1. TOP
  2. 月100万over!こんな稼げるキャバクラの給与システムとは?

月100万over!こんな稼げるキャバクラの給与システムとは?

今や人気の職業となったキャバ嬢ですが、キャバ嬢は稼ぎの高さが大きな魅力でもあります。

月に100万円以上を稼ぐキャバ嬢も珍しくありません。

キャバ嬢の給与システムは、保証時給制、ポイントスライド時給制、売上バック制の3つに分けられます。

保証時給制は新人のキャバ嬢の研修期間に最低時給を保証する制度であり、ポイントスライド時給制よ売上バック制はそれ以降の働き方に応じてキャバ嬢自身が選択するものです。

キャバクラは稼げる仕事

女性が女性であることを武器として稼いでいく職業の代表的なものといえば、キャバ嬢、風俗嬢、AV女優が挙げられるでしょう。

皆さんは、この中で最も稼げる職業はどれかご存知でしょうか。

どの職業も女性だけが許される、高給が望める職業です。

AV女優などはトップクラスのAV女優になれば非常にたくさんのお金を稼ぎ、スター的存在にもなれます。

しかし実際には、この中で最も稼げる職業はキャバ嬢です。

意外に思う人も多いかもしれませんが、これは間違いないことです。

なにしろ、キャバ嬢は一度に何人ものお客さんを相手にすることができるからです。

太いお客さんをたくさん抱えている超売れっ子ならば、一度にたくさんのお客さんを相手にし、一時間で何百万円という売り上げを上げることができます。

そして、キャバ嬢は多くの場合売上の半分を給料として手にすることができるのです。

このほか、キャバ嬢はお客さんから何十万円、何百万円というプレゼントを受け取ることもあります。

今や、キャバ嬢は女性の憧れの職業となっています。

憧れられる要因は色々です。

キレイな女性が男性たちにかしずかれているようなイメージがあり、それを自分も味わいたいと思ったり、キラキラとした華やかな世界で活躍したいと思ったりするのです。

しかし、その憧れの表れとして、収入も一つの基準になっていることは間違いありません。

そして、キャバクラは日本全国に存在しており、普通の女の子でも大きく稼ぐことができる仕事なのです。

本稿では、キャバ嬢はこんなに稼げる!ということ、そしてそのシステムに迫っていきましょう。

誕生日に1000万円稼ぐ?!

キャバ嬢はどれくらい稼げる職業なのでしょうか。

一つ良い例があります。

今から数年前、歌舞伎町で一番人気とされていたキャバ嬢が誕生日にかなりの売り上げを上げたと大きな話題になったことがありました。

その時の売り上げは一晩でなんと1800万円。

歌舞伎町の超人気キャバ嬢だと、月収は300万円台、時給換算で3万円と言われます。

しかし、誕生日はキャバ嬢が1年で一番売り上げる日であり、彼女は1800万円も売り上げたのです。

彼女の売上バック率は50%ですから、彼女は一晩で900万円を稼いだ計算になります。

また、キャバ嬢の誕生日は前夜祭と当日の2日間を祝うのが通例ですから、彼女は2日間で確実に1000万円以上を稼いだことでしょう。

ちなみにこの時の売り上げはそれまでの歌舞伎町の歴史で最高の売り上げだったそうです。

このように、本当に稼ぐキャバ嬢は一晩で1000万円近くを稼ぐことができます。

AV女優は売れれば稼げるとされる仕事ですが、テレビでアイドル的人気を誇っているAV女優でも出演料は一本当たり数十万円~100万円と言ったところです。

超人気の芸能人がAV女優に転身した場合には数千万円を一度に稼ぐこともありますが・・・。

もちろん、高級風俗嬢でも一晩で900万円を稼ぐことは絶対に不可能です。

これに対して、キャバ嬢は誕生日というだけで1000万円以上を稼いでしまうのです。

これは少々特殊な例であるとしても、キャバ嬢が稼げる仕事であることは間違いありません。

何故ならば、上記の通りキャバ嬢は複数のお客さんを同時に相手することができ、お客さんが使う金額には上限がなく、お客さんが支払ったお金のうち一定額を確実に受け取ることができるからです。

キャバ嬢の給与体系

キャバ嬢の稼ぎを知るための手っ取り早い方法は、キャバクラの給与システムを知ることです。

キャバ嬢の給与システムはお店ごとに違いがあり、また同じお店でもキャバ嬢ごとで違う場合もあります。

ややこしいシステムに感じられ、キャバ嬢自身も細かい部分はあまり理解できていないということも多いのです。

読者のみなさんは、まずは大まかな分類を知るのが良いでしょう。

保証時給制

一定額の最低時給を補償する制度のこと。

未だポイントを稼いでいない新人キャバ嬢に適用されることが多い。

スカウトマンが実力のあるキャバ嬢を他店から引き抜こうとする場合にも、ある程度の時給を最低保証時給として提示することもある。

ポイントスライド時給制

キャバ給料仕組み

指名、同伴、延長、ドリンク・フードオーダーなどでポイントを付与し、ポイントの獲得数によって時給が決まる。

売上バック制

キャバ嬢が売り上げた金額の数十%が給料としてバックされる。

バック率は売上や勤務日数に応じて変動し、30~50%というのが一般的。

永久時給保証制

最低時給をするシステム。

すでに実績があるキャバ嬢を勧誘する場合に、「最低1万円の時給を永久保証する」などの条件を提示したりする。

この場合、キャバ嬢が時給1万円以上の売り上げを上げた場合には時給がさらにアップするが、もし成績が悪かったとしても保証時給が下がることはない。

破格の待遇であるものの、もし時給以下の成績しか上げられなければお店からの圧力を受けるなどして辞めていくことになる。

 

以上がキャバクラの給与システムの大まかな分類です。

実際にはお店ごとにポイントの内訳やバック率の決め方に違いがあります。

次にキャバ嬢の給料の支払い方法ですが、基本的に試用期間を過ぎたキャバ嬢は、週払い、半月払い、月払いのいずれかで支払われることになります。

これもお店によって違います。一般的な職業では銀行振り込みで給料が支払われることが多いものですが、キャバクラでは銀行振り込みは少なく、基本的に現金の手渡しとなっています。

なぜ銀行振り込みにしないのかと言えば、まずひとつに税金対策があります。

税金対策のためにお金の流れを不透明にしたいという意図があるのです。

キャバ嬢の中には月に100万円以上を稼ぐキャバ嬢もいますが、そう考えるとお店は給料の支払いでかなりのお金が動いていることになります。

そこで、税金対策の必要も生じてくるのです。

また、キャバクラではそれだけのお金が動き、しかも税金対策のために銀行の利用していないとなると、キャバクラ店内にはかなりのお金がうなっていることになります。

しかし、特にセキュリティ対策をしているお店は少なく、従業員が警備員の役割を兼ねています。

最初は保証時給から

最初に、保証時給制について解説します。

お店ごとに給与システムは違うものですが、その店がどのようなシステムを採用しているとしても、新人キャバ嬢が入店した時には保証時給制でのスタートになります。

キャバ嬢の給料はこれから説明していく通り、指名や同伴の数、売り上げによって時給が変動していくポイントスライド時給制であることが多いものです。

また、ノルマを設けているお店が多く、ノルマを達成できないキャバ嬢は時給が落ちることもあります。

しかし、新人にはいきなり指名や同伴をとって売り上げに大きく貢献することは難しいため、ノルマを求めない期間が設けられています。

すなわち、新人は保証時給制でスタートし、指名や同伴が取れずに売り上げにそれほど貢献していない場合でも固定された時給を保証するのです。

保証期間はお店によっても異なりますが、1~3ヶ月ということが多いようです。

これはキャバクラのある地区によっても違いがあります。

例えば、歌舞伎町や六本木といった激戦区では1ヶ月となっていることが多く、その他の地域では2~3ヶ月になっていることが多いのです。

新人キャバ嬢は、指名や同伴などのノルマがなくとも時給を受け取れる期間で頑張ってお客さんを見つけ、保証期間が終了した後からはポイントスライド時給制に移行していきます。

もちろん、保証時給制がまだ終わっていない時期でも、その時期に指名を取るなどして売り上げを上げることができれば、時給は上がっていきます。

もっとも、キャバ嬢にも色々います。

頑張りによって指名を獲得し、売り上げを上げようとするキャバ嬢ばかりではありません。

中には、ノルマがなくぬるい保証期間だけ働いて、ノルマがないために指名はとらず同伴もせず、保証期間が終わると辞めてしまうキャバ嬢もいるのです。

そんなキャバ嬢は保証期間が終わって辞めると、また別のお店に入店して保証期間中を働き、ということを繰り返します。

このような困ったキャバ嬢もいるのです。

とはいっても、キャバ嬢の多くは、保証期間中だけ働くという目的ではないキャバ嬢も含め、1~2ヶ月で辞めてしまう子が多いものです。

だからこそ、お店としても常に人材が十分ということはなく、とりあえず一定以上のルックスならば保証時給で採用せざるを得ないのが実情です。

このほかの困ったキャバ嬢として、「体入荒らし」と呼ばれる行為を行うキャバ嬢もいます。

体入とは体験入店のことで、キャバクラで働くことに興味を持った女性を1~2日間体験的に働かせることです。

この期間は日払いで払われることになるのですが、中には日銭を稼ぐことを目的として様々なお店で体験入店を繰り返す女性がいるのです。

これを「体入荒らし」と言います。

しかし、実際には体入荒らしで様々なお店を渡り歩いていた女性が、ある時に体験入店したお店がすごく働きやすいと感じたり、良いお客さんに巡り合ってキャバ嬢の魅力を知ったりしたことで、本格的に働き始めるというケースもたくさんあります。

保証時給も、体験入店も、基本的には女性がキャバ嬢として働きやすくするためのシステムです。

多くの女性は夜の世界の仕事に最初は抵抗があるものですから、そのハードルを低くしてあげる意味があるのです。

保証時給はどう決まるか

では、キャバ嬢が最初にキャバ嬢になった時に適用される保証時給はどのように決まるのでしょうか。

キャバ嬢という仕事は、求人を見て一人で採用面接を受けに来るケースは少数派です。

多くのキャバ嬢はスカウトマンからスカウトされてお店にやってきます。

スカウトマンはスカウトの際に、「君なら保証時給4000円から働けるよ」などと言っているものです。

したがって、お店はスカウトマンと保証時給の交渉をしていくことになります。

では、スカウトマンはどのようにして保証時給を決めているのでしょうか。

これにはスカウトマンらしい決め方があるようです。

まず、スカウトマンはスカウトした女性をそのままキャバクラの面接に連れていくことはありません。

その前に一度喫茶店などに行って、スカウトした女性がいくらの保証時給を欲しがっているのかを聞き、スカウトマン自身の意見も伝えてじっくり話し合い、キャバクラ店にいくらを要求するかのラインを決めます。

その女性がもし現役キャバ嬢であった場合には、必ず今のお店での時給を聞き、そのうえでいくらの保証時給ならばお店を移ってくれるかを聞き出します。

お店が提示するままの保証時給を女性に言うことはなく、女の子が無茶な時給を要求してくる場合には相場を伝えて説得します。

つまり、保証時給はスカウトマンと女の子で相談して決め、さらに面接の際には決めた時給をお店と交渉して行き、最終的な保証時給が決まることになります。

このように書くと、保証時給を決める際にはスカウトマンと女の子が主導権を握っているように感じる人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

お店側の面接官も保証時給を決める際には交渉の態度で臨んできます。

その女の子の経験の有無や実績、容姿、人間性、やる気などを十分に考慮したうえで、保証時給を提示していくのです。

このほか、その女の子が週にどれくらい働こうと思っているかも重要な要素になります。

あるお店では、週に3回以下の出勤を希望する女の子はアルバイト、週に4回以上の出勤を希望する女の子はレギュラーと分類し、レギュラーを希望する女の子にはより高い保証時給を払っています。

お店側としては人手を確保するために新人を雇っているのですから、たくさん出勤できる女の子は重宝するものであり、保証時給も高く設定する価値があるのです。

あるお店の店長も以下のように語っていました。

 

キャバクラはお客さん一人にキャバ嬢が一人つきますからね。

うちではお客さんが三人きてキャバ嬢が二人しかつけなかったら、二人分の料金しか取っていませんが、それも基本を大切にしているからです。

といっても、そんなことしてたらもったいないですからね。

出勤するキャバ嬢は多い方がいいし、意欲があってたくさん出てくれる子は優遇します。

 

保証時給制の期間中も、遅刻や無断欠勤をすれば罰金が科せられます。

しかし、最低時給を保証する制度ですから、時給が引き下げられることはありません。

しかし、お店で定められている保証期間が終了すると、お店側が決める成績査定や売り上げによって、給料が変動するスライド制に移行するのが普通です。

スライド制こそがキャバ嬢の給与システムで最も一般的なもので、売り上げを上げれば上げるほど給料は多くなり、逆に売り上げが低ければ低いほど給料は少なくなります。

キャバクラ店と給与システム

キャバクラAは東京23区内の実在するキャバクラ店で、セット料金(60分)は19時~3000円、20時~4000円、21時~5000円、22時~6000円となっています。

税別価格であり、このほかにサービス料金が15%加算されます。

VIPルームに入った場合には60分8000円(税別)で、30%のサービス料金が別途加算されます。

延長料金は30分4000円、60分6000円であり、指名料は本指名が2000円、場内指名も2000円、同伴料は3000円です。

約50人が在籍している中箱キャバクラです。

キャバクラAは、沿線キャバクラと言われるお店です。

キャバクラで有名な歓楽街といえば歌舞伎町、六本木、池袋、上野などのターミナル駅の大型繁華街ですが、それ以外のJRや私鉄沿線にあるキャバクラのことを沿線キャバクラと言います。

歌舞伎町や六本木などには、60分のセット料金で6000~12000円の高級キャバクラが多いのですが、沿線キャバクラになるとキャバクラAのようにセット料金が3000円からとなっている大衆店が多くなります。

ちなみにキャバクラAはVIPルームもあるため、中級店に分類してよいでしょう。

キャバクラAは、東京都内の沿線キャバクラのなかでは繁盛店に数えられます。

キャバクラAのナンバーワンキャバ嬢は現在22歳のS嬢。

月収は手取りで約140万円であり、このレベルの月収は沿線キャバクラではトップクラスです。

キャバクラAの給与システムは3つあります。

それは保証時給制、ポイントスライド時給制、売上バック制です。

保証時給制は上述の通りの制度であり、新人キャバ嬢に対して適用されるものです。

キャバクラAでは2ヶ月の期間を設けています。

この期間に時給が下がることはなく、売り上げを上げた場合には上がっていきます。

保証時給の幅は2600~5000円であり、上記の例にもれず採用面接のときに保証時給が決められます。

そして、2ヶ月間の保証時給期間が終わると、ポイントスライド時給制か売上バック制をキャバ嬢自身が選択することになります。

先ほど紹介したS嬢はポイントスライド時給制を選択しています。

細かく言うならば、それに加えて指名・同伴・ボトルバック制が加えられています。

月収は先ほど述べた通り約140万円ですが、個人の売り上げは約220万円、出勤日数は24日、労働時間は約150時間(1日当たり約6時間)ですから、毎日9万円程度を売り上げていることになります。

時給に換算すると7600円であり、給与明細には「平均時給10350円」記載されています。

この「10350円」というのは、指名や同伴やボトルバックの金額を足したうえで時給換算した金額になります。

S嬢の7600円というのはどうやって決定されるのでしょうか。

彼女はポイントスライド時給制を選択していますから、個人での売り上げの金額そのものではなく、指名や同伴などによって獲得したポイントの合計が時給を決める要素になります。

詳しく言えば、本指名、場内指名、同伴、延長、ドリンクなどのそれぞれでポイントがつき、その合計によって時給がスライドしていきます。

キャバクラAでは給料を月給払いにしているため、キャバ嬢たちの時給は月ごとに変動していくことになります。

ちなみに、S嬢が取材時に獲得したポイントは282ポイントであり、これが時給7600円に繋がっているのです。

もちろん、ポイントに応じていくらの時給が支払われるかはお店ごとに異なります。

キャバクラAのキャバ嬢の在籍人数は上記の通り約50人ですが、彼女たちの時給で最も多いのは3200~4200円という時給であり、ポイントにすると61~120ポイントの間です。

これがベスト5のキャバ嬢になると、時給が4800円以上になり、月収も90万円以上となります。

ベスト3になると時給は5000円台で月収は100万円以上です。

ポイントに応じた時給を決定するポイントスライド表は、キャバ嬢たちの控室に貼り出されているもので、キャバ嬢それぞれに配られることはありません。

なぜならば、お店の外に持ち出されて情報が洩れることを嫌っているからです。

同伴テクニック

これはあくまでもキャバクラAのポイントスライド表であり、他店では異なる査定方法や点数配分となっています。

もし持ち出し自由となってしまえば、他店のポイントスライド表と比較されることも出てきますから、そうなると「私のお店よりもあのお店のほうがいい」という理由からキャバ嬢の流出が起こるかもしれません。

だからこそ、持ち出しは禁止です。

キャバ嬢たちはお客さんに営業をかけますが、営業の動機は紛れもなくポイントを稼ぐためです。

お店側としては、キャバ嬢がポイントを稼ぐために頑張ることで、売り上げも上がります。

つまり、ポイントスライド時給制という制度は、キャバクラ経営に非常に適している給与システムなのです。

ポイントの種類

では次に、ポイント項目やバック歩合について見ていきましょう。

本指名

本指名とは、お客さんが来店した際に特定のキャバ嬢を指名することです。

本指名を1回受けると1ポイントが獲得できます。

また、本指名の本数によっても現金での歩合がつきます。

つまり、1回本指名を受けると、1ポイントと本指名1本の獲得が計上されます。

指名本数によるバックの金額はお店によっても異なりますが、よくあるのは30本以上の本指名を受けると1本200円、40本以上では1本400円、50本以上だと1本500円といったものです。

キャバクラAでは、お客さんが本指名すると2000円の指名料がかかります。

指名客が延長した場合にも、延長時間に応じてポイントとバックが加算されていきます。

延長料金は30分で4000円、60分で6000円となっていますが、延長時間に限らず延長1回ごとに指名料が2000円発生します。

このため、キャバ嬢に対しても延長1回に付き1ポイントが付与され、バックも加算されます。

キャバ嬢にとってうれしいのは、同じ時間帯に複数のお客さんが来店して本指名してくれることです、例えば、21時に3人のお客さんが来店して同じキャバ嬢を本指名したとすれば、そのキャバ嬢は60分のセット時間で3ポイントと本指名3本分のバックを稼ぐことになります。

さらに、この3人のお客さんがみんな延長したとすれば30分あるいは60分の間に再びポイントとバックを稼ぐことができます。

売れっ子キャバ嬢は複数のお客さんから指名を受けることになり、1時間の間にたくさんのポイントとバックを獲得することができるのです。

キャバクラでは、基本的には本指名をしてくれたお客さんに付きっ切りになるのがルールですが、もし複数のお客さんから同時に指名されていたならば一人のお客さんに付きっ切りになることはできませんから、それぞれの指名客たちのテーブルを回ることになります。

指名客が多くなればなるほど一人当たりの接客時間は短くなるため、満足できなかったお客さんが延長する可能性も高くなります。

実際に、指名客の多い売れっ子キャバ嬢ほどポイントを稼ぎやすくなります。

基本的には、本指名でどれだけ多くポイントを稼ぐかがキャバ嬢の仕事といえます。

お店側としても、本指名を重視しています。

指名1本につき確実にセット料金が稼げるのですから、お店としては本指名をたくさん取ることを推奨するのです。

このことに関して、キャバクラAの店長は以下のように語ります。

 

キャバ嬢の仕事は、お客さんの話相手になり、気分よくお酒を飲んでもらい、楽しんでもらい、お金を使ってもらう事です。

しかし、それ以上にお店としては指名客をお店に呼んでもらうことがキャバ嬢の大切な仕事と考えています。

キャバ嬢が稼ぐポイントの大部分は本指名が占めているものですが、これもお店側がお客さんを呼んでほしいと考えていることの表れですよね。

ナンバーワンのSも、うちのお店で一番本指名が多いですよ。

だから一番時給が高いんです。

ナンバーワンから5番までのキャバ嬢をナンバーと呼ぶんですけど、ナンバーはサッカーでいえばフォワードです。

パスを回してもらってシュートする役目です。

指名を余り取れないキャバ嬢はそれ以外のポジションですね。

本指名をたくさん取るナンバーのヘルプをして、自分の指名客じゃないお客さんの相手をするんです。

どうせキャバ嬢をやるなら、指名客をいっぱいとってたくさん稼いだ方がいいですよ。

ヘルプ役の女の子も必要だし、だからこそヘルプの女の子たちにも時給は払ってますけどね。

ナンバーワンになる子じゃ、お店に来てすぐに指名をとりますね。

才能があるんでしょう。

Sにしても、入ってすぐにフォワードになりましたから。

成績を上げるためには場内指名を取るテクニックとか、場内指名から本指名につなげるテクニックとか色々勉強しなきゃいけないんですけど、ナンバーワンになる子は教えなくてもそれができることが多いですね。

可愛いとか美人とかいうのは大きいですけど、ナンバーワンになる子は不思議とそういう子が少ないのは面白いですね。

やっぱり、天性のフォワードかどうかが一番重要です。

どういう子が天性のフォワードかっていうと、それはよく分からないです。

接客してる様子を見てると分かってきますけど。

でも、指名を取れる子は入店したその日にもう指名客を見つけますからね。

そんな子がお店に慣れたら、もっとたくさんの指名をとるでしょう?

ナンバー入りするのは時間の問題。

そういう子がナンバーワンになりますね。

で、キャバクラはそういう子に一番都合がいいシステムになっているんです。

場内指名

キャバクラに来るお客さんには、指名客とフリー客の二種類がいます。

本指名のキャバ嬢が決まっているお客さんが指名客、本指名するキャバ嬢がいないお客さんがフリー客です。

初めてお店に来たお客さんや、指名客から連れられて遊びに来たお客さんなどがフリー客となります。

中には常連客が指名をせずに飲んでいるケースもありますが、そのようなお客さんは多くありません。

指名客とフリー客の割合は6:4あるいは7:3といったところです。

フリー客にはお気に入りのキャバ嬢を見つけてもらい、指名客として定期的に通ってもらうことがキャバクラ経営の基本です。

指名するキャバ嬢がいないフリー客には、60分のセット時間で4~5人のキャバ嬢が交代で接客することになります。

もっとも、お客さんがとにかくたくさんのキャバ嬢を見ていきたいという希望を伝えた場合などは、より短時間で入れ替わり立ち替わり、顔見せ的にキャバ嬢が入れ替わっていきます。

その中で気に入ったキャバ嬢を指名するのが場内指名です。

売れっ子キャバ嬢になるためには、まずは場内指名でフリー客をモノにすることが大切です。

場内指名をした場合、2000円の場内指名料がかかり、キャバ嬢には0.5ポイントが付与されます。

バックはありません。

場内指名をもらったら、そこでお客さんをより惹きつけて本指名のお客さんにする必要があり、それまではバックはお預けという事です。

場内指名に関して、キャバクラAの店長はこう言っていました。

 

Sは本指名のほかに場内指名もすごくたくさん取りますよ。

まあ、これには少し仕掛けがあるんですけどね・・・。

売れっ子キャバ嬢になると、本指名のお客さんの相手をするだけで手いっぱいになって、フリーのお客さんのテーブルにつけないものなんです。

でも、本指名のお客さんも何年も来てくれるとは限りませんからね。

ほとんどの場合はいつか離れていきます。

それに、キャバ嬢もいつも同じお客さんばかり相手していたら病んできますから。

指名を保つためにお客さんに気を使いすぎるんですね。

だから、指名客のテーブルについている時も、あえてその席から離れてフリー客の席に行かせることがあるんです。

そこで場内指名が取れれば、新たに顧客開拓できますから、本人も新鮮でしょう。

特に、Sのことが好きそうなお客さんにはよくつけてあげますね。

本当は指名客を差し置いてフリー客に付けさせるのはルール違反なんですけど、ナンバーワンが潰れるとお店としては困りますからね。

そういうことも柔軟にやっています。

こんなふうに、ナンバー上位のキャバ嬢に対しては、お店側としてもいろんなフォローをしていますよ。

だから、長く上位にいられることになります。

これはウチだけじゃなくていろんなキャバクラでやってることですから、やる気のある子は頑張ってナンバーに入るといいでしょうね。

そうしたらお店が大事にしてくれて、指名本数も伸びていきます。

同伴

同伴でつくポイントは1~2ポイントが一般的です。

同伴で入店したお客さんが延長した場合には2ポイントがつき、バックは同伴1本と延長ごとに2000円ずつがつくのが一般的です。

基本事項を押さえておくと、同伴とは同伴出勤の略であり、キャバ嬢は出勤前にお客さんと食事などして時間をすごし、一緒にお店に来ます。

つまり、出勤前のキャバ嬢とお客さんの店外デートであり、食事のほかにも映画を見たり、ボーリングをしたりと様々な選択肢があります。

このほか、店前同伴というものもあり、これはお店の前で待ち合わせて一緒にお店に入るだけで同伴と同じポイントを稼ぐことができます。

もちろん、店外デートをする同伴とは異なるため、お客さんはキャバ嬢を独り占めにする楽しみを味わうことはできません。

ならば、なぜわざわざ店前同伴をして同伴料を支払っているのかと言えば、それはキャバ嬢のご機嫌取りや応援としてです。

例えば、色恋目的で来店しているようなお客さんは、キャバ嬢を口説き落とすことを目指しているわけですから、時には店前同伴などもしてキャバ嬢にポイントを貢いで気を引こうとします。

ポイントの点数とバックの歩合を考えると、同伴で入店すると2ポイントをもらえるほか、2000円の同伴バックがもらえ、さらに同伴したお客さんが延長すればさらに2ポイントと2000円がもらえるというシステムが一般的です。

つまり、同伴は本指名以上に高い点数と歩合を獲得することができるのです。

キャバクラAの場合も同伴料は2000円で、その全額がキャバ嬢にバックされています。

同伴した場合のバックも同様です。

同伴をするとなぜ高いポイントとバックが与えられるのかをキャバクラAの店長に聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

 

それは、お店にとって同伴してくれるキャバ嬢がすごくありがたいからですよ。

うちの店はノルマを設けてないんですけど、多くのお店は同伴出勤のノルマを設けて、それをこなせなかったら罰金っていうところは多いです。

歌舞伎町とか、六本木のキャバクラだとほとんどがそうだと思いますよ。

うちの店はノルマを与えるんじゃなくて、同伴料と同伴延長の2000円を全部キャバ嬢にバックすることで、ノルマを与えなくてもキャバ嬢たちが同伴したくなるように仕向けてます。

同伴はたくさんほしいですからね。

ここまでのご褒美をあげてもお店にはメリットがあるんですよ。

同伴をすれば、お客さんが確実にお店に来てくれますからね。

キャバ嬢がメールとかでお客さんに営業して、『来る』ってなってもそれは不確実です。

お客さんはキャンセルできますから。

でも、キャバ嬢と同伴の約束をしていると、もうキャンセルできないでしょう?

確実なんですよ。

キャバクラ店では閉店後と開店前に出勤確認を取りますが、その時に同伴しますっていうキャバ嬢が何人いるかによってその日の売り上げが予測できるくらいです。

それに、キャバ嬢が普通に営業して『来る』ってなったお客さんも、例えば居酒屋で一杯やってから22時とかにお店に来ても、もう満席っていうことも多いものです。

それってすごくもったいないことですよね。

でも、同伴だと開店の1時間後までにはキャバ嬢がお客さんを連れてきますから。

中には開店と同時に同伴出勤してくれる場合もあるし。お店が暇なときにお客さんを呼べるからありがたいんですね。

同伴をするとお客さんはキャバ嬢を独占できて喜ぶし、キャバ嬢は指名客とより親しくなって上客にすることためにも効果的です。

けど、キャバ嬢側からすれば同伴も嬉しいことばかりじゃないんです。

たしかに同伴料のバックとポイントはもらえますけど、お店の外での余分なサービスであるとか、時給ももらえないのに仕事しなきゃいけないっていう感覚はあるみたいです。

その意識を少しでも軽くするために、うちでは同伴バックも同伴延長バックもつけてるんですけどね。

同伴はお得なんだって思って貰えれば、前向きになってもらえますから。

Sはナンバーワンですけど、同伴はあんまりしてませんね。

ナンバーワンになる子って指名客をたくさん持ってますけど、それでも週に1回くらいしか同伴してないんです。

たぶん、ナンバーワンになってちょっと天狗になってるんでしょうね。

ナンバーワンのプライドみたいなので、自分を安売りしたくないのか、スター気分なのか、同伴に積極的じゃないんです。

まぁ、Sくらいになると同伴しなくてもお客さんを呼べるからいいんですけどね。

キャバ嬢も色々ですよ。

皆ナンバー入りするまでは同伴も頑張って成績を上げるんですけど、その後はあんまり同伴しなくなる子もいますね。

もちろん、人気を維持するためにナンバー入りしてからも積極的に同伴する子もいます。

売上バック制とは

次に、売上バック制を解説します。キャバクラAでは保証時給制が終わるとポイントスライド時給制と売上バック制のどちらかをキャバ嬢に選ばせますが、キャバ嬢Yは打ち上げバック制を選択して月に約90万円を稼いでいます。

Yの時給は1800円ですが、これは固定時給で増減がありません。

キャバクラAではポイントスライド時給制を選択すれば最低2500円の時給をもらうことができるため、売上バック制を選択すれば時給は下がってしまいます。

しかし、売上バック制の稼ぎのメインは時給ではなく売り上げのバックですから、なんら問題はありません。

売上バック制では、本指名バック、同伴バック、ボトルバックなどがその都度計上されるわけではなく、単に「売上バック」と一元化されて支払われることになります。

売上バックは、売上バックスライド表という計算表に照らし合わせ、勤務時間に応じた売上バック率で支払われます。

Yの勤務時間では売上バック率は40%であり、個人売り上げの206万円に40%を掛け合わせて824000円のバックが支払われ、ここに固定時給の1800円×勤務時間が18万円。

売上バックと基本給を合わせて総支給額は約100万円となり、そこから構成比や所得税など10万円が控除されて90万円の月収というわけです。

Yの総支給額を労働時間で割ると、平均時給は約1万円となります。

これは、ナンバーワンのSとほとんど変わらない時給となります。

平均時給を計算して給与明細に表記する理由は、そうすることによってキャバ嬢のモチベーションを上げることができるからです。

基本時給が1800円と聞けば「なーんだ、キャバ嬢でもそれくらいか」と思ってしまいますが、平均時給が1万円と聞けば「私、すごくない?」と考えることができ、やる気と自信を引き出すことができるのです。

さて、なぜYがポイントスライド時給制ではなく売上バック制を選んだかといえば、それは言うまでもなくそちらの方が高い給料を稼ぐことができるからです。

もしYがポイントスライド時給制を選択していたならばどうなるのでしょうか。

Yの給与明細を見てみると、獲得ポイントは合計で175ポイントとなっています。

キャバクラAのポイントスライド表に照らし合わせると、時給は5400円。

これに勤務時間を掛け合わせると、526500円にしかなりません。

本指名バックは本指名100本×500円で5万円、同伴延長は10本で2万円。

これらすべてを足しても596500円です。

もしYがポイントスライド時給制を選択していれば、給料は約30万円も低くなってしまいます。

売上バック制があれば、Yのように勤務時間が短く、指名本数も比較的少ないものの、個人での売り上げは高いキャバ嬢が正当な評価を受けることができます。

キャバクラでは出勤日数、勤務時間、指名本数、同伴本数など色々なことが評価の対象となりますが、結局のところ一番評価されるのは「いくら売り上げるか」であり、売上バック制というシステムがそのことをよく表しています。

実際、歌舞伎町や六本木の高級店の売れっ子キャバ嬢たちの中には、売上バック制で給料をもらっているケースが多いものです。

ちなみに、売上バック制の「売上」とは「小計」のことです。

実際の会計ではさらに8%の消費税とサービス料が上乗せされます。

サービス料はお店によって異なりますが、大衆店では10~15%、高級店では20~30%、VIPルームの利用の際には30%以上が相場です。

サービス料はキャバ嬢にバックされず、すべてお店の取り分になります。

売上バック制について、キャバクラAの店長に話を聞いてみました。

 

Yはキャバ嬢の一般的なイメージそのものですね。

つまり、太いお客さん(お金をたくさん使ってくれるお客さん)を持っているキャバ嬢です。

だから個人売り上げは高いんです。

そういうキャバ嬢は、指名本数が少なくてもいいんです。

極端な話、すごい太客がいて、その人の指名1本で200万円稼いでハイ終わり、っていうのでもいいんです。

ホストなんかがそうですね。

指名客の人数より、どれだけ太い客を持っていて、お金を使ってもらうかで収入が決まってしまう部分が大きいんです。

ポイントスライド時給制と売上バック制のどちらのシステムを選ぶかはキャバ嬢が決めますが、もし選択が間違ってるなって思ったら、計算してみて給料が高くなる方を選ばせてます。

わざと給料が低くなる方を選ばせるとか、女の子が気づかなければ黙って低い方の給料を払うとか、キャバクラにはそういうイメージがあるかもしれませんけど、それはしませんよ。

やっぱり、キャバクラは女の子がいてこそ成り立つ商売ですからね。

女の子がお店に定着してもらえるのが一番ですから、いかに気持ちよく働いてもらうか、頑張って稼いでもらうかっていうのはとても重要なことです。

どのお店でも最低1ヶ月以上は保証時給を出してますけど、それも気持ちよく稼いでもらうためです。

でも、キャバ嬢たちはシステムのことよくわかってないみたいですね。

ポイントスライド時給制と売上バック制の違いを把握していない子がほとんどです。

だから、担当マネージャーが『あと○ポイント稼いだら時給が上がるよ』と声かけをしてモチベーションを上げています。

あとは、女の子がその日に稼いだポイントを翌日にメールして知らせたり。

これはモチベーションを上げると同時に、あとから『ポイントが間違ってる』という苦情を避けるためでもあります。

ナンバー入りするような子は明確な目標を持って働いていますから、システムをきちんと把握してますけどね。

キャバクラはノルマとか罰金で女の子の尻を叩いていると言われがちですし、フェミニストの社会学者なんかが『キャバクラは女性を搾取している』なんていいますけど、全然そんなことないですよ。そんなの古い。

いつの時代の話してるんだって感じです(笑)

まとめ

ちょっと長くなったので、本稿をまとめて終わりにしましょう。

 

●キャバ嬢は稼げる仕事です。

キャバ給料仕組み

超売れっ子キャバ嬢になれば、風俗嬢はもちろんAV女優さえも超えるほど稼ぐことができます。

 

●キャバ嬢の時給は保証時給制からスタートして、その後ポイントスライド時給制と売上バック制を選択します。

同伴テクニック

ポイントスライド時給制の時給は給料日ごとに変動します。

 

●ポイントスライド時給制の時給ポイントは本指名や同伴で大きく加算されます。

同伴テクニック

お客さんをたくさん呼べるキャバ嬢ほど時給が高くなります。

 

●売上バック制は太いお客さんを持っていればすごく稼げるシステムです。

癒し求める

太いお客さんを持つ売れっ子キャバ嬢は売上バック制にしていることが多いです。

 

●お店はキャバ嬢に気持ちよく稼いでもらう事を意識しています。

稼げるルール

それがお店も儲かる近道だからです。

 

いかがでしたでしょうか。

キャバクラがいかに稼げる職業で、どのようなシステムによって高収入がもたらされるか、ご理解いただけたかと思います。

男性に喜んでもらえて大金を稼げる、夢のような職業なのです。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 体入ドットコムって?キャバ嬢は移籍が多い?疑問にお答え!

  • 昼キャバのバイト!自分のライフスタイルに合わせて働く

  • キャバ嬢の彼女って男性から見たらどう?

  • 誰も教えてくれないセクキャバの時給システムまとめ

  • ガールズバーの体験入店!初心者向け注意点

  • ラウンジの求人とは?応募するなら髪型は気をつけて