キャバ嬢に必要な心構え「女を磨く!」とは

キャバ嬢として、あなたは何か心構えを持っていますか?

遅刻しない?健康に働く?笑顔を忘れない?お客さんを楽しませる?お客さんを癒す?

なかなかいい線をいっていますが、それらはどちらかというと枝葉の部分であり、それよりも大切な、根っこや幹といえる心構えがあります。

本稿では、その心構えをお教えしましょう。

一番の心構え

キャバ嬢にとって、持つべき心構えは色々あると思います。

筆者は、長年キャバクラコラムに携わってきましたが、果たして何が一番大切なのかをじっくり考えてきました。

心構えは色々で、そのキャバ嬢が目指すものによっても異なると思いますから、何が一番なのか考えると、なかなか答えに行きつくことができませんでした。

しかし最近、「これならば、どんな立場のキャバ嬢にも当てはまるのでは?」と思う心構えがあります。

それは、

せっかくキャバ嬢をやるのだから、女に磨きをかけよう。

そして人生を豊かにしよう。

という心構えです。

細かなことを言えば、お客さんを思いやるとか、とにかく盛り上げるとか、お客さんを癒すとか、もっと細かいことを言えば、名刺は工夫したものを工夫して渡すとか、ドリンクのおねだりのタイミングを適切に見計らうとか、いろんな心構えがあるでしょう。

しかし、多くのキャバ嬢にとって共通して持つべき心構えは、この「せっかくキャバ嬢をやるのだから、女に磨きをかけて、人生を豊かにしよう」という心構えだと思うのです。

人間は、高い社会性をもった生き物です。

一人で生きていくことはできず、だれもが他人とかかわりながら生きていきます。

特に、キャバ嬢という仕事は、楽しみたい、恋をしたい、尊重されたい、偉ぶりたいなど、人間のかなり根っこの部分の欲求を満たしてあげる仕事です。

人間社会でも、キャバクラほどではありませんが、このような人間の本質的な欲求なしには成り立たない世界です。

それらの欲求を満たすために必要なのが、ずばり女を磨くことです。

キャバ嬢という仕事を通して女を磨き、これらの欲求にこたえ、うまく扱えるようになれば、それは長い人生の中でいつまでも使える、強力な武器になるのです。

キャバ嬢として働きながら、多くのお客さんと出会って接客し、お客さんから好かれるように女を磨くことで、キャバ嬢としても、キャバ嬢を辞めてからも、豊かな人生を手にすることができるのです。

 

安くて質が良いドレス通販ショップ

ドレス代ってバカにならない…
毎日着る仕事着をそろえるならコスパ最強の店で!
スマホで簡単に買えてすぐ家に届くのがdazzy
◎安い
◎質が良い
◎品ぞろえが豊富
◎スマホですぐ買える
◎買ってすぐ届く

 

女を磨くとは?

ここでいう「女を磨く」とは、昔から女性の本質だとされてきた優しさ、柔らかさ、繊細さなどのことです。

それに磨きをかけていくことで、一流の女性になることができます。

一流の女性を見捨てる男性はいませんから、一流の売れっ子キャバ嬢にもなることができます。

もちろんキャバ嬢を辞めてからも、女性として幸せな人生を拓いていけることと思います。

もちろん、この心構えを持ち、女を磨いていくためには、相応の努力も必要です。

十人十色のお客さんを理解しようと努める心の広さと、実際に理解する目を養う必要があります。

多くの人を理解できるようになるということは、様々な人を受け入れる心の広さがあるということです。

女性の徳とは柔順であり受け入れることであると、古くから言われてきました。

中国に古くから伝わる易学などでも、男性は乾(けん、積極性を意味し、進みゆく存在とする)といい、女性は坤(こん、消極性を意味し、受け入れる存在とする)といい、女性は受け入れる存在である、受け入れることで花開く、純粋に受け入れるところが尊いと言われています。

これは古代中国だけではなく、古代日本でも言われていたことです。

日本最古の書物である『古事記』という書物では、男の神様と女の神様が国土や神様を生んでいくとき、女の神様が、

我が身は成り成りて、成り合わぬところ一処あり(私の体は出来上がりましたが、ひとつだけ欠けたところがあります。[つまり女性器のこと])

というと、男の神様が、

我が身は、成り成りて成り余れるところ一処あり。

(私の体は出来上がりましたが、ひとつだけ余っているところがあります。[つまり男性器のこと])

と答えました。

さらに、

この我が身の成り余れるところを、汝が身の成り合わぬところに刺し塞ぎて、国土生み成さんと思おすはいかに。

(この私の体の余っているところを、あなたの体の欠けているところに刺して塞ぎ、国を産もうと思いますが、どうですか。)

というと、女の神様は、

しか善けん。

(いいでしょう)

と言いました。

そうして、世界が始まったという神話です。

これも、女性が男性に対して、「しか善けん」と純粋に受け入れ、世界の始まりという大事業がすすめられたわけで、やはり女性の受け入れるところが尊いとされていることが分かります。

このように、女性らしさというものは優しいこと、柔らかいこと、繊細なことであり、優しく、柔らかに、細やかに受け入れるところに尊さがあります。

女を磨くとは、それを磨くということです。

もちろん、お客さんの無茶な要求に対し、何でもかんでも受け入れるというわけではありません。

正しいものを正しく受け入れていくことが大切なのです。

ですから、普通ならば苦手だ、嫌だと感じてしまうお客さんでも、女を磨いて優しい、柔らかな心で受け入れていくことが大切なのです。

女を磨いて幸せな人生を送るために、キャバクラはたくさんのことを学べる場所です。

 

キャバクラドレス界のユニクロ

ユニクロのように、安くて質が良い。
そんなキャバクラドレス通販ショップがdazzy
一度サイトをのぞいてみて♪圧倒的な安さ、品数にびっくりするから^^
とにかく商品数が多いから、キャスト同士でカブる心配もナシ!
新商品も次々に発表されるし、割引特典もあるから、会員登録して絶対に損はナシ!

 

キャバクラはお金を稼ぐ場所以上に、女を磨く場所です

ただお金を稼ぐ場所だと考えるのではなく、女を磨き、成長し、幸せを掴みましょう。

これこそが、全てのキャバ嬢が共通して持つべき心構えなのです。

単にお金を稼ぐ場所だと考えるならば、「専業キャバ嬢だから、たくさんお金を稼ぐべきであり、プロであることに誇りをもって女を磨いていくべきだ」、「アルバイトでキャバ嬢をやっているのだから、そこそこ稼げればそれでいいし、プロ意識も必要ないし、女も磨かなくていい」という区別ができてしまいます。

それではいけません。

プロのキャバ嬢も、アルバイトのキャバ嬢も、どちらもせっかくキャバ嬢として働くのですから、女を磨くべきです。

特にアルバイトのキャバ嬢は、キャバ以外の道を見据えているのでしょうが、漫然と働いて何となくお金をもらうのではなく、目標とする道でもよりよく生きられるように、女を磨くことを心がけましょう。

キャバクラという場で女を磨き、多くの男性から必要とされる女性になれば、キャバ嬢としてはもちろんのこと、人生全般において、輝かしい未来が待っていることでしょう。

 

デザイン力がすごいキャバドレス通販

「あの子には負けたくない!」
そんなときもdzaayは強い味方。
可愛く見せたいときも、エレガントに見せたいときでも、さまざまなドレスも売っている最強の通販ショップ。
ドレスを使い分けて、お客さんに「今日なんか違うね」って言わせちゃおう♪

 

まとめ

キャバクラは、接客することでお金がもらえる場所です。

しかし、そこで考えを止めてしまうのはもったいないことです。

キャバクラでは、接客することでお金がもらえて、同時に女を磨くのにも絶好の場所なのです。

せっかくキャバ嬢になったのですから、漫然と働くのではなく、女を徹底的に磨き、人生を豊かにするための修行の場だと考えましょう。

この心構えを持てば、その日から仕事への意識が変わります。

意識が変われば行動が変わり、習慣が変わり、女は磨かれ、人生が変わっていきます。

 

キャバドレス激安!!オススメ通販サイト
キャバのお仕事に来ていく服、どうしてますか? 実店舗だと高いし、なかなか良いのが見つからない… そんなお悩みをお持ちなら、オススメの通販サイトがあります! キャバドレス通販はdazzystore(デイジーストア)とは? ...

 

タイトルとURLをコピーしました