラインを強調することができるため、露出部分を少なくしつつセクシーさも出すことができます。

丈は非常に長く、ひきずるようなドレスもあります。

ゴージャスなのが特徴であり、それを着ているだけでワンランク上のオンナになった気分になれるかもしれません。

タイトロングドレスは、単にセクシーであるだけではなく、セクシーでありながら上品で美しく見えます。

そのため、落ち着いた女性であるとか、聡明な女性といった雰囲気を出すことができます。

背筋を伸ばしていれば、侵し難い「高嶺の花」といった雰囲気になることでしょう。

イベントの日や誕生日にタイトロングドレスを着るようにすれば、特別な印象を持たせることができます。

特別な日に着るときには、ドレスに合わせていつもと違う髪型やメイクを心がけ、上品さを際立たせるのがポイントです。

また、タイトロングドレスは、キャバ嬢のキャラチェンジに役立つドレスです。

例えば、18歳からキャバ嬢を始めた女性が、最初は若さや元気さ、可愛さで売っていたのに対し、20歳になったのを節目に大人の女性にシフトチェンジしたいと考えたとします。

そのようなときには、タイトロングドレスに挑戦して大人の雰囲気を醸し出せば、キャラチェンジに役立つことでしょう。

また、タイトなシルエットですから、ヒップに自信がある女性にも向いています。

身長が低いキャバ嬢は、ヒールを高くしてスタイルアップすることによって、タイトロングドレスが似合うようになると思います。

そのほか、ロングドレスと同様に丈が長いので、足が疲れたときに低いヒールを履き、隠すという使い方もできます。

インナーミニドレス

インナーミニドレスとは、ショートinロングドレスなどとも呼ばれるドレスで、ショート丈のスカートを履き、その周りを囲むようにロングの生地が付いているというデザインです。

もちろん、ショート丈のスカートとロングの生地は違い、ロングの生地がレースのようになっていることによって、ショート丈のスカートが見えるようになっているのが特徴です。

このドレスをはじめ見たとき、私は「スカートの中にスカートってなんか変わってるな〜」と思ったのですが、これにはちゃんと理由がありました。

それは、ショート丈のスカートを履くことで生足を見せるのではなく、そこにロング生地を纏わせることによって、程よいセクシーさを演出するというものです。

生足であればお触りしてくるお客さんもいるでしょうが、ロング生地があるだけでガードが固く見え、触ってこなくなるという傾向もあるようです。

このほか、ロング丈のラインをによって、足が細く・長くみえるという効果もあります。

また、ロングの部分に膨らみのあるデザインでは、可愛さも演出できます。

その他のデザインとして、ストンと落ちるようなラインであれば、キレイ系を演出することになります。

このように、同じインナーミニドレスでも、ロング丈のシルエットによって、色々な使い分けが可能なのです

インナーミニドレスは、脚を見せてセクシーさを演出したいものの、軽く見られたくないと思っているキャバ嬢には向いているでしょう。

また、太ももを出しすぎるとお客さんのエッチな視線が気になるという場合にも、隠すことができるのでおすすめです。

キャバスーツ

キャバスーツとは、キャバ嬢がキャバクラできることができるスーツのことです。

スーツといっても学生が就活用のスーツやOLが着るようなスーツとは異なり、胸元が開いていたり、スカートが短いのが特徴です。

また、インナーはシャツを着るのではなく、タイトキャミを着るのが普通です。

スーツというと、単なる黒や紺の、画一的なデザインしか思い浮かばないかもしれませんが、キャバスーツのデザインは豊富です。

ノーカラーのもの、ツイードのもの、テーラードの襟付きのもの、チェック柄のものなど色々あり、可愛いものも多いです。

ただし、お店によってはドレスに限定しており、スーツの着用は禁止しているお店もあるので注意が必要です。

逆に、全てのキャバ嬢にキャバスーツの着用を義務付けることによって、他のキャバクラ店とは変わった雰囲気を演出しているキャバクラもあります。

キャバスーツの特徴は、何と言っても「大人のエロティック」です。

お客さんの多くは、会社などでもスーツ姿の女性を目にしているため、あまりウケないだろうと思うかもしれません。

しかし、実際にはセクシーさにおいて普通のスーツとは大きな違いがあります。

また、お客さんの中には、女性社員のスーツ姿がもう少し露出していればいいのに・・・なんて思っているエロオヤジもいますから、そのようなお客さんはキャバスーツに鼻の下を伸ばすことでしょう。

したがって、大人のエロスを売りにしたいキャバ嬢にとって、キャバスーツおすすめです。

また、背中や二の腕を露出したくないと思っている人は、キャバスーツならば隠すことができるのでおすすめです。

バンテージドレス

バンテージとは、ボクシングを始めとした格闘技において、拳を保護するために巻きつける包帯のことです。

キャバ嬢のバンテージドレスにも似たような意味があり、包帯が巻きつけられたようなデザインになっています。

海外セレブが発祥となったドレスです。

素材には伸縮性のあるものが使われているため、ボディラインを綺麗に見せながらも、それによって苦しくならないというメリットがあります。

メリハリボディを見せたいけれど、タイトなドレスはずっと着ていると辛いと感じている人にはおすすめです。

また、デコルテが大きく開いているデザインですから、鎖骨から胸元が綺麗に見えます。

ベアトップに飽きた人は、バンテージドレスに挑戦してみると良いかもしれません。

バンテージドレスのデザインにも色々で、他のドレスの要素を合わせたデザインもあります。

その時の流行を取り入れながら着ることができるというのも、バンテージドレスの良いところです。

バンテージドレスではスタイルを強調することができますし、デコルテが開いています。

そのため、全体的に締まりのあるスタイルであり、さらにはバストとお尻に自信があるというようなキャバ嬢ならば、その魅力を大きく発揮することができるでしょう。

 

モデル着用のドレスでライバルに差をつける

  1. 藤井リナ、着用ドレス

    あいつに差をつけろ!
    モデルのドレスがあなたを際立たせる。
    藤井リナとのコラボドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. デイジードレスコレクション
    dazzystore

    あの子のドレスもこの子のドレスもデイジー♪
    日本一の品ぞろえだからカブることはありません。
    そして激安¥1,999~

    販売サイトへ

 

ネックラインで選ぶ

ドレスのシルエットに続き、ネックラインを見ていきましょう。

ネックラインはシルエットと同じくらい大切なものです。

このことは、ドレスに限らず普通の服でもわかると思います。

UネックとVネックでは印象が違いますし、タートルネックなどになるとまた大きく違います。

ドレスも同じで、ネックラインを正しく知ることで、ドレス選びがもっとうまくなるはずです。

ここからは、ネックライン別のドレスの選び方を見ていきましょう。

ベアトップ

ベアトップとは、胸が大きく開いているドレスを指します。

背中と肩と腕も露出するため、このエリアに吹き出物ができたりしないように、入念なケアが求められます。

ベアトップのいいところは、露出しているエリアが広いため、大きめのアクセサリーやチョーカーと合わせやすいということです。

ちなみに、ベアトップを着るときはブラをつけることができないため、乳首を隠すためのニップレスやヌーブラが必需品となります。

ベアトップのドレスのを着るときは、背筋を伸ばして胸を張るのがポイントです。

胸元を露出しながら猫背になっていたのでは、美しいとは言えませんし、せっかく魅力的なバストを持っていても魅力がなくなってしまいます。

ベアトップは、なんといってもセクシーさを演出したいキャバ嬢におすすめです。

ある程度自信がなければデコルテの露出はできないものですが、それをあえて着こなすことによって、お客さんははドキドキすることでしょう。

ただし、ある程度のバストサイズがなければ着こなすことができず、バストが小さい人が着てしまうと逆に小ささが際立ってしまうため、ベアトップはおおすすめできません。

ハイネック

ハイネックとは、普通の洋服におけるハイネックがそうであるように、首元まで布があるドレスのことです。

上品さやかっこよさ、落ち着いた雰囲気などを演出することができます。

デザインも豊富で、長袖のものや半袖のものなどがあります。

露出を減らしたいならば長袖のハイネックドレスがおすすめですが、その代わりにレース生地のものを使うことで控えめになりすぎない、などの工夫も可能です。

ハイネックドレスは、小顔の女性におすすめです。

首元まで布がある場合、顔が大きめの女性ならばそれを強調させてしまうからです。

小顔であることに加えて、キリッとした印象を持たれるキャバ嬢ならば、ハイネックドレスが似合うことでしょう。

ホルターネック

ホルターネックとは、胸元部分の生地とつながっているストラップや紐を首の後ろで結び、固定するドレスのことです。

首の後ろで結ぶときに調節すれば、胸を寄せながら上げることもできます。

そのため、胸を盛れるドレスとしてよく知られています。

ホルターネックには、胸元部分のをレースなどでおおったタイプもあります。

また、背中を大きく開いたデザインが基本なので、色気を出すのに向いています。

ホルターネックは、上記の通り胸を盛ることができるのが特徴です。

したがって、あまりバストサイズがないものの、谷間を作りたいと思っているキャバ嬢は、ホルターネックを着てみると良いでしょう。

また、胸元を隠すデザインもありますから、胸を盛りつつもコンプレックスのある胸元を見られたくない、というキャバ嬢にもおすすめです。

特に、胸元を隠すデザインならば、パットやヌーブラをつけ、さらにそれを持ち上げることによってバストを豊かに見せることもできます。

自分の本来のサイズから考えれば、かなり大きいサイズに見せることもできるのです。

もっとも、このデザインでは背中が大きく開いているのが基本なので、背中の産毛やニキビには十分に注意してください。

アメリカンスリーブ

アメリカンスリーブは、首元まで布があり、肩を大きく出したドレスのことです。

正面から見ると、胸元を覆うタイプのホルターネックと大差ないのですが、ホルターネックでは背中を大きく開いているのに対し、アメリカンスリーブでは背中部分も隠しているという特徴があります。

露出が少ないものの、レース柄などの女性らしいデザインのドレスが多く、大人のセクシーさを演出するのに向いています。

ただし、アメリカンスリーブは着る人を選ぶドレスであるとも言われています。

なぜならば、前後共に布で覆われており、その上で肩を大きく出しているデザインだからです。

肩が華奢で細身のキャバ嬢にはとても似合うのですが、肩幅が広いキャバ嬢が着るとどうしてもゴツい印象になってしまうのです。

そのため、肩幅が広い人はゴツい印象を持たれないためにも、アメリカンスリーブは避けて胸元や背中も開いたドレスを着るのがおすすめです。

華奢な人は、ぜひアメリカンスリープに挑戦して見てください。

 

キャバドレス日本一の通販サイトdazzy store(デイジーストア)

  1. 指名が上がる神売れドレス¥1,999~

    販売サイトへ

 

Vネック

Vネックとは、普通の洋服におけるそれと同様に、胸元をV字に開いたドレスのことです。

胸元を強調するデザインですから、シルエット的にはくびれのあるものとなります。

バストが小さい女性は、胸元が開くVネックを敬遠することが多いのですが、トップスがタイトなものであれば、実際のバストサイズよりも大きく見せる効果がありますから、一回試して見ると案外気に入るかもしれません。

しかし、Vネックを生かせるのはなんといってもバストが豊かな女性です。

Vネックから谷間をのぞかせていれば、多くの男性が魅力的に感じるでしょう。

ただし、いやらしい印象にならないように、メリハリをつけることも忘れずに。

オフショルダー

オフショルダーとおは、肩紐が二の腕にかかるデザインのドレスです。

肩紐は、いつもならば肩の上にかかっていますが、それが二の腕にかかっていることから、見た目的には「ぬいでいる最中」のようになり、他のドレスよりもセクシーさで優れています。

オフショルダーのメリットは何と言っても二の腕を細く見せる効果です。

二の腕のぷにぷにが気になっている女性は多いものですが、そのような女性はオフショルダーがおすすめです。

ワンショルダー

ワンショルダーは、肩紐が左右いずれかの肩のにだけかかっているデザインのドレスです。

肩紐がかかっていない方からはデコルテラインが露出した状態になるため、セクシーな印象となります。

ワンショルダーは、スレンダーな人におすすめです。

数あるドレスの中でも、ワンショルダーはセクシーさではかなり上位にくるデザインですから、スレンダーでセクシーな印象を強めます。

セクシーさといっても「大人なセクシーさ」ですから、30代以上のキャバ嬢の勝負ドレスとして活躍してくれます。

まとめ

キャバクラ経営基礎知識

以上のように、キャバ嬢のドレスには非常にたくさんの種類があります。

新人キャバ嬢が迷ってしまうのも仕方のないことです。

しかし、最初からドレスの特徴を知って次文似合うドレスを選ぶことができれば、似合わないドレスを買ってしまうということがなくなります。

また、自分に似合っているドレスを選べないキャバ嬢よりも上をいくことができますから、是非自分に合うドレスを選んでください。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

似合うドレス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • お店選びに悩んだから体入サポートシステム

  • キャバドレス激安!!オススメ通販サイト

  • 同伴に誘うテクニックをマスターしよう!

  • 思わずお店に行きたくなるメールってどんなメール?

関連する記事はこちら

  • キャバのヘアセットと服装基礎知識

  • キャバドレスやサンダルを通販で揃えよう!初心者におすすめのショップ

  • 安くても大丈夫!キャバドレスで綺麗を磨こう

  • キャバクラの髪型にも流行がある?

  • キャバ嬢におすすめの通販ショップまとめ【ドレス・キャバドレス・ミニドレス】

  • スカウトメールがきた!初めての夜の世界、ヘアメイクはどうしよう?