1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. LINE・メール
  4. 営業メールで指名率アップ!押さえておきたいポイントは?

営業メールで指名率アップ!押さえておきたいポイントは?

キャバクラでお給料を上げるためには、指名客を沢山ゲットする事が重要になります。

指名客を沢山ゲットするために重要な事は、日々の営業での気遣いはもちろん、営業メールが重要になります。

営業メールもただ送れば良いというわけではありません。

相手の立場にたったメール作成が重要になります。

キャバクラの営業メールの大切さ

AdobeStock_116030376_R

キャバクラは時給以外に指名料などによって直接お給料が変わってくるシステムになっています。

その為、常連さんに来てもらうために営業メールを作成し送ったりします。

営業メールを怠るとお客さん離れが起こってしまう可能性がありますので、なるべくマメに連絡できるような間柄になっておく必要があります。

しかし営業メールと言われても良くわからない方も多いと思いますので、ここでは簡単に営業メールについてご紹介していきます。

39592802_m_R

営業メールでもっとも難しい点は、いかに下心を隠してメールを送るかという事です。

男性の立場に立ってみるとわかりやすいのですが、露骨にお店に来てほしいと書かれたメールを見て、嬉しいと思う方は少ないと思います。

特に営業メールが必要な時期は、月の中頃であり、みんな手持ちが無く、客足が遠のく時期ですので余計に露骨に見えてしまう可能性があります。

営業メールで最も必要な事は普段からマメに連絡を取り合う事です。

9271624_m_R

たまにしかメールをしないのに、久しぶりに来たら露骨な営業メールだとしたらがっかりしてしまいます。

普段から何気ないメールのやりとりをしていて、たまに「今日会いたいな。」などのメールでしたら嫌な顔はしないと思います。

また、日頃メールでやりとりしている中で上がった話題などを振れば盛り上がる事間違いなしですので、なるべく営業メール以外のメールも送る事が重要になります。

また相手に来てもらうためには、言葉使いが重要になります。

17368318_m_R

例えば「今日お店が暇だから来て。」というメールを送ったとします。

これが本音だったとしても、営業メールとしては失格です。

お客さんも人気のお店で楽しみたいのが本音ですから、ヒマな店にわざわざ行きたいと思う方は少ないと思います。

そういった場合には、「お店が忙しいのに私だけヒマなのでヘルプばっかりだよ~。もし時間あったら少しでいいから会いに来て欲しいな。」のようなメールでしたら、嫌な顔はされないと思います。

15843596_m_R

もし、仮にお店に来てくれた時に空いていたとしても、「さっき団体さんが返って一息ついた所だよ。」と言っておけば角は立たないと思います。

営業メールは自分が行動しなくてもできますし、時間のある時に気軽にできる営業ですので、ヒマを見つけてメールを作成する事が重要になります。

最初は上手く行かなくても、回数を重ねて行くにつれて、徐々にメールのクオリティもメールを作成する速度も上がってきますので、続ける事が必要です。

面倒だと思わずにチャレンジする事が売れっ子キャバ嬢になる第一歩になります。

指名率が上がる方法

8806000_m_R

キャバクラというお仕事は、指名客を捕まえる事でお給料が上がって行く仕組みになっています。

逆に言えばどんなに頑張って人気のキャバ嬢のヘルプに入ったとしても、お給料に反映していかないという実力重視のお仕事という事になります。

その為、キャバクラで働いている方は、自分の指名率をアップさせる方法を日々考えたり、他のキャバ嬢を参考にするなどして努力を重ねています。

新規のお客さんを指名客にする事も大事ですが、フリーで何度か入っているお客さんからの指名を勝ち取るのも重要なお仕事です。

39589389_m_R

フリーのお客さんから指名を勝ち取る為に欠かせないのが営業メールという手法になります。

営業メールの最も良い事は、指先と頭だけで営業できるという事です。

電話でしたら、相手が電話を出るまでかけなければいけませんし、声を出す事も必要になりますので、手間も時間もかかってしまいます。

しかし、営業メールでしたら通勤途中の電車の待ち時間や、コンビニでレジに並んでいる時間、出勤前にパックをしている時間などでも簡単に送る事ができます。

42346628_m_R

最近ではスマートフォンなどで綺麗な画像を撮影しておけば話題にも困りませんので、より気軽に集客する事ができるようになりました。

大変便利な営業メールですが、やり方を間違えていると指名率をアップさせるつもりが、マイナスにしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

キャバ嬢の方で営業メールを失敗している事例として多いのが、同じ内容を沢山のお客さんに送っている事です。

AdobeStock_70204600_R

受け取る側も馬鹿ではありませんので、話の前後があっていなかったり、受信したメールの内容に自分の名前が入っていないような場合には、その他大勢に送っていると思われてしまいます。

そうならない為にも、しっかりと一人一人に合わせた内容のメールを作成する事が重要になります。

また、他にも注意したいのがメールを送る時間帯です。

営業メールを送る相手は働いている方がほとんどです。

仕事している時にメールが来たら良い気持ちにならない可能性が高いですし、画面に名前がでたら他の方に遊んでいると誤解をされてしまう可能性もあります。

送る時間帯には十分に注意をする事が必要です。

AdobeStock_36062170_R

指名率を上げるために重要な事は、相手に自分だけが特別を思わせる点と、そろそろ顔を見せに行こうかなと思ってもらう事です。

その為には、男心をくすぐるような文言と一緒に、日頃のメールのやりとりを参考に、相手に会いたくなるような話題を振るのがとても重要になります。

最初は難しくても徐々に出来るようになりますので諦めずにチャレンジしていきましょう。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • デキるキャバ嬢の情報活用術

  • キャバクラ同伴のメリットとは?

  • 稼ぐキャバ嬢の年齢別接客テクニック

  • 稼ぐキャバ嬢の会話での気遣い

  • 社長に可愛がられる接客術

  • モテるキャバ嬢のテクニック集