1. TOP
  2. 18歳ですぐキャバ嬢になる女性が急増!デビューの背景とは

18歳ですぐキャバ嬢になる女性が急増!デビューの背景とは

キャバ嬢という職業 この記事は約 13 分で読めます。

一昔前は、18歳でキャバ嬢になる女性の中には、わけありの女性も多かったものです。

しかし、今ではすっかり事情が変わり、18歳になるのを待ってキャバ嬢デビューする女性も増えてきました。

彼女たちは何を考え、またどのような背景があってキャバ嬢デビューしているのでしょうか。

18歳のキャバ嬢たち

キャバ嬢になるためには、一定の条件をクリアする必要があります。

それは、

 

  • 満18歳以上の女性であること
  • 高校生ではないこと

 

というものです。

現在、日本における多くの18歳の女性といえば高校3年生に該当し、高校生は児童福祉法において児童に該当するため、キャバクラを初め風俗やAVで働くことは違法とされています。

そのため、雇用やスカウトすると法的な罰則を受けることになります。

しかし、この条件のとおりたとえ18歳でも高校生ではない場合には働くことができるため、18歳のキャバ嬢は存在します。

本稿で紹介するのは、18歳のキャバ嬢へのインタビューです。

彼女たちは18歳であるということのほかに、歌舞伎町や六本木で働いているキャバ嬢ではなく、地方キャバ嬢であるという事です。

なぜ歌舞伎町や六本木のキャバ嬢でないのかと言えば、それは歌舞伎町や六本木では18歳のキャバ嬢が見つからなかったからです。

このことについて、業界関係者は以下のように説明していました。

歌舞伎町や六本木というと若いキャバ嬢が多いというイメージがあるかもしれませんが、意外と18歳のキャバ嬢はいないんです。

なぜかというと、歌舞伎町や六本木といった激戦区で働くためにはキャバ嬢としての基礎は最低限必要になりますから、まだ経験が浅い18歳のキャバ嬢だと通用しないんですよね。

高級店になると、未経験の素人よりも経験があるキャバ嬢を雇いたいと思うものです。

キャバクラは接客業ですから、あまりにも子供っぽいキャバ嬢はお客さんが楽しめないことも多いんです。

 

歌舞伎町や六本木といえば、一流のキャバ嬢が集まる所であり、18歳でいきなりそこで働くのは難しいという事です。

あるスカウトマンもこのようなことを言っていました。

 

スカウト的には、年齢確認さえしっかりできれば、中卒の18歳とか高校中退の18歳とか全然OKです。

ただ、そういう子は体験入店して1~2日もすると、日払いの日給だけもらってこなくなるってことが多いんですよね。

三日目の出勤に寝坊して、もういいやみたいな。

体験入店だけで辞められちゃうとスカウトバックが発生しませんから、俺たちにとっては使いにくいですよね。

『なんで辞めたの?』って聞いて、もし寝坊だって言われたときは住んでるところから一番近いキャバクラを紹介します。

酔っ払いの相手をするのは嫌とかいう理由なら、酔っ払いの相手をしなくていい、昼間の風俗を紹介することもありますね。

18歳ってキャバ嬢とか風俗嬢の年齢でいえば一番若いですから、ふらふらするのはある程度仕方ないと思わないとやってられませんね。

そこで我慢して、体験入店とかで失敗しながら紹介を続けてると、そのうちどこかの店で働いてくれるようになるもんです。

10代の女の子にはそれくらいで接していないと、スカウトマンも、キャバクラの黒服もやってられませんよ。

 

歌舞伎町や六本木のレベルを求めるのは到底無理であり、責任感や社会性に乏しい18歳のキャバ嬢たちは、体験入店を繰り返しながらいつしかそれなりのキャバ嬢になるということが多いようです。

以上のような理由から、本稿で取材したのは関東の地方キャバクラのキャバ嬢たちです。

高校を卒業してすぐに、あるいは高校に通っておらず18歳でキャバ嬢になりたいと考えている人には、彼女たちのリアルな声が大いに参考になると思います。

18歳キャバ嬢へのインタビュー

誕生日にキャバ嬢デビュー

一人目は横浜で働くM嬢。

キャバ嬢になる前は時給900円の普通のアルバイトをしていましたが、キャバ嬢になった今では毎月20~30万円を稼いでいます。

高校は通信に通ってたんですけど、1年で辞めました。

めんどくさくて。

でも、バイトはずっとしてました。

16歳から大きなスーパーの鮮魚コーナーで働いてたんです。

魚もさばけるし、お店でだす魚料理もそこそこできるから調理師免許をすすめられたりもしたんですけど、キャバ嬢になりたかったから18歳の誕生日に面接に行ってすぐに働き始めました。

キャバ嬢には子供のころからあこがれてました。

8歳年上のお姉ちゃんが、私が小学生のころからキャバ嬢やってて、服をたくさん買ったり、高いバッグとか財布を持ってたり、お小遣いくれたり。

最初は『お姉ちゃんはお金持ちだな~。なんでだろう』って不思議に思ってて、いつしかキャバ嬢やってることがわかって私もなりたいと思いました。

周りの友達は私がキャバやってること知ってますよ。

高校に通ってる友達はまだ働けませんから、早くやりたいっていってますよ。

男の子は引いてるかもしれませんけど(笑)

でも、やっぱり大変なことも多いですね。

変態っぽいお客さんに驚いたり、本気で付き合いたいって言われて困ったり。

まだまだ私は子供で、大人慣れできてません。

優等生からキャバ嬢へ

二人目は埼玉県で働くN嬢。前は日雇いのアルバイトをしていましたが、今は50万円の月収を得ています。

 

高校一年生のときは優等生だったんですよ。

学級委員をやってたし。

毎日学校は楽しんで、真面目にやってました。

でもあるとき転校すると学校が楽しくなくなって、行かなくなったんです。

それで高2のときに退学しました。

転校しなかったら、たぶん普通に卒業して、普通に大学にでも行ってたと思います。

同級生の中には私より早くキャバ嬢になってた子もいたし、ホストになった男の子もいたし、私の周りにはお水の子が多くてキャバ嬢って身近だったんですよね。

テレビの影響もありますよ。

キャバクラドラマとかドキュメンタリーを見て、あんなに稼げるならやってみたいって思って。

今は週6で働いて50万円くらいかな。

お金よりも学歴関係なく頑張っただけ評価してもらえて、それがお金になるのが嬉しいですね。

社会で生きていく力は身に着きますしね。

キャバでお金たくさん稼いで、ネイルのお店を持ちたいです。

毎月80万円稼ぐキャバ嬢

三人目のキャバ嬢は埼玉県で働くK嬢。

前は総菜屋で働いていましたが、今はキャバ嬢になって毎月80万円を稼いでいます。

 

私がいま働いているお店は30店舗くらいあるグループのお店で、キャバ嬢は1000人くらいいるんです。

私、そのお店の新人部門で、売上3位になっちゃいました。

すごいですよね。

18歳って不利なんですけど。

お客さんに年齢言ったら、『本当はまだ高校生じゃん。やばくないの?』って引かれることも多いから。

でも、応援してくれる人も多いです。

私、キャバ嬢は一番やりたくなかったんですよね、いろんな仕事の中でも一番。

地元の先輩からキャバは人間関係が最悪で、いじめとかセクハラとか多いって聞いてたから。

でも、うちは母子家庭で弟もいるし、お金稼がなきゃいけなくて。

それで決心してやってみたら向いてたんですよね。

売上順位が上がるのが楽しい。

今は80万円稼いで、50万円お母さんにあげてます。

夢はいずれ歌舞伎町か六本木に行って、日本一のキャバ嬢になりたいです。

ほかにバイトがなくてキャバ嬢に

四人目のキャバ嬢は、茨城県で働くT嬢。

以前はコンビニで時給700円でアルバイトをしていましたが、今では時給2000円でキャバ嬢をやっています。

 

私、18歳になってまだ1ヶ月です。

キャバ嬢歴も2週間で、友達はまだ高校生なので私がキャバやってるって言ったらびっくりしてました。

でも、ほかに仕事がないんです。

今まではコンビニで時給700円でやってましたけど、時給が低くてやってらんなくて、求人情報みてたらキャバ見つけたのでやってます。

歌舞伎町とか六本木のお店では働きたくないです。

東京は怖いです。

テレビで見たんですけど、東京のキャバ嬢って何十万円もするバッグとかお客さんからもらうじゃないですか。

それ見るといいなとは思うんですけど、やっぱり怖さもあります。

地方じゃ10万円でも大金なのに、何十万円もするのをポンってあげるんですから。

でもこのまえ、お金持ちっぽいお客さんから『免許取ったら車買ってあげる』っていわれました。

これってどうなんですかね。

あぶないですか?

人生計画の一環として

五人目のキャバ嬢は、千葉県で働くR嬢。

現在45万円の月収を稼ぐキャバ嬢です。

 

私、14歳の妹がいるんですけど、私に憧れてるみたいです。

キラキラしててカッコイイって。

頑張ってナンバーワンになってって応援してくれますね。

妹もキャバやりたがってるかというとそうじゃなくて、あの子は地味だし、やりたい気持ちはないみたいです。

私には計画があるんですよ。

まず18歳で地元ですけどキャバ嬢になったでしょ。

今は経験を積んで、20歳には歌舞伎町に進出します。

そして25歳にはナンバーワンになって、27歳で自分のお店を持つんです。

挨拶の心得

とりあえず第一段階のデビューは達成したので。

私は16歳で高校を辞めてるんですけど、それも学校で勉強するより接客業の方が向いてるって思って辞めたんです。

高校の頃より、今の方がずっと勉強してますよ。

新聞も読むしニュースも見て、お客さんと話すときにどんな話題になっても対応できるようにしてます。

自分では年齢のこと気にしてませんけど、若いってだけで喜んでくれるお客さんは多いですね。

『平成生まれか、ジェネレーションギャップがすごいな』って言いながら指名してくれるお客さんも結構います。

まずは地元で頑張ります。

キャバクラは夢がある

上記の通り、18歳のキャバ嬢たちはそれぞれ色々な思いを抱いてキャバ嬢になっています。

そして、地方の子たちの共通の思いは、東京で働くことに不安や怖さ、ハードルの高さを感じて地元でキャバ嬢を始めているという事です。

いつの時代も若い人たちには東京に対する憧れを抱くのかと思いきや、東京が怖いという想いを抱いているのもなんだか意外です。

また、地方の駆け出しのキャバ嬢のレベルはどうかということですが、インタビューを受けたキャバ嬢のすべてにおいて、ルックスがそれなりに高いというのも注目すべき点です。

これは地方のキャバ嬢に言えることなのですが、地方のキャバ嬢はルックスのレベルが大きく落ちると思われがちなのですが、意外とそんなことはないのです。

なぜ地方の18歳のキャバ嬢のレベルがそれなりのレベルを保っているのでしょうか。

あるスカウトマンはこう話します。

 

関東の地方のキャバ嬢、18歳のキャバ嬢は可愛いって言いますけど、逆にいわせれば18とか19の子しかかわいい子はいないんじゃないですかね。

その子たちだって、いずれは歌舞伎町とか六本木で働くはずですよ。

それも、数ヶ月とか遅くても1年くらいで東京に出てくると思います。

なぜかって、そういう子たちって、地方でキャバ嬢やりながら女を磨くわけじゃないですか。

そんな子が東京にただ遊びに来て歩いてたら、俺たちスカウトマンは絶対見逃さないですよ。

声をかけてキャバクラやらないかって聞いたら『地元でやってる』っていうでしょ。

そこで時給とか聞いて、『安いね、東京に来たら今の倍は稼げるよ。今時給2000円?保証時給で4500円出すよ』って。

それで東京に出てくる。

若くて可愛い子はみんな、そうやって地元から歌舞伎町とか六本木に吸い上げられるんです。

 

このほかの共通点といえば、高校中退や中卒の彼女たちが、かなり真面目に働いているという事です。

これは、18歳を迎えるまでは普通のアルバイトをしていた彼女たちが、キャバ嬢になってから収入が一気に上がり、それがモチベーションになったり、手放したくないとかもっと稼ぎたいという思いが出てきたことで、真面目に働いているのでしょう。

キャバ嬢の中には、そういったケースは多いものです。

もともと普通のアルバイトで地道に稼がざるを得なかった女の子がキャバ嬢になり、アルバイトの何倍もの額を稼ぐようになり、それをきっかけにもっともっと稼ぎたいと思って歌舞伎町や六本木に出てくるというケースです。

そう考えれば、インタビュー当時は18歳で数十万円を稼いでいた彼女たちも、今では歌舞伎町や六本木に出てきて、月収100万円以上を稼いでいるかもしれません。

20歳前後の有名人でもない女の子が年収1000万円以上稼げる世界などはキャバクラを除けばほとんどなく、キャバクラには夢があると言っていいでしょう。

キャバクラの世界にはシンデレラ・ストーリーがいくらでも転がっているのです。

若い子にキャバ嬢ブームが起きたわけ

2000年代後半には、18歳のキャバ嬢デビューのパターンには大きな変化が起きました。

その流れは今も受け継がれています。

女の子向けのファッション雑誌『小悪魔ageha』の存在がもたらした変化です。

若い女の子たちの間で「キャバ嬢はキラキラしてかっこいい」というイメージが浸透したのは、完全にこの雑誌の影響です。

当時の発行部数は30万部と言われ、10代の読者を多数獲得していました。

この雑誌はキャバ嬢っぽいファッションのギャルを全面に取り上げた雑誌です。

キャバ嬢の教科書とも言われていました。中学生や高校生の読者も多いことへの配慮から、キャバクラやキャバ嬢という単語は登場しませんが、キャバ嬢のファッションを想定していることは誰もが分かります。

モデルの多くは現役キャバ嬢たちです。

肩書きは「キャバ嬢」ではなく「agehaモデル」としています。

もちろん、読者たちはそのモデルが現役キャバ嬢であることは分かったうえでそう呼んでいます。

実際に、ある大人気agehaモデルは六本木のキャバ嬢であり、10代の子からファンレターがたくさん届き、20代の女性ファンが客としてお店に来ることまであるそうです。

その六本木のagehaモデルはこのように話していました。

雑誌の中で私物を公開するんですけど、それって大体がブランドものの高いバッグとか服、靴、アクセサリーなんですよね。

女の子なら誰もが憧れるものばっかりだけど、キャバ嬢でもなければそんなものばっかり買えないですよ。

だから、キャバ嬢ってキラキラしてかっこいい、自分もそうなりたいって女の子が憧れるのは当然ですよね。

だって、女子高生の憧れる職業のランキングにキャバ嬢がランクインするんですから。

 

彼女が言うのは、毎日新聞に掲載された記事のことです。

15~22歳の若い世代に意識調査をする中で、なりたい職業ベスト11を出したところ、キャバ嬢がそこにランクインしたのです。

その他の意識調査でも、高校生の20%、大学生の21%、社会人の33%がキャバ嬢になりたがっているという分析結果が出ています。

実際、あなたの身の回りでも思い当るところがあるのではないでしょうか。

お金を稼ぐことができ、かっこいいというイメージがあるというだけで、いまやどんな女性でもキャバ嬢になる可能性があります。

そして実際に、18歳のキャバ嬢は増えているのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 夜の仕事の大変な部分をピックアップしてみました

  • この仕草は元キャバ嬢!飲食店で出てしまう水商売経験者のクセ

  • スナックとは?女でも知っておくべきスナックの魅力と遊び方

  • 客がケンカを始めた!その時キャバ嬢はどうする?

  • ぶっちゃけ、キャバ嬢の給料ってどのくらいなの?

  • 他のキャバ嬢から嫌われないために気をつけるポイント