実際はヤバい!?キャバ嬢の恋愛事情

キャバ嬢の恋愛事情は非常に気になるところです。

店の黒服とキャバ嬢が付き合うのは店のルールで禁止になっている店舗が多いですが、実態は色恋管理といって、黒服がキャバ嬢を色恋で管理することなんて日常茶飯事なのです。

色恋管理の秘密

AdobeStock_87059007_R

キャバ嬢はキャバクラ店から罰金やペナルティと言った様々な規則によって管理を受けています。

これは、マイペースなキャバ嬢が遅刻や欠勤を繰り返すことによって、お店がうまく回らなくなることを懸念して管理しているのです。

また、マイペースなキャバ嬢の競争心をなんとか煽り、売上を伸ばしていくためにも様々な規則を設けています。

キャバ嬢を管理することや競争心を煽る方法の一つとして、色恋を利用した方法があります。

 

特殊な方法にも聞こえるかもしれませんが、実際に行われる方法です。

キャバクラ店で働く男性スタッフは、お店のキャバ嬢の何人かを担当して管理します。

  • 真面目に働くように仕向けること
  • 嫌な客を接客したキャバ嬢をケアすること
  • 売り上げを伸ばすようにハッパをかけること

などが管理にあたりますが、恋愛をからめてコントロールすることもあります。

それは、色恋管理と呼ばれます。

付き合っていると思い込ませて客を通わせることを色恋営業といいますが、これを男性スタッフに置き換えたものと考えてください。

簡単に言うならば、男性スタッフがキャバ嬢に付き合っていると思わせて置き、「俺のために頑張って」とハッパをかけ、売上を伸ばすという方法です。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

普通は、どんなキャバクラでも店内での恋愛を禁止していますから、キャバ嬢には内緒にしておくように言っておき、お店や客には知られないようにします。

また、他のキャバ嬢にも知られないようにすることができますから、そのスタッフが色恋管理をしていることもばれなくなります。

また、色恋管理をされているキャバ嬢としても、内緒の恋をすることで燃え上がり、仕事を頑張ることになるのです。

この手を使うかどうかはスタッフ個人の判断にゆだねられます。

本気の恋愛であればお店も注意することも考えられますが、お店としても売り上げが伸びることは嬉しいので、このような色恋管理は黙視することがほとんどです。

 

むしろ、お店の方針として色恋管理が行われていることもあります。

そのようなお店では、何人ものキャバ嬢に同時に色恋管理をしたり、競争心を煽って無理をさせることもあるので、いつかバレて破たんすることとなります。

客にバレたり、キャバ嬢同士で分かってバレたり。

色恋管理を禁止しているお店もありますが、その場合にはバレたときにトラブルが起こることを恐れて禁止しているのです。

 

しかし、バレるリスクが常にあり、バレたときにはトラブルを巻き起こす色恋管理ですが色恋管理を使う男性スタッフが後を絶ちません。

なぜならば理由は簡単で、色恋管理の効果は絶大で、手っ取り早く売上を上げることができるからです。

それに、女性の扱いが上手な男性スタッフならば、それほど難しい方法でもありません。

もしあなたがキャバクラ店に入店し、男性従業員がやけに親切だったり、マメで親身だと感じたならば、色恋営業の標的にされているかもしれないので気を付けてください。

 

基本的に、キャバクラでは店内恋愛を禁止しています。

客はキャバ嬢との疑似恋愛を楽しむために来店するのですから、もしキャバ嬢と男性スタッフが恋愛していることがばれたならば、客はもう来なくなるかもしれないからです。

とはいえ、人間ですから恋に落ちることはあるでしょうし、純粋な恋愛でバレないようにするならば、それもいいかと思います。

しかし、あなたが店内恋愛と思っていたとしても、実は色恋管理をされているだけかもしれません。

色恋管理には気を付けておきましょう。

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

キャバ嬢の恋愛事情

稼げるルール

キャバクラの主役はキャバ嬢と客です。

そして、お店を回すのは男性スタッフです。

ドリンクを運んだり、席にどのキャバ嬢つかせるか考えたり、キャバ嬢を管理したり、色々な管理をします。

裏方ですから注目されることはありませんが、男性スタッフがいなければお店は回っていきません。

しかし、実際にはキャバ嬢は担当のスタッフ以外とは話す必要がないため、名前さえ知らないという事も多いものです。

 

そのため、男性スタッフの階級でも最も低いボーイはキャバ嬢と仲良くすることなどあり得ないことでした。

当然、男性スタッフとキャバ嬢の店内恋愛は禁止です。

見つかれば罰金だけではすみません。

クビにされてしまいます。

キャバ嬢はお店にとって商品ですから、男性スタッフが手を付けることは許されないのです。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

 

しかし、これは建前です。

このような建前がなければ店内恋愛が横行してしまい、そのキャバクラ店には客が寄り付かなくなってしまうからです。

店内恋愛をしていることを「風紀に反している」ことから「風紀」といいますが、なぜそのような単語ができるのかといえば、店内恋愛が多いからです。

いくら禁止していても、店内恋愛はどこにでもあるようです。

キャバクラの男性スタッフにはイケメンも多く、キャバ嬢は可愛い女性が多く、そのような男女が一緒に長時間働いているのですから、恋愛に落ちるのも当然と言えば当然です。

 

キャバ嬢はお店の関係以外で男性との出会いがなかなかないため、それも影響しています。

しかも、禁止されれば燃え上がるもので、結局は恋愛は止めようがありません。

もう一つの恋愛の形として、キャバ嬢と客の恋愛があります。

しかし、キャバクラは客に疑似恋愛を提供する場所ともいえます。

キャバ嬢もそれをわきまえており、疑似恋愛だと割り切らなければ仕事になりません。

 

しかし、キャバ嬢と客が恋愛することもあります。

疑似恋愛をするうちにいつしか情が入り、本気の恋愛に発展することがあります。

実際に、客と真剣交際した末に結婚したキャバ嬢もたくさんいます。

 

キャバドレス激安!!オススメ通販サイト
キャバのお仕事に来ていく服、どうしてますか? 実店舗だと高いし、なかなか良いのが見つからない… そんなお悩みをお持ちなら、オススメの通販サイトがあります! キャバドレス通販はdazzystore(デイジーストア)とは? ...

 

タイトルとURLをコピーしました