1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. コミュニケーション術
  4. 素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう
キャバクラ求人相談センター

素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう

キャバクラで働くにあたって、キャバ嬢たちには偽のプロフィールを設定することを義務付けられます。

本名、誕生日、住所、同居人、連絡先、職業に対して、事実とは異なる設定を設けておくことで、お客さんに本当の姿を知られないようにするのです。

これがなぜ必須になるのかと言えば、お客さんがキャバ嬢に恋愛感情を抱いた時にトラブルになることを防ぐためです。

架空のプロフィール設定はお客さんと関わっていくにあたって、非常に役立つものなのです。

キャバクラ求人相談センター

なぜお店に来てもらえない?

キャバ嬢は異なるプロフィールの自分を演じることになりますが、具体的にはお客さんとどのような関係を築いていけばいいのでしょうか。

指名をなかなか取れないキャバ嬢はこの悩みを抱くことと思います。

例えば、頑張って場内指名を獲得しても、次の来店につなげることができず、本番指名を中々もらうことができない。

お客さんを呼ばなければならないと考えてメールなどするものの、デートに誘われるばかりで成績につなげられない。

そんなキャバ嬢は多いものです。

このようなキャバ嬢はどこが間違っているのか、どこをどうすればお店に来てもらえるのか、と悩むのですが、顧みると一点の要素が欠けていることが多いことに気づくと思います。

それは、お客さんに自分が一人の女の子である以前に、キャバ嬢であるということを理解させられていないという事です。

キャバ嬢として接客していると、お客さんたちは皆当然のように自分をキャバ嬢であると理解してくれていると思っているかも知れません。

しかし実際にはそうとは限らないのがキャバクラです。

なぜならば、キャバクラで働くキャバ嬢は、クラブで働くホステスとは違って「素人っぽさ」を売りにしているからです。

お客さんはキャバ嬢に「普通の女の子」の部分を求めており、だからこそデートに誘おうとしたり、あわよくばエッチがしたい、彼女にしたいなどと考えるようになるのです。

だからこそ、お客さんの厄介な絡みを回避していくためには、自分がキャバ嬢であることを理解してもらう必要があります。

キャバクラのルール

この答えを知るためには、その前提としてキャバクラの基本的なルールについて簡単に触れておいた方が良いでしょう。

すでにキャバクラのことを熟知している人は斜め読みして構いません。

キャバクラでは成績によって時給が変動するため、多くを稼ぐためにはお客さんに指名、延長、同伴などの様々なアクションを起こしてもらう必要があります。

中でも成績の多くを占めるのは指名ですから、「指名本数=成績」と考えると簡単でしょう。

なぜ指名が時給に直結するのかといえば、指名こそがお店の売上を大きく左右するからです。

指名客がたくさんいれば、お店は安定的に客集めをすることができ、売り上げも高いレベルを維持することができます。

そのため、黒服たちは指名が取れるようにキャバ嬢たちを応援すると同時に、なんらかの圧力をかけることもあります。

圧力は、キャバ嬢に対して営業することを促したり、義務付けたりすることによって生じます。

過剰にプレッシャーをかけると窮屈に感じて辞めてしまうキャバ嬢も出てくるため、黒服はバランスを取りながら圧力をかけていますが、どのキャバ嬢も幾らかのプレッシャーは感じていることでしょう。

高い成績を残せばラクになると思って頑張るキャバ嬢もいますが、なまじ高い成績を残してしまうとそのキャバ嬢にとってはその成績が当たり前となり、いずれはそれよりも高い成績を求められるようになり、果てしなくプレッシャーを感じることになります。

キャバ嬢の成績が悪かった場合には、お店の売上も落ちることになります。

そのため、黒服たちは応援しながらも圧力をかけてくるのです。

それに応えていくためには、やはり適度に指名を取っていかなければならず、そのためには本稿でテーマとしている「素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させること」が必須になってきます。

 

【激安】キャバドレス、超オススメ通販サイト

  1. 指名が上がる神売れドレス
    dazzyStore

    「服装で場内の指名が上がる!」
    それは紛れもない事実。
    そんな神売れドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. 可愛くエレガントに見せる花柄ドレス
    dazzystore

    可愛くそしてキュート、
    照明が暗めのホールではエレガントに。
    そんな花柄ドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

 

接客上の工夫

上記の通り、お客さんはキャバ嬢に対して、クラブのホステスよりも身近な存在という認識を抱いています。

しかし、だからといって普通の女の子アピールばかりしていては、お客さんはお店に来てくれません。

普通の女の子ならば、お店の外で会って当たり前だと思われるからです。

もちろん、キャバ嬢とお客さんの出会いはキャバクラです。

しかし、その後はお店の外でデートをしたがるお客さんは多いものです。

なぜならば、お店に行けば1万円以上のお金をかけて1時間程度しか接することができないのに対し、お店の外ならば一日中遊ぶことができるからです。

それに、黒服たちの目を気にする必要もありません。

だからこそ、お客さんはキャバ嬢をデートに誘う時、こんなことを言います。

ねえ、今度デートしようよ。

キャバクラに行くと場所代もたくさん取られるけど、お店の外なら君に直接お金使えるからそうしたいんだ。

いいよね?

お客さんの主張はもっともなことです。

このようなことを言われれば、断る言葉に窮してしまうことでしょう。

しかし、だからと言ってこのような誘いに応じていたり、無視していたりしたのではキャバ嬢は務まりません。

お客さんのこのような主張はもっともですが、それを分かったうえでお店に来てもらわなければならないのです。

もちろん、ここでデートに応じるなどしてブランド品などを貢いでもらうキャバ嬢もいます。

しかし、そのような裕福なお客さんはほとんどおらず、お客さんはできるだけ貢ぎ物などせずに、キャバ嬢ではなく普通の女の子と普通の恋愛をしたいと思っています。

このような要求を振り切ってお店に来てもらうためには、自分はあくまでもキャバ嬢であるということを認識してもらう必要があります。

しかし、お客さんも馬鹿ではありませんから、簡単には騙されません。

キャバ嬢の態度を見極めようとし、お金目当てであると分かればもうお店に来てはくれません。

お客さんにとって、お金目当てであることを知られることだけは絶対に避けなければなりません。

そのことの好例として、あるキャバクラでの話があります。

そのキャバクラで働く新人キャバ嬢のOは、まだ指名客は少なく、営業も上手ではなかったため、本番指名のお客さんがほとんどいませんでした。

ある日、貴重な本番指名のお客さんの一人に営業をかけたところ、来店してくれると約束してくれていたのですが、開店直前にそのお客さんから「急に用事が入ったからやっぱりいけない」と言われました。

Oは店長に来店予定を伝えた後であったため、驚いて「来てくれると思っていたのに。もうお店に来店予定を伝えたから、来てくれないと困っちゃいます」と返信しました。

すると、お客さんは「君はやっぱりお金が目当てなんだろ。こんなときどんな反応をするか試したんだ。もうお店には行かないからな」と怒りのメールが送られてきて、そのお客さんが二度とお店に来ることはありませんでした。

キャバクラでは、お客さんはお金を支払って疑似恋愛を楽しむ場所です。

お客さんは常に、「この子は俺のことをどう思っているんだ?好きなのか?お金目当てなのか・・・?」と不安を感じているものです。

確かに、キャバ嬢にとってはお金目当てであることは間違いありません。

しかし、そのことを露骨に言うなどと言うことはなく、隠しておく必要があります。

一例として、キャバ嬢はお客さんに対して、以下のようなテクニックを用いています。

大人の女性になるには

  • 自分からはドリンクなどを頼まない
  • お客さんにもボトルを入れてほしいと言わない
  • お客さんがボトルを入れても自分から飲まない
  • 「お水にしとく?お金かかっちゃうから」などと気遣う
  • もちろん、フードなども頼まない
  • 「何か頼んでいいよ」と促されたときには、「これ、安くて量が多いからこれにしよう!」などと言って負担を減らす
  • とにかく楽しいという演出をする(はしゃいで「超楽しい!」と何回も言うなど)

このような演出をしておくと、お客さんはキャバ嬢が成績のためにドリンクやフードをねだってくるものだと思っているからため、お客さんはそのキャバ嬢がお金目当てではないと思い、ハマっていくわけです。

素の部分を武器にする

お客さんに対して普通の女の子であることをアピールするために、キャバ嬢の多くは自分の素の部分を出していこうとします。

それまでは「キャバ嬢としての自分」を強く意識しすぎたために高飛車になっていたキャバ嬢が、もっとリラックスして自分の素の部分を出して行ったところ、お客さんからのウケが良くなったという話はよく聞きます。

例えば、あるキャバ嬢は中途半端に「おしとやか系」を気取っていたものの指名を取ることができず、あがり症の素の自分を出したところお客さんからウケがよかった、というようなことです。このように、素の部分を武器にするキャバ嬢はたくさんいます。

キャバ嬢はプロフィール設定をしてうまくキャラクターを演じていきますが、お客さんによってはプロフィール設定を使わず、ありのままの自分を出していく戦略を採るキャバ嬢もいます。

演技が下手なキャバ嬢がそうする傾向が強く、どこかでボロが出るよりは最初から素の自分を出して置き、そこを気に入ってくれるお客さんを大切にし、長く通ってもらうという戦略です。

キャバ嬢が素の自分を出していけば、お客さんは「騙されているのでは?」という不安を感じにくくなります。

といっても、キャバ嬢が見せる素の部分というのは、もちろん彼女のすべてではありません。

接客をしていくにあたって、お客さんに喜ばれる部分に限って素を出していくのです。

つまり、お客さんに好まれないであろう素の部分は隠されているわけで、それが彼女の本来の姿というわけではないのです。

そのため、素の部分を武器にするベテランキャバ嬢は、お客さんの反応を見ながら徐々に素を出していくことが多いです。

まずは相手の話を聞くことに集中し、タイミングが来たと判断したらお客さんが求める素の部分を出していきます。

お客さんの好みに合わせて調整されたものを出していくことによって、指名を取ることができるのです。

 

モデル着用のドレスでライバルに差をつける

  1. 藤井リナ、着用ドレス

    あいつに差をつけろ!
    モデルのドレスがあなたを際立たせる。
    藤井リナとのコラボドレスが¥1,999~

    販売サイトへ

  2. デイジードレスコレクション
    dazzystore

    あの子のドレスもこの子のドレスもデイジー♪
    日本一の品ぞろえだからカブることはありません。
    そして激安¥1,999~

    販売サイトへ

 

友達営業と色恋営業

キャバ嬢たちは、時に素の部分を出すなどしながら、お客さんの不安を取り除こうと努めています。

つまり、お客さんとある種の信頼関係を築いていこうとするわけですが、そのような営業のスタイルを「友達営業」と言います。

キャバ嬢たちの間では、お客さんと友達のような関係を築けることが理想としていることが多いようです。

友達営業の対極にあるのが色恋営業です。

これは、お客さんに恋愛感情があるかのように見せかけ、お客さんがずるずるとお店に通うように仕向けるというものです。

しかし、色恋営業に肯定的なキャバ嬢はあまりいません。

なぜならば、色恋営業ではお客さんと長く続かないことがほとんどだからです。

このことについて、キャバ嬢たちは以下のように語ります。

私は色恋営業しないし、疑似恋愛もしないです。

最初は疑似恋愛を求めてくるお客さんはいて、確かにそういう人ってお店に来てくれやすいんですよ。

でも、切れやすいんです。

騙されて色恋にハマるお客さんって、どっぷりハマる可能性がありますけど、切れるのも早いですよ。

特に、売れっ子になればなるほど、色恋営業によってお客さんを騙して来店させることを好みません。

彼女たちも、必要に応じて駆け引きとして恋愛感情を匂わせることもありますが、それでは長続きしませんし、恋愛感情が嘘であったことがバレたときのリスクは大きなものとなります。

だからこそ、色恋営業はしたくないと考えているのです。

ベテランになればなるほど、色恋営業のデメリットの大きさを意識しているようです。

一方、男性視点から見れば色恋営業は普通にまかり通っているという実感があります。

筆者である私もそう感じることは多いですし、お店の男性スタッフも「ほとんどの営業は色恋営業である」と主張しています。

あるお店の店長は以下のように語ってくれました。

「ャバクラの接客は色恋が多いですよ。

お客さんはキャバクラに癒しを求めてくるわけで、色恋が癒しになるんです。

やっぱり、恋愛感情を抱いている相手と話すと癒されますからね。

キャバ嬢たちは友達営業とか色恋営業とか言いますけど、友達営業ってすごく難しいですよ。

こっちは友情のつもりでも、お客さんは基本的に下心を持ってますから。

だから友達営業って難しいんですよ。

キャバ嬢たちは友達営業といえば『友達っぽく接客する』くらいに考えてますけど、そうじゃなくて本当に友達にならないといけませんからね。

友達なら自分にメリットのない付き合いもするでしょう?

それをお客さんにできるかというとやっぱり難しいです。

極端な言い方すると、友達ってその相手の家とか、仕事とか色々知ってるでしょう?じゃぁ、お客さんに家を教えられますか?っていう事です。

だから、本当に友達になることってすごく難しくて、だから色恋営業よりもかなり少ないです、ほとんどあり得ないです。

八割以上は色恋でしょうね。

友達営業って言ってるもののほとんどは友達営業じゃなくて実際には色恋営業です。

たしかに、こう言われればキャバ嬢たちが言う「友達」は、本来の友人関係とはかけ離れたものであると納得することができます。

キャバ嬢のハウツー本の中には友達営業を推奨している本も多数ありますが、果たしてそれが本当にできるかと考えると微妙と思える部分もあります。

キャバ嬢のかける友達営業によって、「この子は友達だ」と思っているお客さんは非常に少ないに違いないのです。

キャバ嬢でありながらキャバ嬢ではないという矛盾

キャバ嬢動機

上記の店長が言うように、キャバクラの接客の八割以上が実際には色恋営業であり、お客さんもそれを求めて来店しているのであるとすれば、キャバ嬢とお客さんの意識にはギャップがあることになります。

しかし、2割以下は店長が言った意味での友達営業が存在することは確かであり、恋愛感情を抱かれずに来店してもらえるキャバ嬢もいます。

彼女たちは、彼女たちなりの工夫によって友達営業を成立させています。

結論から言うと、キャバ嬢はお客さんに対して、自分はキャバ嬢であることを主張しながらも素人性を出してキャバ嬢っぽさを消そうとする矛盾したメッセージを送り、それをお客さんに理解してもらっています。

このような矛盾がどのように成立するのでしょうか。

キャバクラシステム

方法は色々あるでしょうが、キャバ嬢へのインタビューによって、以下のような方法で行われていることが分かりました。

私、色恋は苦手なんです。

色恋で引っ張る人はすごく上手に色恋で引っ張りますけど、私は結構ころころお店変えますし。

お店が変わっても来てくれるお客さんっていうのは、応援してくれてるような感じです。

色恋じゃなくて。

私、お客さんと恋愛関係とか友達関係というよりは、上司と部下のような関係が多いんです。

初対面ではわがままそうとか、甘えん坊っぽいっていうイメージを持たれるんですけど、本当はサバサバしてるんですね。

キャバ嬢演出

最初のイメージを求めてくる人は長続きしませんけど、自分のサバサバしてるところとか、めんどくさがりなところとかを出せるお客さんとは繋がりますね。

お店が変わっても応援してくれますよ。

このキャバ嬢の場合、上司と部下のような関係を演出することによって関係を築いています。

もちろん、お客さんがキャバ嬢のことを本当の部下として扱うことはありませんが、彼女は部下っぽい自分をアピールすることによって、自分はキャバ嬢でありながらキャバ嬢ではないというメッセージを送ることに成功しているのです。

キャバ嬢輝き

このような接客を受けると、お客さんも上司のように接するようになり、上司のようにふるまって彼女を応援したという事です。

お互いにキャバ嬢とお客さんであることを認識しつつも、それを超えた騙しのない付き合いに発展していったのです。

このほかの方法として、以下のようなものも見られました。

キャバ嬢のKは、自分のもとへ通い詰めているお客さんTにその日も指名をされました。

しかし、指名が重なっていたため、そのTさんの席を離れることもありました。

Kはほかのお客さんへの接客を終えてTさんの席の席に帰ってくると、駆け引きを始めます。

Tさんと会話をするとき、Kはそれまで接客した別のお客さんの悪口を言うのです。

そのお客さんもKのことが好きで通い詰めているのですが、KはTさんに対してそのお客さんの悪口を言いまくります。

ひとしきり悪口をいうと、KとTさんは楽しそうに普通の会話に興じるのでした。

上記の方法は、別のお客さんに対する悪口を言い、キャバ嬢のネガティブな部分を押し出すという戦略です。

そして、現在接客しているお客さんに対してはリラックスして振る舞い、いい雰囲気を関係を演出しています。

Kは、「あなたはほかの迷惑なお客さんと違って、良いお客さんだから来てくれてうれしいし、一緒にいて楽しい」という演出をしています。

この「良いお客さんだから」というメッセージを送っているのがポイントです。

自分たちの関係はあくまでも「客とキャバ嬢」であるということをお客さんに認識させ、お客さんはそれを受け入れたうえで通うことになります。

同時に、ほかのお客さんは好きではないからうんざりした、という感じで自分の席に戻ってこられると、ほかのお客さんに対する優越感が芽生えるというメリットも生まれます。

以上のように、キャバ嬢たちはお客さんに対して、キャバ嬢でありながらキャバ嬢ではないという矛盾したメッセージを送り、理解させているのです。

それができるキャバ嬢は、お店の外でデートに誘われることもなければ、自宅などの個人情報を詮索されることもなくなり、それでありながら来店と本番指名ももらえるようになってくるのです。長期的な関係を築くことも容易になります。

 

キャバドレス日本一の通販サイトdazzy store(デイジーストア)

  1. 指名が上がる神売れドレス¥1,999~

    販売サイトへ

 

お客さんも人であるということ

キャバ嬢たちはこのように戦略を立ててお店の売上に貢献していくのですが、そのためにはお客さんを人として見ながら、同時にお客さんとして見ていく必要があります。

とくにこのような意識を持っているのは、キャバ嬢よりも店長などの黒服側であり、あるお店の店長は以下のように語っています。

キャバ嬢たちは、どうすれば落ち込まずに仕事ができるかって考えるでしょう。

それが分からずに落ち込んで辞めちゃう子もいるし、そんな子と何年も続く子の違いは何なのかって。

それは、矛盾することを成り立たせられるかどうかなんですよ。

お客さんを人として見ると同時にお客さんとしても見なければならないんです。

お客さんはお客さんとしてではなく、人として扱ってほしいと思ってますからね。

キャバ嬢はそれを受け入れながらも、お客さんとして見る視点は忘れちゃいけません。

このバランスが難しいんですけどね。

キャバ嬢の中には、所詮は客だっていう意識で接してる子もいますよ。

それでも指名をたくさん取る子もいるんです。

キャバ嬢なんて、そう思ってる子の方が圧倒的に多いですよ。

それはキャバ嬢だから当然でしょう。

慈善事業じゃないんだし、無償で癒しを与えるわけはありません。

でも、そんなところにお客さんを人としてみる視点がひとつあるとね、全然違ってきますよ。

例えば、お客さんを客としてしか見ないキャバ嬢だとね、営業を受けたお客さんが『今月ちょっとお金がキツイんだ』って言ったときも『そんなこと言わずに来てよ』ってなっちゃう。

でも、人として見る視点を持ってると『じゃぁ無理しないで。頑張ってお金貯めて、来られる時に来てね』って言ってあげられる。

この違いは大きいですよ。

この店長によると、接客で大切なのはお客さんをお客さんとして見ながらも、人として見る視点も持つという事です。

このことは、キャバ嬢でありながらキャバ嬢ではない、つまりキャバ嬢であると同時に人であるというメッセージとも似ています。

お客さんを人として見ているということは、お客さんを騙すつもりがないというアピールになります。

なぜならば、一般的なイメージとして、キャバクラにおいてお客さんはお金を落としてくれる存在だからです。

しかし、キャバ嬢はお客さんにこのような印象を与えることが内容に、お客さんを人として見る視点を持つ必要があるのです。

具体的には、これまでも解説してきたとおり素の自分を武器にしたり、普通の女の子らしさ、素人っぽさをアピールしていくという事です。

そうすることによって、騙す気がないことを分かってもらおうとします。

その一方で、お客さんを客と割り切る視点も必要になります。

これは、普通の女の子らしさをアピールした結果、お客さんが恋愛感情を抱く可能性があるからです。

それを防ぐために、自分に合った方法で「私はキャバ嬢です」ということを伝えなければなりません。

お客さんを人として見ながら、同時に客としても見るという視点は、ベテランキャバ嬢ならば誰もが身に着けています。

ある売れっ子キャバ嬢は以下のように語ってくれました。

当然、お客さんは大事にしなければいけません。

お店に通って指名してほしいっていうのは、お客さんに対して自分を大事にしてほしいって思ってるんですから、お客さんのことも大事にしなきゃいけないです。

お客さんをお客さんとして見るのは必要ですけど、『こいつはどうせ客』みたいな目線しかないなら、お客さんも『この子はどうせキャバ嬢』って思います。

そうなると、お客さんはあくまでも私のことをキャバ嬢としか見てくれなくなりますからね。

それなりの下心も持ってきますし。

私の人間としての部分を好きになってもらえればそんなことはなくなりますから、そうなるために『このお客さんは何をしたら喜んでくれるかな』って考えます。

そうすると信頼関係もできてきます。

信頼関係があると楽ですよ。

病むこともなくなりますし。素を出せますからね。

本当の友達みたいな感覚にもなれます。

デートとかじゃなくて、下心もなしで、ご飯に行こうとかなります。

これができてる子ってあんまりいませんけどね。

でも、それができるとこっちから頼まなくても、お客さんの方から『ご飯に行くなら、せっかくなら同伴にしよう。そっちのほうが助かるでしょ』ってなります。

普通はデートに行こうってしつこく誘われて困ったりしますけど、信頼関係ができてくるとそうなります。

同伴しようって言ってくれるお客さんってよほどの信頼関係がないと無理ですけど、そういうお客さんがいると強いです。

長く続きますしね。

私、半年近くキャバクラ辞めてた時があったんですけど、その間はほとんど連絡とってなかったのに、復帰したらまた来てくれるんです。

辞めてた期間はお昼の仕事一本にしようと思って就活してたんですけど、そのときは応援メールくれたり。

そういうお客さんをたくさん作らないと、キャバクラは長続きしないかもしれないですね。

このキャバ嬢などは、キャバ嬢としてではなく人間として好意を獲得し、信頼を勝ち取ったキャバ嬢の典型的な例といえるでしょう。

お客さんを人として見る視点もきちんと持ち、大事にする意識があったことで信頼されました。

同時に自分がキャバ嬢であることもきちんと伝えておき、個人的な恋愛感情を抱かれることもなかったのです。

これとは逆に、お客さんの恋愛感情に悩んでしまう新人キャバ嬢にもインタビューしてみると、ベテランキャバ嬢との違いが浮き彫りになりました。

お客さんが好意を持ってくれるのは嬉しいしありがたいです。

でも、それ以上を求められるとどうすればいいかわからなくなります。

単純に嫌ですし。

でも突き放すのもできないですよ。

せっかく指名してくれてるし、情がわくんです。

気持ち悪いお客さんでも情はわきます。

『絶対ムリ』っていう気持ち悪いお客さんにはであったことないですけど。

それに私、あんまり人を嫌いにならないタイプなので、それも関係あるかもしれません、基本的に人が好きです。

人を嫌いになれない。友達でも嫌いな友達っていないし、嫌いになる理由が見つからないっていうか。

お客さんも人間だし、なんか嫌いにならないから突き放せない。

先輩はお客さんとキャバ嬢っていう関係を作り上げろっていうけど、難しいです。

どうやったらそんな関係を演じられるのか、全然わからない。

そのうち分かるようになってくるのかな。

このキャバ嬢はお客さんに情が湧いてしまい、恋愛感情を持たれたときにかわせず辛いと感じています。

このインタビュー当時、入店してまだ一ヶ月だったのですから、無理もないでしょう。

お客さんが「客とキャバ嬢」以上の関係を求めてきた時の対応が分からず、悩んでいました。

お客さんを客として見る視点以上に、人として見る視点の方が圧倒的に強く、「お客さんも人。“でもお客さんはお客さんでもある”」という割り切りが難しかったのです。

お客さんは人であると同時にお客さんでしかないという割り切りは、ベテランたちなら皆出来ています。

では、具体的にはどの様にしてお客さんからの恋愛感情を割り切っているのでしょうか。

これも上述の売れっ子キャバ嬢の言葉です。

たくさんのお客さんと接してたら、『付き合って』って言ってくるお客さんもいますよ。

でも、そこは自分次第と思ってます。

どういうふうに恋愛にならないようにするかといえば、『○○さんは大事な人ですけど、今はまだそういうふうは見れない』って言うんです。

あと、『今はほかにやらなきゃいけないこととか、頑張らないといけないことがあって、恋愛は考えられない』って言うんです。

これで納得してくれないお客さんもいますけど、そもそもキャバクラって会話で楽しませるところじゃないですか。

恋愛で楽しませるんじゃなくて。

だから、お客さんが私のファンみたいになってくれたら最高ですよね。

何の見返りもなく尽くしてくれるようになるし。

私も何かお返ししなきゃっていう気持ちになります。

これが信頼関係っていうんですかね。

そう思ってます。

この売れっ子キャバ嬢のように、お客さんの恋愛感情を「今はほかに頑張りたいことがあるから」という理由でかわしているキャバ嬢は多いようです。

しかし、それだけではお客さんが離れてしまうため、そうならないためにも会話で楽しませるのです。

そうすれば、お客さんがファンになってくれることもありますし、応援してもらえます。

ファンになったお客さんは、応援するキャバ嬢から嫌われたくない一心で、つまり付き合いたいなどと言う感情は抜きにしてお店に通ってくれるようになります。

もちろん、心の奥底には付き合いたい感情はあるのですが、それをぶつけてくることはなくなります。

お客さんとキャバ嬢のこのような関係について、あるお店の店長は以下のように語ります。

色恋だと、お客さんの求めるものが多くなるでしょう?アフターに行こうとか、普通のデートをしようとか、自宅を教えてとか。

そこできっちり割り切って、納得してもらう必要があります。

例えば、女の子がある男性をすごく好きになったとします。

でも、その男性がとても忙しくて恋愛どころじゃないってなると、なかなかデートに誘ったりできませんよね。

でも、その男性は優しいし、かっこいいし、何より好きだから、忙しくて構えないっていうだけで嫌いになったり、諦めたりすることはないですよね。

待ちたいと思うはずです。

これが理解できると、同じようにお客さんにしてあげると良いんですよ。

つまり、好きになってもらって、さらに我慢してもらうんです。

簡単なことじゃないですけどね。

それができる子は売れるし長続きするね。

本当は忙しいなんて嘘の場合が多いですから、それを見抜かれずに自然とできる子ですね。

自然?当たり前?そんな感じです。

恋愛っていうとみんな形にこだわりますけどね。

でも恋愛の形って色々でしょう。

そう考えると、お客さんと同時進行で色々な恋愛をするっていう考え方もアリなんですよ。

遠距離恋愛なんてまさにそうでしょう。

いつでも会えないっていう普通じゃない状況でも好きでいられるんですよ。

遠距離恋愛だと、デートもエッチなしでも立派な恋愛ですよね。

お客さんとだってそうですよ。

デートもせず、エッチもせず、それでも惹きつけられるんです。

このことを伝えることができたらね、嘘っぽくなく。

それができればキャバ嬢としてやっていけるね。

それに、時間がたつとみんなある程度できるようになります。

でも、それができるようになる壁っていうのがあって、それがお客さんのことを客としてだけじゃなくと、人としても見てあげられることです。

そして自分のことも人として見てもらって、いろんな事情があるから、ほかに頑張りたいことがあるから、忙しいから、って言えるんです。

キャバ嬢として見られたらダメですよ。

お客さんの中にはキャバ嬢に対してすごく軽く見る人もいますからね。

そうではなく、やっぱりキャバ嬢も人間ですから。

考えもありますから。

それを理解してもらわないと。

それが、お客さんを人として見るという事でもありますね。

そのうえで、お客さんをお客さんとして割り切る。

キャバ嬢側からすると、『キャバ嬢も人間です』、で、その後に『でもキャバ嬢です』って割り切ってもらう。

これができると、お客さんが腹の立つことを言っても、『まぁお客さんだし』って割り切れるし、お客さんはデートを断っても『まぁキャバ嬢だし』って割り切れます。

この店長の言うように、キャバクラに恋愛を求めてくるお客さんを納得させるためには、「今は忙しいから恋愛はできない」などと言って理解してもらうのがベストのようです。

先ほどの売れっ子キャバ嬢と同じです。

お客さんからの恋愛感情はキャバ嬢にとって重荷に感じるものですが、恋愛感情を抱かれていることは相当強い好意を抱かれているという事でもあり、こちらのかわしかたによっては我慢してもらうことも可能となるのです。

お客さんはキャバ嬢を好きになっているのですから、嫌われたくないと考えます。

その気持ちをうまく利用して、お客さんをファンにしていくのです。

これができれば、お客さんとキャバ嬢の距離感・バランスは非常に良いものになり、長期的な関係を築けるようになるでしょう。

キャバ嬢になるとはどういうことか

以上のことをまとめると、キャバ嬢になるとはどういうことか、ということがよくわかると思います。

キャバ嬢は、お客さんと長期的な関係を築き、指名を安定的に獲得していかなければなりません。

そのためには、普通の女の子らしさをアピールすることによって、騙す気はないということを伝え、信頼関係を築く必要があります。

上記の様々な具体例から、キャバクラで通常はお金を使うべき場面であえてお金を使わせないようにしたり、メールで普通の女の子らしさを伝えたり、素の自分を伝えたりすることが効果的であると分かりました。

しかし、この素人っぽさがキャバ嬢っぽさに駆ってしまうと、お客さんは普通の女の子として扱うようになり、お店に来ずにデートに誘ってくるようになります。

他にも、自宅を聞き出そうとしてきたり、とにかく恋愛関係を求められることになります。

そうなると、情が湧いてしまうキャバ嬢もいるでしょう。

情が湧いてしまうと、お客さんの恋愛感情を無視して「お店に来てほしい」と言いづらくなってしまいます。

情が湧くかどうかは、キャバクラ経験によっても大きく変わってくるところではありますが、新人キャバ嬢には割り切った付き合いはまだ難しいでしょう。

お店に来てもらうためには、それがキャバ嬢としての行為であるということを、お客さんにも自分にもわからせる必要があります。

一見簡単そうなこの考え方ですが、実際には案外難しく、お客さんを騙しているという罪悪感に駆られてしまうこともあります。

お客さんの恋愛感情に悩まされてしまうこともあります。

普通の女の子であることを売りにしながら、同時にキャバ嬢であることを認識してもらうためには、二つの矛盾したメッセージを送り続ける必要があります。

ランキング上位のキャバ嬢は、このメッセージをうまく伝え、お客さんにすんなりと受け入れてもらう技術を持っています。

恋愛感情をぶつけられても、「今は別に頑張りたいことがあるから」として夢を追う姿を見せることによって、お客さんを応援者にしてしまうのです。

お客さんには、キャバ嬢も人間であり、同時にキャバ嬢でもあるというメッセージを理解してもらうことが重要です。

良いお客さんとは、それを理解して定期的にお店に通ってくれるお客さんのことでもあります。

キャバ嬢とお客さんの理想的な関係とは、客とキャバ嬢はお金を介した関係であることを前提とし、そのうえでそれを超えた信頼関係を築いているというものです。

一流のキャバ嬢になるということは、これが自然にできることを言います。

しかし、慣れないうちは「キャバ嬢でありながらキャバ嬢ではない」という矛盾したメッセージをうまく伝えることができず、お客さんから誤解されることもあります。

誤解されてしまうと、お客さんの感情をコントロールできなくなり、厄介なことに発展する可能性もあります。

そのようなとき、お店は基本的にすべてキャバ嬢の自己責任と考えているため、ランキング上位のキャバ嬢たちは皆誤解されないためのスキルを持っているものです。

皆さんも「キャバ嬢でありながらキャバ嬢ではない」「キャバ嬢ではなく人間である、しかし同時にキャバ嬢でもある」といった矛盾したメッセージをきちんと伝えられるように、日々の接客で工夫をして経験を重ねていくと良いでしょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバクラ求人相談センター

キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
キャバクラ求人相談センター

この記事も読まれています

  • キャバドレス激安!!オススメ通販サイト

  • 同伴に誘うテクニックをマスターしよう!

  • 思わずお店に行きたくなるメールってどんなメール?

  • 接客の基本的な会話をマスターしよう!

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢の営業はどうやって行われている?

  • キャバクラでは初対面にどんな会話をしているか

  • 【キャバ嬢】美人で人気なし、ブスで人気あり、その違いとは?

  • 【効率的なキャバ営業】金・時間、客の限界を見極める超営業法

  • キャバクラでのイベントを活かすポイント

  • 貧乏キャバ嬢・金持ちキャバ嬢の違いとは?