1. TOP
  2. 苦手なお客さんと会話で盛り上がって場内をゲットする秘術

苦手なお客さんと会話で盛り上がって場内をゲットする秘術

キャバ嬢は会話が基本。

でも、会話って簡単そうで難しい。特にフリー客は。

ウマが合うお客さんなら苦労せず会話が続き、指名をもらえることもしばしばですが、ウマが合わないお客さんと会話のキャッチボールを続けて場内指名をゲットするのは難しいですよね。

でも、一流のキャバ嬢になるとそれができてしまうのです!

会話が接客の基本

キャバ嬢の仕事はお客さんに癒しを提供することです。

癒しは様々なことを通じて提供されますが、中でも会話を通すことで提供されます。

お客さんの話に耳を傾け、適切な返答をすることによって癒してあげることができます。

このように、会話はキャバクラにおける接客の基本ともいえるのですが、ではどのように会話をすればよいかということになると、悩んでしまうキャバ嬢も少なくありません。

このような記事を書いている私も、会話についてよく質問をされることがあります。

中でも多いのは、フリーのお客さんについたとき、そのお客さんから指名をもらうためにはどのような会話をすればいいのか、そして、下ネタなどの苦手な会話を振られたときにどうやってかわせばいいのか、嫌なことを言われたときにどうやってかわせばいいのかという事です。

この中でも、フリーのお客さんとの会話テクニックはとても重要なものです。

なぜならば、キャバクラに来るお客さんのうち、すでに指名するキャバ嬢が決まっているお客さんに営業をかけることはできないため、指名をもらえる可能性があるのはフリーのお客さんだけだからです。

フリーのお客さんに接客するキャバ嬢たちが全員指名を狙って接客していますから、その中で特に自分を気に入ってもらい、指名をもらうというのは簡単なことではありません。

だからこそ、フリーのお客さんを接客するときの会話はとても重要となります。

しかし、キャバクラでも一般職においても、会話にマニュアルは存在しません。

お客さんがこう言ったときはこう返せばいい、こんなお客さんにはこんな話をすればいい、といったような定石は存在しませんし、そのようなものがあれば、お客さんは多くのキャバ嬢と似たり寄ったりの会話しかできず、何も楽しくないでしょう。

さらに厄介なことに、同じ話をするにしても、話す人と聞く人の相性やそのときの状況によって、好感をもたれたり、何とも思われなかったり、嫌われてしまったりするのです。

会話とはそのようなものであるからこそ、マニュアルが通用しないともいえます。

また、会話は接客の基本ではありますが、接客のすべてではありません。

会話が上手なキャバ嬢はそれだけで他のキャバ嬢に差をつけることができますが、ほかの様々な要素でマイナスポイントが多ければ魅力的とは言えません。

お客さんは、そのキャバ嬢の総合的な魅力に惚れた結果、指名しているのです。

そのため、会話は非常に重要な物ではありますが、キャバ嬢の魅力を引き出すための一つの要素に過ぎないということも覚えておくと良いでしょう。

本稿では、そのことを踏まえつつ、フリーのお客さんとの会話のテクニックをお教えしようと思います。

ナンバーワンキャバ嬢はどうしている?

まず、何もない所へああしろ、こうしろというのは、マニュアルがないので無理です。

しかし、ナンバーワンキャバ嬢は上手な会話をすることによって指名をたくさん得ていますから、ナンバーワンがどのような会話をしているのかを学ぶことは価値があります。

ナンバーワンキャバ嬢たちは、フリーのお客さんについた時、以下の流れを基本として、そのうえで独自のパターンやペースを作って会話を展開しています。

その流れとは、

  • 導入トーク
  • つかみトーク
  • ネタの展開
  • クロージングトーク

という流れです。

この中でも最も難しいのが、3のお客さんに合わせたネタの展開です。

フリーのお客さんの心をつかむためには、この部分で「この子と話していると楽しいな」と思わせなければなりません。

いくらルックスが優れているキャバ嬢でも、この部分がうまくできないキャバ嬢は魅力のないキャバ嬢とうつってしまい、なかなか指名を取ることはできません。

導入トークとつかみトークはそれほど難しいものではないでしょう。

お客さんの席に行ったときに挨拶や自己紹介をしながら次につなげるのが導入トーク、導入トークの後にネタの展開に向けて会話のつかみを作るのが掴みトークです。

そして、お客さんに合わせたネタの展開。

ナンバーワンキャバ嬢はどのようにネタの展開をしているのでしょうか。

私がよく指名して研究対象としているナンバーワンキャバ嬢たちに聞いてみたところ、案外簡単なことを意識していることが分かりました。

それは、導入トークやつかみトークを通してお客さんの興味の傾向を探り、そこへ集中的にネタを振っていくという事です。

フリーのお客さんにはたくさんのキャバ嬢がついて接客をしていくものですから、キャバ嬢はひとりあたり15分程度の接客しかできません。

そのため、この短時間でできるだけ色々なネタを振ってみて、お客さんが興味を示したと分かればそこを掘り下げていくのです。

釣りでいうならば、どんな魚がいるかわからない海に、色々なエサを付けて投げ込んでみるようなものです。

お客さんが食いつくかどうかを素早く判断していきます。

もちろん、ネタ振りをするのはキャバ嬢側ですから、うまくネタを振るためには、そのネタに対してキャバ嬢が幾らかの興味や知識を持っている必要があります。

そうでなければ、もしお客さんが反応を示したとしても、会話を広げていくことができず、お客さんの心をつかむこともできません。

ですから、お客さんにネタ振りをする前提として、たくさんのネタを用意しておく必要があります。

ナンバーワンキャバ嬢たちが持っているネタを見てみると、以下のようなネタを用意しているようです。

  • ニュース
  • ビジネス
  • 映画
  • 車・バイク
  • スポーツ
  • 旅行
  • 人間心理
  • グルメ
  • ギャンブル
  • 自分の失敗ネタや面白ネタ

これらのネタは、比較的簡単に得られるものです。

出勤前にワイドショーを見たり、新聞を読んだり、ネットニュースを空き時間に読むクセを付けたりすれば、ニュースやビジネス事情に関する知識は増やすことができます。

映画やスポーツやグルメなどの趣味的要素が強いネタを増やしていくためには、まずは自分が興味のあることから広げていけばいいと思います。

男性や女性の心理もネタにしやすいものですが、これはキャバクラ関連書籍や当サイトの記事を読むことでも得ることができるでしょう。

ネタを仕入れていくためには、待っていてもネタの方からやってくるということはありません。

自ら本や雑誌を読んだり、テレビを見たり、人の話を聞いたりすることによってのみ、ネタを仕入れることができるのです。

現代は情報時代ですから、自分にネタを仕入れる姿勢さえあれば、どこからでもネタを集めることができます。

したがって、自分では何もしたくないけど、会話ができるようになりたいと思っているならば、その時点でアウトだと思ってください。

フリーのお客さんとの会話の例

では、実際にはどのように会話が進められていくのかを具体的に見ていきましょう。

ネタ振りのフレーズは、以下のようなものになります。

「最近車を買おうと思っているんですけど、初めてのことでよくわからなくって。
○○さんは車に詳しいですか?」
「今度友達と旅行に行こうと思ってるんですけど、まだどこに行くかは決めてないんですよね。
○○さんは旅行はされますか?」

「○○さんって不動産業界にお勤めですよね。
最近ニュースを見てたら『マイナス金利がどうこう』って言ってますけど、あれって何なんですか?」
「私って結構骨格がごつごつしてて、それがコンプレックスなんですよね。
この前服を買いに行ったときも・・・」
「○○さんは映画は観ますか?最近公開された△△って、CMで見てすごく面白そうだと思ってるんですけど」

もちろん、会話の流れによって言い回しは変えなければなりませんが、このようなネタ振りはキャバクラではよく使われているものです。

ここで重要なのは、お客さんはネタ振りそのものに楽しさを感じて、あなたを指名するかどうかを決定しているわけではないという事です。

会話をして楽しいのはもちろん大切なことですが、それ以上に、会話の中であなたの人間性を感じ取り、自分とフィーリングが合い、「この子、なんとなく好きだな。もっと話したいな」と思って指名してくれるのです。

したがって、単に面白いネタをどんどん振っていくだけではなく、あなた自身が会話に夢中になることによって、お客さんがキャバ嬢と話しているというよりも、人間としてのあなたと話しているように錯覚させるのがベストです。

もちろん、お客さんが話している時は夢中になって聞くようにします。

お客さんは、キャバ嬢のキャバ嬢性を感じすぎると拒否反応を示してしまいます。

なぜならば、キャバ嬢はお客さんを騙して指名をとるなどして稼いでいるというイメージが一般的だからです。

そのため、お互いに会話にハマっていき、夢中になれるような雰囲気を作っていくことを意識しましょう。

では、これらのネタ振りが実際の会話でどのように使われているかを見てみましょう。

会話例

では、実際に売れっ子キャバ嬢の会話の会話例を見てみましょう。

「最近車を買おうと思っているんですけど、初めてのことでよくわからなくって。
○○さんは車に詳しいですか?」
「車ねえ。
俺はあんまり詳しい方じゃないよ。
カッコイイ車とか高い車とか色々あるけど、俺は乗れればいいって感じだからさ」

「私もそう思います。
だって、車って本来そういうものだし、そんなに気にしないですね。
色は赤とかピンクとか可愛い色がいいなってくらいで。
でも、周りからいろんな情報をもらうんですよね~。
あれが良いとかこれが良いとか。
それ聞いてるうちに、なにがいいのかわからなくなっちゃって」

「そうなんだ」
「でも、どっちにしろお金貯めなきゃいけませんよね。
なかなかたまらなくって」
「どうして?」
「女の人では珍しいって言われますけど、競馬が好きなんですよね」
「え、競馬やるんだ」
「はい。
おじいちゃんが好きで連れて行ってもらったりしてたら、好きになっちゃって。
たまに行って少しだけ馬券買ったりしてるんですけど、ハマっちゃうと使いすぎることもあって。
○○さんは競馬とかしますか?」
「競馬はやらないな」

「そうなんですね。
ギャンブル全般やらないんですか?」
「昔はパチンコをやってたけど、最近は全然行かないよ」
「ギャンブルはやらないに越したことはないですよね」
「でも、株はやってるよ」
「そうなんですか?
私も興味あるんですけど、株ってお金かかるしすっごい難しくそうで、競馬どころのギャンブルじゃないなと思って手を出せないです」
「たしかに簡単じゃないよね。
でも、競馬とかパチンコとかのギャンブルとは違って、勉強すればきっちり増やしていくことができるし、すごくやりがいがあるよ」

「そうなんですね。
どうやって勉強されたんですか?」
「う~ん、勉強を始めたのは何年も前のことだからなぁ」
「へぇ~、何年も勉強されたんですね」
「うん。最初はなんか、わけもわからずとりあえず入門書を読んだかな。
あと、情報量があった方がいいから経済系の雑誌とかはよく読んでるよ」
「すごいですね。
私も『東洋経済』とか読んでみようとしたことあったんですけど、むずかしくって」
「『東洋経済』はそうだね。
最初は難しく感じるかもね」

「『マイナス金利』とか、最近よく話題になってるじゃないですか。
なんかローンが組みやすくて不動産投資業界が盛り上がってるとか。
なら、車買う時のローンも組みやすくなるの?とか色々思って。
それでこの前、マイナス金利について書いてある『東洋経済』を買って全部読んでは見たんですけど、難しくって。
基礎知識がないからですかね。
マイナス金利ってどういうことですか?」

「マイナス金利っていうのはね・・・・・」

(お客さんはここで熱心に説明。説明が終わらないうちに、フリーでの接客時間が終わってボーイが呼びに来る)

「あ~まだ全部終わってないのに!
まだ知りたいことがたくさんあるんですけど。
そうだ、良かったらアドレス交換してもらえませんか?
色々質問したいです!」

(ここでアドレス交換)

「まだ話も終わらないし、このまま席にいなよ。
場内指名してあげるから」
「え、本当ですか?うれしい!」

 

このような会話の流れで進めることができれば、一流と言っていいでしょう。

このキャバ嬢は、車の話からはじめ、競馬の話に移り、最終的にビジネス系の会話にもっていくことで興味を引き出しています。

会話が下手なキャバ嬢であれば、車のネタ振りをしたときに、お客さんが「車にはあまり興味がない」と言われればそこで会話が終わってしまいます。

しかし、次のネタ振りにつなげるために競馬の話をはじめ、そこから株式投資に興味があることを探り当て、ビジネス系の会話で盛り上がっています。

どれもキャバ嬢が実際に興味を持っていることに関する会話で展開しているからこそ、『東洋経済』を読んでみたものの難しかった、「マイナス金利」とは何かわからない、教えてほしいと展開しているのです。

ネタ振りの結果どのような会話に発展していくかはその時によって変わりますが、お客さんが熱心に解説してくれるという流れを作ることができれば非常に良いでしょう。

なぜならば、そのような会話ではお客さんが普段熱心に学んでいることの講釈ができるからです。

人というのは、自分の知識を披露することによって自尊心を満たすことができるため、お客さんになにかわからないことを解説してもらうというのはそれが結果的に大きな癒しの提供になります。

また、解説する内容が小難しいものやマニアックなものであればあるほど、お客さんは家庭でも、仕事場でもそのようなことに関して話をする機会を得られないものですから、ここぞとばかりに解説して満足感を高めてくれます。

するとお客さんは、「この子は俺の話をよく聞いてくれる。楽しいな」と感じるため、アドレス交換も非常にスムーズですし、お互いの興味がマッチしてアドレス交換するのですから、その後の日常的なメールでも会話に困りにくくなります。

この会話例のようにそのまま場内指名に繋がることもあります。

以上のように、フリーのお客さんから指名をもらうためには、相手の反応を見ながら、より興味があると思われる方向へとネタ振りをしていくことがポイントとなります。

振ったネタに興味を示さなければ、そのことについて会話を続けていると「面倒くさい」「楽しくない」と思われて嫌われてしまいますから、どんどんネタを変えていきましょう。

そして、興味を示したことが分かればその話題で盛り上げていくのです。

このことからも、ネタ振りをスムーズに進めていくためには、普段から色々なことに興味を持って起き、会話のとっかかりを色々な角度からつけられるようにしておかなければなりません。

キャバクラは苦手な会話がつきもの

では次に、フリーのお客さんとの会話例から話を変えて、苦手な話題のかわしかたを解説していきましょう。

キャバ嬢の性格にもよりますが、下ネタが苦手というキャバ嬢はいるものです。

また、キャバ嬢のキャラによってはいじめたくなると思われるのか、意地悪なことを言われてしまうキャバ嬢もいます。

自分の苦手な会話を振られたり、意地悪なことを言われてしまうと辛いと感じてしまうことでしょう。

しかし、それは水商売で働いている以上避けがたいことです。

キャバクラでは、お客さんはお酒を飲んでいますお客さんの中には、お酒が入ることによって気が大きくなり、普段では口にしないことも行ってしまうケースは多くなります。

普段は下ネタを言わない人がついつい口にしてしまうようなことがあるのです。

また、キャバクラではキャバ嬢がある程度どんな話でも聞いてくれる場所ですから、ストレス発散のために下ネタを言ってしまったり、意地悪なことを言ってしまったりすることも少なくありません。

性癖やストレス発散の方法は人によって様々ですから、お客さんによっては下ネタを振って嫌がる姿を見て喜んだり、意地悪なことをいってストレスを発散しているケースもあります。

しかも、自覚無しにそのようなことをしているお客さんもいるのです。

苦手な会話に対する姿勢として、まずは「キャバクラとはそういう空間なんだ」ということを認識するようにしてください。

それだけでも、「このお客さんってサイテー!もう嫌い!」となるところを、「まぁまぁ、ここはキャバクラなんだし」と思うことができ、ずいぶんとストレスは減ることでしょう。

とはいえ、キャバ嬢はお客さんが何を言っても終始ニコニコして我慢していなければならないのか、それをしていればナンバー入りできるのかというと、そうでもありません。

ベテランキャバ嬢や売れっ子キャバ嬢たちは、苦手な会話を巧みにかわしていく方法を知っています。

苦手な会話をかわして本心から楽しいと思って接客することによって、お客さんの心をつかんで、成績をあげていくことができるのです。

苦手な会話のかわしかた

実際に、ベテランキャバ嬢や売れっ子キャバ嬢たちがどのようにして苦手な会話をかわしているのかをインタビューしたことがあります。

それを見ていきましょう。

・キャバ嬢A

あたし、下ネタが苦手なんですよ。

意外って言われますけどね。

言うのも苦手だし、言われるのも苦手です。

意外っていわれるんだから、言っていい雰囲気とか、下ネタ好きそうな雰囲気があるんですかね。

だから下ネタ言われることがよくあるんですけど、そういうときは『そういう話はあまり得意じゃないんです』って率直に言うようにしてます。

そう言ってから『それよりも、○○って知ってる?』って話題を変えるようにしてみます。

それでもしつこく下ネタ言ってくる人もいますけどね。

欲求不満なのかな(笑)

そんなお客さんは、多分指名してからも下ネタ言いたいんだろうから、指名されたら困るし、下ネタ嫌いって断ってるから多分指名はもらえませんよね。

だから指名は諦めて『そういう話する人は嫌いです』って言っちゃいます。

指名のお客さんが、フリーの時は下ネタ言わなかったのに、指名するとちょっとずつ下ネタが増えてくることもあります。

その時は、『下ネタが好きな女の子もいるかもしれないけど、あたしは好きじゃないからもっと楽しい話をしようよ』って言いますね。

フリーの時に下ネタなしで楽しく話せたんだから他の話題でも楽しく話せるはずだし、せっかくの指名客を逃すのはもったいないですから。

しつこい場合は『そんな話ばかりする人は嫌いになっちゃうよ』っていうと、大抵は話題を変えられます。

もしそれで離れていくなら、最初から縁がなかったんですよ。

・キャバ嬢B

私ってすごく貧乳で、それがコンプレックスでもあるんですけど、お客さんからそのことを言われることがあるんですよね。

普通の職場じゃ『セクハラです!』って言えますけど、それが言えないのがキャバクラの辛いところですね。

コンプレックスになるくらい嫌いなところですから、かなり傷つきますよ。

最初の頃なんてキャバクラに行くのが嫌になりました。

でも、今はもう慣れましたね。

ギャグで返せるくらい。

『そうなの。胸ないんだよ。男の人は「大きい方がいい」っていうけど、小さい方がいいこともあるんだよ。肩はこらないし、うつぶせで寝れるし』

みたいな(笑)

・キャバ嬢C

キャバクラの何が嫌かって、体のこと言われるのが多いことが嫌ですね。

キャバ嬢になる前は全然意識してなかったんですけど、キャバ嬢になってから言われることが増えました。

アゴが長いって。

最初言われたときは冗談かと思いましたけど、色々なお客さんから言われているうちに嫌になって、ちょっと本気で整形を考えたくらいです。

でも先輩に相談してみたら、

『お客さんは本当にそう思ってたら言わないはずだよ。からかって仲良くなりたいんだよ』

っていわれて。

そう言われたらなんだか自分のチャームポイントって思えてきました。

アゴが長いとは言われたことはありますけど、ブサイクとは言われたことないですからね(笑)

売れっ子キャバ嬢たちにこのようなインタビューをしてみて分かったのは、売れっ子たちも皆、下ネタや意地悪な言葉を投げかけられて悩んだ経験があるという事です。

そして、その悩みを乗り越えるための自分なりの方法を見つけ出して、時にはそれをネタにすることによって人気を獲得しているのです。

嫌なことを言われたとき、それを乗り越えることができないキャバ嬢は、売れっ子になることはできません。

自分の考えや価値観をしっかりと持っているキャバ嬢が、お客さんからなんと言われてもめげずにうまく切り返すことができ、売れっ子になっていくのです。

お客さんとしては、面白がってチクリとやったつもりかもしれませんが、けなげに切り返してくるキャバ嬢がいれば、きっと「この子は一味違うな」と思い、印象深くなることでしょう。

そうなれば、フリー客から指名客になってくれる可能性はグッと高まります。

この記事のタイトルとURLをコピーする
キャバ嬢部屋探し

\ SNSでシェアしよう! /

キャバクラの教科書の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

キャバクラの教科書の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事も読まれています

  • 稼ぐキャバ嬢と稼げないキャバ嬢、マインドから見る二人の違いとは?

  • できるキャバ嬢はメールですでに指名を取っている

  • あのキャバ嬢なぜ、いとも簡単に同伴がとれるのだろうか…

  • できるキャバ嬢は直感でお客さんとの相性を考えている

関連する記事はこちら

  • 売れるキャバ嬢はココが違う!簡単だけどメッチャ重要な営業テク

  • キャバ嬢のno.1は毎日の過ごし方で決まる?メール営業のコツ

  • 飽きさせない!ベテランキャバ嬢に学ぶお客様を育てる魔法

  • キャバ嬢はキャラがなければならない

  • 男から見た可愛いキャバ嬢はコレだ!知っておくと得する仕草

  • 稼ぐキャバ嬢の年齢別接客テクニック