1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 同伴とアフター、キャバ嬢にとってのメリットとデメリットは?
キャバ嬢部屋探し

同伴とアフター、キャバ嬢にとってのメリットとデメリットは?

キャバ嬢という職業 この記事は約 4 分で読めます。
同伴アフター

キャバクラには、同伴とアフターがつきものです。

ここでは、同伴とアフターによるキャバ嬢のメリットとデメリットを見ていきましょう。

同伴とアフター、キャバ嬢にとってのメリットとデメリットは?

同伴アフター

一般的にキャバ嬢は、同伴はメリットになるものの、アフターはデメリットになると考えていることが多いようです。

同伴にはお店も積極的です。

同伴ノルマを設けていたり、同伴デーがあったりします。

同伴アフター

同伴はお店にとって大きなメリットがあるからです。

なぜならば、キャバ嬢が同伴してくれれば客を一人確保できるわけですし、開店に合わせて同伴することで、客を得るのが難しい早い時間に客を得ることができるからです。

キャバ嬢にとっても、同伴をすることで少なくともその日は指名が一本とれるし、同伴ではおいしい食事をおごってもらうことができるなど、メリットがあります。

 

 

一方、アフターは違います。

アフターを強制しないのはもちろんのこと、禁止しているお店もあります。

なぜならば、お店の外でキャバ嬢に会えるとなると、客はそれで満足してしまう可能性があり、そうなると来店の頻度が少なくなるかもしれません。

また、キャバ嬢にとってもアフターは面倒くさいことが多いです。

同伴アフター

嫌いな客にも接客をこなし、気を使ってストレスも抱え、お店が終わると疲れ切っているのですが、その後さらにアフターをするのは体力的にも精神的にも辛いのです。

ましてや、お金になるものでもありません。

それに、店外で二人きりになると、客が勘違いすることもあります。

同伴ではなく、アフターで一緒に過ごしてくれたという事は自分に好意を持ってくれたのではないかと勘違いし、口説いてくる人も多いのです。

 

 

しつこく口説かれれば面倒くさいのは当然のことです。

また、夜遅い時間帯ですから、「仕事で疲れたよね?ホテルで休憩する?」などと危険な誘いをされることもあります。

そのため、誰にでもアフターをするというキャバ嬢はほとんどいません。

よほど気を許した客か、仲のいいキャバ嬢も含めて3人以上でアフターをすることはあっても、よく知らない客ともアフターするほどキャバ嬢は暇ではないのです。

同伴アフター

ということは、アフターにいくら誘っても付き合って貰えない客も出てくるわけで、そうなると客は自分が嫌われていると感じるかもしれません。

それが指名客を逃すことにつながる可能性もあることから、「なにはともあれアフターは禁止!みんなやっちゃダメ!」とお店が禁止することもあります。

そのような決まりがあれば、キャバ嬢も客にアフターに誘われたときに「お店で禁止されているの」といって断ることができます。

 

 

ちなみに、クラブはアフターを推奨しているお店が少なくありません。

キャバクラとクラブを混同している人もいるかもしれませんが、明らかな違いがあります。

アフターの受け取り方一つをみても、そのことが分かります。

クラブでは客の要求を満たすことを基本的な指針としているため、アフターも求められればどんどんやるという雰囲気があるのです。

また、クラブの客はキャバクラの客とは違い、アフターをするとチップをくれることが多く、タクシー代といって数万円を渡すのが暗黙のルールとなっています。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

同伴アフター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 枕営業はやった方がいいの?メリット・デメリットは?

  • 素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう

  • 全ての女性がキャバ嬢になりうる?

  • オンナを売りにすることにハマるキャバ嬢たち

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢のストレスの原因よくあるトラブル!

  • ガールズバーとは?キャバクラとの違いって何?

  • ナイトワークに興味がある人に!スナックの求人の探し方

  • 銀座ホステスに聞いた!エリートを落とす10のテクニック

  • 入店する店は、大箱と小箱のどっちがいいの?

  • キャバ嬢は誕生日などのイベントでガッポリと♪