1. TOP
  2. 稼ぐキャバ嬢講座
  3. ボトル入れさせる
  4. キャバクラでシャンパンやボトルを入れてもらうテクニック

キャバクラでシャンパンやボトルを入れてもらうテクニック

ボトル入れさせる この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラではシャンパンやワインなどのボトルを入れてもらうと、入れてもらった金額に応じて報酬を受け取る事のできるボトルバックというシステムを採用しています。

その為、キャバ嬢たちは、少しでも多くのボトルを入れて報酬を上げるのに必死になっています。

キャバクラといえばシャンパン

34588884_m_R

キャバクラでは、時給や指名料の他にボトルバックというシステムがあります。

ボトルバックとは、お客さんがボトルを購入してくれた時に、そのボトルの料金の中から決まった割合で特別収入としてお給料に反映する仕組みになります。

これにより、お店はボトルの売り上げを増やす事もできますし、キャバ嬢も特別手当的な収入を得る事ができます。

その為、ボトルをいかに上手に入れてもらうかがポイントになってきます。

特にシャンパンやワインなどは、おねだりが難しいですが、値段は10,000円から250,000円程と定価が高い為、成功すると大きなバックになって返ってきますので積極的に狙いたい所です。

AdobeStock_89752578_R

シャンパンをおねだりするのにとても重要な事は、相手の懐具合を把握する事です。

こちらがおねだりしても、相手の方が出来ないと言えば悲しくなるのはもちろんですが、お客様にボトルも入れられないケチな人間だという事を周りの人にアピールしてしまう事にもなりかねません。

おねだりする場合には、相手の予算や心情までしっかりと把握する事が重要になります。

シャンパンを入れてもらえる可能性が高いのは、地位と社会的な立場のしっかりしている社長さんや一部上場企業の役員の方などです。

AdobeStock_87985047_R

懐に余裕があるのか、自分が楽しむために頻繁にシャンパンを入れてくれるようになります。

その為、狙い目ではあるのですが、社長や役員の方のレベルになると、こちらの浅はかな思いは見透かされてしまう可能性がありますので、上手に流れを作って相手の方にボトルをキープしやすい状況を作る必要があります。

キャバクラに勤め初めのキャバ嬢の場合には、お金持ち特有のオーラや威圧感などを感じて尻込みしてしまう場合もありますが、先輩キャバ嬢のヘルプに入った時などにおねだりするテクニックなどを学んでおくと、次回以降にチャンスがある時に上手におねだりする事が出来るようになります。

AdobeStock_74732342_R

キャバクラは高級クラブのホステスと比べると働き方の自由度が高いと言われていますが、お店の輪を乱すのは、当然ながらご法度です。

特に自分の指名客でない場合には気軽におねだりするのは禁止されている所もあります。

もちろん流れで入れてもらえる時にはご厚意に甘えてもよいとは思いますが、自分から積極的におねだりした結果、お店に来なくなってしまった場合には、指名されてたキャバ嬢やお店からも白い目で見られてしまう事になります。

先ずはお店の流れを見極めつつ、自分のお客さんに安い物からおねだりするように練習してみてください。

ボトルを入れてもらうテクニック

AdobeStock_53404525_R

キャバクラにはシャンパンやワインのように何万円もする物から、数千円程度で楽しめる物まで幅広くそろっています。

もちろん高ければ高いほどボトルバックの金額も大きいので利益は大きくなっていますが、0か100ではなく、安くてもボトルを入れてくれるお客さんを沢山作る方が、収入が安定しますし、トータルで売り上げも上がってきます。

その為、ナンバーワンのキャバクラ嬢になる為には、相手の懐具合に合わせてボトルをおねだりするテクニックが重要になってきます。

しかし、普段からおねだりに慣れている女性でも、親しいとはいえお客さんと店員の立場でおねだりするのは相当難しいと言えます。

AdobeStock_16115574_R

しかし他のキャバ嬢がやらない事ができるから、他の人より売り上げをつくる事が出来るようになりますし、お店のナンバーワンになれるという事です。

まだボトルのおねだりに慣れていない方におすすめなのが団体客です。

それも若い団体客の方の場合には、ノリでおねだりしやすいのでおすすめです。

年上の方、社会的な地位がある方におねだりをするのは苦手という方でも、自分と同年代や自分よりも年下の方が相手でしたら気軽に頼みやすいと思います。

AdobeStock_91743811_R

しかも団体客ともなればお酒も入っていますのでノリで注文しやすくなります。

また、「この人数だったらグラスで頼むよりもボトルの方が安上がりかも。」などと言っておねだりすれば、相手の方も気軽に注文しやすくなります。

また団体さんでなくとも常連さんと一緒に飲む時に、

「グラスで注文していると、1杯1,000円から1,500円するでしょ。毎回来てもらっているから、ボトルを入れてくれた方がトータルで安くなると思うの。もし無理だったら大丈夫だけど、私も毎回注文するのが心苦しい。」

というように伝えると自分の懐を心配してくれる優しい人のような印象を与える事ができます。

場内指名秘テクニック

ボトルをキープしてもらうとお得な事はボトルバックだけではありません。

ボトルをキープしている事で、セット料金と指名料金だけで楽しむ事が出来るようになるため、ボトルをキープする前と比べて頻繁に会いに来てくれるようになるのです。

さらに一度ボトルを入れてくれた方は、二度目にボトルを入れるのに抵抗が無くなりますので、次もボトルを入れてくれるようになります。

また、前回よりも高いボトルを入れてくれる可能性も高くなりますので、安いボトルだからと言って馬鹿に出来ません。

AdobeStock_92836835_R

ボトルを入れてもらう為には、いかに相手にとって利益があって、自分も嬉しいという事を伝えられるかがポイントになります。

くれぐれも自分の売り上げの為などという気持ちが少しでも伝わる事のないように十分に注意してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • しゅわしゅわをオーダーしてもらう方法

  • 人気のシャンパンランキング!ドンペリ・ドンピン他

  • キャバクラの料金っていくらぐらい?有名な「ドンペリ」の価格は?