1. TOP
  2. キャバ嬢のスタイル
  3. キャバ嬢のネイル、まくら営業について

キャバ嬢のネイル、まくら営業について

キャバ嬢のスタイル 枕営業について この記事は約 5 分で読めます。

キャバ嬢は身だしなみがとても重要なお仕事です。

太客を捕まえるためには、ヘアメイクやメイク、ドレス選定などに注意する事はもちろん、ネイルなどにもしっかり気を付ける事が重要になります。

また、太客をゲットする為にまくら営業をしている方もいますが、自己責任で行う事が重要になります。

キャバ嬢のネイルから分かること

AdobeStock_36202596_R

キャバクラで働いている方は、ヘアメイクを自分でやっている方と、お店の近くにある美容室でセットしてもらっている方がいると思いますが、その出来は一目瞭然ではないでしょうか。

もちろんお金がかかりますので、痛い出費にはなると思いますが、その部分をケチってしまうと思うように指名客が付いてくれませんし、指名してくれるようになったお客様も来店周期が長くなってしまう可能性があります。

美容室でセットする場合と自分でセットする場合で大きく異なっているのが、お金の節約が優先か自分が綺麗になりたいという事を優先させるかの違いだと思います。

AdobeStock_25876592_R

お客様を喜ばせる為、売り上げを上げるために毎日必死になって美を追究している人と、それなりに整えておけば良いと思っている方の間には大きな差ができてしまっています。

この意識の差という物は時間が経てば経つほど大きくなっていき、やがて収入の格差にまで繋がっていきます。

ほんの少しの差が後々大きく響く事になりますので、自分のスタイルが確立するまではしっかりとヘアメイクをしてもらう方が無難だと言えます。

次に気を付けたいのがネイルです。

AdobeStock_123320555_R

ネイルはグラスを持ったり、お客様がタバコを吸う時にライターで火を付ける時にも見せる部分ですので手は抜けません。

綺麗に整えられたネイルは指を綺麗に見せるだけでなく、しっかりとした大人の女性を演出してくれます。

逆にネイルの先がボロボロだったり、根本から新しい爪が生えている部分が多く出て来ている場合には、手先が汚い女性は不潔に見えてしまいます。

美容師さんやOLさんで副業としてキャバクラで働いている方の場合には、長さはそれほど伸ばす事ができない場合や、明るく派手目の色を塗れないような場合には、思い切って付け爪をしてしまうという方法もあります。

AdobeStock_80592396_R

最近では爪に負担の少ないアイテムも増えていますので爪が弱い方でも安心して使用する事ができます。

最近のキャバ嬢はヘアメイク、メイクなどと一緒にネイリストの方にお任せでネイルなんかもしてもらう方が増えて来ています。

ネイルサロンを利用する大きなメリットは、爪の下処理をしっかりとしてくれるという点です。

AdobeStock_106092346_R

いかにネイルが上手な方と言っても下地が滅茶苦茶だと綺麗にする事が出来ません。

毎回でなくても構いませんので、定期的にネイルの調子を整える意味でもネイリストのお世話になる事は重要になります。

指先はお客様が以外にチェックしている部分でもありますので、しっかりと手を加えておきましょう。

まくら営業なんてあるの?

AdobeStock_92582546_R

2015年の5月にクラブのママが一人の男性と7年間繰り返し性交渉を行った事で、男性の奥さんから精神的苦痛を受けたと女性に慰謝料400万円を請求されたというニュースが登場し話題になりました。

裁判官は、優良顧客を確保するために要求に応じて性交渉をする営業活動という認識から奥さんの請求を退けた事が連日取り沙汰されましたが、その裁判判決よりも重要な事は、裁判官が「枕営業をする者が少なからずいることは公知の事実だ。」と発言された事にあります。

キャバクラにもまくら営業があるのかと疑問に思った方も多いと思います。

AdobeStock_105299466_R

これはこれからキャバクラに行こうと思っている方も、これからキャバクラで働こうと思っている方にも重要な事になりますのでご説明させて頂きます。

そもそもまくら営業とは、太客と呼ばれる沢山お店でお金を使ってくれるお客様の指名を繋ぎとめたり、まだ指名してくれていない方から指名を取るために性交渉をする事です。

このまくら営業に関してはお店で禁止している所も多く、表向きは禁止されている所がほとんどです。

57328636_m_R

その為、今回の裁判での裁判官の発言が問題になったのですが、過去にまくら営業をしたキャバ嬢がいなかったかというと、決してそういうわけではありません。

していたかも知れないけど、あえて表だっていう事が無かっただけだという事を理解して下さい。

まくら営業の大前提として理解しなければいけないのが、キャバクラというお仕事は風俗では無いと言いう事です。

男性を魅了する仕草やドレスなどを着てはいますが、決して体を売っているのではないという事です。

11477813_m_R

しかし男性のお客様は「これだけ使っているのだから一回くらいはいいでしょ。」と思われる方が多いのが事実です。

お店側からは一応ダメだと言われますが、もし断ってお客様が来なくなってしまったらお店側にも大きなダメージになりますので、何か問題があった時に、店側では禁止していたので責任を取れないと主張するだけで、必死になって否定するような事が無いのが現状です。

原則まくら営業は禁止になっていますので、断る事は簡単です。

43716366_m_R

それによってお客様が離れて行ったとしても仕方の無い事だとあきらめがつきます。

しかし、売り上げをどうしても上げたい、太客を捕まえたいと思ってまくら営業をするのはキャバ嬢としてはひとつの方法である事は否定しません。

もしまくら営業をするような場合には、しっかりと相手を見極めた上で、自己責任で行う事が重要になります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • ドレスの費用相場はいくら?キャバの仕事内容とかかるお金

  • キャバ嬢のエレガントなハーフアップ・ヘアの種類

  • きゃばじょうめいくを習得して面接に挑もう!

  • キャバクラのドレスレンタル基礎知識3選

  • まずは体験入店から!初めてでもわかりやすいキャバドレスの選び方

  • キャバ嬢のヘアスタイル、ドレス素材……お金がかかる理由