1. TOP
  2. 【7つに分類】お客のタイプに合わせた営業テクニック法

【7つに分類】お客のタイプに合わせた営業テクニック法

キャバクラには日々たくさんのお客さまが訪れます。

男性のお客さまのタイプはまちまちですから、一人一人に応じた接客方法を身につけておくことが一流キャバ嬢への道と言えるでしょう。

ここでは主要な男性客のタイプと接客方法についてまとめてみました。

お客さんに合わせた営業テクニックを身につけちゃおう

Dollarphotoclub_79014743_R

可愛い女性と楽しくお喋りできるキャバクラは男性にとって癒やしの場です。

仕事のストレスや私生活における不満を解消するためにキャバクラへ足を運ぶ男性は少なくありませんし、キャバ嬢に弱音を吐きたいという男性もたくさんいますよね。

キャバクラに訪れるお客さんにとってキャバ嬢は癒やしの存在ですし、大げさに言えば天使のような存在でもあります。

これからキャバクラで働こうと考えている女性や、これからキャバ嬢として働きたい方はまずここをしっかり理解しておかねばなりません。

AdobeStock_72860161_R

キャバクラには日々いろいろなお客さんがやってきます。

男性客と楽しくお話して素敵な時間を提供することがキャバ嬢のお仕事ですが、一人一人の男性客によってタイプは異なりますから、タイプごとに接客方法を変えるという営業テクニックも必要となります。

売れっ子のキャバ嬢やお店でナンバーワンを取れるようなキャバ嬢はここが大きく違います。

実際にこの世界で働いているのなら人気のあるキャバ嬢の接客テクニックを見てみると分かると思いますが、きっとお客さんごとに違った接客をしているはずですよ。

売れっ子になりたいのならベースとなる接客テクニックだけでなく、男性客ごとに違った接客を行う必要があるのです。

AdobeStock_44140120_R

キャバクラにやってくる男性のタイプにもいろいろあります。

見栄っ張りで何でもキャバ嬢に自慢する男性もいますよね。

仕事の営業成績がトップになったとか、過去の武勇伝を延々と話し続けるような方もいます。

また、ナルシストで自分に酔ってしまっているような男性もいれば、あまりお店でお金を使いたがらないケチな人、本気でキャバ嬢を口説こうとする男性、人間不信に陥っていて誰も信じられないタイプの人、なぜかキャバ嬢にいじわるしてしまうような人、出張族でお店に来ている方など実にさまざまです。

これらのタイプごとに違った接客テクニックを駆使することが売れっ子キャバ嬢になるポイントと言えるでしょう。

AdobeStock_43798774_R

現在ナンバーワンを取っているキャバ嬢や、お店で不動の人気を誇っているキャバ嬢の多くは最初からテクニックを使い分けていたわけではありません。

恐らくは働きながら接客方法をマスターし、お客さんごとに使い分ける必要性を感じたのでしょう。

もちろん、天性の才能で最初からできていた方もいるかもしれませんけどね。

これからキャバ嬢として働きたい方は、お客さんに合わせた接客テクニックを身につけて人気キャバ嬢を目指してみましょう。

ナルシストタイプ

AdobeStock_88452101_R

自分が大好きな男性は意外に少なくありません。

多かれ少なかれ男性はナルシストと言われますが、人によっては度が過ぎたナルシストな方もいますし、常に自分の世界に入り込んでいるような方もいます。

それはそれで悪いこととは言えませんし、他人に害を与えない以上構わないのですがキャバ嬢として接客するには少々厄介な相手でもあります。

キャバクラには実際ナルシストなお客さんもたくさん足を運びますから、このような男性に対する営業テクニックをしっかり身につけておくと売り上げもアップするかもしれませんよ。

AdobeStock_44541941_R

このタイプの男性はとにかく自分の自慢話が大好きです。

隣についたときから最後まで延々と自慢話をしている方も珍しくありません。

もっとも多いのはやはり仕事に関する自慢話でしょうか。

「仕事のデキる男はカッコいい」と考えている男性は少なくありませんし、そんな自分に完全に酔ってしまっているタイプです。

自分がいかに仕事のデキる男かというのをキャバ嬢に語り続けます。

AdobeStock_89361990_R

また、過去にはこんな凄いことを成し遂げたという武勇伝自慢が多いのも特徴的ですね。

ほかにも、女の子にモテモテだったエピソードを話し続けるような方もいます。

では、このような男性にはどのように接すればいいのかということですが、こういうタイプの方は基本的に自分以外の人に興味を持っていません。

自分のことが何より大好きなのですし、自分のことを褒めてほしいと常に思っています。

そのため、キャストの側から一方的にトークを展開するよりも男性の話をしっかりと聞いてあげることがベストですね。

AdobeStock_60733170_R

どんなに面白くない話でも「本当ですか!?」「すごーい!」と相槌を打ってあげることも大切。

自分に酔いまくっているナルシストなお客さんにはとにかくたくさん自分のことを気持ちよく喋ってもらうのが一番です。

武勇伝や自慢話をキャストに聴かせたい男性の場合だと、キャストが一生懸命話を聞いてくれればくれるほど気持ちよくなってくれます。

その結果、「この子は真剣に俺の話を聞いてくれるな」と思ってくれますし、何より話していて気持ちよくなれますからまた指名したいと思うようになります。

しっかり話を聞いて時にはやや大げさすぎるほどの相槌を打つ、これがこのタイプの男性の攻略法と言えるでしょう。

また、自分が世界の誰よりもカッコいいと思っている男性は特別扱いされるのも大好きですから、ちょっとした相談をしてみるのも効果的ですよ。

見栄っ張りタイプ

AdobeStock_85355211_R

見栄っ張りなお客さんもキャバクラにはよく訪れます。

もっとも多いのは「夜の仕事に対して理解している」という男性。

キャバ嬢は立派な職業には違いありませんが、やはり世間一般では「水商売」と一括りにされてしまうことも多いですし、男性の中にはキャバ嬢をちょっと見下しているような方がいるのも確かです。

しかし、見栄っ張りタイプの男性はそんなことおくびにも出しません。

自分は夜のお仕事に理解がある、アダルティ―な人間である、キャバクラで大人な飲み方ができる、そのように思われたくて仕方のない方が多いですね。

AdobeStock_60872892_R

こういう男性も基本的には自分のことが好きな部類に入ります。

ナルシストというわけではありませんが、自分のことを「イイ人」だと思われたい方が多いですから、そこをしっかり理解していれば営業テクニックを駆使して攻略することは難しいことではありません。

自分は大人である、紳士であると思っているイイ人ぶりたい男性には「○○さんって本当に紳士で素晴らしい方だと思います」といったようにそこを褒めてあげましょう。

これだけでも男性は喜びますし、顔には出さなくてもきっと心の中で小躍りしていますよ。

AdobeStock_89335948_R

このタイプの男性は基本的に自分のことをイイ人と思われたいため嫌われるような行動を取ることは少ないです。

キャストに嫌なことを言ったり、ボディタッチなど嫌がることをするような方も少ないのではないでしょうか。

そのため、キャストからすると扱いやすい部類に入るお客さまです。

しかし、扱いやすい反面同伴での遅刻やドタキャンなどに対して根に持ったり、あとでチクチクとそれを言われることもあります。

その場で激昂したり怒鳴られたりするということはまずないでしょうが、後からいろいろと蒸し返される可能性はあります。

キャバクラシステム

この辺りは注意したほうが良いですね。

意外とキャストの非常識な行動にうるさい方が多いのもこのタイプの特徴ですから、お客さまの好意に甘え過ぎていい加減な接客にならないように注意しましょう。

扱いやすくて会話も弾みやすいですからついついお客さまの好意に甘えがちですし、接客もだんだんと手を抜いてしまうことも多くなりますが、こういう男性の多くはそういう部分をしっかり見ていることが多いです。

顔や口には出さなくても心の中でそう思っていることは多いですし、それを後から言われてしまうことも珍しくありません。

こうした特性を理解した上で接客するよう努めてください。

ケチなタイプ

AdobeStock_93533570_R

節約が得意、と聞くと一見素晴らしい人のように聞こえますが、キャバクラのようなお店で働くキャストからするとただのケチなお客さまであることも珍しくありません。

もちろん、節約は本当に素晴らしいことですし、キャバ嬢として働いている女性でも自宅では質素な生活を一貫して続けている方もいます。

節約を否定するわけではありませんが、それを過度に自慢したりその考えを押し付けてくるようなお客さまもいますから注意が必要です。

この系統の男性はとにかくお金を使わない、節約に命をかけているかのような言動も特徴的です。

お店にあまり来ないのにしつこくメールを送ってきたり、電話を頻繁にかけてくるのもこの系統の男性です。

AdobeStock_28259126_R

正直な話、この系統の男性はキャバクラで働くキャストとしてはあまり「良いお客さま」とは言えません。

かけた時間の割に売り上げは少ないですし、そもそもあまりお店にやってくることはありません。

お店にやっと来てくれたと思ったらドリンク一杯しか飲まなかったり、キャストがお酒をおねだりしてもイヤそうな顔をする、または恩着せがましい言い方をする方が多いです。

「君だから特別なんだよ」というような言い方をする方も多いですね。

お店であまりお金を使いたくない、という方が多い傾向にはあるものの、女の子と楽しくお酒を飲みたいという男性も同じくらい多いのも特徴です。

AdobeStock_95900071_R

そのためしっかりと教育できれば、やがてはイイお客さまに化けるという可能性もありますが、そこまで自分が我慢できるかどうかですね。

そこまでの良客に育てるには時間も我慢も必要となります。

ポイントとしてはお客さまをあまり甘やかしすぎないことですね。

この系統の男性だと「お金をあまり使わずともキャバ嬢と仲良くなれる」と思っている方が多いですし、それを自分なりの自慢にしてしまっている方もいます。

お店にもあまり来ない、お金もあまり使ってくれないのにメールや電話でのやり取りだけは要求してくるというようなお客さんには、自分はお給料をもらってお店で働いているということ、あまり売上にもならないのにただいたずらに連絡だけを取りあうようだとお店からも叱られてしまうことなどを柔らかく伝えてみましょう。

キャバクラシステム

「いつも連絡くれるのはうれしいけど、いつもメールや電話だけで遊んでいるとお店に叱られちゃう。たまにはお店に来てくれたらうれしいな」くらいでも構いません。

きつく言い過ぎてしまうと二度と来てくれないですから、なるべくオブラートに包んで伝えましょう。

出張族タイプ

AdobeStock_44327423_R

キャバクラ遊びが好きな男性の中には出張族の方も少なくありません。

なぜか男性は別の土地に行くとそこの土地の女性に興味が湧くものなのです。

そのため、出張で別の土地に訪れた男性は風俗やキャバクラに足を運ぶ方が多い傾向にあります。

では、この出張族のお客さまはキャバ嬢にとって良いお客さまなのかどうか、ということですが、一概に良くないお客さまと断じることはできません。

多くのキャバ嬢は次に繋がることはないだろう、と考えそこまで接客に力を入れることはありませんが、それでは少々もったいないです。

キャバクラシステム

出張族と言ってもさまざまですし、もしかしたらお得意先があるため定期的に足を運ぶ可能性もあります。

もしかすると転勤や出向などでその土地に引越してくる可能性も無きにしも非ず、ですよね。

一流のキャバ嬢はそこまで考えるものですし、いつでも「もしかすると」を考えるものです。

「出張でこっちに来ているだけだから適当にあしらっておこう」という考えで接客してしまうと、次にたくさんのお客さまを連れて来店してくれた時などに相手にしてもらえない可能性があります。

これは本当にもったいないですから注意が必要です。

AdobeStock_44419070_R

どんなお客さまにも最上級のサービスを提供するのが一流のキャバ嬢というものです。

それは出張族でも同じですから、出張でこの土地に来ているお客さまに対しても精一杯の接客を行いましょう。

接客で良い印象を与えることができればたまにメールで連絡が来ますし、「今度また出張でそっち行くけど、お店出てる?」というようなメールも来るようになります。

もしかすると取引先の人をたくさん連れてきてくれる可能性もありますし、ほとんどメールや電話営業していないにも関わらず連絡をくれて来店してくれるというのはありがたいですよね。

AdobeStock_57044512_R

また、この系統のお客さまはキャバ嬢に対して「ガチ恋」になることはほとんどありません。

基本的に離れ離れですから、あくまで束の間の癒しを求めてお店に来ています。

そのため色恋営業のテクニックも必要ありませんし、イヤな言い方をしてしまうと「とても楽なお客さま」です。

大切にしていると先ほどいったようにたくさんのお客さまを連れてきてくれる可能性もありますから、決して雑な扱いはしないようにしましょう。

太く短いタイプの男性の方が目の前の稼ぎには直結しますが、こういうお客さまは細く長くキャバ嬢に利益をもたらしてくれますよ。

大切にしたいですね。

熱烈アプローチタイプ

AdobeStock_89361640_R

キャバ嬢として働いているといろいろなお客さまに出会いますが、中には初めて来店したにも関わらずいきなり猛アプローチを仕掛けてくるような男性もいます。

このようなお客さまを「熱烈アプローチタイプ」と呼びますが、この系統の男性は基本的にキャバ嬢をガッツリ性の対象として見ていることが多いです。

つまり、頭の中は「キャバ嬢とエッチなことをしたい」という考えでいっぱいというケースが多いですね。

初見にも関わらず「付き合って!」とか「付き合ってくれないなら指名変える」「するかしないかはっきりしてくれないとイヤになる」などと平気で口走るのもこの系統のお客さまです。

AdobeStock_80609768_R

セット料金を安く設定しているお店になればなるほどこのようなお客さまは増える傾向にあります。

男性側としては安くキャバ嬢を口説ける場所と認識していることもありますし、風俗に行くより安上がりだと思っている方もいます。

料金が安いということもあって若い方が多いですし、性欲が旺盛な方が多いため必然的にキャバ嬢を猛烈に口説こうとする方が増えます。

あまり経済力もありませんし、最初から「ヤる」ことばかりを考えている方が多いためキャバ嬢としては苦労してしまうお客さまですね。

Dollarphotoclub_73636326_R

この手の男性は色恋営業を仕掛けると後々面倒なことになってしまいますし、実際に体の関係を持ってしまうとそれっきりになってしまうケースが多いです。

お客さまのいいようにされてお終い、というケースも多いですから注意しなくてはなりません。

また、苦労する割にあまりお金を使ってくれない方が多いですし、そもそも経済力があまりない方が多いため報われないケースが多いのも特徴と言えるでしょう。

色恋営業よりも友達営業のほうがまだマシですし、後に繋がりやすいですから基本的には友達営業をメインにすると良いでしょう。

ポイントは「期待を持たせないこと」です。

AdobeStock_53143269_R

男性は期待を持たせてしまうともっと盛り上がってしまいますし、アプローチが酷くなることも珍しくありません。

そのため、そういう関係になることはないよということを暗に伝えながら、でも友達ではいたいな、ということを伝えるようにすると良いかもしれません。

また、一友達ではあるけどアナタは私にとって大切な人、特別な人ということを伝えるのも大切なポイントですね。

色恋営業から友達営業に切り替えるには少々時間もかかってしまいますが、最終的にはその方が良い結果になりますから覚えておきましょう。

人間不信タイプ

AdobeStock_81933385_R

人間不信タイプと呼ばれる系統の男性はキャバ嬢にとって少々厄介なお客さまですが、考えようによってはカワイイお客さまでもありますから接客そのものはそれほど難しくもありません。

この系統のお客さまの特徴は、キャバ嬢が何を言っても「営業で言ってるんでしょ」とか「キャバ嬢なんて信用できないよ」と頻繁に口にします。

そもそもキャバクラは楽しく女性と会話しながらお酒を飲む場所ですから、それを理解できていない方が多いですね。

しかし、この系統のお客さまは基本的に「かまってちゃん」なことが多いですから、そこを理解できていれば大丈夫です。

AdobeStock_84481415_R

「自分なんてどうせ・・・」と少し卑屈になっていたり、自分に自信がない方が多いです。

そう考えると少しカワイイ気がしてきませんか?

実際、この系統の男性は自分に構ってほしいだけの「かまってちゃん」であることがほとんどです。

子供のような思考の可愛いお客さまだと思えば微笑ましいですよね。

AdobeStock_54791905_R

特に害があるわけでもありませんし、下心などもほとんどありませんから猛烈にアプローチしてくる男性よりもずっと扱いやすいです。

基本的な接客としては、褒めることがNGとなりますから覚えておきましょう。

この系統の男性は褒めると逆効果になってしまいます。

「お客さまってカッコいいですよね~」とか「仕事できそうですよね」などと言うとほぼ間違いなく「絶対そんなこと思ってないでしょ?」「どうせ営業で言ってるんでしょ?」という言葉が返ってきます。

まさに「ザ・卑屈」な言葉が返ってきますから、褒めるのはNGとなります。

AdobeStock_81843888_R

もっともベストなのはスレていない女性を演じることですね。

なるべく純粋な女性であることをアピールすることが最善の接客です。

お客さまに「もしかして本当にピュアなハートの持ち主なのかな?」と思わせることができたら大丈夫ですね。

ヘタにマシンガントークを繰り広げるよりも、お客さまの話を聞いてあげて適度に相槌を打ったり、わざとズレた答えをしてみたりすると印象が良くなるケースもあります。

AdobeStock_55573827_R

この系統の男性はとにかくキャバ嬢という職業に偏見を持っていたり、すべてのキャバ嬢が男性を食い物にしているようなイメージを持っていることも珍しくありません。

そのため、少しでも純真に見える努力をすることが大切です。

こなれた感じで相手をしたり、わざとらしく褒めたりすると完全に逆効果になってしまいますから注意しましょう。

とりあえずはこれを覚えて接客すると大丈夫ですよ。

いじわるタイプ

AdobeStock_88648312_R

好きな女の子についいじわるをしてしまう男性というのは意外に多いです。

小学生の頃自分をいじめていた男の子と社会人になって同窓会で再会したとき、「実は小学生の頃好きだったんだよね~」などと告白されたことのある方も多いのではないでしょうか。

こういった系統の男性は好きな子に構ってほしいだけなんですよね。

構ってほしいけど素直になることができず、つい意地悪な行動を取ってしまうというケースがほとんどです。

キャバクラにもこういうお客さまは来店しますから、営業テクニックを身につけておくと対処も楽です。

AdobeStock_88299803_R

この系統のお客さまの特徴は、他のキャストを見て「あの子カワイイな~」とわざと口に出したりします。

自分の指名したキャバ嬢が隣に座っているにも関わらず他のキャストをべた褒めしたり、指名変えようかななどと平気で口にすることもあります。

ただ、本心で言っていることはまずありませんし、ただキャストの反応を楽しんでいるだけということがほとんどです。

本当に指名を変えようと思っているわけではありませんから焦ったり怒ったりするのはNGですね。

ついイラッときてしまうこともあると思いますが、それが顔に出てしまわないようにしましょう。

AdobeStock_65238502_R

基本的にただ構ってほしいだけですし、自分の好きなキャバ嬢の反応を見て楽しんでいるだけです。

では、このような男性に対してどのように接客すればいいのかということですが、もし先ほどのようなことを言われたのなら条件反射でほっぺたを膨らませてみましょう。

その状態で軽く冗談っぽく男性をにらみつけると効果倍増です。

まったく反応しないと男性のいじわるがエスカレートする可能性もありますし、男性の方が逆にイライラしてしまうこともありますから、何かしら反応してあげることが大切です。

あまりにもしつこい場合はちょっと怒ってみると、「冗談に決まってるじゃん~、君が一番だよ」などと言ってきますから「ほんとに~?」と返してあげましょう。

AdobeStock_66379502_R

このタイプの男性は基本的に心が子どもです。

ある意味カワイイお客さまですから、決して悪いお客さまではありません。

それなりにお金を使ってくれる方も多いですし、適切に対処できれば長く付き合うことのできるお客さまになってくれるでしょう。

まるで小中学生のようなやり取りや恋愛が大好きな男性が多いですから、そこを理解しておくと接客もしやすいのではないでしょうか。

まったく無反応は逆効果ですから、覚えておきましょう。

【番外編】キャバ嬢が「付き合ってもいいかな」と思えるようなお客さんのタイプ

AdobeStock_27609850_R

キャバ嬢として働いている限りお客さまはあくまでお客さまであり、恋愛の対象になることはほとんどありません。

しかし、中にはお客さまと真剣な交際に発展するケースもありますし、絶対にありえないということもないでしょう。

男性の中には何としても目当てのキャバ嬢と付き合いたいと思ってお店に足しげく通っている方もいますし、それにまんざらでもない感情を抱いているキャストもいます。

では、実際キャバ嬢が付き合ってもイイかなと思えるような男性のお客さまとはどのようなタイプなのでしょうか。

AdobeStock_54010861_R

さっぱりしている男性は何となく気になってしまいます。

追われるとつい逃げたくなるのが人間というものですが、この逆のケースも当然あります。

あまりにも強いアプローチを続けすぎるとキャバ嬢としては引いてしまいますし、逃げたくなってしまうものです。

そのため、興味や好意を持ってくれているはずなのになぜかそっけない、そんな男性にキャバ嬢が惹かれてしまうケースは珍しくありません。

猛烈なアプローチを続けるより、押しては引き、押しては引きを繰り返したほうが最終的に良い結果になることがあります。

Dollarphotoclub_49508058_R

本当に私のことが好きなのかな?と思わせるくらいがちょうどいいかもしれません。

キャバ嬢は当然ビジネスとして働いていますし、生活のためにお金を稼ごうと働いています。

夜の世界で華々しく活躍しているキャバ嬢だとお金に対して貪欲なことも多いですし、自分のために少しでもたくさんのお金を使ってくれるお客さまに惹かれてしまうことも珍しくありません。

お金がまったくない男性だと相手にしてくれないことが多いですが、お金があってもそれを鼻にかけるような男性は問題外です。

bsYOTA82_sorehabatu15123856_R

お金は持っているけど嫌味なく自分に使ってくれる男性、お店で売り上げに貢献してくれる男性にキャバ嬢は惹かれてしまうものですよ。

優しい男性が好きという女性は多いですが、これはキャバ嬢でも同じです。

いくらお金をたくさん持っていても性格が悪いと問題外ですし、優しくない男性には惹かれないでしょう。

表からは華々しく見えるキャバ嬢の世界ですが実はとても大変な世界ですし、夜の世界に疲れ切っているキャバ嬢もたくさんいます。

AdobeStock_95623079_R

男性客がたまに見せる優しさに癒されているキャバ嬢も決して少なくはありません。

しかし、ただ優しいだけだとカモにされてしまう可能性もありますから、メリハリをつけることも大切ですね。

要所要所でプレゼント攻撃などは効果ありますよ。

まとめ

会話方法

キャバクラにはたくさんのお客さまがやってきますし、それぞれのタイプに応じて接客する必要があります。

ここまででご説明してきたように、タイプごとの接客方法を身につけておけば、これから先キャバ嬢としてやっていくことは十分可能でしょう。

もちろん、すべてのお客さまにまったく同じ接客をしたとしてもそれが悪いとは言えませんし、実際にそういうキャバ嬢がいるのも確かです。

しかし、人気のキャバ嬢や一流と呼ばれるキャバ嬢の多くは男性のタイプに応じた接客を身につけていますし、それゆえに一番になれています。

AdobeStock_94697708_R

もしアナタが売れっ子キャバ嬢への道を模索しているのなら、ここでご紹介してきた接客方法を身につけるのがもっとも最善の道となるのではないでしょうか。

いろいろな接客についてご紹介してきましたが、基本は一生懸命接客すること、お客さまのことを考えたサービスを提供することが大切です。

どのような系統の男性でも一生懸命さが伝わってイヤな気分になられることはあまりないでしょうし、そこに惹かれる男性は多いはずです。

キャバ嬢としてやっていくのなら一生懸命さと誠心誠意接客をするという気持ちだけはもっとも重要ですから覚えておきましょう。

AdobeStock_52463756_R

誰一人同じお客さまはいないということを覚えておくことが重要です。

この世にはたくさんの男性がいますが、一人一人に個性があり良いところも悪いところもあるということをしっかり理解しておきましょう。

そのため、タイプを意識した接客やテクニックはとても大切ですが、パターン化してしまわないように注意する必要もあります。

来店いただいたお客さまを見て「この人はこのタイプだな」と考えてしまうとつい機械的な接客になってしまいますから、そこだけは注意しましょう。

ここにご紹介してきた系統のお客さまも、少しずつ別の要素を持っている方もいますし、すべてを合わせたような方もいます。

一人一人にマッチした最善の接客を行うことが大切です。

AdobeStock_43576318_R

口で言うのは簡単ですが、実際にやってみると難しいとは思います。

今現在お店でナンバーワンの立場にいるキャバ嬢も最初からできていたわけではありません。

もちろん、生まれつきそのような才能が備わっている方も稀にいますが、ほとんどの一流キャバ嬢は働きながらこうしたテクニックを身につけています。

最初からできるわけはありませんから、最初からムリをし過ぎないようにしましょう。

日々いろいろなお客さまと出会い会話しながら身につけていくとイイですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 顔の表情パターンを多く作れれば稼げる!効果的なしぐさ7選

  • No.1はやっている!男をハメる「また会いたい」と思わせる小悪魔テク

  • 名刺を活用して指名ゲット!キャバ嬢の基本ッス

  • 売れっ子キャバ嬢のトーク術

  • お客様を分析して計画的に付き合う

  • 会話上手になって売れっ子キャバ嬢になる!