スカウトされるのはこういう子!キャバクラのスカウトマンのテクニックとは?

歓楽街を歩いている時に、スカウトマンからスカウトされた経験のある女性は多いことでしょう。

それでは、スカウトされる女性にはどういった特徴があるのでしょうか。

何よりルーズなイメージを与える女性はターゲットになります。

キャバクラにスカウトされる人の共通点

AdobeStock_26122170_R

お金を必要としている女性にとって高収入のナイトワークアルバイトは欠かせません。

そのようなナイトワークの定番と言えばキャバクラでしょう。

求人雑誌や求人サイトには必ずナイトワークのコーナーがあり、そこには数多くのキャバクラの求人案件が掲載されています。

キャバクラ嬢を始める定番コースは、こういった媒体から応募をすることです。

そのほかには、ひと足早くキャバクラ嬢として働いている友だちから紹介してもらうこともあります。

それ以外の方法としてスカウトマンからスカウトされるということもあります。

 

それでは、スカウトされる女性とはどういった女性が多いのでしょうか。

歓楽街を歩いているときに、「キャバクラで働いてみませんか?」と声をかけられた経験を持つ女性も多いことでしょう。

声をかけられる女性には特徴があります。

代表的な特徴は“プリン頭”という髪の女性です。

これは金髪にした後にそのまま放置した証拠で、根本だけ黒くなり先の方だけ金髪になっている状態を指します。

これは長い間美容院へ行っていない証拠で、ルーズなイメージを与えてしまいます。

さらに、美容院はお金がかかるものですので、お金に困っているということを表しており、格好のターゲットとなっているのです。

そのため、スカウトが多くて困っているプリン頭の女性がいましたら、すぐに美容院で染め直しましょう。

そのお金がないようでしたら帽子をかぶってください。

 

そのほかに声をかけられやすいポイントとして、声の大きさがあります。

大声で電話をしている女性はそれだけでターゲットになります。

大声で話すということは自己顕示欲が強い証拠ですので、キャバクラのような派手な世界に向いているのです。

 

また、服装も影響を与えています。

派手なファッションはもちろんのこと、ジャージやスウェット姿もターゲットになります。

さらに、中学生が着るようなデザインのTシャツを着ている女性も声をかけられやすくなってしまうのです。

これらのファッションはルーズなイメージを与えるため、言うことを聞いてくれるように感じさせるのです。

 

さらに、歩き方も重要でとなっており、ヒールを履いて急ぎ足で歩いている女性は声をかけづらくなりますが、スニーカーでのんびり歩いていると声をかけられることが多くなります。

また、目的なくキョロキョロ歩いていると声をかけられやすくなるでしょう。

これは上京して間もない地方出身者と思われるので、スカウトなれしていない印象を与えるのです。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

スカウトマンはココを見てます

bsTAN_misadamerudansei_R

歓楽街を歩いていると、スカウトマンからキャバクラのスカウトを受けたことのある女性は多いことでしょう。

スカウトマンとはどういった見た目の女性を狙い、どういった方法でスカウトをして来るのでしょうか。

また、スカウトマンの給料はスカウトするだけでもらえるものではありません。

女性をキャバクラに紹介してキャバクラに入店してもらい、そこで稼いだ金額の一部がバックされるのです。

実際にキャバクラで働いてもらわなければ、もちろん給料はありません。

そのため、ルックスやファッション、仕草はもちろんのこと、お金に困っていそうな女性を見抜く目も持っています。

中には「歓楽街を歩くと必ずスカウトをされてしまうので困っている」という女性もいることでしょう。

そういった女性はこれを参考にして、スカウトをされないようにしてください。

 

スカウトは基本的に無視されることを前提に行っています。

しかし、中には少し声をかけただけで大喜びする女性がいるのです。

こういった女性は声をかけられた経験が乏しいにも関わらず、どこか自分を認めて欲しいと考えている証拠なのです。

そのため、声をかけられたことは本人にとって、「自分を認めてもらえた」ということを意味しています。

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

こういったタイプであれば女性はすぐにキャバクラで働いてくれるでしょう。

そのほかに上京して間もない女性もターゲットになります。

地方から上京をしているという時点で、派手な生活にあこがれをもっているのです。

さらに、地方ではスカウトマンがほとんどいません。

そのため、スカウトに慣れていないのでホイホイとついて行ってしまうのです。

中には上京して間も無く、仕事が決まっていない場合もあります。

こういった女性であればすぐにでもキャバクラで働いてくれるでしょう。

特に4月などの上京シーズンは地方出身者を狙ったスカウトが急増します。

街中でキョロキョロしていると、それだけですぐに地方出身者と判断されてしまいます。

 

また、女性の持ち物にもポイントがあります。

トップブランドのバッグを持っていたとしても、どこか汚れていたり傷みがあったりする場合があるでしょう。

そういった女性はターゲットになってしまいます。

偽ブランドのバッグも同様です。

こういった女性に対して「キャバクラで働けば、もっと高級なバッグが手に入るよ」と声をかけてスカウトをしています。

つまり、どこか隙を感じさせる女性はどうしてもターゲットになるのです。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

 

興味を持ったらキャバ嬢ブログを覗いてみよう

AdobeStock_52741995_R

スカウトマンからのスカウトや求人サイトなどを通して面接を受け、実際にキャバクラ嬢として働くのであれば、どうすることで売れっ子キャバクラ嬢になることが出来るのでしょうか。

これはキャバクラで働こうか迷っている女性も知っておきたいことです。

キャバクラへ遊びに行くのは基本的に男性ばかりですので、そのリアルな部分は女性に分からないもの。

コンビニやファミレスなどスタンダードなアルバイトでしたら、誰もが日常的に利用することから仕事内容もある程度分かります。

しかし、キャバクラですと仕事内容が分かりません。

キャバクラ嬢をテーマにしたマンガやドラマもありますが、それはあくまで大まかな部分でしょう。

そこでオススメしたいのは、キャバクラ嬢のブログのチェックです。

 

現在、多くのキャバクラ嬢がブログやツイッターを利用しており、それらを使って情報を発信しています。

特にツイッターは更新が簡単ですので、1日に何度も投稿することが珍しくありません。

これによってキャバクラ嬢のリアルなライフスタイルが見られるでしょう。

また、実際にキャバクラ嬢として働いている女性にとって、売れっ子キャバクラ嬢の生活は気になるもの。

それを知ることで、自分の仕事ぶりも変わるものです。

特に注目したいのはスキンケア用品やヘアケア用品、コスメなどの情報です。

キャバクラ嬢のブログやツイッターには必ず化粧水やシャンプーなどの話題があります。

これを参考にして自分磨きが出来るのです。

 

さらに、あこがれのキャバクラ嬢に少しでも近づきたいのであれば、実際にインターネットを通してコミュニケーションをとってみましょう。

ツイッターは気軽に投稿が出来ますし、ブログにはコメント機能があります。

これらを通じて使っている化粧水やシャンプー、日頃のボディケアの方法などを聞いてみましょう。

売れっ子キャバクラ嬢はこういった部分にもマメですので、気軽に教えてもらえるでしょう。

あこがれのキャバクラ嬢に近づくには、こういった方法が最も簡単です。

 

さらに、売れっ子キャバクラ嬢になりたいのであれば、ルックスやスタイル以外の部分も必要になります。

それはお客さんとのトークテーマです。

キャバクラへやって来るお客さんは男性ばかりですので、ガールズトークで盛り上がるような話題では喜んでもらえません。

男性に喜ばれるテーマとして、スポーツ、芸能、マンガ、車、ゲーム、ギャンブルなどがありますので、意識してチェックをしましょう。

 

キャバドレス激安!!オススメ通販サイト
キャバのお仕事に来ていく服、どうしてますか? 実店舗だと高いし、なかなか良いのが見つからない… そんなお悩みをお持ちなら、オススメの通販サイトがあります! キャバドレス通販はdazzystore(デイジーストア)とは? ...

 

タイトルとURLをコピーしました