1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. キャバクラの給料のしくみはどうなっているの?

キャバクラの給料のしくみはどうなっているの?

キャバ給料仕組み

キャバクラで働くキャバ嬢たちは、給料の良さを目当てにキャバ嬢になっていることが非常に多いです。

そんなキャバクラの給料の仕組みはどうなっているのでしょうか。

時給制と歩合制

キャバ給料仕組み

キャバ嬢の給料は、歩合制か時給制かのどちらかに分かれています。

時給制は、説明するまでもなく時間で計算された給料が支払われる制度です。

一方、歩合制は自分の売り上げた金額のうち、規定のパーセンテージで給料が支払われる制度です。

何%を支払うかは、最初に交渉して決めます。

ほとんどのキャバ嬢は、時給制で働いています。

キャバ給料仕組み

時給制にもいくつかのパターンがあります。

時給+バックと、スライド制です。

時給+バックは、決まった時給が毎時間加算されていきます。

それに加えて指名をゲットしたら指名バック、客がドリンクを頼めばドリンクバックなどといったバックがつきます。

相場はお店によって異なりますが、本指名の場合には2000円程度の指名バックが、場内指名の場合には1000円程度の場内指名バックが与えられるのが一般的です。

キャバ給料仕組み

このほかのバックはお店によって違いがありますが、ドリンクバックは数百円、同伴すると同伴バックが1000円、ボトルやフードが注文されたならば価格の10%程度がボトルバックやフードバックとして支払われます。

一つ一つのバックはそれほど大きくはありません。

しかし、一生懸命頑張って本指名・場内指名を取り、営業をかけて同伴し、ドリンクやフードをたくさん注文してもらっていると、1ヶ月経った頃にはかなりまとまった額のバックが得られるようになっています。

キャバ給料仕組み

なにしろ、人気キャバ嬢になると毎月100本以上の指名を獲得するのですから、指名バックだけで毎月20万円にもなるのです。

同伴やドリンク・フードバックもたくさん取り、時給と足すとかなりの給料になります。

もう一つのスライド制とは、指名・同伴・ドリンク・フードなどを獲得するとそれに応じてポイントが加算されていき、合計ポイントに応じて時給が変わっていくというものです。

キャバ給料仕組み

スライド制でも頑張る人気キャバ嬢はたくさんのポイントを獲得して高時給となるので、これもまた多くのお金を手にすることができるようになります。

歩合制は、実力があって高い売り上げを稼ぎ出す自信がある人気キャバ嬢やベテランキャバ嬢などの一部のキャバ嬢が、お店と交渉することで利用しています。

自分にとっては時給制と歩合制のどちらが良いかシミュレーションしてみて、より多く稼げる方を採用するようにしましょう。

キャバクラの時給はどれくらい?

キャバ給料仕組み

キャバ嬢の時給は、一般的な仕事よりも良いものです。

しかし、それでも働き方や働くエリアによってピンキリです。

求人誌の情報によると、最も低い場合の時給でも1500円はもらえるようです。

高い場合には5000円以上という事もあります。

なぜ時給にばらつきがあるのかといえば、最も大きな違いは働く先のキャバクラ店の大きさの問題です。

キャバ給料仕組み

しかし、それだけではなくキャバクラ店のタイプによっても給料はことなり、例えばお色気を含むキャバクラであるセクキャバなどでは、通常のキャバクラ店に比べて時給が高く設定されています。

また、お店のコンセプトが高級店か格安店かによっても異なり、格安店では時給が安くなる傾向があります。

このように、時給はお店によってそれぞれ異なります。

しかし、時給が高いからいい、安いから悪いという風に一概にいう事もできません。

あくまで一般的なキャバクラとして考えると、そのお店があるエリアによって時給を分けることができます。

キャバ給料仕組み

簡単に言うならば、人気エリアでは給料が高くなる傾向があります。

エリアごとの相場を把握しておくのは大切なことで、それを把握しておくことによってお店を選ぶ時の参考になります。

まず、キャバクラが最も栄えている新宿では、新人でも2500~3000円のスタートとなるのが一般的です。

働き始めてからは、成績によって時給が上がっていきます。

キャバ給料仕組み

六本木は華やかなキャバクラ街であり、容姿のレベルが重視されます。

その為、ルックスがいいキャバ嬢はお店が欲しがるため、3000円くらいからのスタートとなることが多いです。

銀座は高級クラブが多くキャバクラは少ないため、2500円くらいからのスタートです。

東京では、新宿・六本木・銀座の3エリアが時給が良くて人気です。

キャバ給料仕組み

このエリア以外では、2000円からのスタートが相場となっています。

地方の繁華街にも触れていきますが、名古屋の栄、大阪の北新地、福岡の中洲などといった繁華街では1800~2000円からスタートということが多いです。

少し安めの設定ですが、やはりこれもお店次第なので高くなることもあります。

スタートの時給が安かったとしても成績次第でしっかりと時給を伸ばすことができます。

キャバ嬢のやる気を奮い立たせる秘密

キャバ給料仕組み

キャバクラ店では、売上を上げるために色々な仕掛けがあります。

客に対する数々のしかけはもちろんのこと、自店で働くキャバ嬢に対しても仕掛けがあります。

それはベストオールとノルマです。

これを使うことでキャバ嬢同士の競争心を煽ることができ、それが売上に繋がるのです。

キャバ給料仕組み

まずベストオールですが、これは在籍する各キャバ嬢の成績に順位をつけて並べた表のことです。

どのお店でもこれを発表しているのが普通です。

普通の職業でも、営業職などでは営業成績を貼り出して競争心を煽っていますが、これがキャバクラ店でも行われているのです。

もっとも、キャバクラは女の世界ですから、営業職に比べてずっと競争は激しくなります。

キャバ給料仕組み

大手のキャバクラになると、300人くらいのキャバ嬢が在籍しています。

そのため、表にするとすごく分厚い表となり、そのような中でランキングが10位くらいまでの人気キャバ嬢にとっては、ベストオールはとても気になるものです。

やる気を煽るのはベストオールだけではありません。

ノルマを課すのもやる気をあおるためです。

煽る

ノルマは様々な物に課せられており、同伴ノルマ、指名ノルマ、売上ノルマ、イベントノルマなど、色々なノルマがあります。

中箱以下のキャバクラでは、ノルマを達成できなかったときは罰金が科せられることもあります。

しかし、大手キャバクラではノルマが達成できなかったからと言って罰金をとられることはあまりありません。

キャバ給料仕組み

未達成のノルマに対して罰金を科してくるお店は、経営理念の根底に「キャバ嬢にいかにお金を払わないか」ということを考えている悪質なお店と考えて問題ありません。

優良店ならば、ノルマを果たせなかったキャバ嬢に対して罰金をとることはなく、せいぜいスライド制の給料制を適用することで対応することと思います。

これは、ノルマを達成できなければ罰金などと厳しくしすぎると逆効果になるからです。

なぜならば、適度なノルマであれば「せっかくノルマになっているんだし、ノルマを達成してお金を稼ごう」と思うのですが、あまりに厳しいと「ノルマって面倒くさいね。そんなお店ならやめちゃおうかな」となってしまうキャバ嬢が多いのです。

キャバ給料仕組み

最近ではマイペースなキャバ嬢が増えており、ベストオールもノルマも気にしないというキャバ嬢が多くなっています。

これには悩まされているお店も多いようです。

キャバクラ店の罰金制度

キャバ給料仕組み

キャバクラ店の中には、上記の通り罰金やペナルティを課しているお店が少なくありません。

これは、キャバ嬢にはデタラメな女性が多いという考え方のもとに作られている規則です。

無断欠勤をすると罰金、出勤予定の当日に欠勤したら罰金、遅刻したら罰金、ミーティングを欠席したら罰金といった具合です。

無断欠勤は2万円、当日欠勤は1万円というように1万円区切りで決められているのが一般的です。

遅刻は10分いくらで罰金が科せられます。

キャバ給料仕組み

10分1000円というのがよくある例です。

遅刻に関しては、キャバ嬢を締め付ける意味での罰金であると同時に、同伴の客が「ちょっとくらい遅刻してもいいじゃん」と一緒にいる時間を伸ばそうとしたときに、「お店に遅れたら罰金なの」という事で、出勤時間を守るためにも役立ちます。

もっとも、同伴をしたキャバ嬢に対しては30分くらいの遅刻ならば大目に見てもらえます。

キャバ給料仕組み

遅れそうなときには罰金制度をうまくかわすため、親しい客に同伴を頼み込むのも良いでしょう。

キャバクラ店は、キャバ嬢をうまくまとめるために罰金制度を設けていますが、これはある程度仕方のないことなのかもしれません。

キャバ嬢はすべてデタラメと考えることには問題がありますが、実際にそのようなキャバ嬢は多いので、罰金がなければお店がうまく回らないこともあるからです。

しかしながら、理不尽な罰金があるなど、締め付けがあまりにも厳しいお店には注意が必要です。

キャバ給料仕組み

そのようなお店では、どうにかしてキャバ嬢に支払うお金を減らそうとしているとも考えられます。

ミーティングに欠席したときに罰金を科しているお店の中には、いかなる理由にせよ欠席したら罰金としているお店もあります。

そのようなお店では、たとえばOLをしているキャバ嬢が「昼の仕事の都合でミーティングにいけません」と相談をしても罰金を取ってくることがあります。

これはもう明らかにおかしなことで、移籍を考えた方が良いレベルです。

ペナルティがあまりにも多いお店には注意しましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

キャバ給料仕組み

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 派遣キャバ嬢として働く!求められる素質とは?

  • ガールズバーとは?キャバクラとの違いって何?

  • 派遣キャバ!バイトより気楽な理由

  • 確定申告どうしてる?水商売の税金マニュアル

  • 18歳ですぐキャバ嬢になる女性が急増!デビューの背景とは

  • 水商売とは?その仕事と種類