1. TOP
  2. キャバ嬢という職業
  3. 気をつけるべきポイント
  4. アフターではどんな注意が必要?危険を避けるコツ
キャバ嬢部屋探し

アフターではどんな注意が必要?危険を避けるコツ

気をつけるべきポイント この記事は約 6 分で読めます。

アフターは客との親密度を上げるために効果的な方法ではあります。

しかし、アフターならではの注意点、危険を避けるコツがあります。

アフターではどんな注意が必要?危険を避けるコツ

AdobeStock_52583578_R

キャバクラに遊びに来る人の多くはお気に入りのキャバ嬢との疑似恋愛を楽しむためにきていますが、恋愛感情が冷めてしまえば固定客を逃すことになります。

そうならないためには適度にアフターをしておくことが大切なのです。

また、客を繋ぎ留めておくほかにも、アフターをして親密度を上げることで営業をかけやすくなったり、来店頻度が多くなったりする効果も見込めます。

AdobeStock_116030376_R

しかし、アフターには女性であるキャバ嬢にとって危険な要素もあります。

客からホテルに連れ込まれそうになったという話は皆さんも聞いたことがあるかもしれません。

また、ちょっとした不注意から口説き目的ではない客を刺激してしまい、良い関係が崩れてしまうこともあるのです。

38482691_m_R

そうならないためにはどのようなことに注意すべきなのでしょうか。

本稿ではアフターの注意点を解説していきます。

酔っぱらわない

AdobeStock_79163705_R

アフターは同伴のようにその後仕事が控えているわけではないため、食事をしながらお酒を飲むことになるでしょう。

下戸でもない限り、アフターでもお酒を頑なに避けていると、客は警戒されているような気がして面白くなく、親密度が上がるどころか下がってしまいかねません。

そのため、お酒は付き合うべきです。

AdobeStock_101856546_R

しかし、酔っぱらうまで飲むのは問題です。

客の中には酔っぱらわせて理性を奪い、ホテルに連れ込もうと考える可能性があります。

仮に相手が口説き目的ではなかったとしても、無警戒にへべれけになっているのを見れば「もしかしたらイケるかも?」と口説きたくなるものです。

 

 

アフターのお店はキャバ嬢が決める

AdobeStock_121354291_R

アフターは同伴のように、キャバ嬢から頼んで連れて行ってもらうものではなく、客から誘われていくものです。

そのため、客の財布を気遣う必要はありません。

といっても、ここぞとばかりに高級店をねだったりすれば、客の財布を圧迫しかねません。

それ以上に、客は「これだけお金をつかったのだから」と見返りを求める気持ちになってしまいます。

32435439_m_R

そうならないためにはそこそこのお店に行くべきです。

客にお店を決めてもらうと、高級店を提案されて見返りを求められる可能性があるほか、カップル用の個室があるお店に連れていかれ、しつこく口説かれてしまう可能性もあります。

それをけん制するためにも、キャバ嬢側から提案するのが賢明です。

リーズナブルなお店をいくつか探しておき、こちらから提案するようにしましょう。

 

 

だらだらと付き合わない

AdobeStock_109031088_R

同伴ならばキャバクラへの出勤時間があるため、時間制限があります。

しかし、アフターでは時間制限がありません。

時間制限がないのは一見良いことに見えますが、トラブルの原因にもなります。

流されて長く付き合えばお酒を飲みすぎてしまう、「いいじゃん、いいじゃん」という押しに弱いと思われて口説きがしつこくなるなどが考えられます。

AdobeStock_105299466_R

そうならないために、あらかじめ時間を決めておきましょう。

長くても2時間くらいがベストです。

例えば、アフターを誘われたときにあらかじめ「今日は○時に友達のところに行かなきゃいけないから、それまででいいなら」などと言っておくのです。

より安全性を高めるためには、友達や仲のいいキャバ嬢やお店のスタッフに、その時間に電話してもらうように頼んでおくと良いでしょう。

AdobeStock_112629741_R

もっとも、客とアフターする際には必ずマネージャーや店長に事前に報告しておくことで、適当な時間に電話が入るシステムになっているお店もあります。

お店もキャバ嬢が危険に巻き込まれないために色々な工夫をしているのです。

このようにしておけば、アフターでもし悪い雰囲気になったり、しつこく口説かれたりしても「ごめん、電話でお店から呼び出されたから行かなきゃ」と言ってアフターを切り上げることができます。

 

 

客の車に乗らない

AdobeStock_58870786_R

アフターで移動する際に客の車での移動を提案されることがありますが、客の車には絶対に乗ってはいけません。

ホテルに連れていかれ、ホテルの駐車場で大ゲンカになって客と切れてしまったという話が非常に多いのです。

また、気の弱いキャバ嬢が断り切れずにホテルに連れ込まれてしまったという話もあります。

そもそも客の車に乗らなければ、このようなトラブルは避けることができます。

15526426_m_R

したがって、お店から飲食店への移動、アフターが終わってから帰る時も同じです。

アフターが終わった時などは終電もないため送っていくことを提案する客がいるのですが、それに応じると家がばれてしまい、ストーカーに発展する可能性もあります。

客がどんなに強引に誘ってきても断らなければなりません。

49492595_m_R

また、特に断固として断るべきは飲酒運転で送ろうとする客です。

今は飲酒運転に対する罰則が非常に厳しくなっているため飲酒運転をしようとする人はほとんどいませんが、飲むと気が大きくなるのか、飲酒運転をしようとする人がわずかながらいるのは事実です。

もしその車に乗ってしまえばホテル云々以前に法律違反です。

飲酒運転が取り締まられると、運転者だけではなく同乗者も罰せられることとなり、場合によってはお酒を提供したお店にも迷惑がかかることがあります。

49606388_m_R

アフターの場所は自分で指定するのがベストと書きましたが、指定するお店はキャバクラ店から徒歩で行けるお店を選ぶのがベストです。

また、もし少し遠くのお店に行く場合にも、タクシーで行くようにしましょう。

 

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 素人性を武器にしつつもキャバ嬢であることを理解させよう

  • 全ての女性がキャバ嬢になりうる?

  • オンナを売りにすることにハマるキャバ嬢たち

  • キャバ嬢と男性スタッフの関係

関連する記事はこちら

  • キャバ嬢は太りやすいって本当?←本当です!

  • キャバ嬢に枕営業はあるの?こんな誘い文句に気をつけて

  • キャバはサンダルNG?恋沙汰もダメ?知っておきたい禁則事項

  • 体験入店で悪徳なブラックキャバクラを見抜く方法

  • ベテランキャバ嬢に学ぶ、店外デートの上手な断り方7選

  • あなたは大丈夫?キャバ嬢の抱えるトラウマの実態!