ナイトワーク適正診断!

高収入を求める女性にとってナイトワークは非常に魅力的なものです。

それを代表するキャバクラはお客さんの隣に座って接客をします。

ガールズバーの場合はバーテンダーとして働くので、カウンター越しに接客するスタイルです。

【キャバクラ】が向いているのはこんな人

AdobeStock_68598803_R

高収入を求める女性のために人気となっているナイトワークですが、キャバクラやガールズバーなどさまざまなジャンルがあります。

この2つには仕事内容はもちろんのこと、向いているタイプも大きく異なります。

そのため、ナイトワークで高収入を得ようと考えている女性は、キャバクラとガールズバーのどちらに適正があるのかチェックしておきましょう。

キャバクラとは誰もが一度は耳にしたことのあるジャンルでしょう。

実際、全国のあらゆる歓楽街には必ずキャバクラ店が軒を連ねているものです。

AdobeStock_17343792_R

キャバクラ嬢の最大の特徴と言えばゴージャスなドレスと盛ったヘアスタイルでしょう。

これに憧れてキャバクラ嬢を目指す女性も少なくありません。

これまでにマンガやドラマのテーマにも採用されており、女子大生なども気軽に始められるアルバイトとなっています。

キャバクラの接客スタイルはお客さんの隣に座って行うもので、お酒を作ったりタバコに火をつけたりします。

もちろん接客の中心はトークで、お客さんの望む話題で盛り上げましょう。

指名ポイントなどで時給が変化し、ドリンクバックやボトルバックなどが発生します。

お客さんからのボディタッチはありませんし、ランジェリーや水着などドレス以上に薄着になる必要はありません。

AdobeStock_40840219_R

中には酔っ払った弾みでボディタッチをしようとしるお客さんもいますが、そういった場合はボーイを呼んで対応してもらいましょう。

キャバクラは20代の若いサラリーマンから50代60代の年配の男性まで、幅広い年代のお客さんがやって来ます。

中にはクラブ顔負けのゴージャスな高給キャバクラもあります。

キャバクラのお客さんは幅広いものですが、中心はお金を盛った中年男性です。

しっかりと稼ぎたいのであれば、そういったお客さんに好かれる努力をしましょう。

AdobeStock_87985047_R

しかし、お酒の入った中年男性の多くは、セクハラまがいの下ネタを言ってくることがあります。

それでも、嫌な顔をせずに笑顔で対応するスキルが必要です。

そういった年代の男性とのコミュニケーションを得意としているのであれば、しっかりと稼ぐことが出来るでしょう。

さらに、中には政治やビジネスなど難しい話題が上がることもありますが、そういった話題にもついて行かなければなりません。

また、キャバクラは指名が欠かせません。

そのためにはマメなメールが必要です。

AdobeStock_89190713_R

さらに、お酒を飲まなければならないイメージがあるかも知れませんが、そのようなことはありません。

ソフトドリンクだけでもトークを盛り上げることが出来れば、十分に稼ぐことは可能です。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

【ガールズバー】が向いているのはこんな人

AdobeStock_67787467_R

現在ナイトワークで人気となっているのがガールズバーです。

ガールズバーという名前は知っていても、その内容について今ひとつ分からないという女性は多いでしょう。

ガールズバーとはあくまで“バー”ですので、女性はバーテンダーとして働きます。

バーテンダーですのでカウンターの内側に立ってお酒を作り、カウンター越しにお客さんとトークをするというスタイルです。

キャバクラはお客さんの隣に座って接客をするスタイルであることに対し、ガールズバーはカウンターの内側からの接客ですので、お客さんと多少の距離があります。

そのため、ボディタッチをされる心配はありません。

AdobeStock_38425642_R

ガールズバーの女性はバーテンダーではありますが、それほど専門的な接客術やお酒の知識は必要ありません。

ガールズバーは素人っぽさ求められるため、接客未経験や飲食店未経験の女性でも安心して働くことが出来るでしょう。

さらに、キャバクラはゴージャスなドレスや盛ったヘアスタイルが特徴ですが、ガールズバーの場合そのようなスタイルになる必要はありません。

ナチュラルな私服で働くことが可能です。

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

こういった理由からナイトワークビギナーの女性から人気となっています。

さらに、ガールズバーは素人っぽい接客が特徴ですので、料金設定もリーズナブルです。

そのため、20代や30代の若いお客さんが数多く足を運んでいます。

そして、ガールズバーによってはコンセプトを設けており、コスプレで接客をする場合があります。

そのため、コスプレに興味のある女性であれば、そういったコンセプトのガールズバーを探しましょう。

中には露出の大きいコスチュームを売りにするガールズバーもありますので、事前のリサーチは欠かせません。

AdobeStock_88916512_R

もちろん、そういったコスチュームのお店の方が時給は高くなります。

さらに、バーテンダーとしての仕事ですので、お酒が苦手な女性にはあまり向いていませんので注意しましょう。

また、キャバクラの多くはノルマが課せられており、常にそのプレッシャーがあります。

しかし、ガールズバーは基本的にそういったノルマがありません。

そのため、マイペースに仕事が出来るでしょう。

AdobeStock_94787485_R

そして、キャバクラと比較してお客さんの滞在時間が短いので、お客さんが次々と入れ替わります。

そのため、話題も次から次へと変化するので、その変化について行けるようにしましょう。

ガールズバーの時給はキャバクラと比較してやや低めですが、お酒好きであれば楽しく働ける環境です。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

 

ナイトワークの仕事内容と時給相場

AdobeStock_97976135_R

キャバクラやガールズバーなどのナイトワークはそれぞれ時給が異なります。

誰もが高時給を求めてナイトワークを始めるものですので時給は気になるところ。

キャバクラとガールズバーの時給は具体的にどうなっているのでしょうか。

キャバクラはお客さんの隣に着席して接客を行うスタイルですが、こちらの時給は2500円以上となっています。

これはエリアやお店によって異なりますが、平均の時給はこの程度です。

AdobeStock_66694668_R

週5日出勤でガッツリとシフトを入れるタイプもいますが、週末だけシフトを入れるタイプもあります。

後者の場合はOLとダブルワークをしている場合がほとんどです。

オープンからラストまで勤務する必要は無く、終電で上がることも可能ですので女子大生のアルバイトにも適しています。

しかし、一般的なキャバクラ嬢は夜型の生活スタイルになってしまうので注意しましょう。

AdobeStock_93114642_R

キャバクラはガールズバーと比較してしっかりとした接客が求められますが、時給以外に収入をアップさせるチャンスがあります。

代表的なものは指名料でしょう。

お客さんに指名してもらうことで指名バックが発生します。

さらに、ドリンクやボトルを入れてもらうことでもバックが発生するので、おねだり上手になることで収入をアップさせることが出来るでしょう。

ナンバーワンキャバ嬢になるとこれらのバックと時給を合計して、毎月100万円以上の収入にもなります。

しかし、指名客を獲得することは非常に大変で、マメなメールや接客が必要になります。

AdobeStock_49074777_R

さらに、キャバクラ嬢の指名数にはノルマがありますので、それをクリアする必要があります。

そのため、このプレッシャーに耐えるメンタルが必要になるでしょう。

ガールズバーは女性がバーテンダーとして働くナイトワークです。

カウンター越しの接客ですので、キャバクラと比較してソフトな接客と言えるでしょう。

そのため、時給はキャバクラよりも安めの設定で、1500円以上となっています。

ナイトワークとしては安い時給かも知れませんが、居酒屋やコンビニなどのアルバイトよりも高額ですので、お金が必要な女性におすすめのアルバイトです。

AdobeStock_95525021_R

ガールズバーの時給は安めに設定されていますが、キャバクラと異なり指名のノルマがありません。

そのため、ノルマクリアのためにお客さんに営業メールをする必要が無いのです。

プレッシャーを感じずに伸び伸びと仕事をしたいのであれば、キャバクラよりもガールズバーをおすすめします。

 

キャバドレス激安!!オススメ通販サイト
キャバのお仕事に来ていく服、どうしてますか? 実店舗だと高いし、なかなか良いのが見つからない… そんなお悩みをお持ちなら、オススメの通販サイトがあります! キャバドレス通販はdazzystore(デイジーストア)とは? ...

 

タイトルとURLをコピーしました