1. TOP
  2. キャバ嬢のスタイル
  3. キャバドレスやサンダルを通販で揃えよう!初心者におすすめのショップ

キャバドレスやサンダルを通販で揃えよう!初心者におすすめのショップ

キャバ嬢のスタイル 服装 この記事は約 5 分で読めます。

キャバクラ嬢の美しさを目的にキャバクラへ足を運ぶお客さんは少なくありません。

そのため、キャバクラ嬢は常に美しい姿をしておかなければならないのです。

ドレスは高額になってしまいますが、安く手に入れたいのであればネット通販がおすすめです。

キャバのドレスを通販で買おう

AdobeStock_112737633_R

全国の歓楽街にはさまざまなナイトスポットがありますが、中でもトップの人気を誇っているのはキャバクラでしょう。

キャバクラは高級店からリーズナブルなお店まで揃っていますので、20代の若手サラリーマンから年配の男性まで、誰もが満足出来るナイトスポットです。

キャバクラの接客スタイルは、お客さんの隣に座ってお酒を作ったりタバコに火をつけたりするもので、それに加えて軽妙なトークがあります。

しかし、最もお客さんを惹き寄せるポイントといえば美しいキャバクラ嬢でしょう。

42203515_m_R

これを求めてキャバクラへ行くお客さんは少なくありません。

キャバクラ嬢のファッションは独自のものがあり、代表的なものはゴージャスなドレスと盛ったヘアスタイルです。

特にキャバドレスは独自のもので、一般的なパーティードレスと異なるデザインです。

アパレルショップなどでは手に入らないため、基本的に歓楽街にあるドレスショップで売られています。

しかし、同じドレスショップにキャバクラ嬢が一斉にドレスを買いに行きますので、中にはデザインが同じになってしまうこともあるのです。

39902952_m_R

これが他店であれば問題ありませんが、同じお店のキャスト同士のデザインが一緒になると問題があります。

そういった場合はインターネットの通販ショップを利用しましょう。

実店舗では在庫に限りがあるため、どうしてもデザインが限られてしまいます。

しかし、通販ショップであれば在庫が豊富に揃っていますので、ほかのキャストと同じになることはありません。

さらに、通販ショップの場合はリーズナブルに手に入ることが多いのです。

中には5000円以下の激安ドレスも見つかります。

42437801_m_R

実店舗の場合ですと店舗の維持費や接客スタッフの人件費がかかってしまいますが、通販ショップの場合はそういったコストを削減することが出来るのです。

そのため、価格がリーズナブルになっています。

入店したばかりの特に駆け出しのキャバクラ嬢はどうしてもお金がありませんので、通販ショップで安く手に入れましょう。

レンタルドレスという方法もありますが、お酒などで汚してしまうと買い取りになってしまうので、買ってしまった方が安くなるのです。

AdobeStock_77930902_R

また、こういった通販ショップはどうしても送料が発生してしまうので、注意が必要です。

しかし、多くのショップでは一定の金額以上を注文すると、送料無料などのサービスがありますので積極的に利用しましょう。

友だち同士で購入するという方法もあります。

持ち物は何が必要?

AdobeStock_95714687_R

キャバクラ嬢はキャバドレスだけでなく必要な持ち物があります。

キャバクラではお客さんの隣に座って接客をするので、お客さんのタバコに火をつけなければなりません。

そのため、ライターは欠かせません。

普段タバコを吸う習慣の無い女性は忘れがちですので注意しましょう。

そのほかにお客さんと連絡先を交換しなければなりませんので、携帯電話、自分の連絡先を書いた名刺なども用意しておきましょう。

AdobeStock_55909424_R

そのほかに簡単なメイク直しが出来る化粧道具、ミントタブレット、ボールペンなどもあると便利です。

また、これらの持ち物を入れるクラッチバッグもあると良いでしょう。

そのほかに、キャバクラ嬢は自分を美しく見せなければなりませんので、カラコンやシリコンブラを使うようにしましょう。

こういったアイテムはインターネットの通販ドレスショップでも売られていますので、ドレスと合わせて購入してください。

AdobeStock_92625642_R

そのほかに大切なのはヘアスタイルです。

盛ったヘアスタイルは独自のものですので、自分でセットをすることは出来ません。

そのため、キャバクラには専属のヘアメイクスタッフが在籍している場合もありますので、プロのヘアメイクが受けられます。

そういったヘアメイクスタッフがいない場合は、美容院でヘアセットをしてもらいましょう。

また、こういった盛ったヘアスタイルはヘアアイロンやスプレー、ワックスなどを使用するのでどうしてもダメージヘアになってしまいます。

AdobeStock_54331429_R

ダメージヘアはだらしないイメージを与えてしまうので、必ずヘアケアをしておきましょう。

さらに、キャバクラ嬢は肌の露出が多いので、スキンケアやムダ毛処理もしておきましょう。

自分では気にならなくてもお客さんが気にする場合もあります。

また、現在のキャバクラ嬢はネイルアートが当たり前となっていますので、しっかりとネイルを整えておきましょう。

お酒を作る時やタバコに火をつける時などに指先を見られますので、だらしないイメージを与えないようにしましょう。

40007858_m_R

しかし、毎回これだけの準備をすることは非常に大変です。

こういったものに自信の無い方はガールズバーで働くことをおすすめします。

ガールズバーは基本的に私服で接客をしますので、ナチュラルに接客が出来るのです。

ガールズバーは基本的にバーテンダーとして働きますので、カウンター越しに接客を行います。

そのため、ライトな接客と言えるでしょう。

キャバクラよりも時給は安くなってしまいますが、一般的なアルバイトよりも高時給です。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • キャバクラのドレスレンタル基礎知識3選

  • キャバ嬢のヘアスタイル、ドレス素材……お金がかかる理由

  • まずは体験入店から!初めてでもわかりやすいキャバドレスの選び方

  • キャバ嬢のエレガントなハーフアップ・ヘアの種類

  • ホステスのいろいろな衣装が買える通販ショップまとめ

  • きゃばじょうめいくを習得して面接に挑もう!